ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

フェースは開きも閉じもしない。スイング中ずっとスクエアのまま。


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

よく言われるのがテークバックでフェースを開くだの閉じるだの、
ダウンではあーだこーだ四の五の語るレッスンがありますが、
それこそ思いっ切り手での操作で再現性ゼロですよね。
何も考える必要は無いです。
フェースは開きも閉じもしません。
V字縦コックでスイング中ずっと両手の甲は立てたままなので
フェースはスクエアのままです。

しかし、トップでは出前持ちで左手甲が上を向きます。
一見矛盾してますよね。
しかし、全然矛盾なんかしていないんです。
それがゴルフなんです。
なぜなら振ってる本人の意識はスクエアのままなのだから。
骨格構造上無理やり出前持ちにさせられています。

いいですか、皆さんは、
外見上の動作の結果を分析したいのですか
それとも、スインガーの意図を知りたいのでしょうか
どちらでしょうか?
当然スインガーの見えない意思ですよね。
それは外見からは絶対に見えないのです。

スイングプレーンのトップとフィニッシュで
出前持ちになる理屈の最も簡単な検証方法は
縦の動きを排除した肩の高さで水平素振りです。
例えばトップでは右手の長さが余るので、
左手の甲の角度を真っすぐに維持するためには
右手は出前持ちになります。
やってみれば直ぐに分かります。
必死に両手の甲を立て様としても体の両サイド以降は
出前持ちになってしまいます。

ここからがゴルフの難しい所です。
外見上明らかにトップ到達前にフェースが開いている。
従って、当然ここからフェースを開くのが正解なんだ!!
という見方が大勢ですよね。
しかし、それは大間違いです。
無理やり、仕方なく開かされているのだから、
スインガーは開く意識など毛頭無いのです。


大事な話がある


いいですか、
一度開いたものは閉じなければいけない。
しかし開いてなければ閉じる必要は無い

のです。
意図的に開いたものと、
無理やり開かされたものでは
開き方も、開くタイミングも、もちろんですが
戻り方に大きな差があるはずですよね。
筋肉の記憶が確実に違います。
開いたり閉じたり必要無いです。


いいですね

プレーン維持がきちんと自然にできるのが大前提ですが、
トップもフィニッシュも意識はスクエアです。
自然に出前持ちにさせられる事など無視でいいのです。

ですからスイング中フェースはず―――っと、スクエアです。
従って、当然インパクトもスクエアになります。
でも前倒しで勝手に球は十分につかまります。
戻すとか、戻らないとか関係ないですよね。
一度クラブを寝せたら戻しても必ずまた反対側に寝ますよ。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

カズさん Re: 左右股関節間での体重移動の瞬間2の動画について

> ゴルキチ様。今晩は(^O^)
>
> 先ほど、動画みてわからなくなりましたので来ました。
>
> ( ゚д゚)ノ質問ですが、
> 「アドレスから左尻の位置をほぼ不動で右向いたままお辞儀だけで十分 スイング中左尻位置キープが重要」とありますが、これがよくわからないです。
>
> 下半身は動かすなということになるのでしょうか? 念転していけば左ひざは前にでますし、多少骨盤の左サイドは下がりますよね?
> 当然左尻の位置も前に来ることになります。あえて前に出すなということでしょうか? できるだけ我慢した上で前に出てしまうのはしょうがないいうことですか?
>
> このあたりの動きの解説をよろしくお願いします。m(_ _)m

仰る通りです。要するに理屈が分かればスイングが全く変わります。
左へのスウェイを止めるにはまず右へのスウェイを止めるのが先決です。
そこに気が付かない方が殆どで左の壁作りばかりに注目します。
殆どのアマは体重移動の意識が過剰でテークバックでガバッっと右足の真上まで乗り込みます。
その勢いで今度は左にがバット乗ります。左右に30㎝位スウェイするので右へ30㎝そこから左へは60㎝位スウェイすることになります。
それが正しいと思い込んで数十年過ぎます。
もし左尻を固定する意識があればそれを大幅に防げます。数十年を無駄にする必要がありません。
右へスウェイしなければ左へもスウェイしませんという事なんです。
ただ縦振りなら自然にそうなりますが。

左右股関節間での体重移動の瞬間2の動画について

ゴルキチ様。今晩は(^O^)

先ほど、動画みてわからなくなりましたので来ました。

( ゚д゚)ノ質問ですが、
「アドレスから左尻の位置をほぼ不動で右向いたままお辞儀だけで十分 スイング中左尻位置キープが重要」とありますが、これがよくわからないです。

下半身は動かすなということになるのでしょうか? 念転していけば左ひざは前にでますし、多少骨盤の左サイドは下がりますよね?
当然左尻の位置も前に来ることになります。あえて前に出すなということでしょうか? できるだけ我慢した上で前に出てしまうのはしょうがないいうことですか?

このあたりの動きの解説をよろしくお願いします。m(_ _)m

スペシャル素人 さん Re: すごい!

> ゴルキチさん、
> いつも楽しくブログ拝見しております。

有難うございます!!

> 今回のスインガーの意思❕❕
> ヤバイです。
> 今まで勘違いしてました。
> 前倒しの為のいらぬ準備?でフェースを返していました。
> 当然スライス多発!
> 記事を読み、朝から素振りしてみましたが明らかに違いますね。
> 大きくスイングに対する意識が変わりました。
> テイクバックの意識が変わり、前よりも捻転時の筋肉のハリを感じました。
> 形式的でない、捻転のテイクバック?
> 縦の意識でヘッドの重力による自然なローテーションを体感できました。
> スイング中にカクンとくる?感覚?
> とにかく今夜、試してきます!

カクンと来るのはまずいですよ!!
前倒しというのはあくまでインパクトの強い衝撃に負けないだけの前倒しで、インパクト後にも左手甲が下を向くほどローテーションさせません。
それだと今度はフックになりますよ。

スイングはスムーズさが最重要です!!
なぜならブレーキや衝撃は必ずどこかでブレーキをかけ、負担をかけている証拠だからです。それだとどこか関節を壊します。また、フィニッシュまで加速できません。

前倒しを感じるまではOKです。しかし、極端にやらないことですよ!!あくまで自然です。今日フックだったでしょ?
またコメントお待ちしていますね!!

80切りたい! さん Re: 水平素振りとV字コックの関係について

80切りたい! さん、はじめまして、コメントありがとうございます!!
鋭い指摘ですね!!

> いつも楽しく拝見しています。今回、どうしても理解が及ばないところがあり質問させていただきます。
> ここ最近のV字コック、身体から外れない、前倒しの話と、水平素振りが矛盾しているように感じてしまいます。水平素振りは横コックに加えてヘッドが身体の正面から外れる打ち方です。

水平素振りは出前持ちの検証の最も簡単な手段です。
縦の動きを排除した体の横回転だけによる腕の横への動きと遠心力、慣性による動きを切り取ったものです。
しかし、おっしゃる通り腕で水平に振ると横振りの動きが染みつくので縦振りと訳が分からなくなりますね。
ごめんなさい。

ただ、トップ、フォローがオンプレーンなら出前持ちでもシャフトが寝ていると言いません。
また、特に長いクラブではプレーンがラットになるのでV字縦コックでも
ヘッド部分はトップに至る前に一度大幅に肩幅からはみ出てしまいます。
トップでまた体の範囲に戻ります。
これは仕方ないので省略して説明しています。
プロコーチでも同様です。聞かれれば説明するでしょうが。

> 今回の意図としてはV字コックをスインガーが意図して振っても、外見上は水平素振りのようにスイングしているように見えてしまい、それを前提に出前持ちとなってしまうメカニズムについて、水平素振りで解説されているのでしょうか?

またコメントお待ちしていますね!!

No title

ゴルキチさん、V字縦コックの解説、分かりやすいです。
そこで、いろんな人のスイングの解説を読んで得た知識とゴルキチさんの解説を整理統合したくなりまして質問なのですが
「スイングプレーンはトップで出前持ちスタイルになった時のプレーンとインパクトを迎えるためのビジネスゾーンのプレーンとでは前腕の長さ分だけ出前持ちスタイル時のプレーンが上に上がっているので、ダウンスイング時にまず、イメージとして真下に前腕の長さ分グリップを自然落下させインパクトのプレーンに乗せてから振ると理解し、ゴルキチさんの自然落下とも合致すると納得していたのですが、そのスイングと一連のV字縦コックのスイングがうまく合致しないのですが、同じスイングになりますか。V字と自然落下、自然落下の方は自然落下させた後、シャローなスイング、フリスビー投げるようなイメージになるのですが、間違いでしょうか。

水平素振りとV字コックの関係について

いつも楽しく拝見しています。今回、どうしても理解が及ばないところがあり質問させていただきます。

ここ最近のV字コック、身体から外れない、前倒しの話と、水平素振りが矛盾しているように感じてしまいます。水平素振りは横コックに加えてヘッドが身体の正面から外れる打ち方です。

今回の意図としてはV字コックをスインガーが意図して振っても、外見上は水平素振りのようにスイングしているように見えてしまい、それを前提に出前持ちとなってしまうメカニズムについて、水平素振りで解説されているのでしょうか?

お馬鹿な生徒で申し訳ないです。
ご教示いただけますと幸いです。

すごい!

ゴルキチさん、
いつも楽しくブログ拝見しております。
今回のスインガーの意思❕❕
ヤバイです。
今まで勘違いしてました。
前倒しの為のいらぬ準備?でフェースを返していました。
当然スライス多発!
記事を読み、朝から素振りしてみましたが明らかに違いますね。
大きくスイングに対する意識が変わりました。
テイクバックの意識が変わり、前よりも捻転時の筋肉のハリを感じました。
形式的でない、捻転のテイクバック?
縦の意識でヘッドの重力による自然なローテーションを体感できました。
スイング中にカクンとくる?感覚?
とにかく今夜、試してきます!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR