ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

推敲しました 「頭下げ」と「膝伸ばし」の不可欠な関係


まずは

>ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

匿名さん、はじめまして、コメント有難うございます!!

> 左右股関節の動きで体重移動がなされる動画がありますけれども、左脚を後方に踏み込みというのは飛球線にたいして斜め左後方という解釈でよろしいのでしょうか?飛球線に沿って右から左はまずいわけですよね?

右向いたまま打ちますから、斜め右前向いてお辞儀すると
仰る通り左尻が少し左斜め後方に付き出ます。
結局、右股関節が飛球線と平行に飛球方向に出る道を
開ける様に左骨盤を背後に引くのですが、
同時に左腰が背後に回転しながら切れ上がり、
左ひざも伸びていくので左尻は更に左背後に引けます。

従って、前傾を深めながら左脚踵に踏み込んでクラブを引き下ろした
結果が左方向へのバンプの様にも見えますが、
腰を横にスライドさせるバンプとは違います。

> 左脚を後方に踏み込む前は左膝は右膝よりも低い位置にあります。その時に出来た左ひざの角度を変えずに後方に踏み込むと自ずと左脚は伸びる、または伸ばすのでしょうか? マキロイや松山などPGAプロたちは踏み込んで伸ばす動きをしていますがこの辺の解説をより詳しくお願いしたいです。
> 左脚を伸ばすというのはインパクトでトップするのではないかという疑問が払拭できないです。左脚を「伸ばす」というのはどういう根拠があるのでしょうか? わかりたいです。

膝を意図的に伸ばすのではありませんし、
伸ばしすぎも良くないです。左ひざの負荷が大きいですから。
腕を縦に振り下ろし、上体も前傾を深めることで、
真下に強い力が加わります。
その反動でバランスをとるために
自然に両脚を真下に踏ん張るように蹴り両脚が伸び、
下半身が伸び上がる様に動きます。
これは自然発生的な動きでもあります。

その上下からの動きによりスイングは更に効果的に加速します。
縦に振り下ろすから、逆に真上に蹴り上がるのです。
横に振る人が、脚を伸ばしても全く逆効果ですので
左膝伸ばしのアドバイスは非常に危険なのです
恐らく90%以上のアマは横振りですから、
90%は逆効果という事になります。
だからなかなか無責任に書けないことが多いです。

伸びた脚と、深くなった前傾で高さが相殺され、
結局、頭の高さは外見上不動になります。
クラブの軌道の高さも相殺されて変わらないという事です。
ですから前傾だけ深めたらもちろんダフリますね。
ただ、フォローは左腰は背後に回転しますし、
左腰の回転により左骨盤が切れ上がるの
でいずれにせよ左脚は必然的に伸びていきますが。

良い例が、ミッシェルウィーの様に極端に両脚を蹴り上げて
伸ばすプロはその分、極端に頭を下げますよね。
それによって高さを調整しています。

しかし、殆どのアマは前傾を深くするどころか、逆に伸び上がるので
頭下げも、膝伸ばしも両方無理という事になります。
理由は縦に振れないからですね。
横に振れば必ず体全てが浮きますから。
だから、プロの様に飛ぶ訳がないのです。

ただ単にタイガーの真似をして両ひざを伸ばしたら
ゴルフにならなくなりますし、膝を壊します。

また、左脚が伸びて蹴り上がると左壁が強固になります。
さらに両腿を締めると更に下半身が強固になり、
上半身の回転が加速するのが分かるはずです。
スイングの土台が安定するので上体のフィニッシュも安定します。
それによって更にスイングの再現性が高まるという相乗効果です。

スイングは縦、シャフトを立てて
上から下に振りましょうね

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ノンスケ さん Re: グリップエンドはどこに落とす

ありがとうございます!!
確かにおっしゃる通りで、よーく分かります。グリップは右足前に落とします。
しかし、右足前でのグリップエンドの「向き」は微妙で意識と外見も異なります。またクラブによっても持ち球によっても変わります。振り抜きのスムーズさも変わります。シャフトを立てて「グリップ」を落とせて、インパクトで前倒しができるなら、右足前でのグリップの「向き」はそれぞれ個々で検討の余地があるという事です。ただ、縦振りで、シャフトも立てているので、グリップエンドは常に体を向いています。右脚かどっちかの球か左脚付け根かそれはスタンスの広さでも球の位置でもクラブでも持ち球でも変わります。グリップを浮かずに早く落とし切れるようになったら、左肩前に持ってきて左脚付け根に向けた方がスイングはスムーズに速くなります。
取り敢えず今回の記事見て下さい。もうすぐビデオもアップします。
そしたら理由が分かります。

> ゴルキチさん、ブログ、大変参考になります。
> 動画と合わせて見ていますが、以前(昨年6月10日動画)、「ゴルフ体重移動はしない1 右脚加重でグリップエンドを落とす」の中で、「体重移動しない。右脚荷重でで我慢して右脚前にグリップ落とす」とありましたので、最初から左に持っていこうとすると体が左に流れるということかと納得しておりました。
> 今回の元気ゴルフさんへのアドバイスの中で下記の解説があって頭が混乱しております。トップからグリップは右脚前に落としてくるのではないのでしょうか。違うのであれば、あの6月10日の指摘は何をさしているのかわからなくなっているのですが。
>
> 『あっ、右足に向けてグリップを落とすのは止めて、左脚付け根にグリップエンドを向けてコック維持で左手で引き下ろすスイングに変え下さい。
> 前倒しが出来れば球はつかまりますから一気に左脚まで引き下ろした方がスムーズで簡単だと思います。お願いしますね。』

右脚前に落とすこと

ノンスケさん、ゴルキチさん。こんばんは。
私も、ノンスケさんに負けないくらいのゴルキチさんのブログファンです。ですから、ノンスケさんが疑問に思ったことは私も思いました。ノンスケさんは、ゴルキチさんから直接話しを聞きたいと思いますが、一つの参考として私の解釈を読み流して頂ければ幸いです。
例えば、自転車の乗り方ですが、初めて乗る子供は倒れるのが怖いので、すぐに下を見ますが、それではバランスが悪くなるので、指導方法としては顔を上げて遠くを見るようにさせると思います。ですが、自転車を乗ることに苦がなくなった本格的な自転車乗りの方は、早く走るために前傾姿勢をとって、下を向いて走ります。
これと同様に、ゴルフスイングで横に振っている人に対しては、まずは縦に振ることを覚えて欲しい。そのためには、左脚の付け根に向けて振ると言ったら、余計に横降りを助長することになる。だから、右脚前に落とすというイメージにして、縦ぶりにつながるようにしている。
既に縦ぶりに違和感を覚えなくなった方に対しては、次のステップとして左脚の付け根に向けて振って、シャフトの前倒しを誘発しやすくするようにアドバイスをしてくれているのではないかと勝手に解釈をいたしました。
この解釈で合っているかどうかは分かりませんが、左脚付け根に向けて落とし、シャフト前倒しを感じてスイングする感覚をつかんだお陰で、成功率はまだ低いですが、練習場での飛距離は10yは伸びたと思います。ご参考まで。

tommyさん Re: No title

まいどです!!

> すごい、V字、ヘッドではなくグリップを真下に落とす。
> 問題が出ました、V字ではなくU字にしたい,ヘッドのコンタクト
> 面を長くした。今はスエイの為かトップ気味です。球は右に低い飛び出し。高いボウルが出ない。此れは濡れた芝でラフ的なライです。
> 確かに難しいがプロはここで問題なく打てる。写真が無いから批判
> 出来ないでしょうが基本的に間違っている所があると思う。
> 是非教えてほしい。低いTEE UPで打つと問題無しです。

腕が縦で体の回転が横ですね。その合成です。V字はあくまで腕だけです。回転が入るのでUになります。アマは大事なインパクトゾーンで逆に回転が止まり、グリップを止め、アッパーなので到底Uにはなりません。理屈的にも仰るようにUにするためにはそこで腰の回転とグリップも止めないことが必要になりますが、アマは全く逆をやっています。
また、低く長く変に意識するとスウェイするので左サイドが背後に回転し、右サイドが出ていくダウンブロー意識です。

濡れたラフは打ち込まない方が良いと思います。トップしてもいい位にラフの表面を払う感じの方が良いと思います。ラフはしっかり打とうと打ち込むと大失敗のリスクが大きいですよね。

グリップエンドはどこに落とす

ゴルキチさん、ブログ、大変参考になります。
動画と合わせて見ていますが、以前(昨年6月10日動画)、「ゴルフ体重移動はしない1 右脚加重でグリップエンドを落とす」の中で、「体重移動しない。右脚荷重でで我慢して右脚前にグリップ落とす」とありましたので、最初から左に持っていこうとすると体が左に流れるということかと納得しておりました。
今回の元気ゴルフさんへのアドバイスの中で下記の解説があって頭が混乱しております。トップからグリップは右脚前に落としてくるのではないのでしょうか。違うのであれば、あの6月10日の指摘は何をさしているのかわからなくなっているのですが。

『あっ、右足に向けてグリップを落とすのは止めて、左脚付け根にグリップエンドを向けてコック維持で左手で引き下ろすスイングに変え下さい。
前倒しが出来れば球はつかまりますから一気に左脚まで引き下ろした方がスムーズで簡単だと思います。お願いしますね。』

No title

すごい、V字、ヘッドではなくグリップを真下に落とす。
問題が出ました、V字ではなくU字にしたい,ヘッドのコンタクト
面を長くした。今はスエイの為かトップ気味です。球は右に低い飛び出し。高いボウルが出ない。此れは濡れた芝でラフ的なライです。
確かに難しいがプロはここで問題なく打てる。写真が無いから批判
出来ないでしょうが基本的に間違っている所があると思う。
是非教えてほしい。低いTEE UPで打つと問題無しです。

tommy さん Re: No title

こんにちは!!

> V字縦型のスウィング、腰は横と言うのか左腰を後ろに引く、此れで
> トップはしない、右足方向にヘッドを下ろす、この下ろし方がたり無いとトップします、極端に下ろしてみる、ただし腰は其れ以前に思い切って切っていくこと。そこでスライスしたらグリップをややストロングにする。

グリップエンドを右足前に落としますが、コックを維持しますのでヘッドはインパクトまで下げない様に我慢します。そうしないとアッパー軌道になり結果トップ、ダフリ両方出ます。

> これで当たりが強くなります。FWの5番がトップが出て理由が分からなかった、たまに当てにいっていた、V字に軌道を直したら高い球となった。以上はすべてV型のスウィング、腰は100%切る。
> 其れに此れを素振り100回、出来ないけど、5回、10回はやりたい。

ストロングフリップはあまりお勧めしません。手首をロックする打ち方になるので逆に前倒しには合わなくなります。
前倒しがきちんとできるようになると、むしろ逆に引っ掛けがでます。その時に治してもいいのですが、グリップの変更は結構難しい問題になると思います。

元気ゴルフさん Re: 左脚付け根に向けて

早速お返事ありがとうございます

> ゴルキチさん、アドバイスありがとうございます!左脚付け根に向けてですね!
> 「前倒し」&「クラブはずっと体の正面」の意味が分かったような気がします。左脚付け根に向けて、クラブを寝ないようにして下ろすので、クラブヘッドのフォロー軌道イメージは、飛球線に沿って上昇し続けていく感じになりました。
> また、引き続きご指南のほど、よろしくお願いいたしますm(._.)m

>「左脚付け根に向けて、クラブを寝ないようにして下ろす」
その通りです。シャフトを立てて下します。シャフトを立てるとは両手の手の甲を立て続ける、クラブが体の正面からズレない、シャフトが横に倒れない、フェースを開いたり閉じたりしないという事です。
まず立てて下すと右脚前に浮かずに落ちてきます。結局グリップが浮かなければ右腿素通りで意識しなくて良いです。コックを維持しているので結局グリップエンドはスムーズに左脚付け根目指せばいいです。
左脚前のインパクトゾーンでは、リーディングエッヂ、シャフト、腕が作る面と両肩のラインが直角になります。要するにヘッドもシャフトも左肩正面にあります。左手首は真っすぐです。その後フィニッシュまでそのままです。その内容を書いたビデオもうすぐアップしますね。

左脚付け根に向けて

ゴルキチさん、アドバイスありがとうございます!左脚付け根に向けてですね!
「前倒し」&「クラブはずっと体の正面」の意味が分かったような気がします。左脚付け根に向けて、クラブを寝ないようにして下ろすので、クラブヘッドのフォロー軌道イメージは、飛球線に沿って上昇し続けていく感じになりました。
また、引き続きご指南のほど、よろしくお願いいたしますm(._.)m

元気ゴルフさん Re: トップが多くなりました

元気ゴルフさん、こんにちは!!

> 今までと同じイメージでスイングしても何も変わらないので、教えて頂いた両脚外旋のテイクバックと、縦振りで、違和感を感じるように素振りを繰り返しています。
> この縦振りですが、自分ではダフリが出そうなくらいに右足に向けてグリップを落とすのですが、不思議なことにトップしかでずに、たまに空振りになることすらあります…(練習場では恥ずかしいです…笑)
> ただ、ダフらないことが分かると、さらに思い切り良く、下に落とすことが出来るようになりました(おそらくヘッドスピードも上がっています)
> 後は、右へお辞儀する動作で、インパクトできるように、試行錯誤します!ゴルキチさんの動画リリースで、答え合わせが出来るように、頑張りますよ〜(^-^)/

あっ、右足に向けてグリップを落とすのは止めて、左脚付け根にグリップエンドを向けてコック維持で左手で引き下ろすスイングに変え下さい。
前倒しが出来れば球はつかまりますから一気に左脚まで引き下ろした方がスムーズで簡単だと思います。お願いしますね。

No title

V字縦型のスウィング、腰は横と言うのか左腰を後ろに引く、此れで
トップはしない、右足方向にヘッドを下ろす、この下ろし方がたり無いとトップします、極端に下ろしてみる、ただし腰は其れ以前に思い切って切っていくこと。そこでスライスしたらグリップをややストロングにする。
これで当たりが強くなります。FWの5番がトップが出て理由が分からなかった、たまに当てにいっていた、V字に軌道を直したら高い球となった。以上はすべてV型のスウィング、腰は100%切る。
其れに此れを素振り100回、出来ないけど、5回、10回はやりたい。

トップが多くなりました

ゴルキチさん、いつもありがとうございます。
今までと同じイメージでスイングしても何も変わらないので、教えて頂いた両脚外旋のテイクバックと、縦振りで、違和感を感じるように素振りを繰り返しています。
この縦振りですが、自分ではダフリが出そうなくらいに右足に向けてグリップを落とすのですが、不思議なことにトップしかでずに、たまに空振りになることすらあります…(練習場では恥ずかしいです…笑)
ただ、ダフらないことが分かると、さらに思い切り良く、下に落とすことが出来るようになりました(おそらくヘッドスピードも上がっています)
後は、右へお辞儀する動作で、インパクトできるように、試行錯誤します!ゴルキチさんの動画リリースで、答え合わせが出来るように、頑張りますよ〜(^-^)/

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR