ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

フォロー重視のスイング 前傾維持 ドリル紹介

 安楽拓也プロの超効率的なスイングです。

力みが全くないです。腰が入り、大きなフォローが特徴です。

胸が完全に裏返って、右肩が大きく出て行きます。

明らかに大きなフォローでインパクトゾーンを加速させて

飛ばしています。インパクトの強さではありません。



安楽拓也プロのスイング


福本 大象選手のスイング 前

完全にフォロー重視の極端な例です。

掛け声まで合って、意図が分かりやすいです。



福本 大象選手 後ろ


 2つのドリルを紹介します。

1、手打ちにならないでフォロー重視のスイングのドリル

2、腰を入れる感覚のドリル

 両方ショット前に非常に効果的です。 


 1は、アドレスからテークバックなしでフォローサイド

だけの素振り、最後まで前傾を維持した、後ろから見たら「く」

の字を維持した、大きなフィニッシュを取る素振りを繰り返します。

次第に、大きなフィニッシュまで回して静止するためには、

左軸足の使い方と右股関節の伸展、肩甲骨、肩関節の柔軟性、

体のバランスの重要性、全身の脱力の必要性が良く分かります。

 アドレスからのスイングだとフィニッシュが取れるということは、

インパクト前に既にバランスが崩れているため、

大きなフォローが取れない、もしくは全身の力みにより

柔軟性が欠如しているのです。




 前回のラウンドで、ぶっ飛んだ2発はレッスン通りの

Ⅰ アップライトな高く深いトップとハイフィニッシュ

Ⅱ 最後までくの字の前傾を維持

Ⅲ 左足リードで右足を蹴らないスイング


を忠実に守りました。

前傾維持とハイフィニッシュのためには、全身の力を抜くことで、

バランスと柔軟性を維持する他ないのです。

また、インパクトゾーン最後まで前傾を維持するためには

低く長いインパクトゾーンが必須で、

ドライバーの飛ばしに必要なアッパースイングとは、

実は逆の感覚が必要になります。

アッパースイングとは、打ち出し角を意図的に高く意識するのではなく、

むしろインパクトゾーンでは右足に体重を残して、

完全なビハインドザボールで左脇外側でインパクトする事で

自然に達成されるものだと思います。


もちろん明治の大砲ではなく軸は左にありますから、

フォローでは全体重が完全に左に移動します。

その点でも右足の強い蹴りによる、インパクト前の過剰な左への

体重移動は、バランス維持との両面で良くないのでしょうね。


 そのショットでは、もちろん飛距離を意識しましたが、

より大きな円弧とバランスの良いフィニッシュだけを重視しました。

テンポ良く、バランス良く非常に気持ち良く振りぬけた2発が

やはり大きな飛距離にもつながりました。
 
明らかに全身の力みが抜け、フォローで加速する感覚が分かります!!

 
 腰を入れるドリルは、ショット前に非常に効果的です。

左足前、右足後ろで体の正面の木や壁を両手でぐっと押すだけです。

この時、腕だけではなく全身で、腰を入れて押します。

こうするとショットでも腰が入り易くなりますよ。


 安楽プロもちょっとメタボ気味の腰が良く入っていますね。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

タイガーカムバック さん鋭いですね!!Re: お言葉に甘えて

> ゴルキチさんはインパクトするかしないかから左肘のたたみを奨励していますよね。
> その一方で今回の記事では
> 「また、インパクトゾーン最後まで前傾を維持するためには低く長いインパクトゾーンが必須で、。。。」
> と書かれています。
> 左肘の早期のたたみは体の中心へV字軌道であげると言う意味と思います。しかも左手首のライ角も維持するならば、インパクト後早々にヘッドは上昇するように思います。
> それと、低く長いインパクトゾーンというのに矛盾を感じてしまいます。
>
> ゴルキチさんが指しているインパクトゾーンとは、どこからどこを指しているのでしょう?
> ボールの右に低く長くとれるようにしろということなら理解できますが?
> やっぱそういうこと?

非常に鋭い質問ですね。
確かに仰るとおりに疑問に思われると思います。
実際今回のレッスンでコーチと「左肘のたたみ方の意識」で若干の認識の違いがあります。
これは、はっきりさせたほうが良いのでで記事で書きますね。
今後暫くコーチの方針に基づいて行きますので変更点も出てくると思いますので、
そのたびに変更点を書いていきますね。

お言葉に甘えて

またまたわかりやすい説明でありがとうございました。
なんだか質問が多いみたいで悪いと思ったのですが、それではお言葉に甘えてもうひとつ。

ゴルキチさんはインパクトするかしないかから左肘のたたみを奨励していますよね。
その一方で今回の記事では
「また、インパクトゾーン最後まで前傾を維持するためには低く長いインパクトゾーンが必須で、。。。」
と書かれています。
左肘の早期のたたみは体の中心へV字軌道であげると言う意味と思います。しかも左手首のライ角も維持するならば、インパクト後早々にヘッドは上昇するように思います。
それと、低く長いインパクトゾーンというのに矛盾を感じてしまいます。

ゴルキチさんが指しているインパクトゾーンとは、どこからどこを指しているのでしょう?
ボールの右に低く長くとれるようにしろということなら理解できますが?
やっぱそういうこと?

タイガーカムバック おはようございます!!Re: 結局

> 結局。。。
> ゴルキチさんの表現で言えば、アドレスで左上腕の裏側が左の乳首を軽く押していて、ダウンで再度この状態が再現されたところで、クラブがプレーンに戻るということになるのかな?

そうですね。アドレス時のシャフトのラインの少し上が理想のプレーンです。そこに戻るときは両脇が締まっていますよね。
トップに上がっている間は脇が開いています。閉まった瞬間=右肘が右腰に降りた瞬間=左脇も締まった瞬間がプレーンに戻った時でそこから本当のスイングがスタートします。なぜなら、プレーンに乗ってからでないと腕を振れないからです。脇が締まっていない状態で腕を振ったら再現性がなくなります。逆にしっかりし待て要れば、ある程度強く振っても再現性は高いですよ。実際非常に難しいです。出来ているアマは殆ど見たことはありません。

> 僕の場合、HWDの少し先8~7時になってしまいますが、遼くんの写真で見るとHWDでは既にできているように見えます。
> この辺で再現できるように努力すれば再現性があがるのでしょうか?

タメを深くすることと同等ですか、条件があるのです。フェースがスクエアであることです。スイング中フェースが十分にスクエアだと深くためてもそのままスクエアで降りてきますのでそのままで全く問題ありません。しかし、フェースがオープンだとスクエアに戻す作業が必要です。その為には殆どのケースでアーリーリーリースしないと戻りません。もしくはタメすぎるとローテーションが間に合わないので、必ず開いたままスライスします。

この点は非常に重要です。比較してやってみると分かりますよ。右手のひらが正面を向いたままタメを深くインパクトまで維持しても、左手首が下を向いていれば自然にそのままスクエアに維持されていますので問題ありません。しかし、左手首も正面を向いてフェースが開いていると、手首を返しきれません。間に合いません。だから、フェースを開いて扱っている肩は深いタメができないのです。いくらでも維持できますよ。インパクト以降もタメを維持しようとしても、クラブが長くスピードが速くなるほど強烈な遠心力で殆ど勝手にリリースされますので心配要りません。これもやってみると分かります。自らリリースするからボール手前で手首が伸びてダフってしまいます。もちろん左手首のライ角はコックと違ってインパクト後まで維持しナイトヘッドが落ちてダフります。要するに腕はスイングの点では脱力しますが、クラブコントロールの点では手首維持で脱力しません。

> ここだけ教えてほしいです。

また質問してくださいね。お待ちしています!!

結局

いろいろと教えていただきありがとうございました。
とてもわかりやすい親切なアドバイスでした。

結局。。。
ゴルキチさんの表現で言えば、アドレスで左上腕の裏側が左の乳首を軽く押していて、ダウンで再度この状態が再現されたところで、クラブがプレーンに戻るということになるのかな?
僕の場合、HWDの少し先8~7時になってしまいますが、遼くんの写真で見るとHWDでは既にできているように見えます。
この辺で再現できるように努力すれば再現性があがるのでしょうか?

ここだけ教えてほしいです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR