ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

「前傾キープはゴルフスイングの鉄則!」 by nakabe プロ

 今日も nakabeプロの必見レッスンのご紹介です!

「前傾キープはゴルフスイングの鉄則!」 by nakabe プロ です。

フェースローテーションについても書かれています。

非常に重要なレッスンですよ。

≪ネットワークGOLF≫ゴルフスイング レッスン お悩み相談室

前傾キープはゴルフスイングの鉄則! by nakabe プロ



 以下、引用です。

「前傾キープはゴルフスイングの鉄則!

【ライン出しの重要性】

”ライン出し”という言葉を聞いたことがあると思います。

自分の思い通りに”出球”をコントロールすることをいいますが、
それには上体の前傾角度を保つことが大切です。

上体の角度が変わるということは、アドレス時と比べて
”インパクト時のクラブのライ角が変わる”ということです。

例えば、体が起き上がれば必ず手元も浮き上がります。
するとトゥが下がるので、ボールは右に出やすくなります。

結果的にアドレスの手の位置に対して、
インパクト時の手の位置が、前傾角度の変化に伴って
必然的に変わってしまうということになりますね。

アドレスの時よりもインパクト時の手の位置が
高い場合やターゲット方向にある場合には
スライスが出やすくなると言えるでしょう。

”ライン出し”の重要性に気付くと、最終的には誰もが
”前傾角度のキープ”というテーマに行き着くはずです。


ダウンスイングからインパクトに向かって体を沈みこませる
動きというのは、実はとても大事なことなんですね。

”compress the ball”
「ボールを押し付ける、押し込む」という意味ですが
自分の体重を使って、腕でボールを抑えつけるように打つのが
ゴルフスイングの正しい打ち方です。

特にアイアンではそうすることで、はじめてきちんと
ターフがとれてスピンの効いた、いいボールが打てるんですね。

【フェースを開いて上げる】

”クラブフェースを開きながら上げる”
この動きは、日本ではこれまで悪い動きとされてきました。

フェースをシャットにテークバックすることが、
日本の伝統というか、流行になっていたことは確かです。

しかし、クラブというのは必ずトゥが重くできています。
シャフトが水平になるようにクラブを支えると、
どんなクラブもトゥが下を向きますよね。

これは、ゴルフのクラブというものが、トゥを回して
ボールをとらえるということを前提にデザインされているということです。 
 


つまりインパクトの瞬間にフェースを閉じながら
ボールを打つということです。

閉じながら打つためには、当然その前にフェースを
開く動きが必要なんです。

フェースをシャットに上げるのは、そのほうがボールが
捕まるのではないか?という”誤解”によるものです。

しかし、実際には閉じて上げたものは、逆に開きながら下りてきます。
自然な動きをすれば、そうならざるをえないんです。 


フェースを”開いて、閉じる”という大基本はやはり
「狙ったラインを保持する」ということにも関係しています。

ボールというのはスイングの方向に一旦飛び出していきますが、
その時フェースがターゲットに対して開いたり閉じていたりすると
途中からスライスやフックになってしまいます。

ストレートボールというのはインパクトでフェースが
スクエアな状態で打たれたということです。

開いたものを閉じていく中で、スクエアになったところに
ボールがあるというのが理想ということなんですね。」

以上、引用でした。


いかがですか?

ダフリ、チャックリは力んでトゥーが下がって起こるケースが多いです。

前腕の力を抜くといっても腕とシャフトの角度を維持しなければいけません。

たとえ軽いアプローチであっても油断するとチャックリします。

私がゆるゆるグリップがよくないというのはその為です。

脱力しても、軽めにグリップしてもこの角度はきちんと維持しなければ

ラインは出ませんし、ダフリます。 

 ライ角を自分に合ったように調節し、アドレスでトゥーに10円玉位の

隙間が開きます。この10円玉の厚さが通常のトゥーダウンの想定の厚さです。

ヘッドスピードが増せばそれ以上、更に遠心力によって力が加わります。

それを阻止するために腕とシャフトの角度を維持するように、

手首の角度を維持するように注意しなければいけません。

ぐらぐらに自然に任せていてもダメです。

 シャンクも左足付け根への引きつけがないための

単純な押し出しのケースが多いです。

体を沈みこませ、右ひざの送り方、左膝の角度、位置で球筋を調整します。

 また、ゴルフクラブはバットと違って重心位置がシャフト上にありません。

その為非常に振り難く、ねじれやトゥーダウンが起きます。

それにもかかわらずこのように設計されているのはなぜでしょう?

ヘッドがシャフトを軸として回転し易くできているのです。

球を包み込むようにローテーションして始めてストレートボールになります。

体が回転しているので真っ直ぐ押し出しては擦り玉になってしまいます。

nakabeプロいつも大変参考になる記事を有難うございます!!
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

nakabe さん、コメント恐縮です!! Re: タイトルなし

nakabeプロ、いつもご快く指導有難うございます。

> タメになる記事が見つかりましたら
> 使ってやってください。

有難うございます。お言葉に甘えてどんどん使わせていただきます。

> こっちでも別のスイングのお役立ち記事を
> 書いてますので良ければ遊びに来てください。↓
> http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/

了解です。大変参考になります。有難うございます。

ゴルキチさん

こんばんは!

いつもご愛読ありがとうございます。

タメになる記事が見つかりましたら
使ってやってください。

こっちでも別のスイングのお役立ち記事を
書いてますので良ければ遊びに来てください。↓
http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR