ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ダウンでシャフト角度を維持する方法 Part3

ダウンでシャフト角度を維持する方法 Part1 シャフトが寝る方必見

ダウンでシャフト角度を維持する方法 Part2

の続きが途切れてましたので続きです。


正しいスイングプレーン


 もう一度、プレーンの説明をしますが、

下の写真では、白線が「アドレスのシャフトライン」です。

黄色線は「アドレスの右肘ライン」でアドレス時の右肘と

ボールを結んだライン。ピンク線は首とボールを結んだライン。

テークバックのヘッド軌道は黄色線とピンク線の間で

上がって行きます。ピンク線の上ならアップライトな軌道。

右肘は黄色線に平行に上がっていけばオンプレーンです。

アダムスコットは「アドレスの右肘ライン」と「仮想のインパクトライン

と「スイングプレーン」が一致しています。

<黄線アドレスの右肘ライン ボールと右肘を結んだライン
ピンク線は首とボールを結んだライン
 
白線シャフトライン アドレス時のシャフトの延長線
AS アドレス3


 下の写真の黄色線は「仮想のインパクトライン」で

トップの右肘とボールを結んだラインです。

右肘が「アドレスの右肘ライン」に沿って上がったため

仮想のインパクトライン」と「アドレスの右肘ライン」が一致しています。

更に、この次の写真の「実際のインパクトライン」と一致する事が理想で、

一致すると、このラインが正しい「スイングプレーン」になります。

トップからオンプレーンになるためにはオレンジ線

の様に、シャフトがスイングプレーンと平行に最短距離で

真下に落下します。

この時、右肘は青線の様にほぼ真下に落下します。

この写真のスイングは若干アップライトでオーバースイング気味

ですが、ちなみに下の写真のタイガーのトップ場合は

ショルダーラインと左腕が一致したフラットでコンパクトな

トップで右前腕は完全に垂直なので、

右肘は青線の様に完全に真下に落下します。

仮想のインパクトライン ボールとトップの右肘を結んだライン
AS0 シャフトライン3

トップ 右ひじ真下



 下のインパクトの写真で黄色線は「実際のインパクトライン」で

ここでは「仮想のインパクトライン」と完全に一致しています。

 ここで注目したい事はスインガーから見て、

グリップがほぼ目の真下で爪先のすぐ先に見えます。

遠心力でアドレス時より僅かに外側にありますが、

かなり体近くに低く引き付けられています。

 もしも、前傾が崩れて起き上がり、グリップが浮き、

ライ角が維持されないで左手首が伸びきると、

ボールと一致する位に見えると思います。

実際のインパクトライン インパクト時のシャフトのライン>


 下のトップ直後の注目点は、フェースがかなり上を

向いている事です。

 また、右肘は完全に真下を向き、真下に降りていきます。
(グリップはV字に下ります)

シャフトはスイングプレーンとほぼ平行です。



 下写真はシャフトが完全にプレーンに乗ったところです。



注目すべき点は、

1、シャフトが完璧にオンプレーンで、グリップエンドは

飛球線を指し、右手甲もトップからずっとプレーンと平行。



2、フェースがほぼ垂直にスクエアになっています。

こうなるためには左脇が締まり、左ひじが真下を向き、

左手甲はアドレスより立っています。

(ストロンググリップではシャットでも左手甲は上向きなので、
第三者からは左手甲の向きでは分かりにくいです。
左手甲の向きよりフェースの向きを見た方が分かり易いです)


3、右肘が真下を向き、右脇が締まり、真下に落下します
(体が回転しなかったら真下に落下している)


4、ヘッドはまだかなり上に残っているがグリップは、

かなり先に降りて来ている。要するにタメができている。

グリップを早めに下ろしきれば勝手にタメも出来ます。



 ここでの最大の注意点は、

オンプレーンでは、グリップエンドは終始飛球線を指しています。

右手甲もシャフトもスイングプレーンに平行です。

動画上では、グリップはトップから最下点まで一直線に

斜めのスイングプレーン上を飛球線方向に移動しています。

従って、スインガーはグリップを意図的にスイングプレーン上を

飛球線に向かって振っている様に見えます。

しかし、分かると思いますが、実際にはそう動かす意識は

微塵もありません。

単に複合的な動きと遠心力による結果でしかありません。

どんな動きの複合でしょうか?



ハーフウェイダウン




 上のハーフウェイダウンの写真で分かりますが、

フェースは前傾した脊椎と平行で垂直よりやや下向きで、

ややシャットです。ヘッドは完璧にオンプレーンです。

踵はほとんど上がっていません。

全く力感、激しさを感じませんね。素晴らしい!!



 肩が全く開いておらず、インパクトで球と正対しています。

右肘も、右膝も、右踵もインパクトでまだ余裕ですね。

ここからインパクトゾーンで温存していたエネルギーを

集中して爆発させます。





 
 ビデオでのスイング分析の注意点

1、オンプレーンかどうか?

  テークバックでヘッド軌道はプレーンに平行に

上がっているか?

  トップでシャフトが水平で飛球線と平行か?

  ダウンはオンプレーンか?


2、フェースの向きは3箇所でスクエアかややシャット目に

維持できているか?


 ハーフウェイバック
 ハーフウェイダウン
(垂直か少し下向き)

 トップ(45度より上向き)


3、右肘は真下を向いて真下に下りているか?
(体の回転分を除いて)


4、肩はインパクトまで開いていないか?


5、グリップが浮いていないか?
(アドレスのシャフトプレーンより僅かに上)

グリップが下り切って、インパクトで前傾、

ライ角が維持されているか?


6、シャローなヘッド軌道

ハーフウェイダウンで出来るだけ早めにグリップが

下り切っているか?




 ビデオで見えるグリップ軌道の大きな勘違い

 プレーン上を振る意識など全くありません。

 最低限以下の3つの独立した別々の軌道の動きがあります。

1、右肘は真下、グリップはV字に落下します。

ハーフウェイダウンまで出来るだけ下ろし切ります。



2、フェース向きはスイング中一定です。

左肘と左手甲をフェース角度を一定に維持する様に使います。


3、オンプレーンになる様にトップを決め、

体の回転を制御します。



 これらがそれぞれ独立して動いた結果と、遠心力によって、

ビデオで見る様なグリップの動きになってしまいます。

遠心力が非常に大きく作用しているのです。

 非常に多い誤解はプレーンの傾斜とフェースの向きを

混同する事です。

プレーンとフェースの向きは全く別の動きです。

プレーンは斜めですがフェースは立ったままです。



 また、体は回転させなくても腰に連られて自然に回ってしまいます。

ですからグリップをプレーン上に振っているように見えても

実際はグリップはV字に鋭角的に落下しているのです。

そして、右肘は真下に自然落下しています。

スイングが締まり、トップが決まればプレーンは

自然に決まります。

これらの動きに強烈な遠心力が加わり、意図的に回転運動

している様に見えます。


 もしも、遠心力や体の自然な回転を無視して

ビデオで見るようにグリップを飛球線に向かって

プレーンに沿って振ったらどうなるでしょうか?

意図するビデオの様な動きになるでしょうか?

ならないですよね。

ここがゴルフの難しいところです。





「ダウンでシャフト角度を維持して寝せない方法」


回答は、

1、フェース角度の維持にかかっています。

フェースが開けば寝ながらインに上がり、ダウンでも寝ます。

左脇を締め、左肘を内側に絞って真下に向け、左手甲を立てます。



2、フェースを閉じても、

リリースが早いか、肩の開きが早いと寝ます。

初動でV字に下におろします。

初動で下に下ろす前に先に横に回転したら即寝ます。


また、テークバックで横回転の捻転を作るとダウンで

回転し易くなります。




多くのアマの典型的な悪い見本

AS8 2

 これがハーフウェイダウンでチェックできる、

アマに非常に良くあるシャフトが寝る典型的な悪例で、

ピンク線の様に左肘が浮き、下方ではなく横を向き、

左脇が開き、グリップがボール方向に浮き、

シャフトはプレーンの下から「アンダー」であおり打ちです。

フェースを開いたままだと、こういう動きになります。

これでは無理やり腕力でコネない限り、

インパクトでの左腕の自然なアームローテーションは

不可能で、必ずインパクト以降も「左ひじが横向きで引ける」

しかありません。


 これを防ぐために、フェースを常にスクエアに維持する

意識が必要で、結果的に左肘の正しい動きを維持します。






左片腕素振りの秘密と重要性


 この動きをマスターするために、何度も言っている

左片腕素振りが非常に効果的なのです。

常に左脇を締めて、左肘を下向きに体の近くを通し、

インパクト前後でアームローテーションしながら、

飛球後方まで振り切る。

 この左腕の動きこそが球を捕まえる動きなのです。

左腕一本の締め具合で容易に球を捕まえる事が可能で、

球筋の打ち分けの秘密も、ヘッドスピードアップの秘密も

左肘の動きにあるのです。



 次回は、アダムスコットの正面から見たスイングの

グリップ軌道について解説します。

1.トップからのハーフウェイダウンまでのV字落下、下げ切り

2.ハーフウェイダウンからのほぼ水平なグリップ軌道、

の動きが良く分かりますよ。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ゴルフ 大好きさんどうもです!Re: 「自然な腕の振り方」

> 「自然な腕の振り方」について、左腕の振り方はバックスイングでイメージできるのですが、右腕はどうするのでしょうか?
> ダウンスイングでイメージ図のように振ることが分かりません。
> 右肘を右脇に垂直に降ろした後、イメージ図のように右腕を放り投げるようにするのでしょうか?(このイメージだと、タメが無くなるような気がするのですが・・・)
> 毎回、レベルの低い質問ですみません。

全然OKですよ!
あの図は両手が離れてますが、合わせるとスイングに近くなります。右手は片手であの図の様に振ると小指が上になりますが、親指を上にロールします。

次回、またアップしますね。

> ブログの内容が高度になって来ていると感じているのですが、ここを理解できていないから、いつまでもゴルフのレベルアップが図れないと思っています。

そう感じますか?確かに少しずつ突っ込んできてます。
文章で説明するのは難しいですね。

「自然な腕の振り方」

こんにちは。
また、質問させていただきます。
「自然な腕の振り方」について、左腕の振り方はバックスイングでイメージできるのですが、右腕はどうするのでしょうか?
ダウンスイングでイメージ図のように振ることが分かりません。
右肘を右脇に垂直に降ろした後、イメージ図のように右腕を放り投げるようにするのでしょうか?(このイメージだと、タメが無くなるような気がするのですが・・・)
毎回、レベルの低い質問ですみません。
ブログの内容が高度になって来ていると感じているのですが、ここを理解できていないから、いつまでもゴルフのレベルアップが図れないと思っています。

ゴルフオンチさんおはようございます!!Re: これで合っていますか

コメント有り難うございます!!頑張ってますね!

> 左片腕素振りとV字スイング(私なりに消化してこれで正しいと信じている方法で?)を続けています。
> 今までと動きが違うためか、左足の左付け根の筋肉が大変凝ってきています(歩き出しが不自由になる位)。
> このようになるのはスイングのどこかで間違っているのでしょうか。

下半身で振りますから腕ではなく足が凝って正解です。
関節痛ではないですよね?ウォームアップ不足で関節や靭帯だとまずいですよ。
筋肉痛なら問題ないですが、そこまで凝るとなると、単に今まで左壁の意識が足りなかったのか、慣れない動きで不自然な力みがあるのかだと思いますが、
冬は危険なので少し負荷を抑えた方が良いと思います。

この寒い時期にあまりフルショットで球数を打つとかなり危険ですよ。
冬はなるべくゆっくりか、素振りが効果的です。

左腕素振りは肩を開かず、ビハインドザボールで頭を残し、左肘支点位のイメージでリコックしながら球を包み込んで捕まえるイメージです。

ビデオの見かけと、実際のスイングの意識が全く異なるのは強烈な遠心力のせいです。
早くシャフトを立てるつもりで左肘支点で振っても、遠心力のせいで左ひじは完全に伸び、飛球方向にクラブは放られるように見えるのだけです。

実際はインパクトゾーン終了直後からフィニッシュに向け振っています。
ビデオで見えるように振ったら全くクラブは走りませんし、フィニッシュに到達しません。

また「自然な腕の振り方」
http://golf1000.blog23.fc2.com/page-2.html
で、軸がぶれない理由は頭が腕の振りと逆に動かせるからです。
普通ゴルフスイングだと頭を腕と逆に動かすことは非常に高度な技術と熟練が必要ですが、この歩行運動の動きだと簡単にそれが出来てしまいます。
これをマスターするとスイングが激変しますよ。
左片腕スイングでこれを意識してみてください。

これで合っていますか

いつも有難うございます。
本日はここからご質問させて下さい。

左片腕素振りとV字スイング(私なりに消化してこれで正しいと信じている方法で?)を続けています。
今までと動きが違うためか、左足の左付け根の筋肉が大変凝ってきています(歩き出しが不自由になる位)。
このようになるのはスイングのどこかで間違っているのでしょうか。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR