ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スインガー目線の「 前倒し」 ローテーションの正体 左壁は「背面打ち」が基本

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

スインガー目線の「トゥーの前倒し」ですよー。
撮るのが大変でした。ちょっと揺れも激しいですが。
PCカメラをおでこに縛り付けて
クラブの動きだけ必死に撮ってるので
その他雑なところは無視して下さいね

これがローテーションの秘密です。
ボールの先のシャフトが飛球線です。
取り敢えず見て下さいね。



ダウンブローはグリップが左腰の回転と共にインサイドに
引かれないと無理です。
グリップを飛球方向に出したら押し出し、アッパーでプッシュアウト、
スライス、もしくは手でこねて引っ掛けですね。
背面打ちで体感した左壁にぶつかると、
左脚外旋により左腰と共に
脇が締まった左腕は
コックを維持したまま背後に引き込まれ
肩支点で回転しながらダウンブローで
慣性により勝手に「トゥーの前倒し」
が起こり自然に球をつかまえます。

だから手首でローテーションする必要性は全く無いです。

念願のスインガー目線動画でした
分かり易かったかな?

上半身と下半身を反対に捩じる動画も次回アップします。
予想以上に効果絶大ですよ

まだまだ先は長いですよ。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

改造 さん Re: No title

> 御指南、ありがとうございます。
> リコックの記事を楽しみにしています。(^_^;)

今日動画を撮って編集しています。
どんどんアップしますね!!
宜しくお願い致します。

No title

御指南、ありがとうございます。
リコックの記事を楽しみにしています。(^_^;)

改造 さん Re: No title

> ゴルキチさん、今度こそ分かりましたよ ^^;
> 早め(ダウン時)の前倒しは必要なく、コックを維持したままの単純なスイカ割りで、グリップエンドが壁(私の場合は胸の右側かな)にぶつかれば、左脇さえ閉まっていれば勝手にローリングします。

そうそう、その通りです。それは背面打ちで簡単にできますよね。

>グリップエンドを飛球線方向に出すのは振り遅れの恐れがあると思いましたが全くの危惧であり、試しにコックを維持したままグリップエンドを出してみたら、足りなったと思われるハンドファーストを体感できました。今では、インパクトにおいて、かなりグリップが左サイドに行っている気がしますが、動画を確認することにより以前がダメだったと分かりました。

その通りです!!それがハンドファースト。壁は作らなくても最初からあります。右から左へ振ると消えますが。

> 動画にある右手動きは前からトライしていたのですが、動画により自信を持って実践しマスターできました(キッパリ!)。
> これにより、手で操作する必要がなくなり、インパクト以降はグリップ全体をちょこっと体で押す(表現がわかりませんが)だけです。
> 動画は分かりやすいです。ありがとうございます。

ヒンジングを維持すると、ヘッド軌道がさらに飛球上に長くなります。さらにサムダウンすると、さらに低く長いダウンブローになります。ハンドファーストが出来た方が初めてトライできる、次の段階ですね。
良かったです!!
動画の威力が素晴らしいのか、私の文章力が全くなかったのか?
嬉しいやら、悲しいやらですわ(笑
でも改造さんに分かって頂けて良かったです!!

tommy さん Re: No title

> ゴルキチさん、パットは14本の中で一番平面をながく擦る打ち方です。
> アイアンのダウンブロウではまず球を打つ、其の後ヘッドは地面長く擦る。
> 練習方法で球を2つ、1はアドレスの位置、2つめは其れより20cm前においてこの2つを打つ、然しスウィングの軌道はダウンブロウ。手は使えないから腰の動きで打つしかない。 此れはすごく難しいが 此れができないと芯は食わないし距離がでない、このヘッドの接点を長くする
> 打ち方のコツはあるのか? 伺いたい。

今私もスティンガーの練習をしています。ライン出しで超低空の強い球で完全なストレートボールです。風邪にも強く、絶対に怪我がない打ち方ですね。腕の短い日本人にはプロでも無理とされていますが、真似事程度ならできると思います。

低く長くダウンブローで打ち抜きます。ヒンジングとサムダウンがキーになります。もちろんスウェイせずに右肩を送り込むことも重要で、これは右正拳突きでの右腰を入れる動きで右腰を回転させずに押し込みます。

縦コックを開放し切り、右手ヒンジング維持でサムダウンのまま右肩を右腰で押し込みます。ビジェイシンのサムダウンが良い例ですね。

改造 さん Re: No title

> とても分かりやすい動画で、自分が分かってないことが分かりました w
> 私の疑問点の原因は、ダウン初期での前倒しではないかと思いました。。
> そこから前倒しを意識するとスイカ割りになりませんしね…。
> 動画を参考にします。ありがとうございます。

あ、既に気が付かれましたね。やっぱり動画ですね。

tommy さん Re: No title

こんにちは!!

> 濡れた芝で沈んでいる球をどうやって打つか?ダウンブロウで球の先の
> 2CMの深さでタ-フを取ること。これはスウィングの軌道がダウン
> ブロウで多分フィニッシュは低い?と思う。この時に手首のHFを保つこと、其れには腰をアッパ-ブロウより入れていくこと、手首の操作は忘れる。手首を早く解くと地ベタをたたくかトップだ。砂の上から高い球を
> 打つのと同じ。 どうでしょう,この打ち方を是非解説願いたい。
> よろしくお願いします。此れができたらダウンブロウが出来ることになる。

tommy さんレベルだと細かいことを並べても仕方ないので肝だけ書きますね。
右手甲側へのヒンジング維持とサムダウンで縦コックをリリースし切る動作が必要になります。
ただ、ハンドファーストでコック維持してリリースしないで我慢して、一転してリリースし切る事は非常に難しいし、かつ殆どのアマには無理だと思います。
ただ、本物のダウンブロー、ライン出し、スティンガーショットレベルだと必要になります。

ゴルゴル103 さん Re: すばらしい

こんにちは!!

> ハッキリ言ってこの動画はすばらしいです。
> 今世紀最大の快挙と言っていいでしょう。
> 今まで自分目線でインパクトゾーンを解説した動画は皆無でしたもの。

ありがとうございます!!手が4本あれば簡単に撮れるのですが、想像以上に撮るのが大変ですわ。カメラも広角が足りないので人間の目って本当に素晴らしいとつくづく思います(笑

> 皆この動きが正しいと解ってはいるけど、結果が伴わないので半信半疑だったのだろうと推察します。
> この動きでボールがアサッテに行くようだと、他の原因を疑わなければいけないのに、インパクトゾーンがおかしいんじゃないかと疑ってしまうんですよね。
> お陰様でもう迷いはないです。
>
> 私の場合はトップでの捻転不足=アドレスでのX脚のせいでした。(特にアプローチ)
> 今はガニ股アドレスとカウターバランスを無意識にできるよう練習してます。
>
> この動画を見てようやく100を切れそうな気がします、貴重な動画どうも有難うございました。

今度右手のヒンジングの維持による軌道の違いを動画で撮りますね。コック維持でも右手甲側のヒンジング維持は恐ろしく重要です。
下げ切も同様です。一緒に頑張りましょうね!!

元気ゴルフ さん Re: 分かりやすいです!

> ゴルキチさん。動画ありがとうございます。おでこにカメラをくっつけて、撮っている格好を想像すると、さぞかし大変だっただろうなと思います。
> 今回の動画、とても分かりやすいです!左壁のことが、このことか!って目から鱗でした。今後の投稿でのダウンの股関節の使い方も、期待せずにはいられません。よろしくお願いします(^-^)/

左壁は背面打ちなら誰でも嫌でもできますよね。しかし右から左へ打つと壁が消えます。右向いたまま打つってことは背面打ちの後ろ向いて打つと全く同じです。前から後ろに打ちます。トップからそのまま下に振れば良いのです。アマはみな横に打ちます。右腰はダウンした後に回ります。アマは皆ダウン前に回します。

右腰の動きではボーリングが参考になります。右腰を回転させて投げる人はいませんが、同じ動きです。ウエイトボール右片腕で持って振るとボーリングの様になります。それをクラブに置き換えるだけですよ。

No title

ゴルキチさん、今度こそ分かりましたよ ^^;
早め(ダウン時)の前倒しは必要なく、コックを維持したままの単純なスイカ割りで、グリップエンドが壁(私の場合は胸の右側かな)にぶつかれば、左脇さえ閉まっていれば勝手にローリングします。グリップエンドを飛球線方向に出すのは振り遅れの恐れがあると思いましたが全くの危惧であり、試しにコックを維持したままグリップエンドを出してみたら、足りなったと思われるハンドファーストを体感できました。今では、インパクトにおいて、かなりグリップが左サイドに行っている気がしますが、動画を確認することにより以前がダメだったと分かりました。
動画にある右手動きは前からトライしていたのですが、動画により自信を持って実践しマスターできました(キッパリ!)。
これにより、手で操作する必要がなくなり、インパクト以降はグリップ全体をちょこっと体で押す(表現がわかりませんが)だけです。
動画は分かりやすいです。ありがとうございます。

No title

ゴルキチさん、パットは14本の中で一番平面をながく擦る打ち方です。
アイアンのダウンブロウではまず球を打つ、其の後ヘッドは地面長く擦る。
練習方法で球を2つ、1はアドレスの位置、2つめは其れより20cm前においてこの2つを打つ、然しスウィングの軌道はダウンブロウ。手は使えないから腰の動きで打つしかない。 此れはすごく難しいが 此れができないと芯は食わないし距離がでない、このヘッドの接点を長くする
打ち方のコツはあるのか? 伺いたい。

No title

とても分かりやすい動画で、自分が分かってないことが分かりました w
私の疑問点の原因は、ダウン初期での前倒しではないかと思いました。。
そこから前倒しを意識するとスイカ割りになりませんしね…。
動画を参考にします。ありがとうございます。

No title

濡れた芝で沈んでいる球をどうやって打つか?ダウンブロウで球の先の
2CMの深さでタ-フを取ること。これはスウィングの軌道がダウン
ブロウで多分フィニッシュは低い?と思う。この時に手首のHFを保つこと、其れには腰をアッパ-ブロウより入れていくこと、手首の操作は忘れる。手首を早く解くと地ベタをたたくかトップだ。砂の上から高い球を
打つのと同じ。 どうでしょう,この打ち方を是非解説願いたい。
よろしくお願いします。此れができたらダウンブロウが出来ることになる。

すばらしい

ゴルキチ様こんにちは。
ハッキリ言ってこの動画はすばらしいです。
今世紀最大の快挙と言っていいでしょう。
今まで自分目線でインパクトゾーンを解説した動画は皆無でしたもの。

皆この動きが正しいと解ってはいるけど、結果が伴わないので半信半疑だったのだろうと推察します。
この動きでボールがアサッテに行くようだと、他の原因を疑わなければいけないのに、インパクトゾーンがおかしいんじゃないかと疑ってしまうんですよね。
お陰様でもう迷いはないです。

私の場合はトップでの捻転不足=アドレスでのX脚のせいでした。(特にアプローチ)
今はガニ股アドレスとカウターバランスを無意識にできるよう練習してます。

この動画を見てようやく100を切れそうな気がします、貴重な動画どうも有難うございました。

分かりやすいです!

ゴルキチさん。動画ありがとうございます。おでこにカメラをくっつけて、撮っている格好を想像すると、さぞかし大変だっただろうなと思います。
今回の動画、とても分かりやすいです!左壁のことが、このことか!って目から鱗でした。今後の投稿でのダウンの股関節の使い方も、期待せずにはいられません。よろしくお願いします(^-^)/

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR