FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

フライングエルボー、オーバースイングの直し方

 質問があまりに多数来ていますので大切なものを

いくつか先にお答えします。


 今回は、フライングエルボー(こっちがメイン)と

オーバースイング(おまけ 理屈が解ればすぐ直るから)の

原因と修正法です。


ここで、注意するべきことは、

トップの形はあくまでアドレスとバックスイングの結果です。

トップの形だけまねても決して直りません。

なぜフライングエルボー、オーバースイングが悪いのか、

その原因は何なのか、論理的に解明し、

自分で理解しないと直りません。

これはゴルフスイング全てに当てはなりますね。



 フライングエルボーやオーバースイングの女子プロや

ジュニアはたまにいます。

また、それを薦めている有名レッスンプロもいます。

しかし、男子プロではオーバースイングやクロスは殆どいません。

反復性から考慮すれば良くないに決まっています。

反論相当多数あると思います。

 しかし、問題は 「プレーンから大きく外れるた右肘を

プレーンに戻せればよい」 と言うだけの問題はないのです。

シャフトが不必要にねじれ、更に戻る際に大きな衝撃も加わります。

このシャフトのねじれと衝撃はアマには致命的な問題です。

ロートルクのシャフトを使えば良いかと言うと逆で、

更に過敏になり、繊細で高度な技術力を要します。

感性でゴルフを学んでいる非力な子供か、

プロ以外これらの問題を解決することは不可能でしょう。

 
 しかし、そもそも、アマのフライングエルボー、

オーバースイングはプロのそれとは原因が全く違うので、

論ずるまでもないのですが。


 下のタイガーのトップの写真では、オレンジの腺が

フライングエルボーの右前腕。 左右の肘は大きく開き

左右前腕の三角形は致命的に大きく崩れます。


シャフトは正しいグリップなら、

青線のようにクロスします。

クロスしなければ無理のあるグリップです。


通常オーバースイングも併発するため、

図よりもさらにひどい状態になります。

問題なのはダウンでオンプレーンに戻すために、

右肘を緑の線だけ右腰のひきつける必要があります。 

写真ではタイガーのトップのときの黄色線に比べ遥かに

長い距離を下ろさなければならない。 

また、一度右を向いた肘を下向きに下げると右肩も落ちる。


当然反復性は著しく劣る事は明白。

さらに、シャフトが飛球線と平行でないためにダウンで

シャフトを飛球線に対し横にねじらなければならない。

この反動は当然シャフトの挙動を不安定にします。


<写真 タイガーのドライバーのトップ 赤線がスイングプレーン、
ピンク腺が上のプレーン、黄腺が少しフラットなホーガンプレーン
オレンジ腺がフライングエルボーの右前腕、
緑腺はフライングエルボー時のオンプレーンまでのダウンでの右肘の動き
紫腺はフライングエルボー時のクロスのシャフトライン、
黄色線は右前腕垂直時のオンプレーンまでの右肘の移動、
白腺はオンプレーン後の右肘のインパクト直前までの動き>
タイガーフライングエルボー


 では、原因の解明です。


原因① 殆どの方は、以前書いた様にアドレスから既に

間違っています。 右肘がアドレスで既に下向きでなく、

右を向いているため、そのままではトップでも右を向きます。



原因② これも多くの方がそうですが、スイングに

不可欠なフェースのローテーションがうまく出来ないため、

振り遅れのスライス、またそれを嫌い手首、右前腕による

強引なローテーションによる、引っ掛けが発生します。

 これに懲りて今度はフェースを開くことを嫌い、最初から

シャットで上げようとすると袋小路の悪循環が始まります。

 シャットに上げると右手甲側へのコックになり、

シャットを維持するために右肘も一緒に上がって行きます。



原因③ これもかなり多いですが、

トップから球を打ちに行くイメージの為、

トップが決まってから更に、

もう一回深くバックスイングしてしまいます。


それが最後の右肘上げになります。

トップから始動するための助走を無意識に

作りに行くんですね。 


原因④ 捻転を作ろうとしても右股関節、その他下半身に

しまりがなく、緩んでいるため、下半身が右にスウェイ

してとめどなくオーバースイングになってしまう。



原因⑤ 右肘のヒンジング(肘の折りたたみ)の方法が間違っている。

インサイドに引きすぎか、左腕で押し上げすぎか、

左肩が下がっているか、が原因で右肘が背中側に逃げている。


原因⑥ 上半身で打ってる人=そもそも捻転で切り返す

ことを理解していないため、捻転をきちんと作っていない、

または、作いこなしていない。

上体主体で打つためコンパクトなトップでは始動できない。

この場合、スイングそのものを理解する必要がある。



原因⑦ トップで左手首が甲側に曲がっている。

上記①~⑥が原因でなることが殆どだが。


他にも原因はさまざまありますが、

だいたい①~⑦を複合的に持っています。

全部の人もかなり多いでしょうね。

でも、フライングエルボー、オーバースイングの短所が解り、

原因を理解できれば直すのは時間の問題です。


以下、原因ごとの解決方法です。


原因① これは簡単。ちょっと前の過去記事見てください。

原因② 下記参照

原因③ これは前記事のターゲットを球先45度、

始動をトップから45度のイメージで解決です。


原因④ 左足べた足、右足は拇指球と

インサイドエッジで踏ん張り、右膝不動で

右股関節で体重と、骨盤の回転、捻転を受け止めて、

パワーをためる。

オーバースイングになる人は股関節で骨盤を止められず、

一緒にも回転移動している。


原因⑤ 下記参照

原因⑥ まず、股関節で捻転のパワーを受け止め、

そのパワーと下半身、重力が切り返しの殆どのパワー

となることを理解することが先決。 捻転の開放以外、

上半身のパワーは殆ど必要ありません。


原因⑦ 左手首スイング中ずっと甲側に曲げない。


原因② これが最も難しい。この解決方法はまず

ローテーションの必要性から理解しないといけない。

トップではフェースは約45度開きます。

フォローで45度閉じます。

ビジネスゾーンで180度ターンします。

これを肘下だけでやると再現性はゼロ。

結果的には右前腕の内旋だが、それを

右前腕を使わずに右肘リードで左手をてこに使って行う。

実際には右肘も更に右サイドによってリードされるのだが。

右手が左手を追い越すことにより左手がテコとなり、

ローテーションが行われる。

従って、極端にはローテーションだけなら左腕だけ

止めれば勝手にフェースは返る。

これをビジネスゾーンの範囲内で球筋により

適度に管理する必要がある。

同時にアンコックも管理しなければならない。

その管理手法が秘伝である。


詳細は次回以降。



原因⑤ これが直接の解決方法ですが、

正しい右肘のヒンジング(肘の折りたたみ)が出来れば

正しいトップが体感できます。

タイガーのヒンジングの連続写真を参照して下さい。

正しいヒンジングを解説していきます。

赤線がトップでの右肘の位置。

黄色線が右肘の移動を示しています。

体の回転に伴い右体側(胴体の右サイド)に沿って徐々に

上昇しており体側から殆ど外れていない

のが解ります。

タイガー ヒンジング 写真①~⑤
タイガー ヒンジング

写真① ハーフウェイバックまで右脇は閉まっており、

右肘は体側に殆ど付いており、右肘は下向きです。

少し右肘が曲がり始めています。

写真② 胸を右に回しながら、右肘は背中側に

逃げることなく、体側に沿って上昇しています。

右肘真下向き、右前腕垂直になるように、

右肘支点に上げていきます。


写真③ 左腕水平でシャフトと前腕の角度は90度です。

シャフトはスイングプレーンに対して常に平行に、

すなわちオンプレーンに上がっています。


写真⑤ トップです。右前腕は完全に垂直です。

左手首は真っ直ぐ。

右手首は親指側にコック
されており、

右甲側にはコックされていません。

「出前持ち」 と言う語弊のある言葉は右て甲側への

コックと誤解を生じやすいため論争の的になります。

シャフトは飛球線と平行で水平です。

フェースは45度以上開いています。

確実にシャットではありません。

特筆すべきは右肘の高さです!!

右肩よりもかなり低い位置で、右上腕は水平以下です。

低くて、全く右肘が浮かない、コンパクトなトップです。

前腕の三角形は最後まで維持されています。


しかし、注意すべき点は右肘は90度です。

トップは低いですがスイングアークは高いトップと

全く変わらないのです。


コンパクトなトップでもスイングの半径は変わりません。


短距離走で前に振り上げた腕の様に右腕を体の前に

上げて子供に力瘤を誇示するように

力強く力瘤を作ってください。右肘を90度ですね。

そして、右手首をコックして右前腕とシャフトを90度、

シャフトがあったらは真後ろに水平をイメージします。

そして、思い切り力を入れて力瘤を作ってください。

肘は肩より低いですよね。

その形をその力瘤で記憶してください。

これからその右腕があなたのトップです。

もう忘れないと思います。


プロが試合中よく確認しているのが、

このトップの右腕の形と位置です。



これならトップが毎回大きく変わることはないと思いますよ!!

少なくともスイングの基準になるはずです。



 ここで二つ注意点ですが、

フライングエルボーとオーバースイングは自覚症状

がないのが殆どです。素振りでは出ませんから。

練習場では半分以上の方がそうですね!

あなたもご自分のビデオ撮ったらきっと驚きますよ!!


私も同伴者を間違っても注意しませんよ!

険悪になるし、めんどくさいし(汗)


もう一度、

「コンパクトなトップ」 には大きな語弊があります。

結構大きな問題で、気付いていない方が多いですが、

トップでの右肘の角度が90度以下の鋭角になることです。


コンパクトなトップは高さが低くても右肘角度は90度です。

スイングアークをコンパクトにするのではなく、

トップの高さをコンパクトにするだけです。

トップで縮こまっちゃあ、きっちり打てませんよ。

注意しましょうね!
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

何だかこのタイガーのTOPは凄いトコに上がってますね。
自分の理想よりフラットと言うか低いかなぁ?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR