FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

背面打ちドリル9 ドライバーショット 落としきるとは? 右手は常に上

 今回は背面打ちでのショートアイアン以外とドライバーの打ち方です。

背面打ちでは否応なしに腕が縦に使われます。

同時に否応なしにダウンブローになり、アッパーブローに打てません。

従って、長いクラブでは多少打ち方を変えないと、

うまく打てないことに既に気づかれた方は多いと思います。



 もうひとつ注意していただきたいのは、

背面打ちと言えども通常ショットのように切り返しのきっかけは、

下半身です。本格的な体重移動はアンコックからですが、

切り返しのきっかけ(スイングのリードではなく)は、

若干の腰の移動から始まります。


いきなり手振りではダメですよ。



 質問でもありましたが、特に背面打ちでのドライバー

の場合、クラブが長いのでショートアイアンのように、

トップから真下に下ろして球を打ちに行くと、

軌道がスティープになりすぎ、クイックなローテーションが

必要となり、プッシュアウトかチーピンになります。


 これは仕方がないことで、通常ショットでも

例えば柔らかい、トルクの大きいドライバーで

インパクト直前までタメを効かせ過ぎると

クイックなローテーションに付いてこれず、

プッシュアウトや引っ掛けが多発します。


 では、その対策ですが、

背面打ちではクラブが長い分、トップからグリップを

飛球線後方に遠回りさせながら下ろしてください。

それによりダウンの軌道がシャローになり、

インパクトが点ではなくゾーンになるため、

急激なローテーションが緩和されプッシュ、

チーピンが減少します。




 通常のショットでも同様で、良く勘違いされますが

ダウンブローとスティープな軌道は全く別なことです。 

ダウンブローとはインパクト後に軌道がアッパーにならないことで

スティープに上からただ打ち込むと、インパクトが点になって

全くフェースの動きが安定しません。



フェースの動きを安定させるためには、特殊なインテンショナルショット

以外は、ダウンブローで、かつシャローな入射角でインパクトを

点ではなゾーンにする必要があります。

その結果として薄く、長いターフが取れるのです。

そのためには何度も言っているように、

 グリップを右足前まで落としきること!

落としきるのはヘッドではないですよ!

肘、グリップは重力で自然落下させますが、

ヘッドは落下させるどころかインパクトまで遠心力によって

落下しないように耐えなければいけません。





 良いドリルがありますのでご紹介します。

両膝を付いてアドレスしてドライバーでティーアップした

球を打ってください。 多くの方はダフリます。

これでダフッては絶対にダメです。


 ダフル原因は、

1. インパクト前に完全にリリースしきって手首が伸びきっている

2. シャットに上げすぎてトップでクロスしているため

 ダウンでインサイドからクラブが寝て下りてきている

3. バックスイングをインサイドから上げすぎているため

 2と同様クロスして寝て降りてくる 

4. バックスイングで右足に体重が乗り切っていないために

右腰が引けてインサイドに上がりすぎる

5. 右手が左手の下にあり、クラブが寝る


等いろいろあります。

 これらの欠点を発見し、修正するためにも

一度部屋練で試してください。

コツとしてはインパクト時に手首とシャフトの角度を

維持するように頑張ります。

手首脱力とは言ってもこれは別です。難しいですね。

 練習場でやるにはタオルか広告を持っていって

マットに敷いてやってください。手首の維持の感覚が分かります。

 結構大変ですので、これが分かると重力での自然落下の

意図が分かります。 なぜなら下に、地面に向かって振ったら

とてもこの手首の角度を維持できないからです。

必ずダフリますし、制御不能になります。




 もうひとつのドリルは、顔の前の高さにある宙にぶらさげた

ボールを、最もグリップを下げた状態で打ってください。

高さを変えても自在に打てれば大丈夫です。

手首はそのように常にシャフトが立つ様に使います。

また、その時常に右手は左手の上にあることに

気づかれると思います。

この 「右手が上」 の感覚がスイング中常に必要です。

シャフトが立ち、フェース面を感じ、維持、制御できるようになります。




 また説明しますが、

「右手は常に左手の上」です。

そうでないとヘッドが下がり、クラブ、フェースが「寝る」といいます。


 ただ、ドライバーの場合は背面打ちでなくても

45度背面打ちで十分な気もします。
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

たかさんまいどです。Re: すばらしい説明です!

> よーく分かりました。ゴルキチさんの説明は今まで理解するのにかなり苦労しましたが、

 そうですか。ただでさえ一般的でないことをなるべく題材にしているので、言葉にすることは結構大変です。ゴルフ理論に語弊は日常的ですからね。
 
 最も大変なのは、読者はさまざまなレベルで、皆スイングスタイルは違いますから、そもそも全く合わないケースもあるはずなんです。でも、ブログは一方通行で勝手なことを書き続けなければならない、というある種の孤独さはありますね。このようなコメントがあると何とか軌道修正可能になります。
本当にコメントは簡単なことでも大助かりです。有難うございます。

>今回はほんとよく分かりました。クラブが寝るとかゾーンとか、よく聞くんですが、どういうふうに打てばいいのか分からないのは僕だけじゃないと思います。このようなポイントを押さえた説明だとよく分かるという方が多いと思います。これからもこの調子でお願いします。

 そうですか。良かったです。クラブが立つとか寝るとかも変な業界用語ですよね(笑 了解です。
混ぜながら行けばいいですね。間違えやすい一般論の分かりやすい解説と、良く分かりにくい勝手な自己満足理論と (笑

 質問に答えるほうがはるかに書きやすいですね。何もないところにネタを考えて書くのも、プロではないので大変です。
 なんか、ブログ本体より、コメントのやりとりの方がメインになりそうな気もしますね。Ha!Ha!
たかさん、またコメントお待ちしています。

すばらしい説明です!

よーく分かりました。ゴルキチさんの説明は今まで理解するのにかなり苦労しましたが、今回はほんとよく分かりました。クラブが寝るとかゾーンとか、よく聞くんですが、どういうふうに打てばいいのか分からないのは僕だけじゃないと思います。このようなポイントを押さえた説明だとよく分かるという方が多いと思います。これからもこの調子でお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR