ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

体幹で振る方法 自然なスイングPart10

 良い質問がありましたのでお答えします。
 
ゴルフ 大好きさん、いつもコメント有り難うございます!!

>「えっ。左の壁は左足で踏ん張ることではないのですか?
>(また、目からウロコです)
>「右踵と右肩で引き付ける」ということがイメージ出来ません。
>(明治の大砲みたいにそっくり返るような気がするのですが・・・)

 実はその通りで、頭がフォロー後半までかなり残り、

体の中心の腰椎部分は逆に飛球方向に押し込みますから、

見かけ上、上体は明治の大砲の様に飛球後方に傾きます。


 右踵を上げないで、右膝、右肘、右肩の黄金ラインを

維持すれば体は開きません。

その状態でなおかつ頭を右肩方向に逆行して、

腰だけを先に飛球方向に真横に押し込んでいきます。

腰と上体のタイムラグ、ねじれがかなり出来ます。

極端に言うと、腰と腕は左に振って、逆に腰から上は右を向く

程のイメージになります。


 こう言うと、殆どの方は反論するでしょうね。

一瞬のスイングでそんな不自然な動きが出来る訳がないと。

でも実は極自然に出来るんですよ。簡単に。

体重移動で腰=体幹で腕を振れば自然にそうなるんです。

そうならないのは、体幹=腰を全く利用していないで

上体と腕力で振っているから、必ず肩が先行するのです。



 以前図解で説明しましたが

歩行振り2

 図の様に右足に体重移動して右股関節に乗って

両手を緑丸のトップの状態へ勢い良く振り上げて下さい。

次の瞬間、今度は左足に体重移動して左股関節に乗ります。

すると腰はどう動きますか?

自然に股関節間で体重移動して僅かにスライドしますよね?

この時、右足踵は上がっていますか?

上がりませんよね。回転運動しないからです。

右膝、右腰、右肘、右肩は前に出ていますか?

出ません。これも回転運動しないからです。

ここで頭を右肩へ寄せることも簡単に出来ますよね。

腰を入れるということは、まさに体幹を使う事で、

上体との捻転が強く出来ます。これが体のタメです。

通常、多くのレッスン書やレッスンでは捻転は

テークバックで作ると教えています。

アマチュアの殆どの方もそう信じているでしょう。

だから切り返しでいきなり捻転が作用して、

上体の横回転が始まって体が開いてしまうのです。

本当の捻転、体のタメはダウンの腰を入れる動作、

体幹の利用でできるのです。


だからダウン初期で体は開きません。

 上記の様に左股関節に体重移動すれば

トップへ向かう腕の慣性がゼロに

なった瞬間に落下し始め最下点に向かいます。

腕や上体で腕を振るのではありません。

上体と腰=体幹の捻転を強くすれば強くするほど

スイングが速くなるのが分かると思います。

腰=体幹で腕を振る感覚が分かるでしょうか?


 では捻転を強くするためには、どうしたらいいでしょうか?

テークバックで左踵を上げたほうがいいでしょうか?

左足べた足の方が良いでしょうか?

べた足の方が、捻転が出来、ダウンの衝撃がなく

精度も再現性も上がります。

トップを上に高くしたほうがいいでしょうか?

それとも飛球後方に水平に振った方が良いでしょうか?

上に上げる意識があると、体が伸び上がったり、

グリップが体に近付き、スイングが緩みます。

すると捻転が出来ません。

腰と肩のタイムラグが大きいほうが良いでしょうか?

インパクトゾーンで最高速にするために、

エネルギーを集中させる為にはどうしたらいいのか?

徐々に分かってくると思います。

どうでしょうか?

分かるかな?


 右肘が右腰まで落下するまでスイングを待ってタメます。

あらゆるタメ、エネルギーを開放しないで我慢します。

そこから一気に爆発させます。そこまでは単なる助走です。

 そして、約ハーフウェイダウン(シャフト水平、飛球線と平行)

前までに、右もも手前でグリップを最下点まで落としきり

飛球方向に水平な力のベクトルで体幹で一気にスイングします。



 もう1つ質問を紹介します。キョウ さんまいどです!!

かなり悩んでますね。

「右足裏で腰の回転を制御しトップから徐々に体重移動
するかとおもうのですが、上半身は右側(背面打ちの感覚)
を向き(ようなイメージ)、下半身は約45度くらいの
割れをもち飛球線方向へ体重移動していくかと思いますが、
その際の下半身と上半身の力加減というのはどういった
意識がよいでしょうか?
と言いますのも、割れを作るには「力み」は必要ないでしょうし、
かといって、腹筋や背筋を意識していないとアドレス角度を
キープできない。。。
自分は今、下半身と上半身が同時に回ってしまっているような
感じで、野球打ちのように見えます。
そのためか、スイングに再現性が無く一日ごとのスイングに
違いがありすぎてゴルフにならない状態です。」

 同時に回っているのではなく、実際は上体か腕が

スイングをリードしてしまっているのでしょう。

だから、下半身、腰とのタイムラグが出来ないのです。


 100~150km/hで飛んでくる150gの硬球を約1kgの重い、

しならないバットで打つ野球と、

46gの止まっているゴルフボールをはじきの良い

約300gのカーボンシャフトのドライバーで打つゴルフ

では必要なパワーが全く比較にならないほど違います。

160cm足らずの小柄な横峯さくらプロが260Y飛ばすのですから、

普通の成年男子なら既にパワーは十分以上にあるのです。


 クラブは軽ければ軽い程ヘッドスピードが上り、飛びます。

ヘッド重量による当たり負け云々をもっともらしく言う

専門家も多いですが、全く微々たるもので屁理屈の域を出ません。

要するにパワーではなく問題はスピードだけなのです。


 運動エネルギーの公式を持ち出し、ヘッド重量に比例する

と言う専門家やクラフトマンが本当に多くて辟易とします。

また後日説明しますが、

打ち出されるゴルフボールの運動エネルギーについては、

ヘッドのエネルギーが100%全て球に伝達する様な

完全弾性衝突ではなく、衝突後もヘッドは

僅かな減速のみで動き続けるので

運動エネルギー=(物体の質量m×物体の速度Vの2乗)÷2

の公式を用いて、打ち出されるボールのエネルギーは

ヘッドの重量に比例する、などと言える筈がないのです。


 それに、そもそもヘッド重量など大して変えれないので、

実際問題、飛距離アップにおいてヘッド重量など考慮する

必要性は全くありません!!(重い程スピードは落ちる)

飛距離はボール初速が問題で、必要なのはヘッド重量

ではなく、ヘッドスピードとミート率だけです。


 話がそれましたが、要するにパワーは要りません。

最初の質問で回答したとおり、歩くように自然な動きで

実はそのまま何の力みもなく出来てしまうのです。

むしろ問題は、上体と腕の力みを抜く事です。

肩が開く、上体が突っ込むのは、上体で打つから

上体が先行して開いてしまうのです。

上体と腕は脱力して、フットワークによる体重移動と

腰=体幹で腕を振れば当然上体が先行して開く訳がないのです。


慣れればいくらでもタイムラグは出来るはずです。

上級者と中級者の違いは腰と肩のラインが連動しない事です。


 上記の様に、歩く様に体幹で肩、胸との捻転を作って、

右肩を落とさず、右肘が腰まで下りるのを待ってから

捻転を開放する練習を繰り返しすると、

徐々に体幹が先行して肩が遅れる動きが不自然でなくなります。

腰が45度先に回って左方向を向いていても、肩は右方向に向いて

右に打ち出すことが出来ます。

そして、自然なアームローテーションで捕まえてドロー、

フェードが自在に打てるようになります。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

JOJIさんこんにちは!!Re: タイトルなし

> 歩く姿勢は平たんな地面に対しては、背骨がほぼ垂直な状態ですが、
> クラブを持ってアドレスした時(前傾は除き)垂直なイメージで良いのでしょうか?
>
> 私の場合、不調の時、背骨が右に傾いているような気がします。

右に傾くということは右に多く加重しているということです。最下点がボール右のドライバー以外は、高い球を打つとき意外殆ど右足加重はないです。基本は5:5です。
無意識にボールを上げようとする動きがあるのかもしれないですね。

通常のアイアンショットで右に傾くのはかなりまずいですよ。

軸の問題は難しいです。脊椎をただ1つの軸としてしまうと常に前後左右に傾いてしまいます。
イメージが複雑になりすぎます。
また、左右の股関節が垂直な軸でもありますが、同時に脳天も軸として不動です。

ですから1軸、2軸の理論がありますが、私はどちらも無理があると思います。
そもそも私はスイングが回転運動だとも思っていないので。

むしろ単純に平面的な左右対称な振り子運動と考えた方が良いと思います。
左右水平までがメインの振り子運動で、それ以上は惰性による回転で無視。
そうすると頭を頂点とした左右対称の平面に近い三角形の振り子運動です。
両膝、股関節が三角形の不動の土台ですね。


わ、わかりやすい!

いつも本当にありがとうございます!
昨日の夜に拝見し必死に素振りをしたところ、
割れる感じ(肩が遅れるというか肩甲骨が飛球線後方に残る感じ?)が感じれた気がします。
本日球すじは無視してそのスイングで実打してみようと思います♪
もう一点よろしいでしょうかm(_ _;)m(汗)・・・・・。

トップの際にグリップが「レイドオフになるように」とよく耳にし、ほとんどのプロもトップでは左ひじから左手首まで直線になっているかと思います。
「肘下切断イメージ」で行くと自分の場合トップで手首(ヘッド)がオープンになっており折れております。
グリップ力も均等に変えずに行っているつもりなのですが。。。。。
手首直線を意識すると、アドレスの時のややストロンググリップからテークバックしていき、トップまでに行く際に、肘から手首が直線(シャット)になるように多少は絞りこんだ方がよいのでしょうか?
(「絞り込む」の表現に語弊があるかもしれませんが、イメージとして・・・)
長くなってしまい、いつも申し訳ありません。
宜しくお願い致します。

いつもありがとうございます。

基本的な事ですみません。
歩く姿勢は平たんな地面に対しては、背骨がほぼ垂直な状態ですが、
クラブを持ってアドレスした時(前傾は除き)垂直なイメージで良いのでしょうか?

私の場合、不調の時、背骨が右に傾いているような気がします。

すばらしいアドバイスです

いつも勉強させていただいております。
本年もよろしくお願いします。
昨年末にシャンク病に取り付かれて以降、クラブを持つのが億劫になっていましたが、今回のアドバイスで、再びやる気が出てきました。
「歩くように左右に交互に体重移動して腕を振る軌道」の説明はすばらしいと思います。
自分の今まで行っていたスイングイメージを根底から覆すものです。
クラブを待たずに腕を振るとうまくいくのですが、クラブを持ってスイングするとうまくスイングできません。
しばらくはクラブを持たずに、体に覚えこませて見ます。

体幹で振る

いつも、いつも親切な解説ありがとうございます。
このイメージでレンジで練習してみます。
また、質問させて頂きます。(いつも、いつもレベルの低い質問ですが・・・・)

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR