ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

水平素振り、ひざ立ち打ちでプレーン、フェースターンのチェック

 今日のレッスンは、ショートアイアンの精度チェックでした。

まず、水平素振りで水平のプレーン上をクラブフェースが

どう動くかチェックし、正しい動きを確認しました。

自然に動いていないと右手で操作していると言うことです。


また、水平素振りをそのまま前傾してプレーンをイメージする

ドリルもしました。

 
 次に、両膝立ち打ちでティーアップした球を打つドリルです。

このドリルは有名ですが、目的はいくつかあります。

1、ライ角を維持できるか?

2、プレーンが正しいか?プレーンがゆがんでいないか?

アンダーになっていないか?

3、プレーン上をフェースが正しくターンしているか?

 私は問題なく両ドリルできましたが、ロングアイアンでの

膝立ち打ちドリルは非常に良い練習ですね。

水平素振りを前傾することで、正しいフェースのターンとプレーン

を確認することも、非常に良い習慣になると思います。

この二つのドリルでショートアイアンの精度が確かに上がる気がします。



 ここにマーク金井さんの膝立ち打ちの効果が出ています。

マーク金井さんのひざ立ち打ち

良く見えませんがテークバックでのフェースターンが重要なんです。
不自然なフェースターンがプレーンを歪めます。
ガッツポーズにはそれなりの技量が必要だからです。


アドレスのシャフトプレーン=インパクトプレーン
膝立ち打ち1

 トップです。右肘とボールを結んだ線がインパクトプレーン

左うでがショルダーラインとほぼ一致しています
膝立ち打ち3

 オンプレーンです。ここでインパクトプレーンより

下を通るアンダーだとダフります。
膝立ち打ち2

注目点は、ライ角の維持、きれいなプレーンはもちろんですが、

問題はむしろテークバックでの自然なフェースターンです!!

これができないと必ず右手を使い軌道が上下にぶれます。

自覚はないので非常に怖いのです!!


ロングアイアンで直置きでバンバン打てたら完璧な

自然なフェースターンができてます。

間違いなくシングル級です。



 もうひとつ他のドリルで、

水平打ちで空中の的を打つドリルです。

紐でつった的か、柔かい棒の上の的をクラブで打つのです。

短いクラブのほうが簡単ですがドライバーでも打てるはずです。

 殆どの方は下を打ちます。なぜか?

水平なのでプレーンは問題ないはずです。

では、ライ角キープの問題か?

もちろんライ角を維持できなくても打てません。

じつは、プレーン上をフェースが自然に正しくターンしているか

どうかが大きな問題なのです。

スクエアでも多少シャット目にフェースを維持していても

HWBから先は自然にフェースが開くようにターンします。

そしてトップでは45度以上を向きます。


 この動きがプレーン上で自然でないと空中の狙った標的を

うまく打てず、殆どの方は下を打ちます。

また、自然にターンしないと言うことは右手で手先でフェースを

操作していると言うことで、

トップやフォローで窮屈になり、脇を自然に開けれないので

高いトップ、フォローが取れません。

フェースをスクエアに維持する役目は左脇閉めです。


右手ではありませんので気をつけて下さいね。

膝立ちドリル、水平打ちドリルは思わぬ落とし穴を

発見できる非常に有効なドリルですよ!!

試してみてください!!
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

おっさん さんこんばんは!!Re: ウエイトボールについて


> ご返事、ありがとうございます。
> 私が上達しない理由がよく分かりました。
> 「想像力の欠如」この一言に尽きます。
> ウエイトボールは挟んでなんてとても無理ですよね、やっぱり。
> 何か秘策があるのかとついついご迷惑をお掛けしました。

いえ、私の説明不足ですよ。頑張ってますね!!

> 月曜日ぐらいから持ちながらシャドウースイングしています。
> 先ずは体を慣らすため、少ない回数で行なっています。
> 運動する行為に慣れてから、色々と探求したいと思います。
>
> 鉄棒、探しました。
> 径14mm、長さ1mで重さ1.2kg位になるのでこれを調整しながら作って見ます。
>
> 何しろ腰痛持ちですので体をだましながらの試みですので。

準備運動、ストレッチだと思ってください。私も腰の手術2回やってますよ。

> ただ不思議なことに、ウエイトボールで体の力を抜き肩からぶら下げら様にアドレスを取るだけでも、腰の重さが気にならなくなります。

そうです。四股を踏んで腰を落として股関節から前傾してみてください。それで振ると絶対にスウェイしません。股関節への乗り方、壁の作り方、ウエイトボールは重いので、股関節へ体重が乗る感覚が良く分かると思います。

それとHIROさんが開眼したようですが、左手で右腕上腕を押さえてトップから振る練習も良いですよ。

お互いに頑張りましょう!!
また、コメントお待ちしています!!

ウエイトボールについて

ゴルキチ様、こんばんは。

ご返事、ありがとうございます。
私が上達しない理由がよく分かりました。
「想像力の欠如」この一言に尽きます。

ウエイトボールは挟んでなんてとても無理ですよね、やっぱり。
何か秘策があるのかとついついご迷惑をお掛けしました。

月曜日ぐらいから持ちながらシャドウースイングしています。

先ずは体を慣らすため、少ない回数で行なっています。
運動する行為に慣れてから、色々と探求したいと思います。

鉄棒、探しました。
径14mm、長さ1mで重さ1.2kg位になるのでこれを調整しながら作って見ます。


何しろ腰痛持ちですので体をだましながらの試みですので。

ただ不思議なことに、ウエイトボールで体の力を抜き肩からぶら下げら様にアドレスを取るだけでも、腰の重さが気にならなくなります。

気づきなどありましたら報告させて頂きます。

それでは失礼します。

おっさんさんおはようございます!!Re: 膝立て&ウエイトボール

> 膝立ちドリルやってみました。
> 1/4程度の位置から右肘が曲げ始めないとシャフトを立てることが出来ませんね。
> これならば、シンプルマスターみたいな軽いボールを挟みながらでも行なえます。
> 私には腕を脱力した状態が必要でした。
>
> また「腕を振るから体が回る」ような感覚がありますが、これって振れているときにある感じですがこんな感覚で良いのでしょうか。
> 他の記事にも書かれていましたが、上体の使い過ぎが良く分かります。

そうですね。手打ちがなくなれば上体の使いすぎをどんどん減らしたいですね。

> ウエイトボールが届きました。
> 想像していましたが3kgは脅威の重さですネ。
> これをどのように料理すれば良いのか正直、悩みましたがフットワークが鍵でしょうか。

これは両手で持って振ります。
ボールはさみでは重過ぎて無理ですよ(笑い)

> ウエイトボールはさみドリルで両肘間隔と胸の3点の距離を変えないで一体感の感覚は、1/4程度のスイング(ランニング感じのアプローチ)の幅であれば股関節に乗せたテイクバックとフォロースローで行なえます。

手で持って振っているといろいろわかってきます。
手で振らない感覚、股関節への加重でスウェイしない感覚、自然落下、直線的スイング、自然なローテーション、両手の高さは一定、Ⅴ字軌道、フィニッシュ等々です。

> 「上体ではなく、あくまでも股関節に乗せそこから腕が縦に運動していく」みたいなイメージですが。
> ちょうど内股の筋肉にテンションが加わり、同時に腕が縦に跳ね上がる感じがします。
>
> ウエイトボールでは腕が曲がり始める前の動作確認までは行なえます。その先からは重くてボールが落ちてしまいそうで意識が腕に集中してしまいますが、これで良いものでしょうか。

両手で持ってやるしかないですね。クラブ投げの代わりにボール投げも良いのですが、投げたことはないですが、投げると割れるかも。

1.5kgの丸棒の素振りも同じ様な効果で良いですよ。簡単に自作できますよ。

膝立て&ウエイトボール

ゴルキチ様、こんばんは。

膝立ちドリルやってみました。
1/4程度の位置から右肘が曲げ始めないとシャフトを立てることが出来ませんね。
これならば、シンプルマスターみたいな軽いボールを挟みながらでも行なえます。
私には腕を脱力した状態が必要でした。

また「腕を振るから体が回る」ような感覚がありますが、これって振れているときにある感じですがこんな感覚で良いのでしょうか。

他の記事にも書かれていましたが、上体の使い過ぎが良く分かります。

ウエイトボールが届きました。
想像していましたが3kgは脅威の重さですネ。
これをどのように料理すれば良いのか正直、悩みましたがフットワークが鍵でしょうか。

ウエイトボールはさみドリルで両肘間隔と胸の3点の距離を変えないで一体感の感覚は、1/4程度のスイング(ランニング感じのアプローチ)の幅であれば股関節に乗せたテイクバックとフォロースローで行なえます。

「上体ではなく、あくまでも股関節に乗せそこから腕が縦に運動していく」みたいなイメージですが。
ちょうど内股の筋肉にテンションが加わり、同時に腕が縦に跳ね上がる感じがします。

ウエイトボールでは腕が曲がり始める前の動作確認までは行なえます。その先からは重くてボールが落ちてしまいそうで意識が腕に集中してしまいますが、これで良いものでしょうか。

お時間がありましたらコメントお願いします。

たいパー お久しぶりです。Re: お久しぶりです

> 今日の内容ですが、水平素振りは腕とシャフトの角度は180度ですか?

直立して前傾しないで、そのまんま水平の平面上にあるプレーンです。
プレーンが水平なので間違いなく分かるわけです。
その時フェースがどうターンするか確認できます。

それを通常のショットの前傾角度までプレーンとともに前傾すれば大体良いのです。

> マーク金井氏の膝立ちスウィングも脇がかなりあいていますが実際のスウィングに置き換えると・・・どちらもイメージわかないんですよ。
> 教えてください。

正しいスイングではなく、膝立ちだとプレーンがゆがんでいると直ぐダフるので分かりやすいのです。確認方法ですね。もちろん練習にもなります。
練習開始時や長いクラブで打つ前のプレーンの確認方法として良いですね。

きちんと当たらないと、記事に書いてあるように、どこかが間違っていると言うことです。

非常によく紹介されている練習方法のひとつです。
なかなか普通のレンジではやりにくいですが、屋内だとやりやすいですね。





お久しぶりです

ゴルキチさんこんにちは。
今日の内容ですが、水平素振りは腕とシャフトの角度は180度ですか?
マーク金井氏の膝立ちスウィングも脇がかなりあいていますが実際のスウィングに置き換えると・・・どちらもイメージわかないんですよ。
教えてください。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR