FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

トップの間の作り方 1

 トップの間が出来ないとの質問が何件かきましたので

お答えします。

解れば極めて簡単なことです。

単に力で引き下ろさないことです。

重力でおちる状態まで待つだけのことです。

ただ、間ができるようになると [待つ] という不自然な

感覚はなくなりそれが自然なタイミングになります。 



腰の回転や腕力で引っ張り下ろしていると

重力で自然に落ちる感覚が掴めません。

それを 「重力による自然落下」 とレッスンでは言います。

もちろん、実際には重力のみでダウンスイング

していませんが、体感方法、イメージの問題です。


ただ、それだけで間が出来ます。



<写真①>
トップ 慣性力1

<写真②>
トップ慣性力2


 論理的に説明すると、バックスイングトップでヘッドには

進行方向にオレンジの矢印の慣性力が働いています。

その慣性力を右肘角度90度に維持することで受け止めます。

受け止めることによって「トップしなり」赤線 ができます。

しっかり受け止めないと慣性力が勝りオーバースイングになります。

その慣性力と逆方向に働く右肘の引き合う力、「トップしなり」の

しなり戻り等の力が青矢印です。

写真①ではまだ慣性力が大きすぎて自然落下できない。

写真②では自然落下できるほど慣性力は打ち消され

切り返しにより逆転する瞬間。

 要するに、

一瞬待てば、切り返しに要するパワーが格段に減る

だけのことです。

これを待てない人は力ずくで引っ張り下ろしているので

無駄にパワーをロスしているのです。

逆に言えば、常に力ずくで引っ張り下ろしているので、

自然落下の感覚を知らない、もしくは慣性力が打ち消される

瞬間が感じ取れないのでしょう。


 ただ、前回書いたようにトップしなりのできない人は、

だらだら慣性力がなくなるまでオーバースイングしている

訳ですから間はないですよね。止まった瞬間が切り返しです。

間ができる方がおかしいのです。

それでも間を無理に作ったらスウェイか更なる

オーバースイングで、リバースピポッドか、非常に無意味な

滑稽なスイングになります。


 私は、慣性力が打ち消される感覚は右肘にかかる圧力で感じ取ります。

右肘もヘッドも外見では止まって 「間」 に見えますが、

実は力が均衡する瞬間まで引っ張り合っているのです。


そして、均衡するタイミングを右肘が感じ取り、

切り返しをはじめるのです。

間を含めて既に切り返しに入っているとも言えますが。

ちなみに右腕のトップの高さは、私は右手が右耳の高さに来た辺り

を目安にしています。

その後惰性で少し上がり、ちょうど良い高さになります。



 クッシーさん、いつも拍手コメント有難うございます!

いつもお褒めの言葉を頂いて大変うれしく、また恐縮です。

おかげさまで忙しくても頑張って更新する気力が出ます。

感謝です!!
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ロキさん

私は昔空手をやっていました。ゴルフを始めて師匠に左足前に正拳突きと同じだと教わりました。それで、股関節への体重移動、右脚の使い方、腰の回り方、フェースローテーション、腰の入方が教わらなくても直ぐに理解できました。驚くほど全く同じです。当然、丹田の力を抜くことはないですね。
よく野球のピッチャーと同じといいますが全くいい加減ですね。ピッチャーはスナップで投げますが、ゴルフでスナップなど使ったらぐちゃぐちゃになります。このおかげで多くのゴルファーはやられているでしょうね。

ガラさん、はじめまして!!

コメント有難うございます。お褒めいただいて有難うございます!HP拝見いたしました。今後情報交換宜しくお願い致します。

フルショットでもアプローチでも腹筋大活躍ですよ!意識的に使う最も重要な筋肉だと思います。腹筋に力を入れなければスイングは締まりません。「丹田に力を入れろ」と言うレッスンは良くありますよね。丹田は下腹部で空手の突きなどでもよく言います。丹田に力を入れないと腰が入りません。ちなみにゴルフスイングは空手の正拳突きに非常に近いです。
試しに今腹筋の力を抜いて振ってみると、体中の力が抜けて軸が維持できないし、重心も低く維持できません、とてもスイングできませんね! あまり試したことがなかったですね。いい質問有難うございます! 私はアプローチは腹筋で打ちますよ。トップの大きさは腹筋で調節します。小学生並みの腕力があれば、腹筋と下半身だけで十分普通にゴルフできますね。
いい質問有難うございます。私も腹筋の重要性を再認識させられました。

なるほろ

記事わかりやすくて読んでてためになりました~(^0^)
私のパソコンの「お気に入りのゴルフブログ」に登録させていただきます~!

さっそくコメいただきありがとうございます。腹筋に力を入れる…。
意識したことない
フルショットでも入れるんですか?
また質問すみません。

まず、オーバースイングだと間はできませんので、トップでの右肘の位置と、形を反復して覚えましょう。ハーフショットはハーフしか上げない意識ではなく、ハーフしか上がらないように体をタイトに締めないと意味がありません。腹筋に力を入れて腹筋を止めてバックスイングすれば回りすぎません。
 間を体感するには、単純に力を抜いて右腕一本をトップに振り上げて下さい。自然落下するのに一瞬間がありますよね。それが、間です。その感覚を右肘で感じ取ります。
 実際のスイングで同様に右肘感覚を磨きます。待つという感覚は全くないですねー。自然にそのリズムになります。感覚をつかむまでそれほど時間はかからないと思います。

自分もオーバースイングで間がないといわれたことがあります。要はクラブが下りてくるのを待てればいいわけですか?
昨日ラウンドに行ったのですがワーストスコアを出してしまいました。
自分のスイングを一から見直したい。そこでハーフショットから始めようと思うのですが…。いい練習法(タメの作り方も含め)ありましたら教えてください。
トップの時に右手に違和感があるんですよね~。すみません。質問ばかりで

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR