FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

レッスンの成果と秘密兵器

 先週末はラウンドでした。非常に有意義なラウンドでした。

朝の千葉は、-4度でフェアウェイも霜で真っ白!!

ラフの日陰にはところどころ雪も残っていました。

アプローチ練習場の芝も朝はカチンコチンに氷ってます。

これはさすがにピンクのカラーボールの方が良い感じです。

油性蛍光マジックで一個だけ塗って見ようかな?

幸い終日ロスト、ペナルティーはゼロでした。

同伴者は何度かロストしてましたね。


 最近10ラウンド位でOB1回だけかな?

明らかに飛ばしより、グリーン回り重視のゴルフになってきました。

GPS NAVIで残り距離をキチンと計算して、無理しないでハザード寸前

にレイアップする様になった事も、かなり影響していると思います。


 先日のテーマは、レッスンの成果と56度のNewウェッジでした。

午前中は、グリーンが氷っているため慎重に

手前から攻めていって寄せワンで拾い捲り、

インは2ボギー、7パー、12パットの38。

なんと6ホール寄せワンです。11番から6連続パー。

前日夜のレンジでの練習でレッスンと自作秘密兵器で

特にドライバーがかなり変貌しました。

たった1時間のレッスンが大的中です!!


 後半は1ダブルボギー、3ボギー、16パットで41。

ダブルボギーは、52度が左下がり前下がりのラフから

砲台グリーン手前に最悪のショート。

砲台の下からちびってショートでカラー止まりと連続大失敗。

砲台手前30Y未満のアプローチは現在非常に大きな課題です。


 ぶっつけ本番の56度Newウェッジは少し飛び過ぎで

25Yのバンカーショットで35Y行ってしまいました。

バンカーの飛びすぎは明らかにバンスの16度の影響です。

寄せも飛び過ぎで何度かオーバーしました。

簡単なので気楽に振りすぎか、バンスで跳ねてそうなるのか、?です。

トータル79で28パットでした。氷の中でこのスコアはGoodです。

また、後半ドライバーが2発バカっ飛びしました。

レッスンと秘密兵器の成果です。


パターはスターナムパッティングがほぼ完璧。

ドライバーは、左OBを逃げ過ぎスライス1回。

テストでヒッカケ3回でした。


 ラウンド後は、PWでの10~20Yのランニングアプローチ

を250球位しました。

今度のラウンドではPWで足をもっと使った寄せを増やしたいです。


 今回の成果には理由が4つあります。

1、レッスンの成果が前日の久々のレンジ練習で良く分かった事。

2、秘密兵器によってレッスンの新スイングが良く分かった事。

3、当日、朝6:20からクラブハウスが開く前から、ランニングアプローチ

の練習をしました


4、パター練習は5Y未満のショートパットは最後に10球程度で、

10、15、20Yの上り、下りを集中的にやりました


秘密兵器は鉄の丸棒

直径16mmの鉄の丸棒をホームセンターで購入。建築用資材です。

大型の電動グラインダーで好みの長さ、重さで自分で両側をカット、

切り口を研磨してGolfPrideのツアーべルベットを刺しました。

そのままでは錆びますがノンメッキのウェッジよりはましでしょう。

長さは97cmで写真の7番アイアンとほぼ同じです。

総重量はウエイトボールの半分の1.5kg、

ウェッジ3本分にしました。

この 野球用練習用バット とほぼ同じ物の自作です。

UP5が165g位でドライバーの半分位ですから、

軽いドライバー5本分位ですね。

真ん中です。
鉄棒

私で1.5kg、アイアン3本分位で、1m位が丁度良いですね。

1m越すと急に重くなり極端に負荷が高すぎて振るには危険です。

慣れてないと80cmくらいが良いのかな。

まあ、野球用は小学生が1.4kgの85cm位を振っているので、

ゆっくり振ってのスイング造りなら問題のない重さだと思います。

ウエイトボールによる効果と同様に重いのが凄く良いんですよ!!

クラブ3本振りとはやっぱり振り易さが全然違いますね。

ゴルフ用の700g程度のバットや、硬式野球の1kg位のバットとも全く違います。


 レッスンで注意された様に、アダムスコットの様に

飛球後方にアップライトに振ると、鉄棒に引っ張られ、

自然にトップ、フォローがグーンと高くなります。

自然にストレッチされ、カッコイイスイングになります!!

こんな高いトップ、高いフォローの感覚は長い間忘れていました。

そして腕や上体では重すぎて全く引き下ろせないので、

高く深いトップから自然に下りて来るのを待たなければいけません。

重力も十分に使えることがわかります。

このゆったり感は、良いですね。

これを振りながら、トップの前に左がに股で切り返しを始め、

左膝とトップに向かうグリップが引き合う感覚を体感できます。

左ひざと右ひざが開いてがに股になります。


 切り返しのきっかけは、左膝に一気に乗るのではなく、

単にテークバックで内側に移動した左膝をがに股で外側に広げるだけ

で良いのです。


 次回、肩が開かない、がに股の秘密と非常に効果的なドリルを

紹介します。

これは、かつてどのレッスン書でも見たことがないですね。

肩が全く開かなくなります。右肩も被らなくなります。

有り得ないと思うでしょ?
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

タイガーカムバック さんおはようござします。Re: どうしても理解できません!

> ゴルキチさんの理論では、インパクトを通過点にして、10時から4時をターゲットにストレートに振りますね。4時でHSがMAXになればあとは惰性でフィニッシュできうならされました。

そんな感じですね。でも、フィニッシュがゴールなのでフィニッシュまで振り切りますよ。プロの様にフィニッシュまで振り切れないということはタメが足りない事が殆どです。または力みすぎでバランスが悪いか、体が伸び上がって低く長いインパクトゾーンが出来ていないのです。
ですから、よく球が離れた後は関係ないというプロもいますが、実は正しいスイングの大きな目安となります。確実にそうです。もちろん遼君の様に柔らかいフィニッシュは無理です。しかし自分が出来る範囲での大きなフィニッシュには常に非常に気をつけていますよ。

> しかし一方で、ダウンで左腕が胸について自然なローテーションが発生するのを待ち、ボールを包み込むようにスイングするとも書いてありますね。

自然なローテーションの絶対条件はグリップが浮かないで左肘が体の非常に近くを通る事です。かつ、全身で作った左壁があることです。しかし、やってみれば分かりますがこれだけでは、左肘が左を向いていればずるずるローテーションしないで左脇が開きます。多くのアマがそうです。
左肘は常に真下を向いて手首が肘を追い越す意識が必要です。腕をそう使うわけではありませんが、体をそう使うイメージがあります。

> 実際に打球してみると、このふたつがどうしても別のことになってしまうんです。
> だって、片方はボール無視でもっと先を振れと言うし、もう片方はボールを包み込めって言うし、別の人が書いてるならそんなのたくさんありますけど。
>
> あの、クレームじゃなくて、理解したいのです。
> このふたつが一緒にならないと先に進めません。
> 宜しくお願いします。

大丈夫です。良く分かりますよ。私も質問魔で良くプロに嫌われますから(笑)
ゴルフは実際の動きとスインガーのイメージが全く違います。
そして、できる人は既に大昔から出来てしまってあまりに自然でなかなか説明は困難です(笑)しかも、局面によってイメージの説明は、どうしても異なってしまいます。
特に強いツアープロに教わると話になりません。彼らは天才というか、たまたまゴルフスイングに適したスイングを生まれ持って持ち合わせていたか、幼児の頃から教わって苦もなくこなしているので出来て当然で、できない事のほうが不思議なのです。ですからアマの苦労など分かるわけもなく、教えられるわけがないのです。

 ボールは意識なるべくしてはいけません。だからスイング作りには素振りが一番良いのです。球があると球を打ちに行きます。すると必ず球に合わせるスイングになります。
球に合わせると本能的に手が球に近付きます。手がスローダウンします。酷いケースがシャンクです。スイングになりません。分かりますよね。

 リリースも球にあわせるとトップからリリースします。そうなると地面に向かってリリースします。オオダフリ確実です。

ヘッドスピードもタメがないと絶対に間違いなく伸びません。タメる為には確実に球を無視して遥か先を目標に振らないとダメです。不可能です。

また、私はスピン量の調節はフォローのイメージでリリース調節します。

要するに球は出来るだけ無視してスイング造りします。

一方、実際球を打つ時どうしてもインパクトのタイミングで壁が必要になります。
アドレスから左脇を意識します。左脇、左肘、左手甲、ボールのラインです。
ここが壁です。絶対ここを超えてはいけません。これが、球を包み込むべき壁です。
ここから左肘下向きで体近くを通り、左手に乗せたお皿を左隣の人に渡す様なイメージがあれば、自然に起きます。

ですから、ごっちゃにすると確かにわからなくなります。説明が難しくて御免んなさいね。
結構、本文より過去のコメントのやりの方が参考になるとおもいますよ。こんな感じで答えているので。

> PS;スミマセンがもうひとつ
> 上で書きました、左腕が胸につくのを待って、という部分なのですが、実際には胸に付く直前に左膝が伸び始めて左胸が逃げて行きます。
> 胸にドーンと付くまで左膝を我慢するべきですか?スローではできるのですが。。。

左右の腕が体から離れたいたら振ってはいけません。振ったら精度がゼロです。
ですからトップから右肘が脇に下りて体と一体化したら初めてスイング開始です。
その時同時に左肘も体と一体化します。
そこで初めて右足を蹴ります。皆さん全然、遥かに右足の蹴りのタイミングが早すぎるのです。
全く既存のゴルフ理論とプロの世界のスイングはここが全く別物ですよ。確実にそうです。

左足の伸びとは何なのか?

右足のけりに対抗する壁を作るための伸びなのです。
右の蹴りが早いから、左膝の伸びが速いのです。
右足のけりが速いから、肩の開きが早いのです。
また、左足でスイングをリードしないから、右サイド、上体、腕が出てくるのです。

順番が逆ですよ。でもここが出来たら間違いなくシングルです。

これだけでは分からないでしょう?
また質問待ってますよ。

桃キチさんどうもです!!Re: タイトルなし

> ゴルキチさん、千葉でラウンドされてたんですね!的確なアドバイスありがとうございました。
>
> 実は、急な連休に連日納得いくまでのドライバーショットに肩を痛めてしまいました。
>
> ゴルフ肩ってやつですかね。
>
> やればやるだけ鈍痛が来そうなので、しばらくフルショット封印してアプローチに専念してます。
>
> ゴルキチさんのように、ゴルフ理論を掘り下げながら、練習をしたほうがいいのでしょうね。
>
> 今後は、素振りなど玉を打たない練習も日々やっていこうと考えています。
> もしゴルフ肩の対処法ご存知でしたらご教示お願い致します。

私の回りはかなりゴルフ肩やってますよ。一人は12月に千葉の船橋整形外科で手術しました。私の師匠も左肩痛で今6ヶ月間のドクターストップです。私も昨年冬に試打巡りで痛めて半年位ラウンドできませんでした。

左肩は癖になるし、かなり危険です。
手術した友人は肩の関節に100個の塊があって激痛で本当に大変でした。都内の大病院で全て治療は一生不可能と言われ、寝るのにも痛み止め服用で、諦めかけていたところをテレビの世界の名医を見て知ったそうです。内視鏡で3時間かけて全て除去したそうです。今リハビリ中でもう直ぐゴルフ復帰です。一時は一生ゴルフができないと観念していました。

皆、元体育会系の人間です。なまじパワーがあるとゴルフは危険ですよ。予想以上の負荷です。ですから下手に筋トレでパワーがつきすぎると45歳過ぎてから故障が多くなります。私も腰、首、肩、膝あちこちやりましたね。

冬はドライバーの練習は殆どやらないほうが良いですよ。外はアプローチのみ。最近は屋内のみで、レンジは先日2ヶ月振り位で行きましたが、ドライバーは軽く30発位ですね。またやったら大変ですから。
それにゴルフは完全に下半身の勝負です。

ゴルフ肩はいくつか症状があります。
http://www.fff.or.jp/seikei/outline/doctors.html の有名なのは菅谷 啓之医師です。朝青龍やプロ野球選手も多数来ているそうです。
電話予約で見てもらいます。私も再発したらここに行きます。
友人は予約して1ヵ月半待ちました。
http://www.fff.or.jp/seikei/sportsmedical_center/shoulder01.html
ここで症状が分かると思います。

切り返し直後に肩が開く、左肩に負担のかかるスイングでしたら、直ぐに直すべきです。直し方は今度アップしますが、ショートアイアンで左足一本だけ使って打つドリルです。上体、腕、右サイドは一切使いません。

すると肩が開かず、右肩が被ることがなくなります。

ゴルキチさん、千葉でラウンドされてたんですね!的確なアドバイスありがとうございました。

実は、急な連休に連日納得いくまでのドライバーショットに肩を痛めてしまいました。

ゴルフ肩ってやつですかね。

やればやるだけ鈍痛が来そうなので、しばらくフルショット封印してアプローチに専念してます。

ゴルキチさんのように、ゴルフ理論を掘り下げながら、練習をしたほうがいいのでしょうね。

今後は、素振りなど玉を打たない練習も日々やっていこうと考えています。
もしゴルフ肩の対処法ご存知でしたらご教示お願い致します。

どうしても理解できません!

はじめまして
僕のようなアベレージレベルにも素晴らしくわかりやすい理論で驚きです。
ほとんど連続徹夜状態を続けて一気に読ませてもらいました。ありがとうございました。
でもひとつだけ理解できなかったことがあり、気になって眠れません。
無理を言いますが、どうか早急にご説明お願いしたいと思います。

ゴルキチさんの理論では、インパクトを通過点にして、10時から4時をターゲットにストレートに振りますね。4時でHSがMAXになればあとは惰性でフィニッシュできうならされました。
しかし一方で、ダウンで左腕が胸について自然なローテーションが発生するのを待ち、ボールを包み込むようにスイングするとも書いてありますね。
実際に打球してみると、このふたつがどうしても別のことになってしまうんです。
だって、片方はボール無視でもっと先を振れと言うし、もう片方はボールを包み込めって言うし、別の人が書いてるならそんなのたくさんありますけど。

あの、クレームじゃなくて、理解したいのです。
このふたつが一緒にならないと先に進めません。
宜しくお願いします。

PS;スミマセンがもうひとつ
上で書きました、左腕が胸につくのを待って、という部分なのですが、実際には胸に付く直前に左膝が伸び始めて左胸が逃げて行きます。
胸にドーンと付くまで左膝を我慢するべきですか?スローではできるのですが。。。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世界最新ゴルフ上達プログラム

JUGEMテーマ:ゴルフ練習 こんな古いゴルフの常識を、まだ信じていませんか? 「ゴルフは体重移動が重要だ」 「スイングでは肩を大きく回せ」 など・・・。 未だに多くのレッスン書で言われていることですが、 これを実践してみたら・・・ ?...

世界最新ゴルフ上達プログラム

JUGEMテーマ:ゴルフ練習 ゴルフが下手なのは ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ あなたのせいではありません。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ あなたは本当は、 もっと良いスコアを出せるはずです。 だって、 練習場ではたまに良い当たりが出ますよね? ...
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR