FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ヘッドの最速位置をどこに意識すれば正しいスイングが出来るのか?

 今日も ゴルフ スイング レッスン お悩み相談室 GOLFの解体新書

nakabe プロ の非常に参考になるレッスンを御紹介します。

前回の、低く長いインパクト に続き、

今回は、意識すべきヘッドの 理想の最速位置 はどこか? です。


 あらゆるレッスンで言われている内容で、殆んどの方がご存知でしょう。

そうです。インパクト後のフォローを最速にする意識です。

誰でも知ってます。でも、出来ません。

なぜか? 意識の持ち方が、ほんの僅かに違うからです。


では、早速一部引用させて頂きます。



『1. 「実際」 (現実)と 「意識」とは、必ずしも同じとは言えません。

  「くい違う」という事をよく把握しましょう。

2. 実際、現実でのクラブヘッドの

 「理想の最速位置」は当然インパクト直前です。


3. もし、人がその2番の位置を意識してクラブを振った場合、どうなるのか?

 速度測定器でクラブヘッドの最速の位置を計ると

 その理想の位置より30センチも50センチも

 手前(後方)になってしまいます。

4. 人はその位置を目標にスイング、クラブを振っている

  にも関わらず、そのかなり手前でヘッドスピードが上がってしまい、

  肝心の場所ではヘッドスピード(スイングスピード)
  
  が落ちてしまうのですね。


5. 試しに、ドライバーでボールの50センチ手前、

  その部分だけが最速になるように

  ボールを打ってみてください。

6. 今度は逆に、ボールの50センチ先(ターゲット側)が
  
  最速となるようにショットしてみて下さい。

  結果は明らかに後者のスイングのほうが
  
  ボールは遠くへ飛びます。

7. よくレッスンなどでは「ボールの10~20センチ先で
  
  ヘッドスピードが最大になるようにスイングする」
 
  とありますが・・

  私はそれでも全然、持つ意識としては早すぎると思います。

8. とりあえず石川 遼プロの中学時代のスイングを見てみましょう。

 どの部分が「最速に見える」かじっくり観察してください。

 (映像省略)

9. 見えましたか?

 そうです、スイングが終わりに差し掛かる

 「フォローで、シャフトが水平になった位置」

 この位置が最速になるように
 
 イメージしてスイングすることです。


 アベレージゴルファーはボールの手前に意識がありますが

 スーパージュニア・プロなどとは、かけ離れたところを

 イメージしている事に殆どの人は気づいていないんですね。

 もしかすると、彼らは

 「もっと先をイメージしているかもしれない!」
 
 と思わせるようなスイングをしていますよね。
 』


確かにこのビデオを見るとフォローのハーフウェイ、

シャフトが水平になるまで加速させているように見えます。

つづく
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR