ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

テークバック  インに引きすぎない簡単な方法

 殆どの人はゴルフを始めてから長い間スライスに悩ませられます。

そして、多くの人はインサイドアウトに振れとアドバイスされてきました。

その結果、極端にインサイドに引く習慣が身に付いています。

本人は長年の習慣で決して気が付きません。

その結果、インから寝て降りてきてダフリ安くなります。

うまくいってもフォローを押し出して、プッシュアウト、またはそれを嫌って

急激にヘッドがターンして引っ掛けになります。

たまたまタイミングが合うとドローになるので、致命傷に気が付きません。

または8の字を描きアウトサイドから降りてきます。


 それを簡単に直す方法があります。

バックスイングで右足甲の前半部分に体重をかけるのです。

インに引けなくなります。

インサイドに引くと必ず右かかと過重になります。

たったそれだけで劇的に変わります。


 特にアプローチでインサイドアウトの習慣は致命的です。

ダフリ、トップ、シャンク、方向性、距離感、スピン量と

何十万発打っても上達しないでしょう。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Re: タイトルなし

> 掬い打ちの矯正方法
> ご教示ありがとうございますm(_ _)m
> ティーアップして打つ練習の場合は
> アイアンの刃で打つ意識で良いのでしょうか?
> 何度も質問して申し訳ありませんm(_ _)m

いえ、普通に打ちますよ。はっきり言ってレンジもマットでの練習は全くと言って良いほど意味がありません。滑るのでダフりがわかりません。レンジではほぼ95%のアマがダフッてます。
下に置くなら確実に球にファーストインパクトする必要があります。マットの一番右端に置いて難なく打てなければなりません。出来ない方は手首を傷めるので、ティーアップするのです。ティーアップすると下から入ると打感で分かります。ティーアップしてスイートスポットで低い球を打てればOKです。
私がマットの上で打つ場合は、必ず球にファーストコンタクトして球の先のターフを取るイメージでよーく音を聞きます。そして、出来るだけ低いライナー性の球で打ちます。
左右狭いOBのホールで強風でティーアップして低弾道で攻めるイメージを持つと良いです。ウッドでも出来れば、必ず将来強力な武器になりますよ。

匿名さんはじめまして!!Re: ご教示願えれば幸いですm(__)m

> 私はバックスイングでインサイドに引き過ぎる悪癖があるため
> 色々なページを渡り歩いた結果、
> こちらの記事に辿り着き、福音をいただきなんとか改善に向かっております。
>
> また、私には「掬い打ち」という悪癖があるため、
> それの改善を目指し他の記事も拝見させていただいたのですが、
> どうしても「掬い打ち」が改善できません。

有難うございます!!
お互いに情報交換して上を目指していきましょうね!!
アマは、ほぼ皆インサイド過ぎて、掬い打ちです。私も先日まだインサイドと指摘され記事中のアダム・スコットのように意識より遥かに飛球線後方にアップライトに上げるようになりました。それでフラットのスイングを勘違いしていた事が分かりました。アップライトに上げて行ってもトップの肘の位置でフラットになります。
今回のレッスンで、トップが高くなって非常にスイングが良くなりました!!肩も深く入るし、間もゆったりできます。感動的ですよ。
重力が使えるのが良く分かります。フォローも高くなったので引っ掛けのミスが格段に減ります!!良いですよ。

掬い打ちの癖がある方は、高い弾道を打とうと意識した時点でもうダメですね。アイアンでティーアップして低い玉を打つ練習が良いです。
また、ショットは絶対に上げようとしない!!とにかく林から脱出するように低いライナーを打つように意識して初めて掬いうちが直ります。直るというかそれが正しいスイングです。後はロフトが勝手に球を上げます。

ウェッジは球の下にヘッドをもぐらせる意識、ロングアイアンは常にライナーでランで稼ぐ意識です。タイガーのスティンガーショットのイメージで練習すると良いですね。その方が左右の怪我も少なくて良いですよ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR