ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

肩が開いて、右肩が被る原因は実は左足で打ってないからです

 大事な質問なので先に回答します。

タイガーカムバック さん非常に良い質問有り難うございます。

「 ゴルキチさんの理論では、インパクトを通過点にして、
10時から4時をターゲットにストレートに振りますね。
4時でHSがMAXになればあとは惰性でフィニッシュでき
うならされました。(ここのタイプミスが判読できません?)」

そんな感じですね。球はなるべく意識しません。

でも、あくまでフィニッシュがゴールなので

フィニッシュまで振り切りますよ。プロの様にフィニッシュまで

振り切れないということはタメが足りないか、力みすぎで

体が伸び上がって前傾が維持できず、

低く長いインパクトゾーンが出来ていないのです。

ですから、よく球が離れた後は関係ないと言う人もいますが、

とんでもない事で、実は正しいスイングの大きな目安となります。

確実にそうです。

もちろん遼君の様に柔らかいフィニッシュは無理です。

しかし自分が出来る範囲での大きなフィニッシュには

常に非常に気をつけるべきです。

 実は歩くように手を振れば簡単に胸は反対を向きます。

スイングでできないのは、体が硬いのではなく

上体が力んでいるからなのです。間違いなくそうです。



「 しかし一方で、ダウンで左腕が胸について自然なローテーション
が発生するのを待ち、ボールを包み込むようにスイングする
とも書いてありますね。」

 自然なローテーションの絶対条件はグリップが浮かないで

左脇が閉まり左肘が体の非常に近くを通る事です。

かつ、全身で作った左壁があることです。

しかし、やってみれば分かりますがこれだけでは、

左肘が左を向いていればずるずるローテーションしないで

左脇が開いていきます。実際かなり多くのアマがそうです。

左肘は常に真下を向いて手首が肘を追い越す意識が必要です。

腕を能動的にそう使うわけではありませんが、

そういうイメージで体を使う必要ががあります。慣れですね。



「 実際に打球してみると、このふたつがどうしても別のこと
になってしまうんです。
だって、片方はボール無視でもっと先を振れと言うし、
もう片方はボールを包み込めって言うし、
別の人が書いてるならそんなのたくさんありますけど。>
あの、クレームじゃなくて、理解したいのです。
このふたつが一緒にならないと先に進めません。
宜しくお願いします。」


 あはは、大丈夫です。良く分かりますよ。

私も質問魔で良くプロに嫌われますから(笑)

実際の動きとスインガーのイメージは全く違いますよね。

様々な違う局面から説明すると確かに矛盾が感じられると思います。


 説明しますね。

ボールはなるべく意識してはいけません。

スイング作りには素振りが一番良いです。

球があると球を打ちに行きます。

すると必ず球に合わせるスイングになります。

なぜなら、球に合わせると本能的に手が球に近付きます。

球を打つのは手ではなくヘッドです。

見れば見るほど近付きます。そして、手がスローダウンします。

酷いケースがシャンクです。スイングになりません。

分かりますよね。


 リリースも球に合わせるとトップからアーリーリリースします。

そうなると真上から地面に向かってリリースします。大ダフリします。


 また、ヘッドスピードもタメがないと間違いなく伸びません。

タメる為には確実に球を無視して遥か先を目標に振らないと無理です。

球を意識したら絶対に不可能です。


 また、私はスピン量の調節もフォローのイメージでリリース調節します。

要するに球は出来るだけ無視してスイング造りします。



 しかし、一方で実際球を打つ時、どうしてもインパクトの

タイミングで壁が必要になります。

既に、アドレスから左脇を意識してます。

左脇、左肘、左手甲、ボールのラインです。

ここが壁です。絶対ここを超えてはいけません!!

絶対にビハインドザボールです。

左手甲で左ももを打ってください。

左脇より内側と外側でどちらが強く打てますか?

明らかに外側ですよね。脇より内側では力が入らないのです。

皆、右肩が被って上体が突っ込んで左脇の内側で

球を打っているのですから、まともに飛ぶがありません。

ですから、この壁は球を打つ前から意識します。

インパクト時の球の意識とはまた違いますかね。

これが、球を包み込むための壁です。

ここから左肘下向きで体近くを通り、左手に乗せたお皿を

左隣の人に渡す様なイメージがあれば、

アームローテーションは自然に起きます。

ですから、これらをごっちゃにすると確かにわからなくなります。

説明がややこしくて御免んなさいね。


 結構、本文より過去のコメントのやりとりの方が

参考になると思いますよ。こんな感じで答えているので。




「PS;スミマセンがもうひとつ上で書きました、
左腕が胸につくのを待って、という部分なのですが、
実際には胸に付く直前に左膝が伸び始めて左胸が逃げて行きます。
> 胸にドーンと付くまで左膝を我慢するべきですか?
スローではできるのですが。。。」

 皆さんが悩んでいるスイングで最も重要な部分ですね。

左右の腕が体から離れていたら振ってはいけないのです。

なぜなら振ったら精度がゼロです。どこへでも振れるでしょう?

ですからトップから右肘が脇に下りて体と一体化したら

初めてスイング開始です。その時同時に左肘も体と一体化します。

そこで初めて右足を蹴るのです。

皆さん全然、遥かに右足の蹴りのタイミングが早すぎる。

全く既存のゴルフ理論とプロの世界のスイングは、

ここが全く別物なんです。別世界です。確実にそうです。



 左足の伸びとは一体何なのでしょうか?

分かりますか? なぜ? いつ、左足の蹴りが始まるのか?




 実は、右足の蹴りに対抗する壁を作るために伸びるのです。

ですから、右足を蹴ったと同時に始まるのです。

右足のけりが早いから、左足の蹴りが早くなり、

インパクトゾーン終了前に体が伸び上がるのです。

だから意図しなくても掬い打ちの形になるのです。

掬い打ちの意識などさらさらなくても、掬い打ちと言われますよね?

これがその最も大きな原因の1つです。

体重が乗らない、スピンの効かない、弱々しい球になるのです。

インパクトゾーンでの体の伸び上がりは最悪です。

今、私の娘に徹底的に教えている最重要課題でもあります。

ここがクリアーできないと次に進めません。

フィニッシュまで「く」の字です。

右腰を入れても股関節を柔らかく使いくの字を維持します。


 右の蹴りが早いから、左膝の伸びが速いのです。

右足のけりが速いから、肩の開きが早いのです。

また、左足でスイングをリードしないから、

右サイド、上体、腕が出てくるのです。

順番が逆ですよ。でもここが出来たら間違いなくシングルです。

どうしたらいいのでしょうか?

まず、右足を蹴らなければ良いのです。

私はスティンガーショットで180Y位までなら右足を蹴らないで

余裕です。

右足を蹴らないショットができれば、いくらでも右足のけりは遅らせられます。

そうですよね。

肩が開いて、右肩が被る原因は実は左足で打ってないからです。

がに股スイングとは、まず左足一本で打つことなのです。

これから練習に行くので次回説明します。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

しゅう坊 さん今日は!! Re: ご質問

> 今回の解説は本当に目から鱗でした。
> ところでご質問があります。
> 自分はまさに、右足の蹴りを左足で受け止めることと左の脇の閉めを意識してスイングしていたのですが、どうもこれと”腰を切る”ことが両立できません。
> 左足で体重移動を受け止める関係上、左太腿にはHWB以降とても力が入ってて、腰を切ろうとすると、力が抜けてしまい、ドシャンクしてしまいます。

シャンクはトゥーとヒールがあります。ヒール側のシャフトのシャンクでは右足が前に出る、手がたまに近づくことがあります。

>その関係で、フォローでも左足が伸びることはありません。

タイミングがずれているんですね。今日のドリルで全て直りますよ。

> また、左脇もずっと閉まってて、フォローでも力が抜けないため、大きなフォローが取れません。
> 左足と左脇の意識の持ち方と、腰を切ることとの関係、もう少し詳しくご教示いただけませんでしょうか。

左脇はアームローテーションの後は緩めて自由にします。そうしないと佐藤清一プロの様にインサイドに低いフォローになってしまいます。
左右対称なのでインに引く人はインに引け易いです。

自然なアームローテーションは腕が体の近くを通る事が重要でローテーションが終わったら、もう大きいフィニッシュに移行します。

これは、プレーンの問題です。
左ひじが、引けるとはフォローで左肘がインサイドに入りすぎることです。
スイングは左右対称なのでアップライトに上げれば、フォローも直ぐにインに入りにくくなります。あくまでインパクトゾーン終了まで低く長く完全リリースします。そして、左腕で操作してはいけません。左腕を使うからフォローが小さくなります。

腰を切る意識はありません。結果的に切れるだけです。
伊沢利光プロのように「腰を切る」という表現で腰を高速回転するというレッスンがありますが、これはプロの感覚です。
アマが腰だけまねすると必ず空回りしてバランスを崩すだけです。

今日のドリルでかなり変わると思いますよ。
試してみてください。

afcly309@ さん今日は!Re: 左足をじっくり下ろす

> 『がに股でタメル』の記事に書かれていた、
> >左への体重移動をじっくり行い、右肘が右脇へ下りるまで、右足の蹴りを我慢します。
> が、私にとっては重要なヒントになりました。
> この「じっくり」ができず、従来、左足を早く下ろしていたため、トップからの間が取れず、また、腰のひねりも発生していませんでした。
> 今はじっくりと左足を下ろす練習を行っています。

ドリルをアップしましたので試してください。
脅威ですよ。
間はこのドリルとアップライトで肩を深く入れることよりゆったりできます。

おはようございます。

ゴルキチさんの熱心さには頭が下がります。

僕もゴルフ馬鹿ですが、ゴルキチさんには負けます。笑 (僕なりの賛美ですからお許しを・・笑)

右足の蹴りのタイミングの早いのは、今でもたまに出ます。
お陰で、左に一直線です(笑)

背面打ちと、左足一本ドリル(キッドさんのところにありました)で治りますよ(笑)
腕の使い方、脇の締め、腕のローテーションの感覚
右肩の送り込みが体感出来るドリルです。
あくまでもドリルなので、フルショットではありません。
僕も同じ悩みがありましたので、他の方の参考になればと・・
余計な事であればスルーしてください。

これからも頑張ってください。

右足蹴らない

早速まったく右足を蹴らないつもりで打ってきました。
左足だけで打つとは左胸に左腕がついたら左足を蹴れということでしょうか?

あらあら不思議
左足を蹴ったら、右足はぜんぜん蹴る気がないのに、結果として蹴った形に。。。
そしてもっと不思議な感覚が
左足だけ蹴るつもりだと、その場で回転しちゃうというか。。。今までやっぱかなり左にスェイしていたのだと気づきました。

AW52度~6Iまで心地よく捕まるようになりました。僕はこのクラブではほとんどスタンスの中央にボールを置きます。
それ以上のクラブではうまくいきませんでした。ボール位置が左になるからでしょうか?
ドライバーではほとんど自然なローテーションは発生しませんでした。難しいです。

あと左手のお皿を左隣の人に渡すと教わりましたが、背中側の人(ほとんど真後ろの人)に渡すつもりでターゲットに安定したショットができました。
右腕はどんどんやることがなくなってしまいました。

ご質問

ゴルキチさん、こんにちは。
いつも楽しく拝見しています。
今回の解説は本当に目から鱗でした。
ところでご質問があります。
自分はまさに、右足の蹴りを左足で受け止めることと左の脇の閉めを意識してスイングしていたのですが、どうもこれと”腰を切る”ことが両立できません。
左足で体重移動を受け止める関係上、左太腿にはHWB以降とても力が入ってて、腰を切ろうとすると、力が抜けてしまい、ドシャンクしてしまいます。その関係で、フォローでも左足が伸びることはありません。
また、左脇もずっと閉まってて、フォローでも力が抜けないため、大きなフォローが取れません。
左足と左脇の意識の持ち方と、腰を切ることとの関係、もう少し詳しくご教示いただけませんでしょうか。

宜しくお願い致します。

左足をじっくり下ろす

『がに股でタメル』の記事に書かれていた、

>左への体重移動をじっくり行い、右肘が右脇へ下りるまで、右足の蹴りを我慢します。

が、私にとっては重要なヒントになりました。
この「じっくり」ができず、従来、左足を早く下ろしていたため、トップからの間が取れず、また、腰のひねりも発生していませんでした。
今はじっくりと左足を下ろす練習を行っています。

タイガーカムバックさんおはようございます。 Re: こんな感じ?

> 記事で取り上げてもらい感謝です。
> 親切な説明だと思います。
> しかし難しい部分ですね。

この問題はちょうど取り上げるタイミングでした。
非常に難しい問題ですが、解決できればスイングは全く見違えます。
今までの問題がかなり解消しますよ。

> 僕の理解を書いてみますね。
> ①スイングはボールの先、4時、フィニッシュ、とにかくインパクトに向かわない。
> ②「包み込む」は、実際にはビハインドザボールのイメージで、左腕外側で「包み込む」意識が必要。でも、ここが目的にならないように!

アームローテーションは自然に起こりますがやはり要領は要りますし、
とにかく左腕を体の近を通す事と、ビハインドザボール、左壁、肩が開かない事が条件です。

左に流れ左股関節から外れる、右肩が被って突っ込む、左肩が開く、左肘が引ける、フィニッシュまで振り切れない等の症状はいずれも、上体、腕、右サイドで打っている事が原因です。これは自覚では絶対に分かりませんし、治りません。

しかし、左足だけで打つドリルでわかる方は10分で分かります。今まで全く間違っていたことを。

> こんな感じですが。
> 大方よろしいですか?
> 間違っていたらまた教えてください。

間違いはないですが、それらを全て正しく実行できる方法が必要です。

>「包み込む」ってよく上級者が使う言葉と思うんですけど、勝手に右胸で包み込むようなイメージをもってました。胸の前で、って感じ。

右胸はないですね。右サイドは全く使わない意識です。右ひじもインパクトで意識しないで重力で体の前に落ちてきます。右足蹴りもタメの開放で仕方なく蹴りが入る様な感じで体を左にスウェイさせるような使い方にはなりません。
徐々に説明していきますが、実はむしろスコット・スミスの蹴りに近いです。究極的にスウェイがない蹴りです。

> それでイメージがボールのところで寸断していたのだと思います。
> 左腕の外側で「包み込む」なら、その先のイメージが繋がります。
> 左胸近くまで腕が来たら、反転で左胸を飛球方向へ開放するイメージが好みなのですが、それにも繋がる気がしています。
>
> それと
> 右足の蹴りと左膝の蹴りの関係、タイミングの説明、目から鱗です。
> もっと我慢しないといけないんですね。
> ダウンから目線がどんどん左へ流れる日がありますが、そうなると振り遅れそうで急いで包み込もうとしてミスを連発していました。
> これも同じ理由ですね。
> 包み込めるタイミングを見計らって、蹴ればいいのかと。。。

表現が難しいですが、最初は全く右足を蹴らない意識で練習してください。左足だけで打ちます、そうすると全くスウェイ、肩の開き、右肩の被りが起こらないことがわかってきます。
全ての悪い動きは上体と、腕と、右サイド、右足のけりにあることが分かります。まず、そのことに気づくことが先決です。すると右足の蹴りは自然に起こるものだと分かります。タメは肩をしっかり入れて、右に十分乗って右足で蹴らなければいくらでもできます。極端には左足で振るまで止まっている訳です。

> でも練習が必要ですね。頑張ります。
> ありがとうございました。

頑張りましょうね!!

こんな感じ?

記事で取り上げてもらい感謝です。
親切な説明だと思います。
しかし難しい部分ですね。

僕の理解を書いてみますね。
①スイングはボールの先、4時、フィニッシュ、とにかくインパクトに向かわない。
②「包み込む」は、実際にはビハインドザボールのイメージで、左腕外側で「包み込む」意識が必要。でも、ここが目的にならないように!

こんな感じですが。
大方よろしいですか?
間違っていたらまた教えてください。

「包み込む」ってよく上級者が使う言葉と思うんですけど、勝手に右胸で包み込むようなイメージをもってました。胸の前で、って感じ。
それでイメージがボールのところで寸断していたのだと思います。
左腕の外側で「包み込む」なら、その先のイメージが繋がります。
左胸近くまで腕が来たら、反転で左胸を飛球方向へ開放するイメージが好みなのですが、それにも繋がる気がしています。

それと
右足の蹴りと左膝の蹴りの関係、タイミングの説明、目から鱗です。
もっと我慢しないといけないんですね。
ダウンから目線がどんどん左へ流れる日がありますが、そうなると振り遅れそうで急いで包み込もうとしてミスを連発していました。
これも同じ理由ですね。
包み込めるタイミングを見計らって、蹴ればいいのかと。。。
でも練習が必要ですね。頑張ります。
ありがとうございました。

桃キチさんこんにちは!Re: タイトルなし

> ゴルキチ様、適切な回答ありがとうございました。
> 感謝で涙チョチョ切れです。

ゴルフは意外に怪我が多いです。

> 意外に肩に負荷かかっていたのですね。
> やってしまいましたが、ここは前向きに神がアプローチの練習をするように啓示していると思って出来ることを極めようと思います。

スイング造りは間違いなくショートアイアンです。ドライバーのスイングも同じです。
52~8Iの50Yで十分です。
スコアはアプローチとパターです。
冬は寄せワンでパーを拾いまくる練習にちょうど良いですよ。
また、ティーショットもアイアンやショートウッドで風に負けない安全な低い球で確実にレイアップする練習が必要ですね。私もいろんな攻め方でトライしてみようと思います。
オフシーズンですからいろいろ試してみましょうね。

ゴルキチ様、適切な回答ありがとうございました。
感謝で涙チョチョ切れです。

意外に肩に負荷かかっていたのですね。

やってしまいましたが、ここは前向きに神がアプローチの練習をするように啓示していると思って出来ることを極めようと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR