ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

自然なスイング Part7 体の開きはフェースの開きによる(1)

 今回は、なかなか気が付かないが、本来は極めて

重要な点について説明します。

体の反転イメージを持つためにはぎりぎりまで体の開きを

我慢するというより、制御する技術が必要になります。


これが出来なくて苦労している方が殆どの筈です。

アームローテーションは自然にできるようになりますが、

体の開きの制御は自然に出来るようにはなりません。


 体の開きはフェースの開きと非常に関連性が高いのです。

以前にも何度かお話ししていますが、クラブの構造上

重心距離があり、ヘッドの重心がシャフトの中心から

離れている為、自然に振れば必ずフェースが開くように

そもそも出来ているのです。

また、クラブは軽いので手先で動かしてしまいます。


これらがゴルフを非常に難しくしているのです。

プレーンは自然に正しく出来ても、フェースの開きだけは

自然なスイングでは制御できないのです。

かなりスイング中ずっと意識的に閉じるようにしないと

必ず開いてしまいます。




 まず、意識せずに振ったら誰でも必ずテークバック初期から

いきなりフェースを開きます。


体を動かさず、手首だけでテークバックを始動する動きです。

左手甲を上に向けるようにして手首でクラブヘッドを上げます。

この時、左肘を浮かせ、左脇が開き、左肩が上がります。


ヘッドが体の正面から大きくはずれます。

いきなり腕と体の一体感がなくなります。

一度ずれると正確に戻す事は事実上ほぼ不可能です。

このような動きをしているアマが殆どでしょう。

「腕と体を一体にする」とは、できるだけトップの近くまで

クラブが体の中心、正面からはずれないように、

かなり意識してしっかり体を腕と強調して回さないと

できません。


 ドリルとして、スリークォータースイングまで

「腕と体を一体」してみると分かりますが、かなり体を

腕と共に回す必要があり、苦しいことが分かります。

しかし、これで150Y程度まで「腕と体を完全に一体」で

テークバック、フォロースイングすることが可能になり

元に戻すアジャストが要らないので方向性は格段に良くなります。


 以上の様に、ほぼ100%の方がフェースを開く方が楽に、

振り易く感じるのです。

ですから、その振り方が自分に合っていると勘違いし易いのです。

この事をまず、常に強く認識する必要があります。

恐らく初・中級者の90%はフェースを開いてスイング

していると思います。

上級者でもオーバースイングの方はかなりの確率でそう

でしょう。フェースの開きが原因だと分かり難いのです。


 勘違いしている方が多いですが、

アドレス時点でのフェースではありませんよ。

テークバック以降、インパクト直前の間です。

スイング中フェースを開く方は、アドレスでは逆に

フェースを被せて、閉じて構えます。

インパクトで戻しきれない事を体が知っているからです。




 フェースを開いて使う方は二通りのタイプに分かれます。

タイプ1、単に腕と体を一体化できずフェースが開いてしまう。

タイプ2、開いたものを閉じる勢いを利用して球を捕まえ様とする。

むしろ練習量の多い器用な中、上級者です。

昔のパーシモン時代の理論を守り続けているのです。

無意識で2を続けている、そう習って信じている方も多いと思いますが、

今のクラブでは、あまりに代償が大きすぎます。


 昔のスイングでは、フェースを開いてスイングして

インパクト直前に閉じる力を利用して、

ボールを包み込んで捕まえるという理論が多かったです。


今もそう思い込んでいる、または無意識にそう体に

染み付いてしまっている方が多いでしょう。

私も長い間試行錯誤しました。

しかし、この理論は重心距離が非常に短い、

昔のパーシモンヘッドドライバー、

薄型高重心マッスルバックアイアン

飛ばない糸巻きボールの名残なのです。


 なぜなら、ヘッドが小さく重心距離が短い為、

フェースを開いていてもインパクトで閉じることは容易でした。

また、重心深度も浅く、慣性モーメントの少ないヘッドでは

かなりしっかり捕まえないと擦り球になってしまいました。


 また、パーシモンヘッドは重心が高く、

アイアンもそれに合わせてホーゼルが長く高重心でした。

そもそも打ち込んでバックスピンをかけて打つような

構造になっていたのです。

 更に糸巻きボールは飛ばないので、バックスピンで

舞い上がらせるような弾道が要求されたのです。

今考えると非常に不自然な高度な動きが要求されたのです。

 
 しかし、今のクラブにはこの様なスイングは合いません。

確かに慣れで、フェースを開いて閉じることが自然に感じ、

技術的にも多くの練習で対応可能です。

しかし、今では大型ヘッドで重心距離が長く、

重心深度が深く、十分低重心になりました。

アイアンもそれに合わせたスペックになってきました。

昔の様な、打ち込んで芝の根を切り裂くような

バンスの薄い、ホーゼルの長い高重心のアイアンは

もうありません。

ボールは飛躍的に飛ぶようになり、人間の構造上

プレーン上は自然に振れば良い様に道具が進化しました。

また、無理に開いたフェースを返す勢いで球を捕まえる

必要性もなくなりました。


 フェースはスクエアに維持するのが最も理にかなっています。

フェースが開きやすいクラブの構造上の問題を考えると、

むしろスイング中ずっとフェースをスクエアに扱う意識も

必要だと思います。

両肘の間隔を締めて、肘をしっかり下に向けたまま、

左手甲を上に向けないで立てたまま維持して、

むしろシャット目に使う意識で、

体と腕を連動したテークバックが基本です。


 テークバック初動がもっとも肝心で、そこで一度開いたら

もうずるずる開き、左ひじが浮いていきます。

そうなるとスイングの締りがなくなり、

限りなくテークバックできオーバースイングになっていきます。


 こうなるとアプローチにも大きく影響します。

中級者のスクエアに維持も、上級者の開いて閉じるショットも

重要なのはフェースを感じてフェースコントロールですね。



つづく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

サムライゴルファーさんこんにちは!!Re: お返事有難うございます

> ゴルキチさん良くわかりました。CBアイアン購入を考えます。また色々教えて下さい。最近、陽気の寒暖が激しいですがゴルキチさん体調崩さないように気をつけて下さい。

有難うございます!

今日5Wをゴルフパラダイスで買い換えてきました。今、買い替えだと10%引きです。
これは大きいですね。売るクラブはボロでも何でもOKです。
私のクラブはスプーンとパター以外全て中古品です。ゴルフパラダイスで買い換えてます。
アイアン以外しょっちゅう買い換えてます。

アイアンは粗悪品、組みつけが悪い会社が多いので要注意です。
またロフト、ライ角調整は必ずするので軟鉄鍛造は必須です!!
ミズノ、国産メーカー、キャロウェイが比較的しっかりしてますね。
でも既製品は新品でもバラバラです。
ロフト、ライ角、バランス調整は必須です。
ネック回りを良く見ないとちゃんと真っ直ぐ刺さってないものもありますからね。

お返事有難うございます

ゴルキチさん良くわかりました。CBアイアン購入を考えます。また色々教えて下さい。最近、陽気の寒暖が激しいですがゴルキチさん体調崩さないように気をつけて下さい。

サムライゴルファー さんこんばんは!!Re: ここまで読んで

> 初めまして!毎日読みながら練習してきました。今回のブログを見て愕然としました。私はMBアイアンを使用してるのですが、打ち方をかえるか、今時のCBにかえるかしか無いのでしょうか?

その方が全然楽ですし、大型ドライバーには遥かに合わせやすいです。
私はキャロウェイのX-Tourですがアイアンで悩んだ事は全くないです。
下手なMBよりストレートフェースですし、US仕様なのでロフトも寝てます。
昔からMBで良く言う練習とかは考えた事もないですよ。
アイアンで悩む分他のクラブを考えた方が得策です。
今時はプロでも4I抜いてUTです。
アイアンの重要性は大きく下り、UTやFWに合わせて重心深度を深くしたほうが良いと思います。私も7W買ったので3I抜きます。

ここまで読んで

初めまして!毎日読みながら練習してきました。今回のブログを見て愕然としました。私はMBアイアンを使用してるのですが、打ち方をかえるか、今時のCBにかえるかしか無いのでしょうか?

JOJI さんまいどです!Re: タイトルなし

> 私の師匠に記事内容を教えて以来、
> 「ぶっ飛び、何て書いてた!?」といつも気にしてます!
> 一度、当練習場に遊びに来てください!

そうですか!!有り難うございます。トロイ事書けないですね(笑)

> もともとショットも開いてバックなのでパッティングも開いてたのだと思います。
> 距離感が出ないので操作はせずに、開かないイメージだけで、スタンス狭く、短く持って、自然に振ってます。

ショットもパットも距離でスタンスの幅を細かく変える習慣を付けると学習効果が非常に高くなりますよ。

> な、なるほど!
> 実は「Ear Golf」持ってるのですが、パット練習はこうやって使うのですね!!
> 同じテンポで大も小も重力で落ちるスピードで振る・・・今後の課題になりそうです(^^;

そうです。腹筋に力を入れてトップ、フォローで瞬間止まる感覚が重要です。ただ、テンポが速すぎてヘッドを引っ張り下ろすと再現性がなくなります。ヘッドの自然落下と協調する感じで再現性が維持できます。フィニッシュはカップインまで止めておきます。プロはそうですよね。それで、フェースの向き、振り幅と距離感を確認できます。フォローを大きくすればフェースの方向はずれにくくなりますが、下りは小さくします。
兎に角、練習場の一定の場所で距離を計り、ゆるい下り、逆の上りの5,10,15,20mの距離を同じテンポで、振り幅、スタンス幅を体に叩き込みます。そして、実践ではその場所を思い出し、体に叩き込んだ同じ振り幅、スタンス幅をイメージします。
ラウンドの練習前も5.10.15.20mの距離感だけを練習します。すると3パットが格段に減少し、アプローチの距離感も良くなりますよ。

> 貴重な研究テーマを教えて頂いて感謝します。
> 私の究極の目標は「自然落下」ですが、「上体反転」と相反する感覚になっています。
> これが解決できれば、と思っているのですが。

自然落下はヘッドの重みを感じる位脱力してゆったり下ろし、下りて腕と体が一体化してからが本格的なスイングです。反転は下り切ってからインパクト前後での感覚です。
飛ばしたい時も常にゆったり下ろせる自制心、コツが今後のテーマですね。

いろいろ試していますがスタンスを狭くすると結構力が抜けゆったり振れます。

ゴルキチさん、謙遜し過ぎですよ。

私の師匠に記事内容を教えて以来、
「ぶっ飛び、何て書いてた!?」といつも気にしてます!
一度、当練習場に遊びに来てください!

もともとショットも開いてバックなのでパッティングも開いてたのだと思います。
距離感が出ないので操作はせずに、開かないイメージだけで、スタンス狭く、短く持って、
自然に振ってます。

な、なるほど!
実は「Ear Golf」持ってるのですが、パット練習はこうやって使うのですね!!
同じテンポで大も小も重力で落ちるスピードで振る・・・今後の課題になりそうです(^^;

貴重な研究テーマを教えて頂いて感謝します。
私の究極の目標は「自然落下」ですが、「上体反転」と相反する感覚になっています。
これが解決できれば、と思っているのですが。




JOJIさんこんにちは!!Re: タイトルなし

> ゴルキチさん、いつも誠にありがとうございます!
> 本当に無料で良いのかな(^^?と思っています。

私なんかタダのオタクおやじですよ(笑)
私自身まだまだレッスンで山ほど治されてるレベルです。

> >マレットですか?回転にあわせて開いて閉じてしまうんですね。
>
> その通りです。
> パターはピンタイプです。
> これhttp://www.gdoshop.com/gdoshop/ex/product/do/ldp/10/pfi/D900211/gshop/cpgr_1948
> でチェックしたのですが、閉じて開く感じで正しいストロークでした。

それはイントゥーインで振って意識的に逆に操作すると言う事ですか?
私はパターは上手くないですが、全く自然に振ってますよ。

> >逆にフォローに影響されないようにインパクト後速めにフォローをとめるレッスンもありますね。自分にスタイルに合わせます。

> ありがとうございます!
> このドリルでバックが大きくなってしまう癖も治るのでしょうか?!

大きなバックならメトロノームで治りますよ。http://homepage1.nifty.com/hisayo/metronome/
70~80位のテンポでヘッドが自然に動いて、自分に合ったテンポを探します。
1でアドレスかフォーワードプレス、2でテークバック3でフィニッシュです。1.2.3と口ずさんで打つといいです。すると迷う間もなく強制的に振らされるのがわかります。トップ、フィニッシュが止まります。するとフィニッシュで振り幅による距離感と方向性を確認できます。テークバックも一定になりますよ。プロは皆一定のリズムを持っています。

同じテンポで振るので振り幅が小さければスピードがゆっくりで振り幅が大きければ必然的に速くなります。良く距離感は振り幅か、転がりの速さのイメージかと言う議論がありますが、同じテンポでふるなら全く同じ事なのです。

ちなみに私は素振りでボールの転がるスピードをイメージし、メトロノームで練習して1.2.3と口ずさむ事で距離感が全然良くなりました。

> >深く高いトップ、低く長いインパクトゾーン、高くバランスの良いフィニッシュを目標とします。そうすると自然にバランス重視のスイングとなるので力めません
>
> はい、「V字軌道」と言えども、ゆっくりダウンできた時は低く長くボールを包み込むインパクトになってる感覚なのですが、どうなのでしょうか。

V時は腕は横に振らないでV字に縦に振ると言う事です。しかし、体の回転とプラスするとグリップは
速めに下ろして水平に動くのでシャローな入射角の方が良いということです。
パターもそうですが強制的に引き下ろさないでヘッドが重力で落ちるスピードで振る事がぶれない秘訣ですね。

> これがゴルフの難しさですよね。

その通りです。飛ばしたいけどゆったり振らなければならないと言うのは本当に難しいですね。

> >それと左足ドリルで右足を蹴らない練習です。右足は意識的に蹴らなくても
> 自然に蹴りますのでこの点気をつけると突込みが大幅に減りますよ。
>
> 私の場合、右足を意識的に蹴ることはないのですが、クルっと内転するのが気になっています。

私の今の研究テーマですが、右足の蹴りはやはり強力すぎるのです。
また、左足への体重移動も多少強すぎるだけでもスイングを壊します。
スウェイはスイング軸をずらすので致命的です。コマに軸をイメージするといいです。
全くスムーズに回らなくなります。
また、ビハインドザボールも極めて重要です。
同時に十分な前傾の維持、バランスの良いハイフィニッシュも想像以上に重要で難しいです。
これらを全て同時に達成するためには、右足の強すぎる蹴りと過激な体重移動は大きなマイナスだと思います。

右足は強く蹴らないで粘り強く使うのは確かだと思います。クルッと内転しては粘り強く使う意識が足りないと思います。フィニッシュで止まリ続けるためには右股関節、右足付け根はかなりきつく伸展させられるはずです。

左へのスウェイを誘発するように強く蹴らないけれど、右膝が曲がっていてもずっと粘り強く押し続ける意識があると思います。

腕、上体を使わないで、下半身、腹筋の体幹を使うので下半身の役割は非常に重要です。

ゴルキチさん、いつも誠にありがとうございます!
本当に無料で良いのかな(^^?と思っています。

>マレットですか?回転にあわせて開いて閉じてしまうんですね。

その通りです。
パターはピンタイプです。
これhttp://www.gdoshop.com/gdoshop/ex/product/do/ldp/10/pfi/D900211/gshop/cpgr_1948
でチェックしたのですが、閉じて開く感じで正しいストロークでした。

>逆にフォローに影響されないようにインパクト後速めにフォローをとめるレッスンもありますね。自分にスタイルに合わせます。

ありがとうございます!
このドリルでバックが大きくなってしまう癖も治るのでしょうか?!

>深く高いトップ、低く長いインパクトゾーン、高くバランスの良いフィニッシュを目標とします。そうすると自然にバランス重視のスイングとなるので力めません

はい、「V字軌道」と言えども、ゆっくりダウンできた時は低く長くボールを包み込むインパクトになってる感覚なのですが、どうなのでしょうか。
これがゴルフの難しさですよね。

>それと左足ドリルで右足を蹴らない練習です。右足は意識的に蹴らなくても
自然に蹴りますのでこの点気をつけると突込みが大幅に減りますよ。

私の場合、右足を意識的に蹴ることはないのですが、クルっと内転するのが気になっています。



JOJIさんおはようございます!!Re: タイトルなし

> ゴルキチさんこんばんは。
> 毎日、質問が多くて大変ですね(^^;

有難うございます。このほかメールでの質問や他のツールでの質問も多数あります。皆さん本当に真剣で悩んでおられます。
私にとっても非常に良い勉強になりますよ!!逆に教わることも良くあります。自分の文章が舌足らずで、分かり難い事も良く分かりますので助かりますよ!

> 最近やっとフェースをシャット目に使えるようになってきました。
> これ実はパターも同じなのですよね!?
> バックで閉じてフォローで開くくらいのイメージが、正しいストロークになるような感じです。

マレットですか?回転にあわせて開いて閉じてしまうんですね。
パターはストレート軌道が基本だと思いますよ。特にピン方でイントゥーイン意識のプレーヤーでも5m以内はストレートで振っています。
ただ、あまり手で癖似合わせて操作すると再現性に、問題がでてくるような気がしますが。
ロングパットでは閉じ易いです。そういう方は、左つま先を開いて、フォローを出し易くして、フォローを長めに出すと安定します。
また、逆にフォローに影響されないようにインパクト後速めにフォローをとめるレッスンもありますね。自分にスタイルに合わせます。

> クラブが常に体の正面にあるイメージでないとシャット目にバックできない事もよくわかってきました。

その通りです。私もつい初期に手でテークバックを上げるとコーチに即指摘されます。相当体で上げる意識が必要ですね。また、トップでも最後にほんの一瞬手を使うことを指摘されます。スリークオーター位の意識じゃないとわずかでも行き過ぎてしまいます。

> ゴルキチさんがよく云っている「腕脱力」
> これは練習ではできてもラウンド(一発勝負)では非常に難しいですね(^^;
> アマアマの私には無理かな…。
> 何か良い「オマジナイ」はないでしょうか!?

飛ばしたい時ほど体で上げる。そうすると速く上げれません。早撃ち、速い切り返しがネックですよね。

それから、深く高いトップ、低く長いインパクトゾーン、高くバランスの良いフィニッシュを目標とします。そうすると自然にバランス重視のスイングとなるので力めません(笑)

それと左足ドリルで右足を蹴らない練習です。右足は意識的に蹴らなくても
自然に蹴りますのでこの点気をつけると突込みが大幅に減りますよ。

ゴルキチさんこんばんは。
毎日、質問が多くて大変ですね(^^;

最近やっとフェースをシャット目に使えるようになってきました。
これ実はパターも同じなのですよね!?
バックで閉じてフォローで開くくらいのイメージが、正しいストロークになるような感じです。

クラブが常に体の正面にあるイメージでないとシャット目にバックできない事もよくわかってきました。

ゴルキチさんがよく云っている「腕脱力」
これは練習ではできてもラウンド(一発勝負)では非常に難しいですね(^^;
アマアマの私には無理かな…。
何か良い「オマジナイ」はないでしょうか!?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR