ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スイングは腕の縦振りと体の横回転の二つの動きの複合

 フォローで打てとよく言いますが、何が違うのか?

実際問題インパクト後は瞬間で球が離れてしまうので

フォロー重視のスイングは意味がないと思われがちです。

しかし、それは関係ありません。



スイングは腕の縦振りと体の横回転の二つの動きの複合です。

以前書いたようにスイングは直線運動なので

ターゲットを球にすると始点がトップになってしまいます。

「トップから球を打ちに行く」動きになってしまいます。

そうすると何がまずいのか?

多くの皆さんの悩み

・ 早い肩の開き

・ アウトサイドイン軌道

・ 右肩下がり

・ 右肩が被る

・ 左への突っ込み

・ グリップの浮き

・ 早期のタメの解き

・ ダフリ


これらは早期の「体の横回転」により生じます。

ダウンで振る意識が強いと横回転が早く作用

してしまうのです。


すると上記のとあらゆる弊害を生む。

スイングの始点を45度下げてハーフウェイダウン直前

辺りにイメージしましょう。

ターゲットは球の先45度ですね。

トップから45度はスイングの助走のイメージです。

背面打ちのスイカ割りの要領です。
 


縦振りだけで右もも辺りまでクラブが落ちてから

横回転、体の回転が本格化するのです。

ですからハーフウェイダウンまでは何もしない。

そこからスイングがスタートするイメージで、

やっと横回転の弊害を押さえ、かつ横回転の

タメとパワーをインパクトでフルに使えるのです。


これが理解できればスイングの多くの難問が解決されます。

極端な話、回転運動はどうせ自然に起こるので、

スイング初期には意識しない。


そのためには捻転も強すぎると制御できずに、

早く回転運動が起きる要因になります。

左足への踏み込みも軽く切り返しのきっかけ程度で

終わりで良いと思います。

本格的な体重移動もクラブが落ちてからです。

あせらなくても腰を入れていけば自然に

左股関節に十分体重移動していきます。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

形ではなく。

肩のラインが必ずしもスクエアである必要はないんじゃないですか?
中央より左にある場合右から構えてスクエアでなかったらそれはそれでいいのじゃないかと思います。どうせフォローでは左を向いて腕を伸ばさなければいけないので開いていても別に問題はないと思います。
結局アドレスでどう左手でクラブを握るかなんですね。それで球の特徴が決まります。左腕はフェースをコントロールしているので、アドレスの形でインパクトの特性がほとんど決まります。アマは左腕を自ら動かしてダメにしますが、プロはほぼすべて共通して左腕はアドレスのままをキープしてバックスイングしても何も細工はしません。ただコックがトップではいるだけ。

Bugwine さん
私へアドバイス頂いていたのですね。
ゴルキチさんの返信で気づきました。
今まで気づかずすみませんでした。

玉の位置やスタンスはその都度変えていました。
ようやく最近、ドラの恐怖が無くなって来ました。
ゆくゆくは、ショートアイアン並みに気軽に打ちたいですね。

個人的には、体は開かず背中方向へ打つ意識を大事にしています。

Bugwine さん Re: リリースポイントは一箇所。

どうもです!

> 横から口を出して申し訳ないのですが、改造さん、ドライバーを短く持ったら球位置も少し右寄りにセットしてください。左足から同じ距離に球をセットしている場合は、スタンスを狭めてください。
> アイアンもウッドもその人のリリースポイントは全て同じです。違うのはシャフトの長さ。ヘッドが旋回してスクエアになるまでの時間が違います。ウッドなどが打ちにくい場合は多くの場合アドレスができていないことがあります。
> 8番なら飛球線にスクエア良いでしょうが、球位置が体中心より左に来る場合は体を開いて構えます。右腕からセットすると開こうとしなくても開きます。これをスクエアに戻すと永遠に打てません。
> スイング中、右ひざが曲がって落ちたり、頭位置が変わったりしなければ体は突っ込まないので、どんどん体を開いて球を叩いてください。

私も右腕からセットします。私もスタンスは閉じるより開いた方がいいですね。ただ、プロでも閉じた方が良いという人もいますね。要は足より膝、腰、肩のラインがスクエアかどうかですね。
仰る通り球の位置は重要ですね。

NAO さん Re: タイトルなし

こんにちは!!
> たびたび恐れいります。スイカ割りの感覚良さそうなのですぎ、スイカはどこにある想定でのスイカ割りでしょうか?コックは解かないイメージですか?
> 背なかを飛球線に受けたままの綱引き感覚とどっちぎが合うのか試してみます。

綱引きはちょっと特殊な表現なので誤解が起きる可能性が大きいですかね。本物の綱引きよりも下に引きますね。
スイカ割はV字に縦に振り下す感覚です。球の位置で良いです。球の右肩から球の先のターフに抜け低く長いインパクトゾーンの後に上昇していきます。自分から見てV字ですが、体が回転しているので他人から見ればU字というかこう\_/なりますね。

多くのアマはリリースが野球のサイドスローの様に横になります。球の右真横から左真横に抜けるようにリリースしがちです。しかし、剣道の面の様に縦です。剣道の面ではターゲットが頭の位置で高すぎるので、地面の上にあるスイカ割と表現しました。つるはしも同様です。リリース方向の正解は縦です。横の動きは体の役割で、腕は絶対に横には振らない意識が重要です。もしそれでダフるのは手首のライ角を維持できないからです。ダフらない様に横に振るのは間違いです。テコで維持すれば力は全く要りません。

リリースポイントは一箇所。

横から口を出して申し訳ないのですが、改造さん、ドライバーを短く持ったら球位置も少し右寄りにセットしてください。左足から同じ距離に球をセットしている場合は、スタンスを狭めてください。
アイアンもウッドもその人のリリースポイントは全て同じです。違うのはシャフトの長さ。ヘッドが旋回してスクエアになるまでの時間が違います。ウッドなどが打ちにくい場合は多くの場合アドレスができていないことがあります。
8番なら飛球線にスクエア良いでしょうが、球位置が体中心より左に来る場合は体を開いて構えます。右腕からセットすると開こうとしなくても開きます。これをスクエアに戻すと永遠に打てません。
スイング中、右ひざが曲がって落ちたり、頭位置が変わったりしなければ体は突っ込まないので、どんどん体を開いて球を叩いてください。

報告です。

今、オーバースイングを8鉄で改善中です。
先日の、後方へ投げるイメージでグリップを飛球線水平に押して、右手テコでシャフトが立ったらそこをトップに!・・・自分ではハーフスイングくらいと思っていたのですが、鏡を見たらシャフトが斜め45度くらい上を指しているんですね。これくらいのテイクバックで打てるならアプの延長です。右で落として両肘+胸で反転を徹底的にやったんで・・・。
落としたら左脚キックで骨盤と上体のネジレを感じています。左膝は今の所なんともありません。 笑
アプの延長の感覚で8鉄140y・・十分ですね。今思えば、昔はひたすら無駄なスイングをしていたのですね。笑

問題は、グリップを飛球線に平行に動かしているつもりですが、インパクト後直ぐにグリップがややインへ行っちゃってます。そのせいか8鉄で約5割が左右10yくらいブレて、2-3割が20yのプッシュアウト、2割が右からのドローで目標地点。クラブ投げのイメージで精進します。

ドラのシャドーもやってます。短くもってアイアンのイメージで。

少しずつですが、まだ進歩しています。 笑


肩は水平で腕は立て振りというのは、分類で言うと2プレーンスイングですね。実際のところ、PGAでは、より肩の回転を軸中心にしてワンプレーンの要素が入ったスイングが主流だと思います。トップが右肩より高く上がりません。少し肩の回転に縦回転の要素が大きくなります。
そういうスイングがあるのではなくあくまで分類なので多種多様ですが。

ゆっくりローテーションはあまりお勧めしない方が良いかもしれません。実際はローテーションをさせるのでなく起こさせるだけなので。たとえグリップが腰までのバックスイングであっても、そこから脱力してグリップだけを引き、右腕を伸ばす練習をした方がコツはつかみやすいと思います。
多くの人が体の中心を過ぎても左腕を使います。中心を過ぎたら右腕の世界なので右を使うことができないと叩けません。アドレスをしたところから左にバックスイングをする練習をすると、多くの人が右ひじが曲がります。左腕が威張っているから。腕の役割が入れ替わることを知るには両方にバックスイングをすると良いかもしれません。

ここのコメント欄はポイントが沢山ありますね。
ありがたいです。

さて、後方を向いたままグリップを落とすのが難しいですね。できた日(期間)と出来ない日があり、再現性が悪くてホントに嫌になってました。
しかし、できた時のムービーを何度も見てようやくその時の自分なりのコツをつかみました。
以下に記してみます。

“アドレスの状態から、両手で持った物を後方に投げようとしたけど、途中(トップ)で人がいたのに気づき投げるのを止めた。”

文章にするとこんな感じでしょうか。
この動きにより、胸や重心等はトップの位置のままで、脱力の腕だけアドレス位置に戻ります。
トップは8時くらいの位置に抑えると体感しやすいです。

このイメージは、ゴルキチさんの数々のご指南に辻褄が合っていると思います。

今日も数学ですか?
うちの娘も頑張ってます!
私には教えられませんが・・・笑

縦振りだけで右もも辺りまでクラブが落ちてから
横回転、体の回転が本格化するのです。


この部分に共感しました。
スイングスピードの一番必要なのはインパクトの寸前で最高にもってゆくようにすれば腰の回転もその後意識しなくても回転するように思いました。
体重移動は軸がぶれないように注意してみようと思いますが?
わきが開いたりヘッド軌道がはずれないようにとの回答をいただきましたのでそのあたりにもっと注意してみます。



NAO さん Re: タイトルなし

チャットですね(笑
今娘に算数の連立方程式教えながら書いています(笑

> たびたび恐れいります。スイカ割りの感覚良さそうなのですぎ、スイカはどこにある想定でのスイカ割りでしょうか?コックは解かないイメージですか?
> 背なかを飛球線に受けたままの綱引き感覚とどっちぎが合うのか試してみます。

あー、綱引きはちょっと人様に教えるには無理があるのでやめましょうか(笑
綱引きは、後ろを向いたまま下す感覚と、グリップを飛球後方遠くに下す感覚を言いたかったのです。
スイカ割も目的はV字軌道なので、前回の質問の目的より初歩的感覚だと思います。

コックは最後まで解きません。解かないから低く長いヘッド軌道が出来ます。コックはヘッドの遠心力で自然に適正な位置で解けるようにできます。自分で解くとヘッドは絶対に低く長く出ないです。インパクト後に直ぐに上昇軌道に入ってしまいます。これが救う意識がなくても「救い打ち」と言われる原因になります。

球を引っ叩こうとすると自然に手首のスナップを使ってアンコックしてしまいます。スナップを使えば確かにヘッドスピードは上がり、うまく当たれば飛ぶ時もありますが、あらゆる点で絶対にダメですね。

たびたび恐れいります。スイカ割りの感覚良さそうなのですぎ、スイカはどこにある想定でのスイカ割りでしょうか?コックは解かないイメージですか?

背なかを飛球線に受けたままの綱引き感覚とどっちぎが合うのか試してみます。

be さん Re: 良いネタ、一杯ですね!

こんばんは!!
あれ?違うbeさんですか?

> 更新が・・・・・
> タテ振り、ヨコ振りで検索したら、このサイトが。
> 数日前から、背面打ちから読み始めました。
> この時期、毎日更新ですね。(笑
>
> INに引くクセがあるので、矯正のため後ろ側にクラブを置いてそのラインより外へ上げる意識で練習はじめました。
> 「矯正には大げさに」とのことですので、それをやっていると、外へ上げる=タテ振り、そして身体の回転=ヨコ振り。

そう、そう、ある程度以上の経験を積んだアマは殆どインに上げすぎですね。

> やっていると、脇がしっかり締まるんです。
> インパクトで背中を向ける事も可能な雰囲気。

良い感じですね!!

> 切り返し付近で右側が伸び上がる事も、矯正できそうな雰囲気。
> それと、脱力の重要性もつくづく感じます。(なかなか難しい)

このトップやダウンでの伸び上がりを防ぐ事はメチャメチャ大きな課題ですよね。
結局脱力なんですが、左右よりも、前後、上下の体重移動のイメージが重要だと思います。

> 今回気づいたことは、色んなドリルはあり、知っているつもりでもしっかりやっていないドリルも。
> 実際やることで、アドバイスが自分のものになる事に今回気づき、大きな収穫になりそうな気配。
> ゴルキチさんのサイト、山のように優良な情報が豊富で、全て吸収する事は不可能ですが、一つづつでも実践し、変な癖だらけのフォームを改善したいと思います。

ゴルフはやってみて初めて気が付くことばかりですね。
ゴルフ理論はまだまだ発展途上だと思います。
最近は特にストロンググリップの欠陥、スクエアグリップの長所を感じています。
もちろん一長一短なんですが、どちらかに偏らずに考え直す余地は十分にあると思います。

> お忙しい状況のようですが、体系的に整理したら良い教科書になりますね。
> 私の貴重なバイブルです。

ありがとうございます。
ただ、この数年間はちょうど体力的にも大きく変化している時期で、時系列で結構変化していますよ。
キーワードでPCで編集できますかね?


良いネタ、一杯ですね!

更新が・・・・・
タテ振り、ヨコ振りで検索したら、このサイトが。
数日前から、背面打ちから読み始めました。
この時期、毎日更新ですね。(笑

INに引くクセがあるので、矯正のため後ろ側にクラブを置いてそのラインより外へ上げる意識で練習はじめました。
「矯正には大げさに」とのことですので、それをやっていると、外へ上げる=タテ振り、そして身体の回転=ヨコ振り。

やっていると、脇がしっかり締まるんです。
インパクトで背中を向ける事も可能な雰囲気。

切り返し付近で右側が伸び上がる事も、矯正できそうな雰囲気。
それと、脱力の重要性もつくづく感じます。(なかなか難しい)

今回気づいたことは、色んなドリルはあり、知っているつもりでもしっかりやっていないドリルも。
実際やることで、アドバイスが自分のものになる事に今回気づき、大きな収穫になりそうな気配。
ゴルキチさんのサイト、山のように優良な情報が豊富で、全て吸収する事は不可能ですが、一つづつでも実践し、変な癖だらけのフォームを改善したいと思います。

お忙しい状況のようですが、体系的に整理したら良い教科書になりますね。
私の貴重なバイブルです。

あーそうですね。私も同じですよ。

野球なら股関節移動などできないわけがありません。

>娘さんのように空振りするところからスタートした人の方がが早くゴルフスイングを身に付けるのだろうとか

本当にそうですよ(笑 自分でもやり直したいくらいです。
凄く勉強になりますよ。幼児は横振りは全然できません。ヘッドが落ちてダフリまくります。しかし、背面うちで慣らしたしすい割りではダフリません!!凄いですよ。

本人は当然横振りよりスイカ割りの縦振りのほうが遥かにハイスピードで正確に振れることが疑いなく解っているので自然に縦振りです。これまで切り返しでの下半身リードも、ボディーターンも一切教えていませんが、きれいに下半身きっかけで自然に十二分にボディーターンできています。
ボディーターンなんてそもそも教える必要などありません。教えなくて良かったです。
そのおかげで、肩も全く開きませんし、自然に体重移動して左足に乗り切ります。さすがに左右の壁は弱いですが、ボディーターンしないおかげで、振り遅れもなくドローで打ってます。またクラブの重さに振られて、体も柔らかいので十分左に乗っていきますので、むしろ乗りすぎて飛球線方向に行き過ぎるので、2回打席だと落ちそうで怖くて一回打席でしか打たせません。
毎回恐ろしいくらいの進歩ですよ!!
今年の夏はハワイで集中ラウンドレッスンでどこまで伸びるものかテストしてみます。

確かに野球はイチローのようにどんな球にもあわせられるのが天才ですよね。
球にあわせて打球コースを打ち分けます。ゴルフは狙いは一点です。
基本的には逆ですね。いろんなライに対応する必要があるとはいえ
野球の変化球、コース、球速への対応に比べて遥かに寛容です。

目をつぶってフォローまで振り切ると良いですよ。平衡感覚も見に着きます。

それと、一定の速度を意識する。上腕も、腰の回転も、体重移動も

力感なく一定スピード。私もこの意識で大きく進歩しましたね。

それを意識しないと毎回ばらばらのスイングで半永久的に

一定のスイングリズムは体得できません。

上級者ほど常に一定ですね。

一定のスイングにはオーラがあります。

今日の矢野 東はゾーンでしたね。

寸分のリズムの変化もありませんでした。

しばらく彼のスイングを研究してみたいと思います。

片山は事故中の計算ずくですから長続きしないでしょうね。

空振りしてみます(笑)!

ゴルキチさんありがとうございます。
ちゃんとスイングできた時は、キッチリ左股関節へ乗れていると思います。わかりました。

今回のご返事を読ませていただいて、娘さんのように空振りするところからスタートした人の方がが早くゴルフスイングを身に付けるのだろうとか考えました(笑)。
野球をやっていましたのでボール自体に意識が強すぎですね。
正直ゴルフをなめて始めましたし、止まっているボールに対して空振りは屈辱でした(笑)。
初心者の頃コースでとんでもない前下がりから空振りしたことが1度だけありますが、はじめての練習から空振りはその一回だけ。
空振りする勇気をもって臨んでみます。ボール先45度に(笑)。

moto さん熱心ですね!!

motoさん毎度です。しかし、熱心ですねー。殆ど24時間頭の中はゴルフでしょ?
 
 子供を教えていると本当に面白いですよ。
球を見るなというと本当にシャープでいいスイングをします。最初の頃は前傾が起きて上空を空振りしてましたが。かえって空振りしてもらったほうが球代がかからなくて、素振りの練習になるのでこれは良いと思いました(笑 球を打とうとすると最初からダメでしたね。手であわせるのでスイングが大きく崩れます。全然ダメ。だから、最初から球を見ないで打たせてスタンスと前傾を少しずつ動かします。それで球に合わせないように習慣付けました。今では目をつぶっても打てますよ。

 そうです。肩はきっちり90度回します。左踵はべた足です。こう言うと皆さん殆ど捻転を意識すると思いますが、90度と左踵べた足の意義は捻転強化ではありません。再現性です。背面打ちで説明すると、きっちり90度から袈裟切り、大根切りで最短距離でインパクトに向かいます。なぜなら、自然落下なので真下に落ちながら回転するだけなのでほぼ最短距離です。

 棒立ちのアマだと脇腹えぐる位インですね。背中って言う人もいるけど、トップで右前腕が多少フライングしてる人ですね。タイガーの様に垂直だと背中だとおかしいですよね。でもインとか考えちゃダメ。ただ、90度きっちり回し、オンプレーンのトップから最短距離で落とすだけ。捻転はてきとうで良しです。再現性重視がオンプレーンに繋がる。肩の入りが浅いと軌道がわずかにずれますよね。そのずれは球の落下地点ではとんでもなく大きくなります。肩が浅い瞬間にボツです。ターゲットはへそ経由ビジネスゾーン終わりまで。右腕単体の軌道は常に一定。両腕の軌道は左脇が決める。

下方向へはスイカ割りで自然落下だけです。スイカ割りならオーバースイングする人もいないですよね。しかし、これだけじゃ当然スイングにならないです。ハーフウェイダウンからアンコックしてテコの原理でヘッドを加速させます。その力のベクトルは球先45~90度。クラブ、意図する入射角によります。トップからこの加速に集中します。

右足横に落としてから回転て言いますよね。motoさん左脇締め理解しましたよね。左脇締めにより、腕の落下により体の横回転が始まリます。ボディーターンとは体の回転によりトップから腕が振られると皆さん思われていますが、自然落下とテコにより体の回転がスタートし、腰を入れて加速するのです。インパクト前後では立派なボディーターンです。取り合えずその意識変革で現状打開策が見えてくると思いますよ。

右足加重のままで乗り切らずにフィニッシュしているのでしょうか。スウェイで膝が割れているのかどちらでしょうか?乗っているかどうかは、足の筋肉の負担で直ぐにわかりますよ。股関節に乗るとは骨による加重です。バランスが取れて筋力を要しません。膝が伸びていればはずれません。踏ん張りながら膝が曲げていくと一定以上曲がると急激に筋力を要する点があります。それを境に股関節かあはぜれます。すると壁が崩れどんどんスウェイしていきます。

左膝はインパクトに向けて伸ばしたほうが確実にスウェイを防げます。また、左膝伸ばしは頑強な壁だけでなく、適度な越し切れの促進、かつ過度の腰回転を止め、左サイドを引く多くの効果があります。現在のプロは殆どやってます。ただこれをやると右足に重心が戻るので、明治の大砲になります。しかし、腰を入れ、フォローをしっかり取ると反動で左に乗っていきます。フォローをしっかり取らないと明治の大砲のままで終わります。

ビジネスゾーンを180度使ってゆったりローテーションします。それで安定したインパクトゾーンができあがります。そのためには右手は左股関節に乗ったまま、飛球方向限界まで右腕を伸ばして握手するくらい、右足が一歩出る寸前まで出さないといけません。そのコツは胸が後ろに向くまで左サイドを引く意識があれば可能なはずです。

質問何でもウェルカムですよ!!
ただ毎回言うのも面倒なので言いませんが、
もちろんスイングイメージは人それぞれです。
ただ、私は敢えて皆さんの現状打開のために
既存概念を変えるイメージを理論的に
公開していくいこうと思います。
それにより自分も娘も成長していきたいと思っています。
ですから、質問、意見、提言、反論何でも大歓迎ですよ!!

インパクトの意識

上級者が良く言う「インパクトの意識を消せ」ということになるのでしょうね。
ビジネスゾーンまで何もしないことで、直線でボールの先45度まで肘上だけの意識でスイングするわけですね。

昨日のニチレイPGMの録画で女子プロのスイングをスローで観てみました。
もしかして、右肘はトップから自分が考えてたよりずっとインに落ちる???
自分のイメージはヘソ側を目指す。
トップから自分のスタンスライン右側、自分からすると真右に落とすつもりですか?
今頃スミマセン。

あと左股関節に乗れてませんねと言われましたが、左股関節に乗れたか否か何をもって自己評価したらいいのでしょうか?
「腰が入る」ことと「左股関節に乗る」は別の事象なのでしょうか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR