ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

足で上体でなく「腕」を振りましょう 殆どの方は「上体」を一生懸命振ってるだけです 人体ででんでん太鼓なんて不可能ですよ

 殆どの方は上体の回転や揺さぶりで腕を振ってます。

だから上体が止まると腕も止まってフォローが出ません。


また、下半身で振っている方も殆ど上体を振って、

揺さぶられた上体で、腕を振ってますから結局大して変わりません。

殆どの方は、上体が思いっきり動いています。

肝心の腕より動いてます。

上体は単に腕と足を連結する「もの」に過ぎないのです。

腕の動きを邪魔しないようにある程度回転して、

腕についてきてくれれば、あとは

なるべくじっとして動かない方が良いです。

上体を回転させたり、揺さぶってもマイナスしかありません。

振るのは腕です。

兎に角、腕や上体で腕を振らないで、

足で直接腕を振れば、振り遅れもなくなり、

腕が体から離れて大きなフォローが自然に出来ます。

すると、腕をゆったり落下させてもフォローで十分に加速できます。


格段に精度が上がります。

 まさか、でんでん太鼓なんてイメージしてないでしょうね?

人間の胴体で、でんでん太鼓の再現なんて不可能ですよ。

そう言うプロもいますが、のろまで重い胴体をでんでん太鼓

のように細い軸を高速に安定して回せると思いますか?

高速回転なんてどうやっても不可能ですよ。

真央ちゃんは空中で全身が回ってます。

上体だけじゃないです。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

とむ さんおはようございます!!Re: 唐突に失礼しました。

> ゴルキチさん、唐突に挨拶も無しにコメント投稿した失礼の段、お詫びいたします。

全然、そんなことないですよ!!
私にも良い勉強になります。

デンデン太鼓練習しながら凄く考えちゃいましたよ(笑)
だから記事に書きました。

この議論は昔から多いんです。
でも、イメージとしては凄く良いんです。
実際、私もショットの時に似たイメージは持っていますよ。
前傾したデンデン太鼓みたいなイメージですね。
完璧な軸は不可能ですが、かなりイメージしてます。
左右よりも前後、上下ですね。

ただ、デンデン太鼓とは絶対に言わないですね。
99%確実に誤解しますから。


> 上体の前傾維持、仰るとおりです。
> 主従関係は表現がまずかったですね、前後関係ですね。

いえ、本当に難しいんです。実際には上体も使っているはずですよね。
しかし、意識して使うものではないんです。
むしろ無意識のままにしておいて、意識はシンプルにするべきだと思うんです。
(そうすると自分のブログの否定にもなりますが(笑)
でも、極限のシンプルにするとゴルフは上げて下げるだけになってしまいますよね(笑))

もちろん、研究としてどの筋肉をどう、どの用途で使っているのか、
とか知りたいですよね。

> たまごとニワトリの関係のようで、どちらが先か議論の分かれるところですが、私の中では疑問が氷解しました。

とむさん、
上体の上部を意識して使わないでも、下部の腰はインパクトまで45度自然に回っているので、厳密には無意識に腰リードと言えると思います。

しかし、腰リードと意識した途端にまずい動きになるでしょうね。

伊澤利光プロの本を読めば途端に飛ばしたい時に腰を切る様に使うようになってしまいます。私もそうでした。でも、殆どのアマには彼のスイングは不可能です。

それに右足蹴りも結局は股関節を押し、骨盤の回転に繋がります。要するに上体、胴体の下部の腰を回しているのです。しかし、回転させようとして蹴ってはいません。むしろ回転させようとした途端に回転は逆に遅くなります。回転半径が大きくなるからです。

ですから、結果的に受動的に回る事を、現象だけを見ると能動的に回していると勘違いします。

すると、スイングはとんでもなく複雑になっていきます。

しかし、一生懸命難しく考えて、失敗して、試行錯誤しながら正しいスイングを理解していく事も、スイングをシンプルにしていく為には必要な過程だと思います。

分からないままシンプルにしろと言われても、子供じゃないんだから無理ですよね。
その点、レッスンプロも十分な説明義務があると考えた方が良い、と思うことは良くありますよ。

とむさん、また、コメントお待ちしていますよ!!

唐突に失礼しました。

ゴルキチさん、唐突に挨拶も無しにコメント投稿した失礼の段、お詫びいたします。

いつも楽しく拝読させていただいております。

上体の前傾維持、仰るとおりです。

主従関係は表現がまずかったですね、前後関係ですね。

たまごとニワトリの関係のようで、どちらが先か議論の分かれるところですが、私の中では疑問が氷解しました。

とむさんおはようございます!!Re: 待ってました!

> >まさか、でんでん太鼓なんてイメージしてないでしょうね?
> >人間の胴体で、でんでん太鼓の再現なんて不可能ですよ。
>
> この言葉待っていました。
>
> 腕を振る方向が上から下と思うようになってから、この「でんでん太鼓」に常に??疑問符でした。

あはは、藤田寛之選手はデンデン太鼓って言いますね。他のプロでもいます。
プロは軸の精度が非常に高いのでそう言う人もいます。
また、プロの言うイメージはアマに取っては結構危険なのが多いですね。

軸が出来ていないアマには理解不能なイメージだと思います。
胴体を回したら完全にアウトですよ。

> まだまだ、足から腕にとはいきませんので今後の課題です。

上体を脱力して歩くようなフットワークだけで振っていると、上体を意識する必要がない事が分かります。また、上体は前傾を維持することにひたすら専念させ、フィニッシュをバランスよく取る練習が良いですよ。

> 上体に関しての主従関係でいえば、腕の振り=主、上体の回転=従と考えてよろしいのでしょうか?

仰ることは良く分かります。
しかし、主従関係ではないと思います。スイングで考えると腕の振りと同等に重要なのが前傾の維持です。クラブのH/Sで打ちますが、前傾維持とフィニッシュがミート率と精度を高めます。

例えば、今の私にとっては腕の振りのスピードよりも、完璧な前傾の維持と完璧なフィニッシュの再現の方が遥かに重要なのです!!正しい上体の動きが維持できないと正しいプレーンになりません、するとH/Sもでません!!

結局、成年男子にとっては野球と違って、球とクラブが軽すぎるんです。
子供は力がなく、圧倒的に体が柔らかいので教えなくても自然に正しいフォームで振ります。力まないでクラブの重さを利用して振ってるんです。前傾維持のフィニッシュとフィニッシュで止まる事だけ教えます。ここにヒントがあります。

スイングは極めて自然な動きなのです。

それを、野球を知っている、力があり、体が硬い我々大人は、クラブの重さを感じ取ることが出来ず、パワーで振ろうとしてしまいます。これが大間違いなのです。

力で振ったらアウトなんです。

脱力しろと言うより、自分が子供になったつもりで、自分は力がないタコのようになればいいのです。
腕も上体も力がないと思ってください。そうしたらクラブをどう振るのか?

重力と遠心力で振るしかないでしょう?そして、加速するには子供でもまだ力のある足を使います。それでも子供の足は弱いので子供の力のレベルでゆっくり使います。

上体はひたすら前傾維持とフィニッシュだけのために使うことに専念させます。
それで、正しいスイングになると思います。

主従関係といったら難しいですね。私の感覚では、体は前傾、振られるのは腕で、役割が全く別だと割り切ったほうが良いと思います。

しかし、腕の振りのスピードをむしろ落として飛ばすことに取組んでいます。精度のアップと飛距離アップの両立です。
ひたすら力を抜く練習です。

> 「手打ち」という言葉で、巷では腕を従とするイメージが強いのが弊害とおもうのですが?

それよりやはり「ボディーターン」が超最悪ですね。
「ボディー」も「ターン」も両方最悪中の最悪で悪い手本です。

「手打ち」は実際非常にまずいです。なぜなら、殆どの方は手だけでテークバックをしています。この時点でもうスイングはダメです。私も常に気をつけています。手で上げるとどこでも上がってしまいます。正しいプレーン、ローテーションは手を使ったら分かりません。

ゴルフは難しいですね!!

待ってました!

>まさか、でんでん太鼓なんてイメージしてないでしょうね?

>人間の胴体で、でんでん太鼓の再現なんて不可能ですよ。

この言葉待っていました。

腕を振る方向が上から下と思うようになってから、この「でんでん太鼓」に常に??疑問符でした。

まだまだ、足から腕にとはいきませんので今後の課題です。

上体に関しての主従関係でいえば、腕の振り=主、上体の回転=従と考えてよろしいのでしょうか?

「手打ち」という言葉で、巷では腕を従とするイメージが強いのが弊害とおもうのですが?

リニアアクチュエー太 さんはじめまして!!Re: 同感です

> まったく同感です。
> 胴体はパワーを出すユニットではなく「姿勢を維持」するものだと思います。

コメント有り難うございます!!

全くその通りです。野球と違ってボールが静止していて、軽過ぎます。
そして、野球と違ってスイングに非常に高い精度を要求されます。
従って、上体の筋肉をスイングを加速するパワーとしてそれほど強く使う必要はなく、むしろ腕の遠心力や足のパワーによる軸のブレを維持する為にむしろ使われるべきだと思います。

腕と体の一体感とも必要ですが、逆に独立感も必要ですね。
このあたりはちょっとしたイメージの持ち方を帰ることによりスイングがかなり変わって来るでしょうね。

これだからゴルフは面白いですね。

またコメントお待ちしています!!

同感です

まったく同感です。
胴体はパワーを出すユニットではなく「姿勢を維持」するものだと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR