FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右肩の送り込みの方法 Part 1

 インパクトまで必死に我慢していた肩の開きと対照的に、

インパクト後は一気に右肩を左足の上まで送り込みます。

一気に、グ ――― ンと、寸分遅れることなく。


スイングの最難関の壁のひとつです。

おしゃれなスイングか、その辺のおやじスイングかの

分かれ目です。

難しすぎてレッスン書では重視されていませんが、

これを、避けてたら、進歩がありませんよ!!

諸悪の根源はここにあるのです!!!

わかりますか!? そこのあなた!




これが出来て初めてビジネスゾーンでの

低く長いインパクトとフォローが可能になります。




宮里藍ちゃんの様な大きなフォローは

インパクト後に左脇が開放され、

左ひじが伸びていく事により

可能になります。

左ひじが伸びるためには、

左サイドで短い右腕が邪魔をしないように、

短い分、右肩が飛球方向に出て行く必要があります。

殆どの人に見られる左ヒジの引けとか、

左ヒジの逃げとか、左ひじが伸ばせない、

左脇が解放できない、と言う欠陥は、

右肩が出て行かずに止まっているために、

短い右腕が左ヒジの伸びを阻害していること

が最大の原因なのです。


 また更に悪いケースでフォローで左親指を痛めるケース。

これは短い右腕を強く使いすぎるために左ヒジのみならず、

左親指さえも正常な動きを阻害して間接を痛めているのです。

本人は何が原因か気がつかないでしょう。

このケースでは無理やり左ヒジを逃がさず、左ひじを伸ばす

ために起きます。更に肩を開かないように、

ヘッドアップしないように、というレッスンを

インパクト後まで続けてしまっているのでしょう。

これではインパクト後に直ぐにシャフトが立ってしまい

球を擦り上げるだけの動きになります。


 右肩を左足の上まで回わせない人は、

体の硬さを言い訳にしていますが、

本当は体の硬さは問題ではありません。

方法としては、まず、

左足爪先を開き、スタンスを開くことで体を回しやすくします。

十分左足に体重移動した後、

I 字型に左足上でフィニッシュを取ります。

重要なのは柔軟性ではなく、

バランスなのです。

このフィニッシュを体感し、

バランスの取れるフィニッシュを

体に叩き込む事が大切なのです。


実は、この体勢を体感する超簡単な方法があります。


本当は秘伝で教えたくありませんが、

ファイト一発クリックの応募多数の場合に限り、

特別に気分次第で教えちゃいます!!(やり方がせこい?)



この体感方法により容易に、

完全な右肩送りをマスターする事が可能になります!!

あなたのおやじスイングと球筋は短期間で見違えるような

おしゃれなものになります!!・・・・・・・たぶん・・・恐らく、

まー、努力次第で。


その方法は次回以降に書きます。


お楽しみに!!
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR