FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

誰でも簡単にプロの様に右肩が出たフィニッシュがとれる秘訣と体感ドリル 2

 質問が来ましたので、右肩が出たフィニッシュのPart2です。

下はタイガーの後方からの連続写真です。

 フィニッシュで肩がプロのように回らないのは、

フォローでプレーンから外れているからです。

バックスイングとフォローは対称です。

バックスイングが飛球後方に正対した体の右肩に入るように

フォローでは飛球方向に正対した体の左肩に抜けていきます。

多くのアマは左肩どころか左耳く位に落ち着いてしまいます。

体が回転する前にヘッドが上昇軌道に入っていしまうからです。



 白線の十字はティーの位置を示しています。

黄色線はフェース中央の軌道、

赤線は飛球の軌道です。

 多くの方はボディーターンを体の回転リードと解釈するために

インパクトで既に体が回りきっています。

そのため、インパクト以降体の回転が不十分で

ヘッドがインサイドに入ってきません。


タイガー フォロー 1
タイガー フォロー2

 フォローでもトップと左右対称で右腕はショルダーライン

に沿って上がっていく。 そして左前腕は垂直に左上腕は

肩の高さでほぼ水平。 

トップとフォローの肘の高さと腕の角度、形を体に叩き込む。


タイガーフォロー3

トップで左腕はショルダーラインと一致、右前腕は垂直、

上腕は肩高さで水平。 フォローとは左右対称になる


トップショルダーライン


 インパクト以降、体は最も回転します。

クラブは上げるのではなく遠心力で自然に

上昇軌道に乗ります。

そのクラブに引っ張られるように体はスムーズに

飛球方向に正対するまで回転します。

 
 ヘッドは体の前でV字で自然に遠心力で上昇します。

しかし、体が回転するため外見では

 \/ ではなく \_/ こうなります。

_ この底辺の間にインパクトゾーンを終え、

更にインサイドに低く入っていきます。

そして、回転している左肩方向に向かって

かなりインサイドに斜めに上昇していきます。

フォローはバックスイングと対称的に

ショルダーラインを通り左肩からクラブが

抜けてきます。

トップで右前腕は垂直ですが、

同様にフォローでは左前腕が、フォローの最後の写真のように

左体側上で垂直になります。 左上腕はほぼ水平です。

この形に、持って行くためには恐らく今までよりとんでもなく

低くインサイドに振る感覚です。

しかし、意識的にインサイドに振ってはいけません。

ヘッドを上げないで体の回転を優先させるイメージです。

そして、前傾を維持することによって、

フォローで左サイドに空間を作り、腕とクラブが

後方まで回転し易くなるのです。


 これをマスターするとヘッドスピードが上がり、

恐らく最初は引っ掛けがでる可能性が高いですが

スナップや前腕の多用で振らず、

体がしっかり回転すれば決して引っ掛けません。

意図的にインサイドに腕で振って形をまねると

引っ掛けます。 

そこで、クラブ投げでチェックする必要がでてくるのです。


 とにかくインパクト以降はクラブは上げない事が重要です。 

「クラブは上から下」に振るとは、下から上には

振らないということです。 

遠心力で自然に、勝手に上昇します。 

佐藤清一プロも毎週言ってますいよね。

上に振るなと。 上から下にインに振れと。

ボールへのパワーの伝達では上方向の力のベクトルは

一切ありません。


 とにかく、ヘッドが上がる前に体を回転させる。

左に振るためには通り道を作るために前傾を維持する。

そうしないとプロの様なフォローはできませんし、

できても引っ掛けます。


 スイングアークが大きいとはフォローのこの動きを言います。

これができればヘッドスピードは大幅に加速します。

そのうち石川遼君のスイング分析もしますが、

遼くんの飛距離の秘密はこのフォローの大きさで分かります。

プロの中でも圧倒的な驚きの大きさです。

ここに振っても曲がらない秘訣があります。

また、振る分ローテーションもかなり強いです。
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

フレディ さん Re: ありがとうございます

> 『トップと対照的に左肘が肩の高さで垂直』・・の部分!目からウロコです!
> 練習場で試しました。何かが見えました!
> フィニッシュも右肩が前に出るきれいなフィニッシュになりました!
> ありがとうございます

体の回転と腕の動きを全く別に分ければ良いんです。腕は両肘間隔等しくV字に動くだけ。体の回転と遠心力が加わるので全くそう見えませんが。もしトップから体が全く回転しなかったらグリップはトップからインサイドアウトに一直線に振って、殆どその線上をフィニッシュに向けて左ひじを真下に向けて真上に折るだけです。左耳横に納める感じです。かなり左右のひじの間隔を締めます。

そうするとラインが出ます。



ありがとうございます

『トップと対照的に左肘が肩の高さで垂直』・・の部分!目からウロコです!
練習場で試しました。何かが見えました!
フィニッシュも右肩が前に出るきれいなフィニッシュになりました!
ありがとうございます

マスターズさんはじめまして。 Re: マスターズ

> この前、ネットで見たんだけど、【マスターズ】ってゴルフスイング 練習機なんだけど、これは活気的と思う。自分の都合の良い時間に、こっそり練習してフォームを矯正するだけでも、他の人より差が出るに違いない。

URLと、実際に使用した結果の効果をご説明して頂くと助かります。

マスターズ

この前、ネットで見たんだけど、【マスターズ】ってゴルフスイング
練習機なんだけど、これは活気的と思う。

ゴルフ練習場とか、教室等に通えばあるのだろうけれど、そんな時間
もないし、無駄なお金を使う気もない。
自分の都合の良い時間に、こっそり練習してフォームを矯正するだけ
でも、他の人より差が出るに違いない。

皆がびっくりする顔が見ものだ!

ひめこさん、いつもお世話になります!! Re: ありがとうございます♪

ひめこさんこんばんは、熱心ですね!!
返事遅くなりました。ごめんなさいね。
> ずーっと血迷ったときは「背面打ち」素振りで確認しながら打ってましたヨ。
> だいぶ理解できるようになりました^^;
> この「上から下」わかります。昨日もミスッた時はインパクト後に「下から上」やってるんですよ。だから状態が上向いちゃってます。
> もっともっと練習しなきゃ、スコアは安定しないので「下から上」注意しながらまた練習です(笑)
> 背面打ちのドリルのおかげで、まさかのまぐれで、昨日、ベスト更新できちゃいました。

おめでとうございます!!あんまり素直すぎても今度はスティープになりすぎるかも?ゴルフはすぐ行き過ぎて、行ったり来たりなんですよね。でも、フォロースイングがきちんと取れればスティープになり過ぎる事もないと思います。クラブ投げいいですよ。最初は部屋錬でタオルの端を縛ってタオル投げでもいいですね。ちょっと物足りないですがリリースが分かりますよ。

motoさん遅くなりました。 Re: P.クリーマ選手のスイング

> 欧米でジュニアから始めた選手には似たようなスイングの名残があるように聞いたことがあります。(ダウンで頭が落ちる動き?)

ジュニアは自然に打ってるので本来合理的なのかもしれないですね。あそこまで頭を下げるのは、完全に体よりクラブが主役になっているからですね。

> 今度時間があった時にで結構ですので、この辺の解説をお願いできないでしょうか。
> それと、オチョア選手の切返しからの首の動きにも興味があったりします。

オチョア選手はトップから極端に背中側にクラブを落下させます。 その後、頭と右肩を近づける意識でビハインドザボールを行っていると思います。そういうプロは昔多かったですね。でも、鞭打ちになりそうな使い方ですよね。

> わたしにとっては2大ミステリーなんです(笑)。

女子の方が体が柔らかく、パワーがないのでスイングが個性的ですね。パワーのある男子だったらガンガンOBになりそうです。

ありがとうございます♪

こんにちは。、
ずーっと血迷ったときは「背面打ち」素振りで確認しながら打ってましたヨ。
だいぶ理解できるようになりました^^;
この「上から下」わかります。昨日もミスッた時はインパクト後に「下から上」やってるんですよ。だから状態が上向いちゃってます。
もっともっと練習しなきゃ、スコアは安定しないので「下から上」注意しながらまた練習です(笑)
背面打ちのドリルのおかげで、まさかのまぐれで、昨日、ベスト更新できちゃいましたv-433

P.クリーマ選手のスイング

欧米でジュニアから始めた選手には似たようなスイングの名残があるように聞いたことがあります。(ダウンで頭が落ちる動き?)

今度時間があった時にで結構ですので、この辺の解説をお願いできないでしょうか。
それと、オチョア選手の切返しからの首の動きにも興味があったりします。

わたしにとっては2大ミステリーなんです(笑)。

moto さんどうも。 Re: イメージ

> 連続写真の上から7番目で
> ・左肘が下向き
> ・左上腕が地面とほぼ平行
> ・左前腕がほぼ垂直
> このポジションのイメージを大事にしている気がします。
> 胸が後ろ向きにならなければ出来ません。
> この時、右腕は背中側に真直ぐ伸ばされる。

そうなんですよ!!出来てない人からしたら恐ろしくインサイドでしょうね。そして、大事なのは前傾をかなり維持して左に空間を作らないとこうなりませんね。ポーラ・クリーマーのスイングはいろんな部分で極端で非常に面白いですね。http://www.golfdigest.co.jp/magazine/tournament/players/swing/tse0000000326.html


> 少し前のお話でしたけど、奥歯を噛み締めるならと書いたポジションなのですがね(笑)。
> タイガーの右中指のテーピングの秘密かも?
> な~んて(笑)。

テーピングしてるんですか?なんか飛ばしグッズでも指にはめるやつありましたね。深堀プロは右足蹴りもかなり強いですからね。イチローは逆にインパクトの瞬間息を吐いてますね。

イメージ

連続写真の上から7番目で
・左肘が下向き
・左上腕が地面とほぼ平行
・左前腕がほぼ垂直

このポジションのイメージを大事にしている気がします。
胸が後ろ向きにならなければ出来ません。
この時、右腕は背中側に真直ぐ伸ばされる。

少し前のお話でしたけど、奥歯を噛み締めるならと書いたポジションなのですがね(笑)。
タイガーの右中指のテーピングの秘密かも?
な~んて(笑)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR