ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

がに股イメージがタメのキー

 インパクトを意識して球を打ちに行くと、全てのタイミングが

早くなり、インパクトでは既に失速状態になってしまいます。

インパクトを加速状態にしないとボール初速上がらず、

軌道も安定しません。

 がに股による蹴りのタメ、右足の蹴り、左膝伸ばし

のタイミングを見てみましょう。


 参考写真は、昨年12月のドラコンL-1グランプリの

和田正義選手です。


 1枚目の写真は右肘が右腰にほぼ下り切った状態です。

腰は回転していますが、肩はかなり閉じたままです。

この時点まで、右肘、右手首、両膝が曲がり、

がに股による膝のタメが作られ、右踵はかなり低く抑えられ

重心がかなり下っており、明らかにタメを作っている状態です。


和田正義1

 一般アマの悪い例とどこが違うのでしょうか?

トップから球を打ちに行くアーリーリリースの悪い例では、

右手首と右肘が伸び、左肩が開き、左膝が伸び切り、

右膝の蹴りが終わり右踵が上がり、

右膝曲がって前に出て左膝の方へ既に寄って、右肩が落ちます。

重心は既に浮き上がっています。


要するにタメるべきタイミングで既にタメを放出し切っているのです。



 2枚目の写真、右肘が右脇に下りた時点から右踵の上がり方で、

右足の蹴りが始まっていることが分かります。

HWDで既にコックのリリースも始まっています。

和田正義2

 
 3枚目の写真はインパクトの瞬間ですが、

まだ右肘、右手首のタメは残っています。

左膝は曲がったままパワーを受け止め左壁を作っており、

まだ伸びていません。


インパクトは通過点でしかなく、ターゲットは明らかに

もっと先に有る事が分かります。

和田正義3

悪い例ではインパクト時点で、ハンドファーストがなくなり

右手首のコックのリリースが終了し、右肘も既に伸びきっています。

パワーは全て出尽くしです。


 4枚目の写真、この時点でやっと左足が伸び切りました。

ここがスイングのターゲットです。

ここにターゲットを設定しないとインパクトゾーンで加速できません。

球を打ちに行くスイングより遥かに先にターゲットを設定し

インパクトは単なる通過点で意識しません。

球を凝視する必要性もありません。

和田正義4


 5枚目の写真、シャフトが立ってきました。

コック、リリース、完全リリースで

フィニッシュまで振り切ります。


和田正義5


 キーポイントはどこにあるのでしょうか?

1枚目の写真のがに股の意識にあると思います。

兎に角、右肘が右脇まで折り切るまで、

両膝をがに股で重心を落として頑張る事でしょう。

この時点まで下半身さえ頑張れば、

腰と肩の捻転差は維持できます。

腰の回転に負けて左膝が伸び、右踵が上がったら

もう肩も全てのタメも維持できません。

 がに股イメージはドラコンだけでなく、貯めるスイングの

イメージとして非常に理にかなっていると思います。

 暫く気合を入れてがに股で写真1に近づけるように

取り組みたいと思います。
(このマッチョな体を真似するのは無理だな)
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

afcly309@さんやりましたね!!Re: タイトルなし

> 私も「ボール挟みドリル」できっかけをつかんだように感じます。
> 特に、ドライバーなどウッド系については飛距離、方向性共に、格段に向上したことを確認できました。

腕は必ず体に付けるか、一体化しないと勝手に動きます。

> しかし、アイアンについてはダフリや当りの薄い打球など、未だ満足なショットをすることができない状態です。

ハンドファーストが必要です。ハンドファーストはタメの結果です。
結局スイングはタメが勝負です。大きなタメを作るのではなく、トップで90度出来たタメを出来るだけインパクトぎりぎりまで維持する技術です。

> でも、「飛ばしのガニ股」のHWDからのスイングの動画でまたまたつかんだような気がしています。

右がに股、右踵、右膝で黄金ラインを死守して、右肩を残します。
腰と肩の捻転差を常に強く感じてスイングしていないと間違っています。


> 一歩一歩ゆっくりですが、確実にスイングが向上していると感じ取れる今日この頃です。
> 今後のブログを楽しみにしております。

有り難うございます。
毎日1,000人近く来て頂いて、信じられないです。
コメントどうも有り難うございます!!

こんばんは、ゴルキチさん。
私も「ボール挟みドリル」できっかけをつかんだように感じます。
特に、ドライバーなどウッド系については飛距離、方向性共に、格段に向上したことを確認できました。
しかし、アイアンについてはダフリや当りの薄い打球など、未だ満足なショットをすることができない状態です。
でも、「飛ばしのガニ股」のHWDからのスイングの動画でまたまたつかんだような気がしています。
一歩一歩ゆっくりですが、確実にスイングが向上していると感じ取れる今日この頃です。
今後のブログを楽しみにしております。

桃キチさんはじめまして!!Re: タイトルなし

> ゴルキチさんのブログ拝見して、スウィング開眼しました!
> ありがとうございます。
> 「アップ5」ですね!
> やっぱフォローのトレーニングで、振り抜きが出来るようになりました。
> アップ5は今のところ手に入らないので、とりあえずアイアン逆に持ち素振りしてます。

開眼しましたか!!やりましたね!
一気に上手くなってくださいね。
で、今度は私に教えてください。

UP5私は一応ネタに買いましたが、古いドライバーのシャフトで全く変わらないですよ。
安物のシャフトにボールが刺さってるだけです。
先にボールじゃなくて飛びにくく鉛を40g位巻いて接着すれば十分です。
ビデオは全然大したもんじゃないです。何の内容も秘訣もなく、ただ片腕、ハーフウェイダウンから、両腕で振る事を繰り返せというだけの事です。

大きなフォローは、やはりタメがないとできません。
タメを作るには切り返しから、HWDまでいかに腕とグリップの力が抜いたままでいられるかが勝負です。
いかにゆったり振って、H/SをMAXにするかですが、なかなか難しいですね。
頑張りましょうね!!

ゴルキチさん、こんにちは。
ゴルキチさんのブログ拝見して、スウィング開眼しました!
ありがとうございます。
「アップ5」ですね!
やっぱフォローのトレーニングで、振り抜きが出来るようになりました。
アップ5は今のところ手に入らないので、とりあえずアイアン逆に持ち素振りしてます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR