ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

トップでフェースを開かない or ある程度開いた方が良いか?

 きちんとインパクトでフェースをスクエアに戻せるならば、

多少でも開くのが正解だと思います。

トップで開いたフェースがそのままで戻せずインパクト

していまう人や、インパクトでのフェースの戻りに

ばらつきがある人は、閉じ気味のままであまり

開閉しない方が好結果にとなるでしょう。

 しかし、重心位置がシャフトの延長線上にない特性による、

ヘッドのシャフトを軸とする軸回転の慣性の力を考慮すると、

最初に閉じぎみの場合はインパクトまでは

スクエアのまま維持し易いです。

フォローでは軸回転の慣性の力を利用できないので

自然に閉じる力が働きません。

外部からヘッドに力を加えない限り、

そのままでは開きっぱなしになります。

なんらかの不自然な操作をしないとフェースは閉じません。

 ではスクエアにイパクトし、そのままスクエアに押したら

果たしてどうなるか、ボールは真っ直ぐ飛ぶのか?

うまくいっても擦り気味のストレート、

大方はスライスでしょう、それを嫌うと

不自然にこねる動きを誘発する。

力を抜くほどヘッドの軸回転の慣性は

スイング軌道に大きく影響し


結果的にインパクト後のヘッドスピードにも影響 します。

 玉を捕まえる感覚とは何か? では、玉を捕まえる感覚を持って、

球筋を操作するためにはやはり開いたものを閉じる慣性

を利用しないと困難です。

腕の操作では一定にはできません。

 さらに、ヘッドの軸回転の慣性は球筋のみならず、

スイング全体のスピードを確実にアップさせます。

 続く
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR