FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

猫背の直し方 手打ちの解明  リリースの方法

 いくつか質問頂いています。先日の猫背を直すお話ですが、

アドレスへの適用については各人それぞれ段階があります。

例えば、猫背を矯正で胸を膨らませ、胸を張り、背筋を反らし、

顎を引きます。これで一直線の脊椎を確認できます。

しかし、このままの状態では全身力みすぎでアドレスできません。


 私のアドレスへのこの体勢の移行方法は、

一直線の脊椎の軸のイメージを残してアドレスします。

まず、息を吐いて胸を縮め、全身の力みを取り、

重心を落として一度、全身リラックスしながら、

両肘を軽く絞って、胸に乗せます。特に右ひじはへそ方向に

軽く絞り込みます。 この矯正により一度閉じた

両肩甲骨(背中側)の間隔は逆に開きます。

片山晋吾プロと上田桃子プロが良くやっている

両肘でボールをはさんでスイングするスタイルと同じです。


 右肘はビジネスゾーンでは常に体から離れませんので、

右肘の邪魔をしないように、胸、腹の懐を広く取り、

トップからフォローまで最短距離で通過できる様にします。


 これで、猫背を矯正した直後の状態から、

アドレスに変化しました。結構変わりますね。 

しかし一直線の脊椎の軸は、イメージとして

維持されているはずです。

但し、一直線とは完全な直線の意識ではなく自分にとって

力みのない範囲での良い姿勢と言う事です。



 では、昨日の続きです!



 下の2枚目の写真ですが、散々言われるシャフトと腕の鋭角

なぜこれができないのか??なぜ、青線の様になるのか?

良く言われる 「トップから球を打ちに行く」とか「手打ち」、

の厳密な定義は何なのか解りますか?

おそらく、抽象的過ぎてかなり解釈がずれてるはずです。

どんなに下半身始動でも、どんなに腕の力を抜いて、

ボディーターンで打っても、どうやっても

「 トップから球を打ちに行く 」 とか 「 手打ち 」と、

言われませんか? なぜか? 何が悪いのか??

指摘されるだけで、明確な回答や解消法はなかったと思います。


 早速ですがその答えは、

切り返し=手首スナップによる強制リリース

もしくは、リリース=手首スナップによる強制リリース


なのです。 これが「手打ち」の元凶です。

これに気が付かない限り、何を直そうが、どんなに悪あがきしようが、

行き着く所は全てオーバードゥーで、過剰な下半身リード、

過剰なインサイドアウト、等々様々、多くの方でよーく見られます。


 早期スナップ多用の強制リリースの原因は何か???

それはビジネスゾーンで、フェースローテーションの

正しい管理ができない為、フェースを正しく戻せないからです。

だから早め、早めにフェースを合わせに行かざるを得ず、

トップからリリースに行ってしまうのです。

振り遅れの経験則からくる条件反射的な防衛策ですね。


しかし、なぜファースを正しく戻せないのか?

正しいローテーションの原理を解っていないからです。

ローテーションの原理とはは何か?

左手首支点で右手が右肘リードで左手を追い越す事です。

要するに右腕のスピードが左腕のスピードより

速くなれば良いのです。

これは手打ちスイングに対してグリップスピードの低下

とも言われますが、

ヘッドの加速を利用して左腕以上に右腕を加速するのです。


誤解があるといけませんが、

「右肘リード」とは手首より肘が先行する意味のリードであり、

スナップの様に手首を能動的に使わないと言う事です。

右腕を加速する役割はあくまでも右肘や右腕ではなく

加速するヘッド・クラブです。腕力ではありません。


多くの方はこの原理を知りさえしないでしょう。


 手首を使ってローテーションしたら一生進歩しません。

この管理がビジネスゾーンでの最大の課題の一つです。

これができれば、どんなにコックを維持しても

ローテーションの管理は自在なので、

早期にスナップで強制的リリースをする必要性は消滅します。

これが、手打ちの解消法です。



 リリースはビジネスゾーンでヘッドの遠心力により

序所にさせられ、インパクト以降意識して残した

コック=タメを開放することにより、球を押し出すのです。

考え方を変えれば。 簡単です。

以前、最大限のタメを体感する方法でも書きましたが、

手首にとって、リリースは能動的にするものではなく、

受動的にさせられるもの、遠心力でアンコックされそうになるのを、

手首はむしろ必死に耐えながらそのタメの量をショットごとに

管理するのです。


 トップから右肘が体につく時、右前腕は水平になります。

シャフトは腕と鋭角で降りてきて、シャフトはほぼ

垂直になります。 右手のひらは体の正面を向いています。

その瞬間まではヘッドに遠心力は大きく働かないので

手首の力さえ抜いていればタメは勝手に写真の様に

維持できてしまうのです。

コックが解けるような遠心力が働くのはそこから先の、

腰から下のビジネスゾーンです。

問題はこのビジネスゾーンでのリリースの管理と、

フェースローテーションの同時管理です。

これはビジネスゾーン範囲内でのハーフショットの

繰り返しでその微妙な要領を身に付けていくしかありません。

タイガー写真 2



残りの二つとおまけはまた次回!!

その後、近いうちに、気分が乗ったら、こっそり右ひざの

超ド級の秘伝公開しちゃいますね。

これ解っちゃったら、マジで怖いものなしですよ!

狙い通りポン、ポンパーオンですよ。

右肩の制御超意外な方法は****なんですよ。

ローテーションの制御方法も****で操作できるようになりますよ。


乞うご期待です!!いつも応援有難うございます!!

読者の皆さんが、シングルになれるようレッスンで応援しますね!!
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR