ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右向いたまま打つ秘訣は右足つま先の向きです



何はともあれ
まずはポチ、ポチ 
ランキング応援宜しくです!!

あざーす

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

順番が逆になってしまいましたね。
以前質問したままでしたたが、
右向いたまま打つ秘訣の答えは
右足つま先の向きです。


インパクトでは
腰は45度程度左に先に回転して開いています。
肩はインパクトでトップから90度回って正面を向きます。
胸も肩と同じですね。従って強いて言えば
右を向いている部分は上体では顔ですが、
最後まで右を向いているのは
右足のつま先です。
殆どのアマはダウン直後に左を向きます。
左に向くと同時に体が開きます。
つま先が右を向いたまま維持できれば
右踵も上がり難くなります。
右ひざも前に出ず、
左腰も右爪先と右踵に引っ張られて
スウェイできません。

  そうきゅうに

従って、
ダフらない秘訣は、
回転軸を右倒れさせない事であり、
右肩を落とさない事が絶対条件。
その秘訣は
右爪先の向きの維持とべた足にあります。

それは、当然ダフリ防止だけではなく
スイングの肝ですね。

以前から言っていますが、
右足の裏でスライスも簡単に治りますし、
ドローとフェードの打ち分けもできます。



これで今日もワクワクした1日を過ごせますね!!


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

かわせみ! さん Re: No title

こんにちは!!

> 今春より右膝が前に出る事を修正していた私としては背面打ちに続くナイスな記事でした。
> 家練でイメージを固めて練習場で実践。
> ハーフスイングで足と脚の動きを確認しながらの打ち込み。
> ハーフでもかなり良い球が出るようになりました。
> 手強かった70gのシャフトで331gのドライバーも良い感じで打てて満足です。
> ダフリのミスが目立っていた3Iも簡単に打てそうな感じです。
> 打ち込んでものにしたいと思います。
> 乱文、長文失礼致しました。

右足つま先の右向きは、確実に肝です。それでスイングの全てが変わります。ただやり過ぎて右ひざひねらない様に徐々に柔らかくしてくださいね!!
これにより今までスウェイしていたことが良く分かると思います。軸が倒れなくなることが良く分かり、軸の維持の重要性が良く分かると思います。
体重移動がガンだったと良く分かると思います。

ひめこ さん Re: No title

まいどです!!

> あ~~~
> ゴルキチさん!
> 痒いとこに手が届きそうで
> あと少しみたいな
> ソコ!ソコ!!右足の踵!
> 意識しすぎると右肩下がってしまうあたしとしては
> もう一度
> ジブンの右足
> 右肩
> 確認して考えます!

右肩が落ちる原因は2つあります。
1、腕と肩の動きを完全に分離できていない。
2、右肘のタメは無理に曲げて作るものではないです。右腕は力んで自ら伸ばしきらない限り、脱力して使わなければダウンで自然に伸ばされます。それでも、インパクトまで軽く曲がったままでいます。右腕を力まなければそうなります。

1、腕の縦振りと、体の横回転がごっちゃになると右肩が下がります。両肘間隔を締め、両肘は常に下向きなので必ず右脇が締まりながらダウンし、グリップより先行して落下します。その時肩が一緒に落ちない様に右肘は自然に伸ばされていきます。しかし、ここが問題で右腕を意識して完全に伸ばし切るとリリースしてしますので終始脱力で自然に伸ばされますが、伸ばし切りません。右肩は前傾した軸を中心とした軸回転であり、左肩と入れ替わります。この腕の縦の動きと、肩の回転を全く別物として動かせるように分けて練習します。右肩を左肩と軸回転で入れ替えるイメージを持つと下がりにくいです。

2、タメ、コックの維持は手首を強く意識しますが、右肘は右腕を力んで伸ばしきらない限りそれほど意識しなくても軽く曲がったままでいるはずです。右腕が力んでインパクト前に伸び切るのはまずいですが。ダウンでは右肘は自然に伸ばされていくものです。伸ばされながらも脱力したままでインパクトまで右肘を先行させます。右腕を脱力していれば右脇を占めれば右腕は自然に肘リードになります。インパクト後に右肘は完全に伸び切ります。それも右腕で意図的には伸ばしきりません。右腕を意図的に伸ばすとまぐれで飛んでも球がバラバラになります。

そんな感じです。ただ、女子プロは右踵上げちゃう日本人が多いのでアマも誤解しますが、アマにとってはまずは軸の維持が最優先なのでその場で回転した方が軸の維持は確実です。そのためには体重移動止める事が必要になります。そもそも腕を振って体が回転し、右肩が出ていけばいやでも体重移動します。

縦と横の分離ですよ!!

No title

こんにちは。かわせみ!です。
今春より右膝が前に出る事を修正していた私としては背面打ちに続くナイスな記事でした。
家練でイメージを固めて練習場で実践。
ハーフスイングで足と脚の動きを確認しながらの打ち込み。
ハーフでもかなり良い球が出るようになりました。
手強かった70gのシャフトで331gのドライバーも良い感じで打てて満足です。
ダフリのミスが目立っていた3Iも簡単に打てそうな感じです。
打ち込んでものにしたいと思います。
乱文、長文失礼致しました。

No title

あ~~~
ゴルキチさん!

痒いとこに手が届きそうで
あと少しみたいな


ソコ!ソコ!!右足の踵!
意識しすぎると右肩下がってしまうあたしとしては


もう一度
ジブンの右足
右肩
確認して考えます!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR