FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

簡単にドローを打つ方法 クローズドスタンスのボールポジションのとんでもない勘違い

 今日は簡単にドローを打つアドレスの秘訣を

紹介します。 

 良くレッスン書でドローを打つためには

現状よりさらに「ボールを左側に置け」と言う

レッスンが多いです。本当でしょうか?

理屈としてはヘッドがインサイドに戻ってきてから

インパクトできると言うことですが、

実際問題アマチュアでは、更にスライスを増長する

可能性の方が高いです。非常に無責任なレッスンです。

なぜか? その原因と対策について解説します。

知りたかったら応援お願いいたします。


ドロー クローズドスタンス




 最近、良くフェードの方が主流でドローは危険だと言います。

しかし、「球を捕まえる」と言うことは基本として非常に重要なことで、

それができずして進歩はありません。

当然、ドローが必要な場面もラウンド中に何度もあるわけで、

フェード一辺倒では戦略的にも厳しいと思います。


 ご存知のように、ドローを打つには、クローズドスタンスが

有効であり、実際、大型ヘッドの隆盛の現在では石川遼くんや、

多くのプロがクローズドスタンスを採用しています。

膝、腰、肩がスクエアなら問題ありません。


 では、クローズドスタンスでの大きな勘違いについて、

説明いたします。

下図の1. は通常のスクエアアドレスで、ボールの一般的な

ポジションは左足踵内側です。


 ではクローズドではどうでしょうか?

2、3のどちらが正しいと思いますか?

殆どの方は右足を後方に真っ直ぐ引くだけで

ボールのポジションはレッスン書の指示に従って、

オレンジのボールのようにむしろ更に外に置くでしょう。

 ボールが左側に遠くなると、どうなるのでしょうか?

離れたボールに届かせようと体がボール方向に

スウェイして突っ込みます。 

そして、右肩がかぶります。

ますますスライスがひどくなります。

押し出してプッシュスライスかそれを嫌って手でこねて

チーピンが関の山でしょう。


フェースが戻ってくると言うより殆どのケースでは

アウトに出っ放しになってしまいます。


 3.の黒線のボールが正しいボールポジションです。

図は足、球の位置ともに少し大げさに書いてありますが、

1. のアドレスで多少右を向いたのと同じことです。

そして、球はスタンスなりに赤線方向に打ち出しますが、

もちろんフェースの向きは紫線の様にターゲット方向青線です。


 今回のアドレスと前回の記事のフォローを組み合わせて下さい。

インパクトで左脇を閉めて左腕のローテーションが

正しくできれば必ず必ず右に出て、ドローボールになるはずです。

少なくとも最初から出球が左に出て引っ掛け気味になる

ことは大幅に減少し、ドローの前提条件である

球を右側に打ち出すことが可能になります。

 注意点はアドレスで左肘を内側に絞ることです。

ヘッドを少し球から離して内側にセットして、

その分左肘を体の中心方向内側に入れ、

飛球線に対してなるべく垂直に近くします。

インパクトから左脇閉めでインサイドアウトの軌道が

左腕の自然なローテーションによりインサイドに、

慣性によって巻き込まれるようにボールを包み込む

ような動きになります。


手首でこねてフェースを返そうとしたら台無しで、

進歩は絶対にありえませんので、自然なローテーションを

体得しましょう。

 レッスンの信じられない勘違いは山ほどありますよ。
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

moto さん Re: ゴルキチさんありがとう!

> アマチュアさん、何年ぶりでしょう?
> 「元野球小僧」のmotoです。
> ゴルキチさんのお陰でネットの心の師匠に再会できましたことお礼申し上げます。

お友達ですか。良かったですね。掲示板の様に使って頂いて結構ですよ。

> わたしの持ち球はドローですが、常日頃からちゃんとインパクトするということはドローを打つということになるのかと考えていたのですが。(妙な言い方になりますが)
> ゴルキチさんのお陰で、胸がフォローで後ろ向きになるようになってからというもの、尚更確信を得た感じですね。
> 5度の右プッシュも直りつつあります(笑)。

ボールの位置でも結構変わりますよ。

ゴルキチさんありがとう!

アマチュアさん、何年ぶりでしょう?
「元野球小僧」のmotoです。
アマチュアさんに教わったこと。
「本物を見つける目を養う」
ここでお会いできましたね(笑)!
ゴルキチさんは本物と思います!

ゴルキチさんのお陰でネットの心の師匠に再会できましたことお礼申し上げます。

ドローですね。
わたしの持ち球はドローですが、常日頃からちゃんとインパクトするということはドローを打つということになるのかと考えていたのですが。(妙な言い方になりますが)
ゴルキチさんのお陰で、胸がフォローで後ろ向きになるようになってからというもの、尚更確信を得た感じですね。
5度の右プッシュも直りつつあります(笑)。
いよいよ球筋の打ち分け方に突入ですね。
続きも楽しみにしております。

アマチュアさんはじめまして。 Re: 股関節の求道者

アマチュアさんコメント有難うございます。
> ゴルキチ様のお陰で長年の高い高い壁をいくつも次々に突破できました。これからのゴルフ人生が楽しみです。

有難うございます。トム・ワトソンも59歳でメジャー優勝に絡んでいます。ゴルフはいつまでも楽しみですね!

> さて、貴ブログでご指摘のように下半身、特に股関節の重要性をさらに突き詰めている素晴らしい偉人がおられました。
> 彼は股関節を生かすことで最強のインパクトを得られるカウンターバランス理論を提唱しており野球ではイチローをその天才と絶賛しておりますが、それを習得するドリルの一つに、なんと背面打ちと共通する「イチロードリル」を「股関節理論34」に掲載しています。
> 突き詰めれば皆共通点に行き着くのですね。

知りませんでした。貴重な情報有難うございます。イチローのスイングは内野ゴロで構わないと言うところが原点ですね。特に飛ばす意識が全くなく、大振りする必要が全くないことが相乗的に類まれなスイングを生み出しました。あの俊足と左打ちでなかったら生まれないスイングだと思います。
ゴロの意識、タメ、軸の維持、左の壁(イチローは右の壁)では、ゴルフと共通点は大いにありますね。

ゴルバチョフさん毎度です。 Re: ボールの位置

ゴルバチョフさん、いつもコメント有難うございます。

> いつも同じように練習してるつもりですが、毎回球筋がバラバラです。おそらく ボールの位置が一定で無いのでしょうね。 私は無意識のうちにたまが体から離れてるのだと思います。あたまでわかっててもむずかしいですね

球から遠いよりは近いほうが良いですね。腕は体の近くを通ったほうがヘッドスピードも軌道も安定します。

股関節の求道者

初めまして。

ゴルキチ様のお陰で長年の高い高い壁をいくつも次々に突破できました。これからのゴルフ人生が楽しみです。
御礼を申し上げます。

さて、貴ブログでご指摘のように下半身、特に股関節の重要性をさらに突き詰めている素晴らしい偉人がおられました。既にご存じかもしれませんが是非ともご紹介申し上げます。

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/diosports/monthly/200907

彼は股関節を生かすことで最強のインパクトを得られるカウンターバランス理論を提唱しており野球ではイチローをその天才と絶賛しておりますが、それを習得するドリルの一つに、なんと背面打ちと共通する「イチロードリル」を「股関節理論34」に掲載しています。

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/diosports/article/66

突き詰めれば皆共通点に行き着くのですね。

ボールの位置

どうもです いつも同じように練習してるつもりですが、毎回球筋がバラバラです。 おそらく ボールの位置が一定で無いのでしょうね。 私は無意識のうちにたまが体から離れてるのだと思います。あたまでわかっててもむずかしいですね

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR