ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

リリースなんか要らないよ


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

リリースが早過ぎるか、十分待てるか、とかの議論より
「リリースってそもそも必要ない」
と定義した方が良いと思います。

右向いて打つってことは、左肩が下のまま打つってことです・・・
よね。

意に反して、左肩が上がってしまうってことは、
左肩を上げないと左肩と球の距離を一定に維持できないから
否応無しに上げざるをえないということなのです。
体が伸び上がって、さらにその上左肩も上げることで、
手首が伸びた分の距離を余分にとらないとダフるから、
そうせざるを得ない、ということなのです。

ゴルフを始めた瞬間からほぼ全ての初心者にとって
それが当然の事なので間違っていることに気が付かないのです。
私もそうでした。

その原因はただ一つです。
リリースして手首を一直線に伸ばしてしまうから左肩から球の距離を一定に維持できない。
アドレスより20cm位は余裕で伸びますよね。
ダブルに決まってます。
ダブらないほうがおかしい。
左肩が上がる=胸が飛球方向に開く、肩が開いて右肩下がって
インパクトということですよね。

リリースしなくても打てる、当たる、球に届くためには
インパクト時にかなり左肩が低くないとそもそも無理なのです。
左肩が低い=胸が右向いて打っている、ということなのです。
それが要するに上から打つ=真の意味でのダウンブローなのです。
小手先で上から打っても全然違いますよ。
プレーンそのものがダウンブローにならないと。

殆どのアマは意に反してかなりのアッパーブローです。
本人はまず気が付きません。
そもそもレベルのつもりで振ったら必ずアッパーになりますから。
実際問題、意識と現実はとんでもなくかけ離れています。

プレーンそのものがフォローで地面にめり込む程に
ダウンブローの意識で初めてレベルに振れているものなのです。
それができて初めてリリースしないで、左肩が低いまま、
胸が右向いた状態のままで打てることを実感できます。
 
リリースしないで打つということは、
肩からヘッドまでの距離を、ハンドファーストを維持したまま打つので
精度は格段に上がります。

要するにインパクト時にリリースしなければ球に届かないスイングと
リリースしなくても球に届くスイング、その差が分かるかどうかなのです。

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく



スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR