ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

推敲しました 縦振り、シャフトを立てる、アップライト、全部全く別の意味ですよ!!



ヤリッィ!!、1位復活

ありがとう猫娘


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


be さん、ご無沙汰ですね!!

>何時も拝見させて頂いています。
>縦振り、はっきり見えます!!
私はまだ不完全ですが、出来てきた感じです。

そうですよね!!
見えますよね!!
コメントありがとうございます、反応があって良かったです!!


さてさてさーて、

「グリップ」を落とす方向、「グリップエンドの向き」の問題、
手の甲の向き、それらの人によるイメージの差、
また、それによるスイングのスムーズさの問題等々、解決するためにも
ちょっと、ここで言葉の定義をもう一度はっきり
させた方ががいいですね。

縦振り、シャフトを立てる、アップライト
全部意味が全く違います。


「縦振り」は体の回転を除いた「腕だけの動き」です。
そして「立てる」のは結局は両手の甲と考えればOKです。
アップライト、フラットはもちろん打ち方の差もありますが
主にシャフトの長さに起因するプレーンの傾きの問題です。
よーく理解しとかないと混同します。
困ったことにトッププロ、トッププロコーチでも
この3つの解釈、判断する場所が大きく異なります
私は自信を持って定義しますので、読んでください。

まず「縦振り」と「アップライト」は全く別物です。
激しく混同ている読者がテンコ盛りいらっしゃると思いますが、
全然違います。

ショートアイアンのアップライト軌道だろうが、
長尺ドライバーのフラット軌道だろうが
関係ありません。
両方腕は「縦振り」です。

なぜか
縦とは結局コックの方向であり
ヘッド軌道ではなくグリップ軌道
を指します。
それが大きくなって腕単体の振りになります。
手振りとは全然違いますよ。
コックは右肩方向に入れ、左脚前で解きます。
従って腕はどうやっても「縦」なのです。
これに体の横回転が加わってゴルフスイングになります。
体の回転は「振る」と言うべきものではないです。
縦じゃなくて横だと言い張る人は、コックとアンコックを横にする
という事になりますが、あり得ないですね。
殆どのアマは意識することなく縦より横意識で横にコックしています。
従って、縦=コック、アンコックの方向と考えていいです。

アップライト、フラットはシャフトの長さによって変わります。
もちろん個人差があるので、
個人差を排除して一人のスインガーだけで考えると
クラブの長さの問題ですよね。
従ってそれはここでの定義の「縦振り」とは全く関係ないことです。
従って、シャフトが長いとダフるというのはコックの方向とは
全く別問題でアンコックのタイミング等の問題です。

 次に「縦振り」とシャフトを「立てる」ですが、
これも有名コーチや評論家でさえ勘違いしていて非常に驚きます!!
「縦と立てるを混同して使ってる人がよくいる」とか言ってますが、
勘違いはそう言ってる本人です。
縦はコックと腕の動きの方向で、
シャフトを「立てる」は手の甲を立てる事
と言えます。
そうすればビジネスゾーンでも
シャフトが下向きでも手の甲が立っていれば
シャフトが下向きに立っています

それが最も分かり易く都合が良いのです。
なぜならシャフトが体の前方向に倒れるのは
ただのリリース、アンコックの動作で、
横に倒れるのはそもそも手の甲が左右どちらかに倒れることに起因します。
それが最も良い基準です。
そもそもシャフトを立てたい理由はクラブを体の正面から
ずらしたくないからなのです。
それは結局、
・ 振り遅れを防ぎたいから、
・ クラブを十分コントロールしたいから、
・ 左右に倒してローテーションを多用したくないから、
・ 最短距離で遠回りさせたくないから
・ シャフトを捩じって暴れさせたくないから、
・ スムーズにヘッドスピードを上げたいから
等々の理由からです。

実際問題、「立てる」は諸説複雑過ぎますので、
手の甲で判断すれば十分です。
なぜか有名人でも「立てる」とは「ローテーションする事」
とかいう人がいますが、それは100%間違った解釈です。
なぜなら、寝ているものを立てれば当然ローテーションします。
しかし、終始立てて使えば確実にローテーションは減ります。
従って、「ローテーションすること」という人はその前提として
寝て下してきているという事です。変ですよね。
終始立てろと言っているのですから。
しかも、手首を返してでローテーションすることを認めている
という事にもなります。みなさん注意してくださいね。

単に「シャフトが垂直近くに上に立っている」様子をイメージする
と思いますが、それだとヘッドがいつまでも下りてきませんよね。
ヘッドがインパクトに向けて徐々に体の正面でグリップエンドが
体の中心向きでリリースされて下りても立てて使っているのです。
それは手の甲が立っているからです。

シャフトが早いタイミングで前に倒れる、寝るのがアーリーリリース。
シャフトが左右横に倒れる、寝るのは手の甲が倒れる、寝る、
どちらかの甲が上を向くでしょ?

だから、シャフトを立てるという事は
体の正面方向にはコック維持ということで、
横方向には手の甲を立てるという事です。

しかし、ここで考えて頂くと分かりますが、
V字コック、アンコックの縦振りなら
必然的に手の甲も立ち続ける
という事なのです。
全く違う意味なのですが、同じ結果になるのです。
一粒で2度非常においしいのです。

イメージとして、スイング中ずっとリーディングエッジが真っ直ぐで、
シャフトも腕も左肩の前にある、という意識で
スイングしたら再現性は抜群に高くなります。
ずっと完全にコントロール下にあるのですから。
一見ローテーション無しのようですが十分以上に前倒しもします。
ヘッドスピードもむしろ上がります。

これではヘッドスピードが上がらないじゃないのか
と思う人は全て横に振っているからです。
なぜならコックは縦なのでヘッドが体に対して横に移動しなくても
縦に移動するので全く問題なく加速するはずですよね。
むしろ横への移動より縦の移動の方が重力を完全に利用できるので
遥かにヘッドスピードは上がるのです。
例えば「居合斬り」は斜め縦に重力を利用して振り下ろして切りますよね。
体の構造上も縦に振り下ろすのが最もパワーを加えられます。
高速で横回転なんて不可能な構造なのです、でしょ


それでギリギリまでコック維持、ハンドファーストなら
体の前でシャフト立ちっぱなし、という事です。
垂直じゃないですよ、V字ですよ。
これなら振り遅れも左肘引けもあり得ないです。
左肘が引けて曲がるという現象は
フォローでシャフトが左に寝てる、右手甲が上を向いている、
ヘッドが体の正面から大きく左へズレるという事ですよね。
この原因はダウンで寝てるという事なんです。
さらに寝ると必ず手首をコネます。
コネないとインパクトしてフォロー行けないから。
コネなければローテーション無しでドスライスです。

従って、諸悪の根源は何か
と突き詰めると非常に高い確率で
シャフトが寝てダウンしてるから

とはっきり言えます。
だからプロはよくシャフト立てろって言うのです。
でも面倒だから絶対にそれ以上細かく説明しませんね。
とんでもなく面倒だから。
だって、ここに書いていること全部説明して理解させないと
いけないでしょ。

殆どのアマがそうですが、
シャフトが寝てダウンしてるという事は、
フェースが開いて、トゥーが後ろ倒れで、
左手甲が上を向いて、脇が開いて、
右腕力んでアーリーリリースでダウンしてるよー

て、言う事なんです。
でインパクトでコネる、ダウンでまた必ず寝る、左ひじ引ける、
ドローじゃなくてダダのフックか引っ掛け、という事です。
ダウンで寝てると、フォローも必ず寝ますからね。
予言者じゃなくてそうなるものなのです。

3時なので寝ます。

おつかれー



YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

回答ありがとうございます

v-290ゴルキチ様。回答ありがとうございます。左脚の伸ばしにそのようなメカニズムがあったとは。すごいです。

前傾を深めることで下半身が伸びあがるというものですが、要は「シャフトの縦ぶり」ができていればそれは可能であるということなんですね?

自分は曲がってできた左ひざの角度を変えないように踏み込んで回しながらインパクトをしていましたけど、左腰を斜め後方へという意識はなかったですね。やはり右から左への感じです。ただ体重移動はやらない。

縦ぶりは自分はできていると思うのでこの左脚が伸びるための前傾を深める動きを練習してみます。

ところでまた質問なんですが、テイクバックでのフェース面です。
テイクバックでシャフトが飛球線方向と平行になったときに2つの異なるやりかたがありますね。これがよくわかりません。

1つ目は「シャフトが地面、飛球線と平行になったときに左手の甲は正面を向く。そのときヘッドのトゥが真上を向くか少し閉じている状態」

2つ目は「シャフトが地面、飛球線と平行になるときまでアドレス時でのフェースの向きを変えないまま上げる。そのときのヘッドの向きは前傾角度とほぼ同じようにシャットになっている状態」

この2種類の飛球線平行になるまでのことなる動きがあるわけですが謎です。
1つ目のやりかたはタイガーやマキロイなどがやってますね。アドレスの時のヘッドの向きが腰まで上げる時に開くわけですが、まあ開くといっても要はこれがスクエアということですね。左手の甲と同じようにヘッドも正面を向く。腰の位置でヘッドのトゥがシャフトより右に開いたらもちろんだめですよね?

これだとシャフトが寝るという現象にもつながり、インパクトで開いて当たりかねないと。自分なりにこう解釈してます。正しいでしょうか?

今まではこの上げ方はしていませんでした。インパクトでヘッドが開くのではという恐れがありましたし、プロでもシャットで上げてシャットの状態でインパクトを迎える人が結構いることを知っていましたので。

シャットで上げてシャット状態でインパクトをするのはボールに伝わるパワーが減るということを言っているティーチングプロもいますので今はこのやりかたをやめてタイガーやマキロイのようなテイクバックに移行しようと現在は家の中でスロースイングして練習しています。今週の土曜あたりに試す予定です。

これらの2つのやり方にアマもプロも分かれているわけですがどういうメリットやデメリットがあるのか解説をお願いいたします<(_ _)>

しつこく、左脚かかと

しつこく、左脚かかと

ゴルキチ様こんばんは。いつも読んでいます。

左脚の踏込み、ようやく解りかけてきました。

これは腕を縦に振るエネルギーを得るためだったんですね。

いままでは肩を早く回転させるために、左足の踏込が必要なのだと勘違いしてました。
(なぜ勘違いしてたのだろう)
従って左足を踏み込んだら一気に体を回転させてました。

そうではなく、重いものを上から落とすために、重力プラス上から下へのちょっとしたエネルギーの源が左脚の踏込みなのですよね。だぶん。

これでショートアイアンは完璧です。
あとは、長いクラブでいかに横しなりに縦しなりをプラスできるか実験中です。

あと、バランスについてですが、面白い動画を発見しました。
ttps://www.youtube.com/watch?v=G19PsLtlU5o
考えてみれば当たり前のことなのに、なぜ今まで気づかなかったのだろうって感じです。

ひめこさん!! Re: カワイイです!!

ひめこさん、ご無沙汰です!!
ブログいつも見て元気を頂いていますよ!!

> キラキラ~~~ン☆
> 目玉のオヤジがカワイイ~~
> これはLINEスタンプ???
> あたしは猫娘スキです~~~

では猫娘も参加です!
そう、Lineです。今一番気に入ってます。4種類あります。
結構使えます。鬼太郎で出てきますよ。
50コインだから安いですね!
ちなみに「銀魂」も好きです、娘の影響で。
おやじしか来ないブログですが、ひめこさんに喜んで頂けたので
喜んでまた貼っちゃいますね!!

やり方はPCだとALT+右上のPRTSCプリントスクリーン、
windows付属のペイントに貼り付け、切り抜き、JPG保存です。
スマホのスクリーンショットでもOKです。知ってますよね。

> 縦・・・縦
> 下に・・・下に・・・
> ハイ!
> これとってもいつも気を付けてるんですけど
> わかってるのに
> できてないときも多いっていうか
> いっちばん神経使うんです(涙)

分かると簡単ですよ、クワで耕す、あ、野良仕事しないですよね。
では餅つきと同じですから。
ラウンドでミスして頭にきてヘッドを芝に叩き込む時の振り方ですよ。
それが地面を空振りして体反転すればいいんです。
横に考えると面倒な動きなんです。
前に落とせばいいんです。体は勝手に反転します。
そうすると楽ですよ。
あとはサムダウンですがこれは慣れないでやるとアーリーリリースになりがちなので
要注意ですが。

カワイイです!!

キラキラ~~~ン☆
目玉のオヤジがカワイイ~~
これはLINEスタンプ???
あたしは猫娘スキです~~~


縦・・・縦
下に・・・下に・・・
ハイ!
これとってもいつも気を付けてるんですけど
わかってるのに
できてないときも多いっていうか
いっちばん神経使うんです(涙)

No title

今度は縦振りを開眼しました。意識が足りませんでした。
 ヘッドはプレーン上だから体の前後に動くのであり、グリップはプレーンを貫通するように上から下ですよね。そう思うと、全くグリップの動きは違いますよね。
おっしゃるようにスイカ割りですねー。方向は右脚でゴールは左股関節の意識でやってます。スイカ割りは確かにドラだと下手すると大ダフりですが、私の場合、腕とシャフトで作るL字の面を保ったままグリップエンドから飛球線方向へ顔の前を通過する意識です。これだと完璧に振り遅れの感がありますが、以下を意識すれば嫌でもローテイトし玉を捕まえます。
1.左脇を締めて右肘は体幹に密着。左腕よりも更に右腕が体幹に終始密着する意識。
2.右よりも左グリップが下・・さんざんゴルキチさんが記していましたね。実際は微妙な違いなんで気づくのがムズいかもしれないですが、これがないとはっきり言って駄目ですねーー。他を何やっても無駄であり、逆に言うと、理解すると一気にいろいろ解決ですねー。これもできていたつもりでしたが足りませんでした。私はこれに左ゲンコツを地面に向ける意識も入れています。

測ってませんがHSは確実に上がっています。HWDから一気にフィニッシュまでピュッって感じのスイングになっています。ただ、骨盤の前傾が起きちゃうのと、右手首曲がったままの意識が過剰すぎるので・・あっちよければこっちが駄目って感じでムズいですね・・w 長々とすみません。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR