ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

自然なスイング Part6 腰は回さないで突く 直線運動がこそが高速回転と軸の安定を生む

 テークバックで右腰は後方に引くだけで十分です。

腰を回転するイメージがあるとトップでオーバースイング、

ダウンでアウトサイドイン軌道、軸のぶれを誘発します。

引くだけの単純な動きだから軸がぶれないのです。

回転運動などしようとするから軸がぶれるのです。


 ダウンでも殆どの方は切り替えし直後から

肩も腰も同時に回転し始めます。

しかし、それでは全然タメができません。

要するに確実にインパクトでは失速します。


 ダウンでは引いた腰を突くのです。

この「腰を突く」動きが「腰を入れる」動きです。

正拳突きに近い動きです。


 問題は、

1、後ろに引いた腰を前ではなく飛球方向に突きます

2、突くタイミングは、インパクト直前まで待ちます

3、右足の蹴りは左肩方向に上に蹴ります。右膝は前を向いたまま蹴ります。

従って右足が内旋するのはフィニッシュで、インパクト

までは踵は多少自然に上がっても、めくれはしません。


右足裏がめくれるのはフィニッシュです。

4、頭は後方に残ったままで、

上体は斜めでも、腰椎部分だけは立てて押し込んでいきます。



 もう一度、実際の動きの順序は、

切り返しでは、腰が左に飛球線と平行に自然にスライドして、

インパクトまで否応なしに自然に45度腰が回転します。

その後、インパクト直前まで待って飛球方向に突いていきます。

腕を縦に振るから回転しないで待てるのです。

インパクトにエネルギーを集中し、インパクトで加速しないと

ヘッド軌道が安定しません。

これはヘッドスピードアップ以上に重要な事です。

その為に、インパクト直前まで待ってインパクトゾーン終了

=フォローまで腰を押し込んでいきます。

インパクトで最速にしようとすると全然早過ぎ、加速どころか

確実に減速します。相当ぎりぎりまで待つ意識が必要です。

 この右腰の突きがまさに「腰を入れる」動きで、

回転運動より遥かに高速な回転を生み出します。

 このように、直線運動の方が回転運動を意図するよりも

皮肉な事に遥かに軸を簡単に維持できて、

かつ、遥かに高速回転を生み出すのです。



 「腰を立てる」という言葉も特殊な専門用語ですが

野球のピッチャーも振りかぶって左足を踏み込む直前に

一瞬の間を作って腰を立ててから腰を入れていきます。

腰が垂直に立たないと体重が乗っていかないのです。

どのスポーツでも一流選手の「腰が入っている」動きとは

上体が傾斜していても腰椎部分だけは垂直に立って、

腰が体全体を力強く押していく様を言います。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ひかるわん さんこんばんは!!Re: タイトルなし

> 前上がりのようなケースでは腕の直進運動が強いスイングは腕の動きをどのようにしたらよいのでしょうか?胸の高さの球を打つような場合と考えてください。また、注意点もお願いします。

イメージは直線ですがスイング自体は特殊じゃないですよ。
ですから通常の注意点と同じです。

グリップをかなり短く持ち、球に近く立ち、ハンドファーストで、フェースはオープン、スタンスもオープン、重心は前で、フォローまで拇指球加重を維持し、アップライトに、腕は力まず体の回転だけでカットぎみに振りぬくと、フックしにくいです。

ロフトが少ない大き目のクラブ選択で軽く打つとフックの度合いも少なくなります。

意外とシャンクして右OBの可能性がありますので、腕の力みは厳禁です。

Linksさんこんばんは!!Re: ダウン始動のイメージ

Linksさん毎度です!!
> テイクバックは腰椎と言われていましたが、ダウンは腰という事ですね。
> 自分には左腰を元の位置に持っていくイメージが合っている様なのですが、どうでしょう?

ハンドファーストで最下点が先に移動するので、アドレスの元の位置よりもっと先に行くべきだと思います。語弊がありますがバンプに近いでしょうね。ただ一般的なバンプの様に過激に腰リードは使いませんが。

丁度今書いていますが、腰のスライド量はフェースの開き具合によると思います。
確実にプロはシャット目、アマは開き目にクラブを使っています。

従って開いて使うアマの方がインパクトで意図的にフェースローテーションをしないと球は捕まりません。上手くローテーションが出来ないので殆どの方は擦り球や、開いてバックスピンが多目です。ただ、上手く捕まえている方はコネている可能性も高いです。

フェースを開いて使っているアマは、腰をスライドすると益々捕まらなくなります。しかし、逆にプロの様にシャット目に扱い、ハンドファーストで最下点を先にもって行くと、スライドしないと引っ掛けます。

今回のレッスンは結構重要で、フェースを開いて使うとスイングスタイルが全く異なり、プロの様な正しいスイングのマスターは困難だと思います。

フェースをしっかり閉じて扱う事は意外に難しく、スイングのキーポイントになると思います。引っ掛けると思われる方が多いですが、閉じられるなら、開き具合を調節するのはいくらでも全然容易です。
体の開きの制御も、縦ぶりもフェース管理が出来ないと無理です。
アプローチでもフェースを自在に操作できるということは、技術的にも非常に大きく影響します。

みずらー さんこんばんは!!Re: タイトルなし

> >左親指でシャフトを操作している可能性があります。
> スイング中に親指が力んでグリップを押すとヘッドが下り、
> フェースが開き、ヘッドスピードが減速します。

> ここが微妙な感じです。
> 親指がグリップを押しているようで押していないような・・・
> トップでシャフトを支えた親指から腕の角度を維持するように
> 素振りをするとヘッドがさがらないように振れる感じです。
> ですが、左腕のローテーションと手首(タメ?)の解放がいまいちなのです。
> インパクト以降に親指と腕の角度を維持したイメージでスイングすることは良くないですか?
> (実際は遠心力で維持できていないと思いますが)

スイング中ずっと左手首でライ角は維持するようにします。アドレスで出来た左腕とシャフトの角度を記憶して維持するのです。コックの右手首は完全に開放します。

左腕のローテーションがいまいちという事ですが、左腕は掌に物を載せたお皿を左となりに渡すように使います。左脇を閉め、左肘下向き、左肘支点、左腕リードで右手首が完全にリリースした後即座にシャフトを立てフィニッシュに向けて振ります。

ボールを捕まえるのは左腕です。

こんばんは、ひとつ疑問がありますのでよろしくお願いします。 平らなライ~前下がりのケースは、OKなんですが、前上がりのようなケースでは腕の直進運動が強いスイングは腕の動きをどのようにしたらよいのでしょうか?  胸の高さの球を打つような場合と考えてください。 また、注意点もお願いします。

ダウン始動のイメージ

ゴルキチさん
お早うございます。

お蔭様で右足エッジ踏ん張り、ハーフウェイダウンで上体開かず、U字型ヘッド軌道、リリースでショットが変わってきた様に思います。有難うございます。

テイクバックは腰椎と言われていましたが、ダウンは腰という事ですね。
自分には左腰を元の位置に持っていくイメージが合っている様なのですが、どうでしょう?

分かりやすいコメントありがとうございます。
朝から俄然やる気がでます。
鏡を前に練習に励んでいる毎日です!

>左親指でシャフトを操作している可能性があります。
スイング中に親指が力んでグリップを押すとヘッドが下り、
フェースが開き、ヘッドスピードが減速します。

ここが微妙な感じです。
親指がグリップを押しているようで押していないような・・・
トップでシャフトを支えた親指から腕の角度を維持するように
素振りをするとヘッドがさがらないように振れる感じです。


ですが、左腕のローテーションと手首(タメ?)の解放がいまいちなのです。
インパクト以降に親指と腕の角度を維持したイメージでスイングすることは良くないですか?
(実際は遠心力で維持できていないと思いますが)

アドバイスお願いいたします。

みずらーさんこんばんは!!Re: いよいよ

> いよいよ核心にっって感じですね!
> ワクワクします。

有り難うございます。書きたいことが沢山ありすぎてあっちこちに飛ぶと忘れちゃうんですよ。それなので質問していただくと助かります。

> 体の動きは非常によくわかりイメージと体の動きがマッチしてきました。
> とても良い感じです。

良かったです。自宅で鏡の前でゆっくりシャドウスイングして良く考える事が球を沢山打つより一番良いと思います。

> 全く今進めている話からズレてしまいますが
> 左手グリップの親指がしっくりときません。
> アドレスから終始、親指の指紋の部分がグリップに接しているのが良いのか?

これが親指を立てたショートサムでしっかりグリップを押さえられます。

> それとも親指の付け根までがグリップに接するほうが良いのか?

これは親指を長く使うロングサムで、親指によるグリップは弱くなります。

> どちらなのでしょうか?

通常、パターやそれに類似するショット以外はフィンガーグリップで甲を反らしてグリップするので、グリップと親指の間隔が開き自然にショートサムになります。殆どのプロもそうです。

手が極端に小さい人、パームで握る人、もしくは肩が回らずコックを多く使いたい方はロングサムが適しているかもしれませんが、特殊なケース以外は私はショートサムの方が良いと思います。

理由は、
1、パームよりフィンガーグリップの方が緩まないので力まない
2、トップでシャフトをしっかり支えられるのでヘッドが垂れたオーバースイングにならない
3、ロングサムの方がグリップがゆるいのでタメは一見多くなるが、グリップがゆるいゆえに肝心のシャフトをしならせることができない

ただ、親指のグリップ部分が削れるほど強く握るのはまずく、あくまでグリップはスイング中はずっと均等が鉄則です。

特に左手親指はトップでシャフトを支える以外殆ど使いません。人差し指とのV字を締めてV字が右肩方向を指して、右掌でくるんでしまうのであまり気にする必要はないと思います。

あまりに気になるなら左手をグリップに被せる角度が不自然なのか、Ⅴ字がきちんと出来ていないか、左親指でシャフトを操作している可能性があります。スイング中に親指が力んでグリップを押すとヘッドが下り、フェースが開き、ヘッドスピードが減速します。
もしも、フォローで違和感があるのなら右手が勝って、左ひじが詰まってシャフトが立って左親指に過度の負担が掛かっているケースがあります。そうすると左親指を痛めますので危険です。







いよいよ

いよいよ核心にっって感じですね!
ワクワクします。
体の動きは非常によくわかりイメージと体の動きがマッチしてきました。
とても良い感じです。
全く今進めている話からズレてしまいますが
左手グリップの親指がしっくりときません。
アドレスから終始、親指の指紋の部分がグリップに接しているのが良いのか?
それとも親指の付け根までがグリップに接するほうが良いのか?
どちらなのでしょうか?
教えてください。お願いいたします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR