ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ドライバーもハンドファースト

 ドライバーでの飛距離アップは誰でも魅力ですよね。

ヘッドスピード以外に飛距離アップするためには

バックスピン量を減らし、打ち出し角を上げることで

キャリー、ランともに増加させる事が可能になります。

その特性を持ったクラブもボールもどんどん進化してきました。

 打ち方としては、フェースの芯よりも少し上部で

ボールコンタクトすることが有効であることは、

皆さん既にご存知だと思います。

その為にはドライバーもタメを維持して、ハンドファーストで

インパクトする事が条件となるのです。

なぜか分かりますか?

アイアンではハンドファーストでも、ドライバーは違うと

思っている方が結構多いのではないでしょうか?

レッスン書でもドライバーのハンドファーストはあまり

見かけないですね。

それどころか、多くの方は勘違いして逆にアッパースイング

で打ち出し角を上げようとしていると思いますが、

これは大きな勘違いです。


 いくら最近のクラブが技術進化で低重心化されたと言っても

フェースの下部でボールコンタクトするとバックスピン量は

大幅に増加します。

特にアーリーリリースで腕とクラブをインパクトで一直線にして

アッパー軌道にするとフェース下部に当たり易くなります。

更に打ち出し角を高くしようとしてアッパーで振ろうと意識すると

右足体重のまま左に移動できずに明治の大砲になりがちです。

 バックスピン量についてもアッパースイングの方が減らせる

と言う説が多いですが、意識してアッパーにすると殆どの

ケースでアッパーになり過ぎてフェース下部に当たったり

むしろ弊害の方が多くなり逆に飛距離が落ちます。

 飛距離を上げるためには当然ドライバーでもタメが必要で

必然的にハンドファーストになるのです。

必要なことは

最下点を球の手前に想定するだけで十分なのです。

スイング自体をアッパーにするイメージは全く必要ありません。

最下点の想定だけで勝手にアッパーになるのでなるので、

レベルスイングで飛球後方からビハインドザボールでボールの

後方を飛球方向に、「前に飛ばす」イメージだけです。


 球の手前の最下点のイメージとハンドファーストのインパクトで、

適正な入射角が実現され、クラブフェース上部に当たる確率が

高くなります。そうするとインパクトロフトが最適になり、

自然に高弾道で低スピンの球が実現されます。

適正な低スピンは高弾道でも風に強く大きなランが可能になります。

 最下点をボールの手前にイメージするドリルとしては

球の10cm程度後ろでソールして、そこを最下点とイメージすると

インパクトでは当然、スイングを変えることなくレベルスイングで

自然に適正なアッパー軌道になります。

すると、ビハインドザボールにもなり易くなります。


 適正なタメとハンドファーストによりフェース上部で

ボールコンタクトし、低スピンの入射角と適正なインパクトロフト

が可能になれば強い球が可能になります。

 意識してのアッパースイングでは、アーリーリリースになり、

右肩が落ち、体が開き、右足体重で体重の乗らない、

擦りスライスが関の山ですよ。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

有難うございます

ゴルキチさん
快くご承諾頂き有難うございました。

あり

ゴルキチさん こんばんは!

前回の丁寧なアドバイス&今回の報告・解説コメント
ありがとうございました。

>このビデオの3つの理論のウソも非常に面白いですね!!
>1、ボールに最短距離
>2、頭動かすな
>3、体開くな、越し回せ
>も、全くゴルフの話題と同じですね。

ゴルフに置き換えればと同じ事を思っていました。
「2、頭動かすな」は逆に取れば頭不動ならば
ステップ(左足)も上げ辛いと言う事はゴルフでは
頭不動がべた足で軸不動で右スェイしないに繋がるのかな?
なんて思いました。

和歌虎さん見ました!有り難うございました。Re: アドレス載せました!

これ凄いですね!!面白かったです!!
稲葉選手熱いですね!ファンになりました。
これは全く知らなかったですね。
ただ、WBCから肘の使い方が上手い選手だなと思っていました。

> Youtubeアドレスです。(稲葉篤紀 常識を覆す打撃理論)
> パート1
> http://www.youtube.com/watch?v=giLQ9Xa-izE
> パート2
> http://www.youtube.com/watch?v=4T5Ex1ASgA0&feature=related

こっちだと全部見れますね。
1/3 http://www.youtube.com/watch?v=i79LdF5wiIU&feature=related
2/3 http://www.youtube.com/watch?v=b6tCrBcPjUk&feature=related
3/3 http://www.youtube.com/watch?v=7NjoiiO5XDE&feature=related

> 一つ気に成るところは若干ですが弾道が高いような
> 気がするのですが?(アイアン)

これは、まさにこのビデオで泳いでポイントが先に来ると言う表現がありましたが、稲葉選手がこれを拾えるという技術は、ゴルフでは体が突っ込まないでスイングの最下点をより球の先に設定する事が出来るのと同じ事です。

これをコックの解放を遅らせる事で最下点をより先にして、ターフを長く取る、よく言う押し込んで前に強く進む弾道にするのです。

このビデオの3つの理論のウソも非常に面白いですね!!

1、ボールに最短距離
2、頭動かすな
3、体開くな、越し回せ

も、全くゴルフの話題と同じですね。
1、は横降りではなく縦振りで、自然落下で先にクラブを早く下ろす事ですね。トップから球を打ちに行ってはいけない。
2、は体が最低限動ける範囲で僅かなら良い。縦の動きは動かすなでOKですね。でも、動いてもいいというと両方動きすぎますから、あくまで体重移動のための最低限の動きが許容ですね。
3、全く先日のレッスンと同じで、腰はベルトに沿って横に回るが、腕は縦振りなので腰と肩は分離できるのです。同じですね。

いやー、面白い。しかし、野球の理論も全然発展途上なんですね。驚きです。

これなら、ゴルフも十分に新理論の発展余地があるんですねー。
励みになります!!

和歌虎さん速いですね!!Re: アドレス載せました!

和歌虎さん、こんにちは!!
> Youtubeアドレスです。(稲葉篤紀 常識を覆す打撃理論)
> パート1
> http://www.youtube.com/watch?v=giLQ9Xa-izE
> パート2
> http://www.youtube.com/watch?v=4T5Ex1ASgA0&feature=related

アドレス大変有り難うございます。早速見てみますね。

> やはり参考となる動きを見るとイメージしやすくて
> 左脇締めと左肘たたみ自分なりにですが
> 大分出来るようになりダフリ・トップは激減で
> 球筋が非常に安定しています。
> 一つ気に成るところは若干ですが弾道が高いような
> 気がするのですが?(アイアン)
> 今までが低めで少し高い位が適性なのかもしれませんが
> 注意点等が有ればアドバイスお願いします。

その通りです。早めのコックで早めに上げて、左脇を締めてフォローだと球は高くなります。
そこで、次に課題になるのが、ハンドファースト、タメの維持、右手首の角度の維持なのです。
また、今度書きますがダウンでシャフトをプレーンに平行のまま下ろす右手の感覚も重要です。
立ちすぎるとスティープになり、寝るとアンダーでスライスになりますよね。この、シャフトの動きを右手でコントロールします。ループの様なイメージが近いですね。このイメージが分かると不測のドスライス、やドヒッカケを防げます。

言葉の額面通りだとインパクト後、直ちにヘッドが跳ね上がりますよね。
それを放置すると軌道が非常に高くなります。例えば、これを極端にしていき、フェースを水平に回転するとロブショットになります。バンカーもロブと同じです。
しかし通常のショットでは、そうならないように、次の段階でインパクトゾーンで押し込まないといけないのです。
この辺は微妙で、瞬時にたたむ動きが必要ですが、今度はそれを抑制する動きをマスターする必要があるのです。ヘッドが高速で走るので、左前腕のスピードが負けて左手首が甲側に折れるとヘッドが跳ね上がります。それを防ぐためにはヘッドのスピードに負けないスピードで付いていけるように、インパクトゾーンで肘下が一直線のまま左手首が折れないように体が高速に回転します。

インパクトまで残していた肩が一転して高速で回転をはじめます。ヘッドを走らせるために体を高速に回すのではなく、フェースをキープするために、ヘッドについていくイメージです。
分かるかな?

左脇締めと左肘のたたみは非常に微妙で、プロはそれがゴルフスイングとして当たり前の無意識の大前提の動きになっています。
ですから逆に左脇を空けろというプロもいます。しかし、無意識に締めた上でそう言っているので、最初から脇ががら空きのアマとは全く違うのです。この辺がゴルフの難しいところです。

左肘が上手く高速でたためると、まだまだインパクトゾーンでの実質のヘッドスピードが飛躍的にアップするはずです。
イメージとしてまず、ハンドファーストでのインパクトを常に心がけるといいと思います。

アドレス載せました!

ゴルキチさん こんにちは

Youtubeアドレスです。(稲葉篤紀 常識を覆す打撃理論)

パート1
http://www.youtube.com/watch?v=giLQ9Xa-izE

パート2
http://www.youtube.com/watch?v=4T5Ex1ASgA0&feature=related



やはり参考となる動きを見るとイメージしやすくて
左脇締めと左肘たたみ自分なりにですが
大分出来るようになりダフリ・トップは激減で
球筋が非常に安定しています。
一つ気に成るところは若干ですが弾道が高いような
気がするのですが?(アイアン)
今までが低めで少し高い位が適性なのかもしれませんが
注意点等が有ればアドバイスお願いします。

和歌虎さんこんにちは!!Re: 前回のコメント

> 前回コメントで頂いたアドバイスですが
> >日ハムの稲葉選手(左うちなので)の右肘のたたみも、
> >まさにゴルフと同じですね非常に上手いです。
> >スローで見ると良いですよ。あれが出来ると正しい軌道で
> >ヘッドスピードは大幅にアップしますね。
> >当然球は捕まりイントーインで左腕一本でドローが打てます。
>
> You Tubeで探した稲葉 打撃理論で見たら良くイメージ出来ました。
> その中の縦振りの時の右肘ですねぇ!
> 番組を録画した物で栗山さんが解説なのですが打撃理論も
> 奥が深いですね その中には色々弊害に成ってる物も有る話とか
> 興味深く見れました。最後にゴルフのスイングを参考にしている部分が
> あると言っていました。
>
> 余り関係ない話になりましたが左肘のたたみ方の
> 習得頑張ります!!

えー、そのYoutubeのアドレス分かりましたら教えていただけますか?見てみたいです。バットは重いので超人的な体力での巧みに操る上手いスイングは参考になりますよね。

ピッチャーが左足を上げてから一瞬止まって「腰を立てる」動きも非常に参考になりますよ。

Links さんどうもです!!Re: タイトルなし

> ゴルキチさん
> 読み進めさせて頂いています。
> ウエイトボールも注文してしまいました。v-7

良いでしょう?

> 練習などを通じてこれなのかなー!?と思っていた部分が大変明確に懇切丁寧に示されていて指針として読ませて頂くだけでもショットのレベルが上がりそうです。

有り難うございます。雑誌を読んでも疑問な事は多いですよね。自分にとっては正反対のレッスンが多い事も仕方ないと思います。

> 自分のブログでこちらのご紹介や自分用のポイントとして引用をさせて頂いても良ろしいでしょうか。
> もちろんオリジンは明記させて頂きます。また、リンクもさせて頂けましたら幸甚です。
>
> 宜しくお願いします。

全然OKですよ。どんどん使ってください。お互いに情報交換していきましょうね!!

レオン さんお久しぶりです! Re: ハンドファーストについて

> ドライバーでハンドファーストということですが、ドライバーの場合ボールは位置は、通常左足かかと延長線上、グリップは左太もも内側あたりですよね。ハンドファーストでインパクトするということは、頭はボールの後ろに残し、手元(グリップ)がボールより飛球線方向に出てた形でインパクトをむかえるということなのでしょうか?アイアンの場合、ボールが体の内側にあるのでハンドファーストはイメージし易いのですが。
> これからもがんばってください。

その通り、ドライバーではイメージしにくいでしょうね。遼くんがよく「グリップを大きく飛球方向に出すつもりでハンドファーストで大きなスイング」と言っていますが、左腰が左に10cm程度スライドするのでインパクトでグリップも左に移動し、ハンドファーストになり易くなります。

結局、ハンドファーストは形だけではなく、タメの維持によってできますので、タメを残すイメージ持つという事ですね。ハンドファーストのイメージがないとタメが残らないと言う事です。

逆に形だけ意識しすぎて、フェース管理がうまく行かず右手首のリリースが遅れるとスライスになり易くなります。

またコメントお持ちしています!!

絵文字間違えました

すいません。
絵文字を間違えました。v-11

前回のコメント

ゴルキチさん こんばんは!

前回コメントで頂いたアドバイスですが

>日ハムの稲葉選手(左うちなので)の右肘のたたみも、
>まさにゴルフと同じですね非常に上手いです。
>スローで見ると良いですよ。あれが出来ると正しい軌道で
>ヘッドスピードは大幅にアップしますね。
>当然球は捕まりイントーインで左腕一本でドローが打てます。

You Tubeで探した稲葉 打撃理論で見たら良くイメージ出来ました。
その中の縦振りの時の右肘ですねぇ!
番組を録画した物で栗山さんが解説なのですが打撃理論も
奥が深いですね その中には色々弊害に成ってる物も有る話とか
興味深く見れました。最後にゴルフのスイングを参考にしている部分が
あると言っていました。

余り関係ない話になりましたが左肘のたたみ方の
習得頑張ります!!

ゴルキチさん
読み進めさせて頂いています。
ウエイトボールも注文してしまいました。v-7

練習などを通じてこれなのかなー!?と思っていた部分が大変明確に懇切丁寧に示されていて指針として読ませて頂くだけでもショットのレベルが上がりそうです。

自分のブログでこちらのご紹介や自分用のポイントとして引用をさせて頂いても良ろしいでしょうか。
もちろんオリジンは明記させて頂きます。また、リンクもさせて頂けましたら幸甚です。

宜しくお願いします。

ハンドファーストについて

いつも楽しく拝見させていただき、とても参考にさせていただいおります。
ドライバーでハンドファーストということですが、ドライバーの場合ボールは位置は、通常左足かかと延長線上、グリップは左太もも内側あたりですよね。ハンドファーストでインパクトするということは、頭はボールの後ろに残し、手元(グリップ)がボールより飛球線方向に出てた形でインパクトをむかえるということなのでしょうか?アイアンの場合、ボールが体の内側にあるのでハンドファーストはイメージし易いのですが。
これからもがんばってください。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR