ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

最悪のライ コース右斜面の前上がりのライの打ち方

 コース右斜面の前上がりは左斜面の前下がり

より全然厄介です。しかし、対応が分かっていない

人があまりに多いですね。ご存知の通り、

フックするのですが、フックの度合いは

ロフトにより全く異なるのです。

この事を殆ど考慮しない方は結構多い

のではないでしょうか?

 ボール近くに立つのでシャンクして更に

右上の林にOBの経験もあると思います。

フジサンケイで宮本選手もやってましたね。

運よく、右林の木に数回当たって数秒後

本人に直撃しそうに戻ってきましたが。

このライの対策は様々なライやフックへの対応

にも繋がりますので、しっかりと理解すると

かなりトラブルへの応用が効きます。


 まず、前上がり斜面ではライ角が立ちます。

傾斜が強いほど立つのでフックが強くなります。

そして、クラブ選択ですがロフトが大きくなるほど

その度合いが非常に大きくなります。

例えばサンドと5Iを比較すると、とんでもなく

サンドの方がフックの度合いが強くなります。

ロングアイアンは実はそれほど大きくフック

させずに打てるのです。スライスも可能です。

この様な基本を知っているとトラブルショット

での大叩きが大幅に減少します。

 まず、基本のグリップとスタンスですが

できるだけグリップを短く持ち、球に近く立ちます。

アップライトにすると、フックしにくいのです。

それを知らずに、この状況で普通にアドレス

するとスイング軌道がフラットになるので

更にフックが強くなります。

重心は前です。意識しないと踵にかかりますが、

それではインパクトで引っ掛けるので

頑張ってフォローまで拇指球加重を維持します。

 そのために、大き目のクラブ選択で

軽く打ちます。ロフトが少ないとフックの度合い

も少なくなり、腕も力まず体の回転だけで

振りぬけます。

 もし、短めのクラブでしっかり打とうしたら、

腕に力が入るためますます引っ掛けます。

強く打つ意識があると腕に力が入り、体の回転

が遅れるか、不足してドフックになります。

 フェースは当然オープンにします。

ショートアイアンの場合はフェースの向きを

良く注意します。かなり左を向いています。

 スタンスもオープンにします。

そして、スライスを打つ様にハンドファーストで

体の回転でカットぎみに打ちます。

腕に力が入るとヒッカケ易くなるだけでなく、

近くに立っているため、腕、右肩が少しでも

前に出るとシャンクで右OBだからです。

フィニッシュまで体の回転最優先で決して

グリップよりヘッドが先行しないように

スリークオーターで無理なく振り抜きます。

 最悪のド引っかけの範囲と、シャンクを想定

してクラブ選び、スタンス、重心位置、体の回転

等、体が状況に条件反射するようになるまで

論理的に覚え込みましょう。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

moto さんこんにちは!!Re: 不思議な感覚(笑)

> ゴルキチさんが空振りしなくて良かった~(笑)!
> 不思議な感覚をゴルキチさんと共有できたことは、わたしにとって大きな新たな自信になりました。お付き合いいただいて感謝致します。

ちゃんと棒だけ振りましたよ(笑)でも、そのシングルさんなんで空振りするんだろう?むしろフェースの方向が安定すると思いますよ。

> まあ、お暇な時にでもDRもトライしてみてください(笑)。もっと驚かれる・・かも?

ドラも重心が全然違うから、面白そうですね。何か新しい発見があるといいですね。

> >重心と平行移動なので軌道が安定するような感覚がありました。
> (笑)でしょう!(しかし、うまいこと言うな~笑)
> 今日はゴルキチさんのコメントを拝見してからレンジへ・・絶好調でしたよ!
> ホントにゴルフはメンタルだと思いました(笑)。

私は4日連続で死ぬほど打ちすぎて、疲れました。腰痛で昨夜、懸垂マシーンとテンテンベルトをネットで注文しちゃいました(笑)メンバーさんたちのお勧めです。

> はしょってお聞ききしたいことができてしまったのですが・・いいですかね?
> 今日はやたらにDRが当たって・・これもメンタル効果?
> 調子にのってフェードとドローの打ち分けにチャレンジしたんです。ゴルキチさんが仰る左脇の締め具合じゃなくて(ゴメンナサイ・・これはまだわたしには難しいです)
> 同じように左脇を締めて(腕を使わずですね)ダウンしたら、インパクト~フォローで!
> ・右肘内側を空に向けてフィニッシュへ
>  左肘の畳みが遅くなりフェード
> ・右肘内側を左腕に向けてフィニッシュへ
>  左肘は早く畳まれドロー
> これアリですかね???

右掌の方向ですよね。フェードは結果的にはそれでいいと思うんですが、ドローが怖いですよね。とくにパワーヒッターは、ちょっと右を強めに振っちゃったり、不用意に右が被るとすぐ行っちゃいますからね。私は、ドローでも右掌はまっすぐのまま意識しないです。ドローは普通にしっかり振って、フェードは捕まえないように振るというイメージで結構打ち分けてます。
また、下半身の重心からイメージはスタートしますね。意識が体の上に行くほど、危険性が増えます。私の場合、肘まで行くとかなりリスキーです。イメージと下半身だけで上体も操作する感じでやっています。
この辺はプロでも皆さん様々だと思いますよ。

> フェードと呼ぶには少し曲がり幅が大きいけどインテンショナルに使える手ごたえで結構飛んでました。
> ドローの方はストレートドロー(好調時の持ち球)でした。
> 今日のところは、やっぱドローの飛距離が大勝ちでしたけど、邪道でなければフェード(スライス?)の方も特訓してみようかと思いまして・・・そのくらい捕まってはいるのですが。

普通にしっかり振って軽いドロー、逃がしてフェードなら丁度いですよね。

私の場合ほぼ14回のドライバーのうち、2、3回の左へのミスが致命傷となる可能性が非常に多いです。ですから、絶対に不用意に引っ掛けない打ち方を非常に意識しています。その点でもR9に出会えたのは非常に大きいですね。いじってスイングとの組み合わせを研究しています。

それと、左足への重心のかけ方が結構キーです。拇指球、土踏まず、踵、と本当に人それぞれですね。

不思議な感覚(笑)

ゴルキチさんが空振りしなくて良かった~(笑)!
不思議な感覚をゴルキチさんと共有できたことは、わたしにとって大きな新たな自信になりました。お付き合いいただいて感謝致します。
まあ、お暇な時にでもDRもトライしてみてください(笑)。もっと驚かれる・・かも?

>重心と平行移動なので軌道が安定するような感覚がありました。

(笑)でしょう!(しかし、うまいこと言うな~笑)
今日はゴルキチさんのコメントを拝見してからレンジへ・・絶好調でしたよ!
ホントにゴルフはメンタルだと思いました(笑)。

はしょってお聞ききしたいことができてしまったのですが・・いいですかね?
今日はやたらにDRが当たって・・これもメンタル効果?
調子にのってフェードとドローの打ち分けにチャレンジしたんです。ゴルキチさんが仰る左脇の締め具合じゃなくて(ゴメンナサイ・・これはまだわたしには難しいです)
同じように左脇を締めて(腕を使わずですね)ダウンしたら、インパクト~フォローで!
・右肘内側を空に向けてフィニッシュへ
 左肘の畳みが遅くなりフェード
・右肘内側を左腕に向けてフィニッシュへ
 左肘は早く畳まれドロー
これアリですかね???
フェードと呼ぶには少し曲がり幅が大きいけどインテンショナルに使える手ごたえで結構飛んでました。
ドローの方はストレートドロー(好調時の持ち球)でした。
今日のところは、やっぱドローの飛距離が大勝ちでしたけど、邪道でなければフェード(スライス?)の方も特訓してみようかと思いまして・・・そのくらい捕まってはいるのですが。

motoさん、シャフトだけ意識してやってみましたよ!

全く空振りしませんよ。ちょっと不思議な感覚ですね。今まで1つのクラブとして振っていたのが、軸の軽い棒のシャフトと先に着いた重いヘッドを別々に感じることができます。重心の動き、傾きを感じ易くなるような気がしますね。そして、重心と平行移動なので軌道が安定するような感覚がありました。

ただ、クラブ投げの時、ヘッドを投げるよりシャフトをハンドファーストの傾きにまま投げるようなイメージがあります。リリースもクラブ投げと同じです。ヘッドばかりを意識しすぎると引っ掛けるので、アイアンやフェード打ちの時はヘッドよりシャフトを振る感覚はあります。だから、似たような事は意識しないでやってるのかもしれませんね。

ドラの場合は、あ、忘れてました。やってない。左足の重心位置の確認のテーマがあったので昨日、一昨日はドラは打ちませんでした。
次回やってみますね。ネックがかなり重心の前になりますからね。でも、すごく良い事に気が付くかも知れませんね。

motoさん、良い事教わってよかったです。有り難うございました!!

ご丁寧に有り難うございます。Re: え???・・ですか(

> ホントに興味がおありですか?

ホントですよ。ゴルキチですから。

> 「飛球線」と平行に、シャフトが指し示すライン(造語ですが「ネックライン」と呼んでいます)をスイングしています。
> アイアンならボール半個分身体に近いラインで、DRならその倍以上近くなると思います。

アドレス字のネックラインのラインですね。そうするとアドレス時はどうするんですか?
普通にフェースの真ん中でよね?ドラだとフェ-スが長いから違うんだ。大変ですね。

> 「飛球線」をスイングしても実際打てるのに、「ネックライン」をスイングしても実際打てるのです(わたしだけ?笑)

では、普通に打つときは重心を意識して、ネックラインはシャフトを意識するんですね。器用ですね。聞いたことないですねー。

> そして、前上がりのライや大事に打とうとする時に、特に威力を発揮してくれています。
> また、今では「ネックライン」は直線から曲線に変貌してきていますがね(笑)。

ネックラインプレーンですか?(笑)

> 他人に話すと、それじゃ~空振りじゃん、と言われ、言わないことにしています。実際、その方はシングルさんですが空振りしてました(大笑)。

今度やってみます。重心を無視して、シャフトだけを意識して、球も完全に無視してアドレスのシャフトの位置を凝視して狙えばいいんですね。やってみます。
問題はむしろシャフトだけを感じられるかどうかですね。それは、手のグリップの感覚で、延長線を認識する能力じゃないですかね。きっと、野球で球に当てる能力じゃないでしょうか。それが物凄く強く残っているとか。

> で、あるレッスンでは、「人は本能的に重心を振るものだ」とあったのです。
> 「本能的に重心を振る」ということは、「L字の短い方が通る軌道を本能的に描ける」ということだと思います。

そうだと思います。振りにくいですが。でも物を振った事がない子供が何も教えなくても一日で結構打てるようになりました。びっくりしました。きっと、クラブは合理的にできているんだと思いました。と言う事は本能で重心で打ってますね。シャンクは殆どないですよ。

> また、重心距離や重心深度が長いクラブでは、本能的にイメージしている重心よりもずっと前にフェースがある為に早くボールにコンタクトしてしまうとも書いてありましたが、こちらは感覚的に頷いております(笑)。

それは感じますよね。バランスを良くいじるので、前方に張りたくなりますね。

> アドレスをつくるまでは、よ~くボールを見ます。ボールに物差ししていきます。
> アドレスが決まったら、ボールは見ません。「ネックライン」だけ見てスイングしています。

手か腕で軌道を野球の天才的本能で操作してるのかも。そもそも球は凝視しないほうがいいですから。アドレスしたら、目をつぶって打つとどうです?

> 自分では、これができるようになって70台でラウンドできるようになったのだと密かに思っていたのですよ。

やっぱりお上手なんですね。

でも、不思議な感覚ですね。やっぱり手の感覚が鋭いんですよ。たまにシャンクは出るんですか?

リーディングエッヂしか見ないです。そもそもネックを見たことがないですね。シャフトはハンドファーストの角度で見ますが。

開いたり、ロブでフェースを回転させるときなど困りませんか? 今日、明日やってみます。シャフトの位置を感じる感覚もなんか必殺技として使えるかも。

非常に貴重なお話し、大変有り難うございました。失礼ありましたらごめんなさいね。

え???・・ですか(

やっぱり・・・
ゴルキチさん質問が非常に増えてますので、わたしのは暇な時で結構です(笑)。
て言うか、ゴルキチさんには理解できないかも・・です(苦笑)。

ホントに興味がおありですか?
なら、少しだけ。

ゴルフクラブはL字です。
長い方がシャフトで短い方がヘッド(実際はライ角で90度じゃないです)。
バットはI字です。
短い方はありません。
ゴルフは短い方でボールにコンタクトしますが、野球は長い方でコンタクトします。
わたしが本当にボールの真芯を打ち抜こうとすれば、かなりの確率でソケットします。
何故なのか、今ならわかります。
ボールを打とうと意識するからですね。I字のバットで打とうとするわけで、強い前上がりのライでは前述の如く顕著に現れました。
ゴルフではボールを打つのではなく、とにかくスイングを完了することが肝要ですね。
ここまでは理解していただけるかと・・(???笑)

で、ある時からスイングをすることにしました。
最初は所謂「飛球線」をスイングしました。(実際にボールがあるラインです)
レンジではまったくOKでも、コースで大事に打とうとするとボールを凝視してしまい、またソケットやシャンクです。
前に書きました土手の開眼以来「飛球線」をスイングするのをやめました(笑)。
「飛球線」と平行に、シャフトが指し示すライン(造語ですが「ネックライン」と呼んでいます)をスイングしています。
アイアンならボール半個分身体に近いラインで、DRならその倍以上近くなると思います。
「飛球線」をスイングしても実際打てるのに、「ネックライン」をスイングしても実際打てるのです(わたしだけ?笑)
そして、前上がりのライや大事に打とうとする時に、特に威力を発揮してくれています。
また、今では「ネックライン」は直線から曲線に変貌してきていますがね(笑)。
他人に話すと、それじゃ~空振りじゃん、と言われ、言わないことにしています。実際、その方はシングルさんですが空振りしてました(大笑)。

つまり、わたしはL字のクラブを持ってもI字でしか振れないのでしょうかね?
L字の短い方が通るべき軌道よりも、長い方が通るべき軌道をイメージしている、と言っても良いかもしれません。
で、あるレッスンでは、「人は本能的に重心を振るものだ」とあったのです。
「本能的に重心を振る」ということは、「L字の短い方が通る軌道を本能的に描ける」ということだと思います。
また、重心距離や重心深度が長いクラブでは、本能的にイメージしている重心よりもずっと前にフェースがある為に早くボールにコンタクトしてしまうとも書いてありましたが、こちらは感覚的に頷いております(笑)。

アドレスをつくるまでは、よ~くボールを見ます。ボールに物差ししていきます。
アドレスが決まったら、ボールは見ません。「ネックライン」だけ見てスイングしています。
もちろん、視界の中には常にボールが入っていますけどね。
自分では、これができるようになって70台でラウンドできるようになったのだと密かに思っていたのですよ。
いやいや今でも100近く叩く日もありますけどね(涙)。

えっ??? Re: また変なこと言っていいですか?

>普通に考えれば、ボールの手前を空振りしてもいいですよね・・しないんです。

???

>但し、ランニングのアプとか極短い距離のアプでこれを真面目に励行すると・・トゥで
>擦ります(大笑)。

???

>上級者にちょっと聞いてみたことがあるんですけど、ほとんど相手にしてもらえなかったです。そのうちトゥ当たりか空振りになるよって・・・


ん~?ごめんなさい。すごく興味はありますが、私にはちょっと良くわかんないな。
でも本当に興味あるので、面倒ですがもう少しだけ説明してもらえますか?
お願いします。

ゴルバチョフ さんこんばんは。Re: 苦脳中です

大変ですね。私も時々嫌になって数ヶ月全くゴルフをやらないときがあります。

>  私のスイングは、右肩が前に出て、しかもさがっているとよく言われます。 それからは意識しながら練習しているのですが、なかなか安定しません。 ドライバーもアイアンも クラブの先の方ばかり当たりぜんぜん飛ばなくなりました。

飛ぶと言う事は腕が良く振れているわけですが、
多くのアマの感覚は、クラブを腕で速く振る感覚だと思います。もしくは逆にボディーターンで体が主役で体だけ速く回って肝心の腕が振られていないパターンが多いです。

腕とクラブを体で振ると考えた方が良いです。その為には体が大きく動くのではなく、軸としてむしろ小さく動く方が効率的で正確です。ヘッドスピードを上げるためにはその軸が速く回転すれば良いのですが、実際問題それほど速く軸が回転する必要はなく、ゆっくりでも先端のヘッドは十分速く走ります。
むしろ、プロよりアマの方がヘッドスピードが速い方は多いです。H/S60とか驚異的な人がごろごろいます。
問題なのはむしろミート率です。ミート率を上げるためには体の動きは小さく、軸をしっかり、ゆったりです。

重いバットで重い硬球を打つのではないのですから、強く叩いたらダメです。素早く振り切る意識です。

そして、ボールに当てようとしてはダメですよ。気持ちよく振り切ったスイングの途中の丁度よいところに球を置くと思えばいいです。当てようと意識した瞬間にもうスイングはスムーズさがなくなりプレーンが崩れます。非常にメンタルです。まずはインパクトを考えずにフィニッシュまで加速して振ることです。

その後に、タメやらハンドファーストやらいろいろ考えていくほうが良いと思います。

> 右肩を前に出さずに、飛球線方向に送り込むイメージがわかりません。
 
とりあえず右腕を使うことを止めて、左片手素振りを繰り返してください。インパクト以降できるだけ速く振れるようにいろいろ試してください。フォローは右肩を出すのではなく、左肩を飛球後方に引く様に振るのです。すると反対側の右肩は飛球方向に押し出されます。結局、右肩は終始、体とクラブに引っ張られて動くだけで、右肩で押していく動きはないと思っていいです。

ご報告お待ちしています!!

また変なこと言っていいですか?

>コース右斜面の前上がりは左斜面の前下がりより全然厄介です。

(笑)よかった。
わたしはどんなライよりもキツイ前上がりが苦手です。
ゴルフを始めた頃よく右斜面にティショットが止まり、セカンドで前上がりが多かったです(苦笑)。
これ、野球部出身者には簡単に見えるんですよね。で、思い切り野球スイングになってしまう。
正直シャンクしか出ませんでした(泣)。
負けず嫌いなわたしはショップでプラスチック製のボールを購入して土手で練習・・・いくらやってもシャンク。シャンクしない時は大ダフリ。
大ダフリは明らかにボールへ右肩が突っ込む「野球スイング」そのまま(笑)。
問題のシャンクの方は、その時の結論としては、「ボールラインを振るからシャンクする」でした。はたと思いつき、シャフト先端のネックがなぞる「ネックライン」を振ってみたら・・当たった!
そこまで辿り着くのに約5時間土手の芝刈りでした。その後約1時間、ネックラインを一生懸命振ってたら日が暮れました(笑)。

ゴルキチさん。
チャンスがあったら1度聞いてみたかったんですよ、これ。
それからと言うもの、わたしはどのショットでもネックラインを振ってるんです。
残念ながらそんなこと書いてあるレッスン書を見たことがありません。ある書物によると、「棒きれを振る時、人は本能的に重心を振っている」ものだそうですね。
ゴルフクラブではシャフト上に重心がないから自ずと本能的にヘッドの重心を振ると書いてありました。
ここ、わたしの本能は人と違うのでしょうか?
ボールを良く見れば見るほど、丁寧に打とうとするほど、シャフト先端がボールに向かいシャンクが出ました。ソケットと言うべきなのでしょうか。
これまでに同じ野球部仲間20人以上に試してもらったのですが、初めは違和感を訴えるものの、すぐにナイスショットを連発し始めるんですよ(暴)。
普通に考えれば、ボールの手前を空振りしてもいいですよね・・しないんです。
但し、ランニングのアプとか極短い距離のアプでこれを真面目に励行すると・・トゥで擦ります(大笑)。

上級者にちょっと聞いてみたことがあるんですけど、ほとんど相手にしてもらえなかったです。そのうちトゥ当たりか空振りになるよって・・・
ゴルキチさんにもわからないですかね~?
野球部出身のお兄様はどうでしょう?左バッターと右ゴルファーだからな~・・・わたしが試してもらった人の中にはこのケースはいなかったです。

いつも変なことばかりお聞きして申し訳ございません。

苦脳中です

 私のスイングは、右肩が前に出て、しかもさがっているとよく言われます。 それからは意識しながら練習しているのですが、なかなか安定しません。 ドライバーもアイアンも クラブの先の方ばかり当たりぜんぜん飛ばなくなりました。

右肩を前に出さずに、飛球線方向に送り込むイメージがわかりません。

何か良い練習方法ありますでしょうか。
よろしくおねがいします。

 



Re: わかってても難しいです。

おはようございます。はやいですね!私も早起きしてランニングでもして鍛えないと、と思っていますができません(笑)

> 斜面からのフック、スライスは頭ではわかってても難しいんです。
> つま先上がりの時は割とフックが出てくれるので、打ち出しの方向さえ気をつければいいのですが、つま先下がりの時は逆にフックボールが出てしまうんです(+。+)
> 元々フックが持玉だからでしょうかね?

ご存知の通り、前下がりはライが寝るのでフェースが開きやすくなります。しかし、前上がりほどライ角を完全にライに合わせる必要がないのでトップさえ気をつければそれほどスライスはしません。

爪先加重になり易く足元が非常に不安定なため、スタンスを広げ重心を落として足元を完全に固めて、前上がりとは逆に手打ちでスイングします。
捻転が足りなくなる為アウトサイドインのスイング軌道にもなりやすい為、更にスライスし易くなるので、フェースは左目を狙います。

しかし、ヒッカケの要素が多分にありますよね。フェースは左を狙って、手打ちでフェースが返り易いところに、意識的にもフェースを返してしまい、これでアウトサイドインでは左OB直撃ですね。更にヒールがひっかかり易いです。特にショートアイアンで力むとドヒッカケが十分ありえるのです。

特にフック持ちの場合、ヘッドの先行をコントロールできないといくらでもフックする要素があります。

このように、前下がりはそれほど極端にスライスしませんが、逆に過度のフェースローテーションをコントロールする注意が必要です。ヒッカケの要素をきちんと把握していないと確かに人によっては前上がりよりOBの危険性は大きいかもしれませんね。

スコアメイキングには本来レンジの練習や単に基本的なスイングより、こういう大叩きの可能性と精神的ダメージの大きいトラブルショットの方が重要なんですよね。

また、コメントお待ちしています!!

わかってても難しいです。

おはようございます。

斜面からのフック、スライスは頭ではわかってても難しいんです。
つま先上がりの時は割とフックが出てくれるので、打ち出しの方向さえ気をつければいいのですが、つま先下がりの時は逆にフックボールが出てしまうんです(+。+)
元々フックが持玉だからでしょうかね?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR