ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ゴルフは無心でひたすら素振りの再現です コメント承認見逃しがありました。誠に申し訳ありませんm(_)m

 大変申し訳ありませんでした。

過去のコメント見ていたら、承認し忘れの

コメントが何件かありました。間抜けですねー。

誠に申し訳ありませんでした m(__)m

遅ればせながらお返事いたします。


09/08/04 匿名 ひょんな事から
>ダウンスイングで右ひじを体に引き付ける事は、わかっていましたが、つい最近までなかなか出来ませんでした。先日ラウンドしていたとき、ひょんな事から出来るようになりました。要は、今までバックスイングからトップに至る過程で、右脇を絞めすぎていた為、結果的に引き付けるマージンが無かったみたいです。トップに至る過程で思い切って右脇をあける(程度はなかなか表現できないですが)事で出来るようになりました。こんな感じでいいのでしょうか。

トップでグリップと体の距離は縮まってはいけません。

アドレス時と同じ距離を維持するよう遠くに上げます。

大体、上に上げようとすると腕で上げて、担ぐように

体に近くなります。特に右肘の角度が90度

をキープするように気をつけます。

反動で上げると90度の維持はまず困難ですね。

するとご指摘のようにマージンがなくなって、

張りも捻転も不十分で加速距離がなくなります。

 テークバックは上ではなく左脇を閉めて

左大胸筋と体幹で飛球後方なるべく遠くに押して

結果的に上に上がるイメージだと体に近づかなく、

オーバースイングやクロスになりませんし、

張りのあるトップができます。


09/08/09 ひかるわん さん
>私事ですが初の70台(39、39)がでました・・・・
こんばんは 本日 初の快挙 私事ですが初の70台(39、39)がでましたのでお知らせします。 こちらの背面打ちドリルのころから約1ヶ月・・・結果がでました。腕の自然落下、インパクトまでの骨盤の維持。非常に参考にさせてもらいました。繰り返し、繰り返しのシャドースイングで体に染み込ませました。 現在の注意点は 球があるとトップで肩がまわらない=右に胸が向かない点です。 練習場の様にはいかない・・・です。 今後も応援してますのでナイスショットお願いします。

両方30台は立派ですね。おめでとうございます!!

もともとかなりお上手だったんですよ。

ほんのちょっとしたきっかけだったんですね。

 球があるとプロでも誰でも起こる早打ちです。

トップの位置の狂いはほんの僅かなリズムの狂いです。

これは技術ではなくメンタルな問題です。

予防方法は素振りの完璧な再現しかないと思います。

私ももちろんそれで苦労していますが、

球を打つ時は絶対に何も考えてはダメですね。

無になってマシーンのように素振りの完璧な

再現しかないですよ。

これは普段の鍛錬の積み重ねで身に付ける

しかありません。

毎ショット距離の違う地点を狙い、まず2,3回

の素振りで球筋、アドレス、リズム、振り幅等を

確実に責任を持って決める。

最初は4、5回の素振りでもだめなら10回でも

いいでしょう。ただ、自分で責任を持って決める

事が重要です。

この時、素振りはヘッドがウエイトボールの様に

重いイメージで体幹の大きな筋肉を使わないと

10秒でも記憶する事は困難です。

そして、即アドレスして素振りの再現のみに集中し、

素振りを100%信じて、それ以外何も考えず即打つ。

絶対に不安要素は何も考えない。

思考を止め、マシーンになる。

ちょっと強めだとか、弱めにとか、左はまずいとか、

ダフらない様にしっかりとか、絶対に何も考えない。

それらは、グリップを短くしたり、スタンスを狭くしたり、

オープンにしたり、振り幅、球筋、で既に決めた上で

素振りを責任を持って決めているのだから、再現だけ

に絞る。その積み重ねでマシーンになれますよ。

やっぱりウエイトボールを振ってから打つと

ショートアイアンからドライバーまで完璧ですね。

これはクラブ4本素振りでも違うんですよね。

ボール持ってラウンドしたいです。

もう2ヶ月過ぎちゃいますがその後どうですか?


09/08/27 トシ さん
>ゴルキチさん。お疲れさまです。いつも有り難うございます。
左脇の締めは、自分の課題、脱力、タメ、そして脇の締めです。ここがルーズのなるとミスの連鎖が出ます。先日のラウンドで、ソケット当たりが出てしまいショックでしたが、ラウンド後の練習場で原因が掴め、ただいま修正中です。まずトップからの脱力が出来ていないです。その為右手に力が入り、クラブが寝てクリップがボールより前方に向き、左脇が空き、ソケット当たりです。
背面打ちで縦ぶりの感覚を掴み直します。

右肩、右手、右ひざが前に出る事、頭のスウェイが殆ど原因ですね。頭と壁不動、オープンスタンス、で勝手に回りますから。

>先日の記事の素振りのイメージですが、大変参考になりました。特にパットの5m前後の距離感が安定しました。今までは適当に1~2回の素振りだったのですが、アドレス後このくらいバックスイングしたら、このくらい転がるをイメージして、1回素振りで直ぐイメージが消えない内に打つ。これが実に良い感じです。ただ10m以上になってしますとイメージがぼやけパンチが入ったり打ち急いだりで距離が合いませんが(涙)このイメージがアプでも出来ればと思います。まだそのレベルまでは行ってません。
両脇タオルで、また練習します(笑)

パットはインパクトの不安が最も少ないので

距離に関しては素振りの再現は簡単ですよね。

パットは不動の振り幅を決めちゃえばいいんですよ。

例えば、2,5,10,15,20mの5通りの素振りを

目をつぶってもできるように自分のアドレスを

基準に決めておけば良いんですよ。

問題いはリズムの狂いですよね。

これも、ウエイトボールのリズムです。

全ショットそうですが完全に常に基準になり、

再現できるリズムがあればそう狂わないですよ。

10m以上ダメなのはそのリズムと振り幅を

決めてないからです。

10、15、20mは決めておかないと平気で

3パットしますよ。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR