ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左腕リード・左サイドリード意識の勘違い 右踵と右肩で左壁

左腕リード・左サイドリードの勘違い

「左腕リードという意識でしょうか?」 

の質問にお答えします。


 最近、左腕の記事が多いですが、以前は右肘の使い方の

記事が全然多かったですね。

そもそも、右腕に触れるレッスンが非常に少ないので。

左脇、左肘は重要ですが、そもそも左腕リードだとは

全然思っていませんよ。

どっちの腕もリードしません。腕と体は一体が最重要なので。


左片腕スイングの練習をお勧めしましたが、

決して左で振れと言っている訳ではなく、左片腕素振りにより

発見する、認識すべき重要な事が非常に多いという事、

左脇、左肘、左手首によるライ角の維持、遠心力の勘違い

という重要な事を認識して頂きたいからです。

むしろ、左腕、左サイドリードを意識した瞬間に、認識し難い

思わぬ弊害が出ますので気をつけてください。



 そもそも腕は腕で振りません。体で腕を振ります。

ですから、右腕リードも右腕リードも間違いです。

また、体全体のバランスと調和で振りますので、

どっちサイドのリードでもありません。

特定の箇所がリードするという意識自体そもそも

全体のバランスが崩れるので確実に間違いです。

「それでも、どっちかと言えばどっちか」

と聞かれることも非常に多いですが、

どっちと意識した瞬間に無意識にスイングは崩れていきます。

もちろんライやショットでは、ケースバイケースですが。



左腕リード・左サイドリード意識の欠陥

 もしも、左腕・左サイドリードの意識を持つと、

左サイドで引きすぎて、左腰がスライドし過ぎてスウェイします。

左肘も流れて、引けてアームローテーションで来ません。

てこの原理が働かず、角速度が上がらず、ヘッドが走りません。

もしも、左腕が力んだら全然話になりません。

また、右サイドへの注意が希薄になり、左スウェイを助長します。

片方を意識すると、必ず反対側への意識が疎かになります。

注意すべき点は、そもそも左の壁は左サイドでは決して出来ません。

むしろ右サイドが重要です。

 
 左でどんなに頑張ってもずるずる流れてしまいます。

右サイドで後方に引っ張っているから左壁が維持されます。

左サイドだけでは、左壁が数センチ流れても認識できず、

打点の数センチのズレとなり、アジャストしきれずに

フェース面を開きます。

左リードによるスウェイに気が付かないと、

延々とアームローテーションやプレーンの間違いと

見当違いのスイング矯正で泥沼に陥ります。


 実際問題、現在では左サイドリードが主流でしょう。

レッスンも左腕・左サイドリードが殆どですね。

検索しても山ほど出てきます。



左壁の正しい作り方

 左壁を維持する秘訣は何でしょうか?

左片足で踏ん張ったところでたかが知れています。

体の突っ込みと、遠心力には到底かなう訳がありません。


 プロは皆インパクトで弓の様に逆C、逆くの字型になります。

インパクト後にフィニッシュと共に即座に上体が起き上がります。

腰のスライドと腕の遠心力に対抗して、

右足と頭・肩の両方で引き付けています。

細かく言うと、右踵と右肩ですね。


 上体は、頭じゃないですね。頭だと頚椎を確実に損傷します。

右肩を止めて、その右肩に頭を近づける意識で

頭は自然に残ります。

そして、ヘッドアップ、ルックアップしないで

右肩が落ちなければ、顎も真下を向きます。

また、右肩が落ちれば、あごは左を向きます。

頭で肩が落ちない様に支えられません。


 ただ、上体も大事ですが、上体だけでは僅かなズレ、

ゆれは認識・制御不可能です。

結局は下半身が、より重要な役割を担います。


 下半身と言っても、インパクトで腰は飛球方向に

入っていきます。右足は膝が前を向いたまま飛球方向に

平行に蹴られていきます。

左壁を維持する部分はただ1箇所、右足踵・右足裏

しかないのです。右踵・右足裏が唯一微妙に

スウェイを認識・制御できるのです。


従って、以前から言っているように球筋の打ち分けにおいても

右踵・右足裏の役割が非常に大きいのです。

やってみれば分かります。右踵を上げればいくらでも

ずるずるスウェイしていきます。なかなか気が付きません。

遠心力は想像以上に遥かに強力です。

 ある程度スイングが出来ている方で、ラウンド中に

うまくいっていたショットが、大事な場面で唐突にスライスに

なったり、右にふけるミスは右踵の浮きが早い事が多いですね。

インパクトまで、ほんのもう一瞬我慢すれば良いのですが。

インパクト以降は、踵はもちろん上がって行き、

フィニッシュでは右足の裏は垂直に立つのが理想です。

 無理に右膝左側面を地面に押し付けるほど、押さえ込むと

右膝内側の靭帯を痛めますので、踵が一瞬上げるのを

我慢する意識を持つだけで、不意なスウェイが大幅に減り、

スウェイしても瞬時に認識でき、対応可能になります。


 また、前回説明した通り、左壁で重要な部分は左肘です。

左肘はインパクトで壁を作り「てこ」で飛球後方に向かいます。



 その他、左股関節加重を外れない様にする左膝スウェイの限界は

左足外側です。左膝が小指を超えたら股関節から外れます。


左壁の注意点


 以上より、左の壁の維持の注意点は


1、インパクトまで右踵を上げない。右足裏感覚を鋭くする。

 右足蹴りは、爪先ではなくインサイド全体で

  飛球線に平行に押し込んでいく。

2、インパクトまで右肩を開かない、落とさない事を強く意識。

3、インパクトに向けて頭を右肩に近づける!! 

  ヘッドアップ、ルックアップしない、顎は真下向き。

4、左肘はインパクトが左壁。その後は、てこを意識して

  前腕を振る。

5、左膝は左足小指を超えない。左股間に乗る。

  左足はスイング中終始べた足。

  上げ足り、めくれるとスウェイしやすい。


6、左壁で左腰を自然に回す。腰が自然に回らないと、

 左肩がつまって上に上がる。右肩が落ちスウェイする。

 腰が回っても、肩とは連動しない。

  この腰と肩を連動させないで、右肩を残す動きが、

  上級者と中級者の分かれ目。

低く長いインパクトゾーンが出来ず、開いて擦り上げる

  スイングになる。


 次回は腕と体の一体化の為のベストなドリルについて

説明します。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

キョウ さんまいどです!!Re: 上・下半身の動き

お悩みですね。

> 「左壁を維持する部分はただ1箇所、右足踵・右足裏
> しかないのです。右踵・右足裏が唯一微妙に
> スウェイを認識・制御できるのです。」
> というところなのですが、
> 右足裏で腰の回転を制御しトップから徐々に体重移動するかとおもうのですが、
> 上半身は右側(背面打ちの感覚)を向き(ようなイメージ)、下半身は約45度くらいの割れをもち飛球線方向へ体重移動していくかと思いますが、
> その際の下半身と上半身の力加減というのはどういった意識がよいでしょうか?
> と言いますのも、割れを作るには「力み」は必要ないでしょうし、かといって、腹筋や背筋を意識していないとアドレス角度をキープできない。。。
> 自分は今、下半身と上半身が同時に回ってしまっているような感じで、野球打ちのように見えます。
> そのためか、スイングに再現性が無く一日ごとのスイングに違いがありすぎてゴルフにならない状態です。

アップしますね。
体幹で振れば解決ですよ。

上・下半身の動き

お世話になっております。
「左壁を維持する部分はただ1箇所、右足踵・右足裏
しかないのです。右踵・右足裏が唯一微妙に
スウェイを認識・制御できるのです。」
というところなのですが、
右足裏で腰の回転を制御しトップから徐々に体重移動するかとおもうのですが、
上半身は右側(背面打ちの感覚)を向き(ようなイメージ)、下半身は約45度くらいの割れをもち飛球線方向へ体重移動していくかと思いますが、
その際の下半身と上半身の力加減というのはどういった意識がよいでしょうか?
と言いますのも、割れを作るには「力み」は必要ないでしょうし、かといって、腹筋や背筋を意識していないとアドレス角度をキープできない。。。
自分は今、下半身と上半身が同時に回ってしまっているような感じで、野球打ちのように見えます。
そのためか、スイングに再現性が無く一日ごとのスイングに違いがありすぎてゴルフにならない状態です。(ゴルキチ様のブログのおかげで3ケタは絶対行かなくなりましたが)
是非ともアドバイスをお願い致します。

ゴルフ 大好きさんこんばんは!Re: 左の壁の正しい作り方

いつも率直な御質問有り難うございます。
> えっ。左の壁は左足で踏ん張ることではないのですか?(また、目からウロコです)
> 「右踵と右肩で引き付ける」ということがイメージ出来ません。(明治の大砲みたいにそっくり返るような気がするのですが・・・)

> (すみません。出来が悪くて、理解不能になってます)

 次回、図解で詳しい説明UPしますね。
腰を入れて体重移動が続いていくので、左足一本ではとても止まりません。
また、ご指摘の様に頭をかなり残すので、実際上体は傾斜します。右肩落ちず、顎真下ですが。

 もちろん腰をしっかりターゲットへ正対させて球を運ぶ意識は最後までありますが、
能動的なスイングは、インパクト以降は飛球線方向より、飛球線後方に引き付け、振る意識だけです。

球がヘッドから離れたら即フィニッシュに向かいます。

ハーフウェイからのスイングの練習が非常に面白いですよ。
助走なしで、いかにインパクトにエネルギーを集中するか。
体全体が飛球方向に流れたら全くスピードが出ません。

左の壁の正しい作り方

えっ。左の壁は左足で踏ん張ることではないのですか?(また、目からウロコです)
「右踵と右肩で引き付ける」ということがイメージ出来ません。(明治の大砲みたいにそっくり返るような気がするのですが・・・)
また、時間があれば詳しく解説お願いします。
(すみません。出来が悪くて、理解不能になってます)

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR