FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

秘伝 黄金ラインと右足操作

 あまりにお待たせして申し訳ないので、先に結論から行きましょう。

いよいよ超ド級秘伝の公開です。


答えは、全ての司令塔は右足なのです。

 まず、右肩、右肘、右膝、右足甲中心が常に一直線(黄金ライン)で、

あることです。 下のタイガーの写真の赤線参照してください。

右ひざが少しでも甲より前に出たら、

その上の右サイドの全てが前に出ます。

 右肩もインパクト直前まで右膝より前に出してはいけません。

スイング中常にこのラインを意識し何があっても堅持してください。

このラインが維持できればあなたのスイングは間違いなく

劇的に変わります。

 そして、更に重要なのは腰の回転を制御しているのは、

右足の蹴りなのです。左腰の壁が頑強ならば、

右足で右股関節を押していけば左腰は勝手に切れるのです。


腰で腰を切れば必ずオーバードゥーになり、

振り遅れや多くの弊害が起きます。 

腰を切ると肩が開きます。

これで、スイングは腰を回転する回転運動か、

直線運動か結論が出たはずです。

間違いなく直線運動です。腰は結果的に回転するだけです。

ゴルフスイングは縦も横も直線運動なのです。

スイングにとって能動的に腰を回す必要性はありません。

これが出来れば、右足の加減で縦回転のスピン量、

横回転のドロー、フェードでさえ、打ち分けられます。

スピード、飛距離コントロールも自在に操作できます。

使う部分は、右足裏、右膝、両ももと足全てですが、

足裏感覚での押し込みが最も大事でしょうか。

 右足はスイングの原動力であり、司令塔でもあるのです。

だから、下半身リードというのです。

右足蹴りは飛距離をも左右するのです。

「腰を切る」とはとんでもなく語弊のある言葉で、

文字通り腰で腰を高速で切っていたら、バラッバラになります。

ここがレッスンのいい加減さで、無責任なところなのです。

レッスン書を真に受けてはいけません。

必ず自分で考え、噛み砕き、検証して、自分で切り開いて

いかないと袋小路に入り数万発の努力も徒労に終るでしょう。

更に、大事なことは大切な右肘リードも右足で操作します。

フェースロー-ション、アンコックの管理も

微妙な右足に足裏感覚で、操作していきます。


以上が取り合えず、簡単に超ド級秘伝の説明でした。

また、今度詳しく書きます。


 今回もまず先に解り易い様にタイガーの連続写真で解説して行きます。

写真①トップ、肩スクエア ②ダウン、右肘腰に付いている、肩は閉じている
タイガー トップ 肩 肘 膝 甲 肩スクエアjpg


写真① のトップでは体とグリップは肘拳ひとつ空いて多少離れていますが、

右肩、右肘、右膝、右足甲の中心はほぼ垂直腺上に並んでいます。

肩は全くスクエア。

写真② インパクト直前ですが、肩がかなり閉じているのが解ります。

そのため、左脇が実際より空いている様に見えます。

右肘は体に接触し、左肘下向きに肘はかなり曲がっています。

トップからの沈み込みで体全インパクトに向けて伸び上がるための

のタメを作っています。

右踵は殆ど上がっておらず、右ひざも曲がっているだけ

で全く前には出ていません。

右肩、右肘、右膝、足甲の中心はまだ一直線です。


写真③ 右足が伸びて来ました。


明日、子供の運動会なので今日はここまでにします。

また次回遊びに来てくださいね!!



写真③インパクト瞬間。
タイガー インパクト 肩 肘 膝 足甲 1 
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ききぺこ さんまいどです!!

有難うございます。このビデオ超便利なんで勝手に使わせてもらってます(笑)
ゴルフは全てそうですが恐ろしく精緻なコントロールを要するので多少でも過激な動作をイメージする言葉や、オーバードゥーは全て御法度なんですよね。これは個人差もありますし。同感です。腰切りについては私が思うに腰をどんなに意識的に速く切ったところでヘッドスピードを上げるには至らないと思います。それでうまくいった話は聞いた事がありません。あくまで腰の回転スピードは結果でしかないと思います。H/Sが速い人は当然速いし、遅い人は当然遅い。だからと言って、腰切リスピードを速してもH/Sのupには繋がらないですよ。何でこんなにおかしな誤解がまかり通っているんでしょうね。まあ、そんなもんなのでしょうね。蹴りも同様で捻転の開放と体重移動が目的でオーバードゥーは逆効果です。制御できる範囲が各人のボトルネックでしょうね。飛距離は短距離走と同じで天性に近いと考えたほうが無難で自分の得意分野を伸ばしたほうが良いでしょうね。片山晋吾も本人は何の才能もないと言ってますから。

ロキさんコメント有難うございます。

有難うございます。飛距離により押込みのスピードの程度は変わりますが押していき左股関節に体重移動していきます。右足は結果としてべた足になるのであって無理に足だけやっている訳ではありません。そうするとまた直ぐ出ちゃいますよ。体重移動は必要です。左腰の切れ具合は左足裏の体重移動して調節します。このあたり恐らく難しいので、足裏の体重移動による球筋の打ち分け方法と一緒に詳しくUPしますね。

こんにちは

毎号楽しく読ませていただいています。
確かに、レッスン書なんかでよく見る「腰を切る」という表現はかなり語弊がありますよね。柔軟で力がおありなのでしょうか、思いっきり腰を回す人を時々見ますが、実際あまり飛距離が出ていません。右足蹴りですが、私は「蹴り」よりもむしろ「右膝の送り」を意識してスイングしています。右足蹴りを意識すると下半身と上半身がバラバラになってしまうのですよ。私だけでしょうかね。それにしてもこのビデオ、かなりの高速度で撮影されていますね。タイガーのクラブヘッドのブレが数センチ程度におさまっています。

はじめまして

毎日楽しみに拝見してます。
自分は右踵がすぐ上がり、右膝が前にでます。ベタ足で下半身から切り替えし、頭をインパクトまで動かさないような意識で打つとかなりいい感じなんですけど…ベタ足ではなく切りかえしから右足で蹴る(押す)感じですか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR