FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

肘下向きスイングのイメージ

 背面打ち、腕は立て振り、V字に上げ下ろし、ダウンブロー等で

縦振りのイメージが極端になりすぎると、

今度は軌道がスティープになりすぎる弊害が出てきます。

振り方が分からなくなってきたとのコメもありました。


 では、ダウンは重力で自然落下だとすると、

自然落下がなければどういう動きになるのか

解説します。


肘は下向き convert_20090726163920

 この写真の通りです。

落下させなければ腕は全くこの通り動いています。

両掌を上向きにすると両肘は終始常に下を向きます。

両掌を上に向けて重ねると、よりスイングに近くなります。

この水平素振りが基本で、これにV字の上げ下ろしが

加われば基本的なスイングになります。

クラブをグリップすると分かりにくくなりますが。

グリップの方法はこの肘の状態のままで、

両前腕を内旋させてグリップします。


 ドライバーは最もフラットで、ティーアップして、かつ、

あまりダウンブローでバックスピンを増やしたくないので、

このスイングイメージが強くなります。


 これを見て「じゃあ横振りではないか」と思われると思います。

しかし、体の回転による横降りと、腕によるV字の縦振りは

分けて考えないとスイングが複雑になりすぎ、

再現性が維持できなくなります。

V に 体の回転が加わって \_/ になれば腕も

横振りに見えますが、腕の横振りを強くすると

シャフトが寝やすくなり、フェースが開きやすくなります。

また、手振りを助長し、体の回転との同調性、一体感

がなくなり、再現性、方向性が維持できません。
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR