ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

3度目のレッスン1

 3度目のレッスン内容です。ドライバーのみのレッスンです。


1、左グリップの親指と人差し指のV字が少し開いて、

親指がシャフトの真上より少し右側にあったのを

完全にV字を閉じて左親指をシャフトのほぼ真上に乗せました。

目的は、よりストロングにして上から押さえて易くし、

グリップが浮かないようにしました。



2、テークバックで、右腰が僅かに右へスライドしていた。

修正方法は、正面から見て右足全体が不動で、

右足付け根に縦斜めにしわがよる様な動きで、

右尻を受動的に少し後退させることを意識しました。


拇指球加重です。

これで、右へのスウェイが大幅に減少しました!!

右へのスウェイが減れば左へのスウェイも減ります。

 
 さらに、ドライバーではアドレスでの右足加重をあらかじめ

強目にして、右への体重移動時のスウェイを防止しつつ、

完全に右に乗り切れる様にしました。

 これにより右股関節の上で更にゆったり間が出来ると思います。

これもビデオで何回か見ないと自分ではなかなか気がつかない点でした。



3、テークバックで最初にグリップを少し上げてからテークバックしていました。

テークバックのスタート時に僅かに脇が開いているのです。

これはコーチに指摘され、ビデオを確認しないと自分では気がつきませんでした。

治したつもりでしたが、かなり意識して体と一体で上げていかないと

また指摘されてしまいました。前回と合わせ両グリップの修正で

浮き難くなると思います。

しかし、左脇を最後まで締めっぱなしでは、

トップもフィニッシュも低くなってします。

閉めて上げてからいってから、脇締めを開放して高いトップにする。

ここは、また説明しますが今後の重要課題です。




4、まだ、切り返しが早すぎる。リズム自体まだ速過ぎる。

もっとゆったり振る・・・。


これが最も難しいテーマですねー(涙)

上体、腕は脱力出来ていると思うんですが・・・。

ゆっくり振ろうと思えば出来ますが、どうもしっくりいかないのです。

コーチの要求はかなりゆったりです。

「どうしましたら良いんですかね?」

「柔らかいシャフトで練習しましょう」

「・・・(柔らかシャフトドライバーがあるからあれでやろう)」

「では、タメを深くするためには?」

「フィニッシュを意識したスイングです」


「バランスですか?」

「そうです」



 レッスン後の練習で試したこと。


1.ビハインドザボールを強く意識


頭はキッチリ右を向けたままインパクト

左脇左でインパクトする意識で左へのスウェイ、突込みが減りました

そのため右踵が意識せずとも上がらなくなり、

右足に重心を残してインパクトで来ます

前傾を維持しても、自然なアッパースイングが出来ます。


2.兎に角バランスの良いハイフィニッシュをること

そのためには強いインパクトより、フォロー重視のバランスを

フィニッシュまでしっかり維持出来るスイングです


3.左肩を低く維持する前傾をさらに完璧に維持する


4.右足を蹴らないで腰のリードを使ってみました

ゆったりスイングの為にトップで自在に間をとれなければいけない

そのために左足リードと体幹だけでスイングし、

間の調整と前傾を維持する



 やはりビデオ撮影によるレッスンは非常に効果的ですね!!

たった3回のレッスンですが予想を遥かに超える内容の濃さです!!

どんどん吸収して完全に身に付け、実戦で立証したいと思います。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

しゅう坊 さんおはようございます!!Re: ご返事ありがとうございました!

> 左足レッスン、めっちゃよかったです!

そうですか!!感覚つかめましたか!!

> 今まで肩の力を抜けとよく言われていたものの、全く理解できなかったところ、このレッスンでなんとなく実感できました。

もう1つドリル書くの忘れてました。左手は普通にグリップし、右手を小指だけグリップする位軽くして人差し指、親指は離します。これで全く同様な打ち方でもっと飛距離を伸ばしていきます。

腕、上体、右足蹴りの脱力で、右肩が全く被らず、左へ突っ込まない事を確認しながら振ります。
右足を蹴らなくても、体重移動が少なくても十分に飛距離が出る事が分かります。
これが力が抜けたスイングです。

> 加えて、今まで前傾がゆるく、それがテイクバックを横にとる原因になってたのですが、このレッスン後、腹筋に意識しながらスイングしてると、徐々にですが、強い前傾、アップライトなテイクバックをもとれるようになってきたように感じます。
> まだ身体になじんでいないので、フルショットするとうまく打点があいませんが、今の形で練習を続けていったらいいのかな、と思います。

今まで楽をして立ち気味なら前傾を強くして、両腕をダランと腕を垂らします。脇は自然に体に付くように調節します。テークバック、ダウン共になるべくグリップが自然に体の近くを通るように心がけます。ダウンで離れると言う事は起き上がり、グリップの浮きと言う事です。
脇締めの力はなるべく強くしすぎないようにしますが、テークバック初動は締めながら左脇と左腕で上げていきます。トップ、フィニッシュでは脇を開放しないと大きくなりません。これは、クラブ3本ぶりでアップライトな軌道を繰り返し練習し、関節を柔らかくします。

私も、コンパクトなトップのブームで小さくなりすぎていました。

> 課題は大きなフォロースルー、そのカギとなる左脇の力加減ですかね。。上体を脱力した結果、左脇の力も抜けてしまい、インパクト時にやや甘くなる感じです。
> なかなかイメージがつかめません。。

慣れて腕を近くに通せれば脇閉めの力は少ないほうが良いのです。そうなるように前傾を深くするのです。
ただ、丹田は多少力を入れます。そして、丹田を球に向けると背筋が伸び体幹で振れる感覚が出ます。ただ、力みすぎるのは良くないですが。

あと、スタンスを狭くすると全身の脱力に繋がり、フォローが高く深く出来ますね。
左右の爪先を広げるとトップ、フォローともに回しやすいです。
スウェイは軸がぶれるのでまずいですが、強すぎる捻転も力みに繋がりますので、深いトプの方が重要ですね。

コメント有り難うございます!!

ご返事ありがとうございました!

左足レッスン、めっちゃよかったです!
今まで肩の力を抜けとよく言われていたものの、全く理解できなかったところ、このレッスンでなんとなく実感できました。
加えて、今まで前傾がゆるく、それがテイクバックを横にとる原因になってたのですが、このレッスン後、腹筋に意識しながらスイングしてると、徐々にですが、強い前傾、アップライトなテイクバックをもとれるようになってきたように感じます。
まだ身体になじんでいないので、フルショットするとうまく打点があいませんが、今の形で練習を続けていったらいいのかな、と思います。
課題は大きなフォロースルー、そのカギとなる左脇の力加減ですかね。。上体を脱力した結果、左脇の力も抜けてしまい、インパクト時にやや甘くなる感じです。
なかなかイメージがつかめません。。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR