ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

テークバックの正しい軌道の具体的基準と確認方法 2

 テークバックで右肘を曲げ始めるタイミングについて

質問が来ていますが、

右肘はアドレスの位置から曲げ始めるくらいでもいいです。

アドレスからインサイド、右背中側に行く前に上げ始めます。

ですから、意識していなかった方には相当体の前側で、

早く曲げることに驚かれると思います。

要するにアウトサイドに上げるのと紙一重です。

万が一アウトサイドになってもインサイドより遥かにましな位です。

今日はもう1つ正しいテークバックの方法をご紹介します。


 非常に簡単で下の写真のようにテークバックの時に

左手甲で右肘がインサイド、右背中側に入らないように

支えながら右肘支点でクラブを上げていきます。

右肘支点といっても体幹を使ってで上げます。

これならインサイドへの上がりすぎを防ぐ事ができます。

テークバック_convert_20090913220238

 また、テークバックでのスウェイを防ぐには、まず体重移動の

意識を捨てる事です。 体重移動と上半身を左右に揺さぶる

反動を混同している事が多いと思います。


 娘さんをプロゴルファーに育てられた、私がお手本として

尊敬しているブロ友の、

はちみつくんさん女子プロゴルファーに育てる

に以下のようにご指導頂きました。

「 軸に関しては、非力な方、たとえばドライバーで、170~180ヤード
も飛ばない方は、飛距離を稼ぐため、体重移動を積極的に使はなくては
ならないと思いますので、多少(10cm以内)の軸ぶれは、許容しても
いいと思います。なぜなら、左右のブレの角度に対し、幅が狭くてすむ
からです。飛距離のある方ほど、ブレを少なくしていかなくてはなりません
ので、当然軸ぶれもしないように心がけなくてはならないと思います。
 
 娘も小学生の時は、テイクバック時は、積極的に頭を右に移動し、
軸移動を気にせず、とにかく、足を使って一生懸命クラブを振らせるよう
にしていました。6年生位から、普通に200を超えるようになり、
トラブルになる率が高まってきたので、軸を意識する練習に切り替えていた
と思います。でも、2~3cmは、今でも許容しています。(ドライバーでの
話です。ドライバー以外は、軸ブレは抑えた方がよいと思います。)」

はちみつくんさん(?はちみつさん)ご教授大変有難うございます!!

確かにこの通りでしょうね。私も娘のコーチからは型にはめずに

自由に楽しくやらせろ、体を痛めないように注意しろと言われています。

ただ、私の場合恐らく2,3cmの許容範囲のつもりが気合とともに4,5cm

になるような気がします。これは一般アマの特徴で、

「ちょっとならいいよ。」の甘えが、ついつい注意不足なって

大きめになってしまいます。するとこの数センチが、目線のぶれ、

左へのゆれ戻しとして反動でぶれが大きくなります。

軸意識で頭を不動にすると目線のブレがなくなり、左へのスウェイも

殆どなくなりインパクトが非常に安定します。R9の45.5インチに変更

したこともあり、この方が飛距離が出るようになりました。

 最近のTVで水巻プロのドライバーショットの頭上からのビデオが

ありましたが、頭がアドレスからインパクトまでミリ単位で不動でした。

本人は全く意識していないそうです。完全に軸回転が身に付いて

いるんですね。

頭が4.5cmも動くと言う事は軸回転の意識も足りないと思います。

脳天から尾てい骨の軸回転を常に意識していないといけないですね。


 まず、試しに体重移動の意識を捨て、頭をアドレスから不動で、

体を回す事に専念してみましょう。 

要するに体さえ回れば体重移動は十分できると、信じましょう。

例外としては、オーバースイングでリバースピボットにより

体重が左に戻ってしまう事がありますが。

逆に、十分体重移動しても体の回転が不十分だとスイングの

タイミングが全てずれてしまいます。ドローヒッターが90度肩を

しっかり回してストレートに打ち出される人が、

あえて浅いターンで同じタイミングで打つと引っ掛けます。

テークバックが不十分で、遅れたりリースのタイミングにより

インサイドに引き込んでしまいます。 

中級者で右に球を打ち出せない方が、結構いますが肩を

しっかり入れると以外に簡単に打てることがありますよ。

要するに肩の入りが浅いとその分微妙にアウトサイドインに

近くなってしまうんですね。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

moto さんこんばんは。 Re: 早速挑戦!

>ライ角キープする努力をしないとダフリそうな恐怖感から待てないのかと・・・(笑)。
> ①~③ができると、左内腿を軸にクルッと行ける気がします。
> アイアンではショートからロングまで結構いい感じでした。

ショートアイアンだとコックを維持したまま、ヘッドを走らせずにトップまで持っていけば藤田寛之プロの様なフィニッシュがピタッとできるト思います。
アドレスからフィニッシュまでずっと同じライ角キープの感覚も重要です。
できてますか?

> DRだけはどーしてでしょう?必殺の右が黙っていられません(苦笑)。
> 少しでも右で押したりすると左内腿軸が破壊するしスイング自体破滅でした。
> 右がでしゃばらないで、左内腿軸にすべてが巻きついてくる感じが出る時は非常に良かったですね。


ドライバーでリリース後から体の前で右腕で押して加速しても全然良いのですが、
右肘リードで押してますか?ショートアイアンでフェースが先行しないように打てるなら同様な動きです。
タメは角速度を上げるために使いますが、もしかして、グリップを左ももに引き付ける時も右前腕を角速度を上げるように右肘支点で右グリップを押してないですか?
右前腕は飛球線に対して直角を維持できるなら、どんなに押してもフェースは閉じませんが、少しでもグリップリードになると右肩が被るように動きます。必殺の右で押す時は、必ず肘が先行でグリップを先行させてはいけません。だから、肘下切断イメージなのです。絶対にフェースを被らせないならフィニッシュまで右肘がグリップを先行させればいいのです。絶対にグリップを先に行かせなければどんなに右を使っても引っ掛けません。肘下切断で右肘でシャフトを地面と平行に投げるように振ればいいのです。

話は変わりますが、松井秀樹絶好調ですね!!今日のスイングは最高でした。右肘がうまくたためて最高の回転でした。ゴルフの左肘のたたみによる急加速と同じです。プレーオフ大活躍期待できますね!

早速挑戦!

>そこで、ヘッドが腕を追い越すのを待ち、グリップを追い越したヘッドが左腕をローリングさせるのを待つのです。

これができる時と出来ない時が以前からあったので、今日はここにポイントを置いて挑戦してみました。

わたしなりの本日の答え。
 ①ダウンはそこで終わる感覚で
 ②そこから左へ数ミリも動かさない
★③そこまで一生懸命ライ角をキープする
でした(笑)。
特に③は、左腕とシャフトを90度程度にキープするつもりで。これを試してから待てるようになった気がしますね。
と言うか、ライ角キープする努力をしないとダフリそうな恐怖感から待てないのかと・・・(笑)。
①~③ができると、左内腿を軸にクルッと行ける気がします。
アイアンではショートからロングまで結構いい感じでした。
DRだけはどーしてでしょう?必殺の右が黙っていられません(苦笑)。
少しでも右で押したりすると左内腿軸が破壊するしスイング自体破滅でした。
右がでしゃばらないで、左内腿軸にすべてが巻きついてくる感じが出る時は非常に良かったですね。

まあ、最初はこんなもんでしょうか。

コピペです!

ゴルキチさん、丁寧なご説明をありがとうございます。
これは・・・コピペしておきます!

「上腕が左胸ならグリップは左もも」
でも形だけではないんですね。ん~奥が深い・・・

motoさん、もう少しですね。Re: 少し復活(笑)

コメント少し書き直したら順番が逆になってしまいました。ごめんなさいね。

> ゴルキチさんのコメントを今朝読んで愕然(汗)。
>え、右大胸筋は使いませんよ。左大胸筋です。私間違えました?
>
> いいえ。ゴルキチさんは「大胸筋」と書かれていました。
> わたしが練習場で試行錯誤して、左大胸筋(&広背筋)で左脇締め、間髪入れず右大胸筋で反転・・・これで開眼(ハマッタ)したのです(汗)。

確かに脇締めは腕の力を使わないように、大胸筋でやった方が良いです。しかし、右大胸筋はそういう風にインパクト時点では使いません。ダウンのときだけです。

> わたしのミスはいつも予期せず出る大プッシュでした(大汗)。野球部出身者には非常に多いです(笑)。

右を向くと、右に球が寄ります。そうするとそうなります。または、インに上げすぎなので最近の記事でスクエアに上げるようにしましょうね。恐らくもう出来てると思いますが。

> 右隣ホールへ林を飛び越え大プッシュ・・・隣ホールのティーグランド前とか・・・
> 「兄ちゃん、それティショットかい?」
> 「はい。スミマセン。」
> 「スッゲェーナ~」
> なんてこと、年に数回は・・・汗汗
> (でも、キャディさんがいると残り距離を言ってくれるので木越えで結構2オンします・・笑)

私も長年全く同じでしたよ(笑)

> そんなわたしには良い処方箋だったのですね。
> マン振りするほどボールが真直ぐ伸びてすっ飛んでいました。
> 以前は、「右脇締めて左脇締まらず」だったのかと。
>
> で、今日も行ってきましたよ。打ち込み!
> 右サイドでやることがなくなって幾分欲求不満ですが(笑)、少し復活です(苦笑)。
> ゴルキチさんが仰っている
> 「左胸 に左上腕を付ける」と「ゲリップエンドを左内ももに引き付ける」
> は同義ですよね。

多少は被りますが、同義で使っていませんよ。
「左胸 に左上腕を付ける」は左胸上に左肘下向きで左脇を締めろと言う意味ですね。肘下はないので付けれません。左脇はスイング中終始締めて、インパクトでは絶対に左に逃がしません。そして、ライ角を維持すると自然と脇は締まり上腕は胸につきます。

「グリップエンドを左ももに引き付ける」は、

1. グリップは絶対に浮かさないで、想像よりずっと体に近くする意識=ライ角維持=懐広く前傾維持=インパクト起き上がらない=インパクト腰が前に出ない=腕に力を入れて振らない

2. 全番手必ずそこで、全く同じ位置でインパクトする。そこで、ヘッドが腕を追い越すのを待ち、グリップを追い越したヘッドが左腕をローリングさせるのを待つのです。ローリングによってヘッドはインサイド、飛球後方に動いていきます。左脇締めは左グリップスピードのブレーキでもあります。

3. ハンドファーストでインパクト。ハンドファーストは、簡単そうで実は難しいんです。ハンドファーストは動きとしてはフェースが開く動きですから、きちんとフェース管理ができていて、かつ毎回適量コックが自然に残って初めてできます。殆ど90%アマはコックがインパクト直前で全部ほどけるので、ハンドファーストのつもりでも、実はグリップが先行しているだけで、肝心のコックは全部解けて腕とシャフトが一直線になっています。

> 当初は前者で導入できましたが、今は後者が再現性が高いみたいです。

後者の方が遥かに高度です。例えば150Y以下のショートアイアンは飛ばさないためのクラブなので全部ハーフからスリークォーターのコントロールショットです。コントロールショットはヘッドスピードを落として体の回転に近くすることで、特にインパクト以降はなるべくヘッドが走らないように、追い越されないように、行き過ぎないようにしてフェースの余計な動きを極力抑えます。その為にはインパクト後は左小指側3本をしっかり握ればヘッドは走りません。するとフェースは被りません。この動きでドライバーでもコントロールできればインパクトゾーン最後に微妙にヘッドが行き過ぎて、被りすぎる事を抑えることができます。

> また経過報告させてください。ありがとうございました。
あまり打ちすぎて怪我しないように!!

motoさん、もうひとつ


motoさん、もうひとつ

 ドローヒッターは、ショートアイアンはコントロールショットで特に左小指側3本を強く握ります。
絶対にフェースを返したくないからです。緩めると最後に意識より少し返ってしまいます。
 アプローチで飛ばしたくない時ほど、その3本はしっかり握ってフェースが体より速く走らないように、ヘッドが少しでも体より先に行かないように頑張りますよね。
 この調節はドライバーも同じで、ある程度ローテーションがきちんとできるようになると、今度は行き過ぎるので、行き過ぎないように左小指側はある程度しっかり握ります。緩々だといつチーピン、引っ掛けが出るか分かりません。インパクトゾーンの最後の一瞬が問題なのです。グリップがルーズだとそこで行き過ぎます。
 プロがドライバーでもフォローでピタッと止まるのは、その3本をしっかり握ってローテーションをコントロールしているからです。アマのようにぐらぐらのグリップではピタッと止まれませんし、ドローヒッターはド引っかけのあらしになりますよ。
コメントがあった記事を読む

motoさん、ファイトですよ!Re: やっぱりダメ・・・涙

motoさん、ファイトですよ!Re: やっぱりダメ・・・涙

motoさん、ファイトですよ!Re: やっぱりダメ・・・涙

> 軸の保持は大切ですよね。
> しかし、2~3cmとか(う~ん)
> 4~5cmでもうダメですか(う・う~ん)
> プロを目指すということは厳しいものですね。

確かに軸は多少移動すると思います。アドレス、テークバック、インパクト、フォローと移動していきます。しかし、H/Sがあり過ぎるから大変なんですよ。精度が要求されます。限りなくゼロを目指してやっと2.3cmだと思いますよ。厳しいようですが、毎日練習できないのだからそれくらいの意識でないと維持は無理だと思います。私自身もそう考えています。日々のシャドーで習慣付ければ可能だと思います。ただ、今まで体の揺さぶりの反動でタイミングを取っていた方は難しいですが。

> ところで今日も「打ち込み」・・のつもりが「落ち込み」(暴)
> やっぱり引っ掛かるんです(涙)。

「引っ掛けないように打つんではなく、絶対引っ掛けるな」。と、私はラウンドレッスンでいつもそう教わりました。

 引っ掛けの原因は結局は振りすぎです。まず、一度引っかからなくなるまでヘッドスピードをコントロールしましょう。ダウンをゆっくりにしましょう。そして、コックで打ちましょう。それでも飛距離はむしろ上がります。
ひだりOBのホールで引っ掛けたら、切腹だと思ってやってください。コントロールショットの練習不足かもしれません。命がけなら180y転がして打つくらいの、執念が必要だと思います。マッチプレーで負けるのは大概飛距離を欲張った自爆ですからね。飛びに自信を持っている人ほどプライドを刺激すれば簡単に自爆しますよ。精神コントロールが必要です。

> 背面打ちに戻ってみようと久しぶりに挑戦してみました。な、なんと、以前より非常に簡単に打てるじゃないですか。
> その理由は、左脇締めだけでドローが打てちゃう。右大胸筋まで使うと引掛け(背面打ちでも引掛けるんですね・泣)。
> で、通常スタンスに戻って左脇締めだけで打つと#6Iでいい音色のストレート。恐る恐る右大胸筋をチョット使ってみたら、途端に11:00の方向へ(涙)。
> つまりフォローがとれない状態で・・・左脇締まったままで肩までのフォロー・・カッコ悪いけど飛距離は落ちてないような(笑)。
> DRではそういうわけにはいきませんね。右へバナナシュートです(笑)。
> で、右大胸筋を使うと、やっぱり引掛けです(涙)。

え、右大胸筋はあまり意識しません。左大胸筋です。私間違えましたか?
左壁が完全にできているなら背面打ちはしばらく要らない思います。むしろ引っ掛けには逆効果かもしれません。インパクトで反転が急激過ぎるんでしょう。開き気味で入ってきているのを一気に反転してないですか?反転の要領を覚え、ハーフウェイダウンで前傾なりにスクエアならば、今度はそこから広い範囲で徐々にフェースローテーションをコントロールすれば緩やかになります。

 スイングは手首は縦振りなんですが、体は横降りです。で、どっちかっていうと総合でドラほどフラットで横振りです。ここは非常に難しいですが、水平に振れば誰でも感単に左右対称です、それが前傾するだけなんです。縦振りを意識しすぎると引っ掛けます。縦振りの感覚は左肩の開きを抑える目的が大きいんです。

> PS; あと、何をやってもダメな日はさっさと練習切り上げるべきでしょうか?

切り上げるべきです。一日の球数を減らして、日数、レンジで素振り、シャドースイング、部屋錬、の方が良いですよ。ドラデ打ちすぎると体もスイングも壊します。私は子供と河川敷でテニスボールで打ってます。飛距離も結構合うんですよ。

あと、左手甲と右掌で狙ってますか?今度は行き過ぎのコントロールが必要です。

あとは、クラブとシャフトスペックは何でしょうか?ひょっとしてとんでもなく合わないかもしれませんよ。
R9でもちょっと変えると全部左打ち出しで左に曲がります。ライ角を寝せたり、フェースアングルを開くと右に出てドローで良い感じになります。全く球筋が変わりますよ。もし打ち出しから左もあるなら、合っていない可能性も高いです。

また、ドラはしばらく忘れてアプローチの練習に励むと以外にあっさり欠点に気づく事があります。ショートアイアンは引っ掛けやすいからです。それに、本来スイング作りにも、スコアメイクにもその方が遥かに大事で、ショートアイアンと、アプローチにも、特技を見出したほうが良いですよ。スイングの基本です。

それともう1つ、飛ぶから曲がっても仕方ないと言う発想は甘えです。それでは絶対にハンデは縮まりません。私がそうでした。

私がかつてプロに飛距離を取るか、スコアを取るか詰められたとき。飛距離を選択してドラコンに走ったのは大失敗でした。最も大事な時期を5年ほど無駄に過ごしてしまいました。体もあちこち致命的に壊しました。今思うに飛距離はもちろん武器ですが、アマでは競技では大して大きな武器とはいえないです。アプローチ、パットの勝負と分かりきっているので、そちらに少しウエーシフトして、気分を変えた方が将来的には良いと思います。

むかつきますが、残念ながらゴルフは力でねじ伏せる事は不可能です。

えらそうに、いろいろ言ってごめんなさいね。でも、あきらめなければ必ず、周りの上級者をごぼう抜きできますよ。
いつか御一緒にラウンドしましょうね。

少し復活(笑)

ゴルキチさんのコメントを今朝読んで愕然(汗)。

>え、右大胸筋は使いませんよ。左大胸筋です。私間違えました?

いいえ。ゴルキチさんは「大胸筋」と書かれていました。
わたしが練習場で試行錯誤して、左大胸筋(&広背筋)で左脇締め、間髪入れず右大胸筋で反転・・・これで開眼(ハマッタ)したのです(汗)。
わたしのミスはいつも予期せず出る大プッシュでした(大汗)。野球部出身者には非常に多いです(笑)。
右隣ホールへ林を飛び越え大プッシュ・・・隣ホールのティーグランド前とか・・・
「兄ちゃん、それティショットかい?」
「はい。スミマセン。」
「スッゲェーナ~」
なんてこと、年に数回は・・・汗汗
(でも、キャディさんがいると残り距離を言ってくれるので木越えで結構2オンします・・笑)
そんなわたしには良い処方箋だったのですね。
マン振りするほどボールが真直ぐ伸びてすっ飛んでいました。
以前は、「右脇締めて左脇締まらず」だったのかと。

で、今日も行ってきましたよ。打ち込み!
右サイドでやることがなくなって幾分欲求不満ですが(笑)、少し復活です(苦笑)。
ゴルキチさんが仰っている
「左胸 に左上腕を付ける」と「ゲリップエンドを左内ももに引き付ける」
は同義ですよね。
当初は前者で導入できましたが、今は後者が再現性が高いみたいです。

また経過報告させてください。ありがとうございました。

やっぱりダメ・・・涙

軸の保持は大切ですよね。
しかし、2~3cmとか(う~ん)
4~5cmでもうダメですか(う・う~ん)
プロを目指すということは厳しいものですね。

ところで今日も「打ち込み」・・のつもりが「落ち込み」(暴)
やっぱり引っ掛かるんです(涙)。
背面打ちに戻ってみようと久しぶりに挑戦してみました。な、なんと、以前より非常に簡単に打てるじゃないですか。
その理由は、左脇締めだけでドローが打てちゃう。右大胸筋まで使うと引掛け(背面打ちでも引掛けるんですね・泣)。
で、通常スタンスに戻って左脇締めだけで打つと#6Iでいい音色のストレート。恐る恐る右大胸筋をチョット使ってみたら、途端に11:00の方向へ(涙)。
つまりフォローがとれない状態で・・・左脇締まったままで肩までのフォロー・・カッコ悪いけど飛距離は落ちてないような(笑)。
DRではそういうわけにはいきませんね。右へバナナシュートです(笑)。
で、右大胸筋を使うと、やっぱり引掛けです(涙)。

処方箋ください(苦笑)。

PS; あと、何をやってもダメな日はさっさと練習切り上げるべきでしょうか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR