ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ダウンで腰が前に出る、左肘が引ける原因

 これも、ダウンで腰が前に出る、左肘が引ける原因

になりますが、フォローの左懐の広さの問題です。


 良くありますがスイング中お尻を壁に付けてスイングする練習です。

これはきちんと付いてます。

「左腰を回転」させても出来ますが、回転させちゃダメです。

「腰を切る」なんてもっとドツボにはまりますよ。

腰を切った瞬間に左肩がガバッと開きます。

だからスイングを回転運動だと意識すると恐ろしいのです。


左腰1

 下写真はお尻が後ろに出ずに、クラブから離れて前に出てます。

フツーのアマチュアはほぼ皆こうなりますよね。

皆さんこれで悩んでますよね。

前に振る腕とクラブの遠心力で体が前に引っ張られます。

想像以上に凄い力です。


左腰2

 これで、無理に前傾を維持しようとすると前に倒れざるを得ません。

TVの「ゴルフの真髄」の渡辺裕之さんみたいに、

彼はシングルですが、打つたびに前に倒れます。

毎回あそこまでバランスが崩れるのはおかしいでしょ?

左懐が出来ないので、無理に前のめりになってしまうのです。

バランスよく、上手くフィニッシュまでいけないのです。


hidarikosi3.jpg

 もしくは、前のめりを嫌うと逆Cになります。

右腰を前に出すのを嫌うと、左腰を上に逃がすしかないのです。


若いうちはそれで無理に明治の大砲を防げますが、

そのうち腰がぶっ壊れます。

そして、左肘が引けた明治の大砲になります。


hidarikosi5.jpg

 そして左懐が狭いので左腰が邪魔で左肘が下ではなく

左に向き、当然左肘が引けて逃げます。


殆どのアマがこうですよね。

H/Sが加速どころか急減速します。

フェースも返らず開きっぱなしで擦り球で決して捕まりません。


hidarikosi4.jpg

 どうしてこうなると思いますか?

遠心力の影響です。


ゴルフスイングを回転運動を意識して行うと益々こうなります。

縦振りで直線運動の意識でも

腕が右から体の前に振られて来るので

遠心力で前後のバランスが当然崩れますよね?

それを防ぐためには 「左のお尻を後ろに引く」 ことによって

前後の重心のバランスを取るしかないのです。

左腰と言うと腰を回す誤解が起こるので左お尻を真後ろに引くのです。

左足の重心は拇指球から土踏まずの間で、踵にすると左腰が引ける

まずい動きになります。左腰を回すと右腰が前出てしまいます。

一歩動きを間違うと非常に危険ですから注意してください!!

他に前後のバランスをとる方法はないでしょう???


 伊澤利光選手の様に「腰を切る」プロのレッスンが多いですが、

「腰切り」は明らかにフェード打ちのインテンショナルなスイングなので、

アマチュアには非常にリスキーで、コントロールはほぼ不可能だと思います。


 同時に左腰を後ろに引く事によって左の懐が出来て、

左肘の通り道ができます。左肘を左向きに引かなくて澄みます。

そして前傾を維持、軸の前傾を維持、頭の前後、上下の位置を維持

をきちんと強く意識します。



 非常に重要な問題は、決して「左腰を回転させる」、

「腰を切る」のではありません!!

この意識だと確実に回転運動して肩が開いてしまいます!!

「左お尻りを真後ろに引く」のです。

そして「前後の重心のバランスを取る」のです。

同時に左懐を広くして、左肘を真下にして通れるように、

道を作ってあげるのです。

また、こうする事によって左手が下、右手が上になり

アームローテーションが自然に行われ、

球が捕まり、フィニッシュまできれいに回れるのです。


hidarikosi 6

 ちゃんとできるとこの写真の様に

左肘下向きで、左手が下、右手が上で、

頭と右肩が残って、左壁が出来ていれば

左肘が引けずに、勝手にローテーションして球が捕まり、

フィニッシュまでバランス良く、かっこ良く、気持ちよく

振りぬけますよ!!

グリップは体に近く、ライ角が維持できていると

よりローテーションは確実になります。

この写真もシャフトが立っていますよね。



 じゃあ、この下のフィニッシュの写真の違いは分かりますか?

hidarikosi8.jpg
hidarikosi7.jpg

どっちが正しいと思いますか?

何が違うのでしょうか?

何が原因でしょうか?

分かりますか?
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

道具屋 さんまいどです!!Re: タイトルなし

> 左お尻引いてみます。
> 昨日のレッスン中がこんな感じだったんで。。

もしこれまであまり動いていなかったのなら、
前傾維持が非常に楽になりますよ。
前後の重心バランス維持が確実に楽になります。
また、懐も広くなるのでローテーションも確実になります。

ただ、決して右サイドが前に出るように使ったらダメです。
普通最初はそうなりやすいです。それでやめてしまいます。
なので、あくまでビハインドザボール堅持する意識、
特に右かかと維持ができることが条件になります。

でも、道具屋さんはこの辺の事はもう十分にお分かりでしょうね!!

ゴルフ 大好き さんこんばんは!!Re: 「左のお尻を後ろに引く」と「左腰が引ける」の違いについて

> ようやく右足首の捻挫も治りつつあり、本格的に練習を再開しようと思っています。

良かったですね!!冬は危険ですね!!
私も最近ストレッチにかなり時間をかけています。
股関節と肩甲骨の可動域の拡大とバランスの維持に注意しています。

> ところで、質問ですが、「左のお尻を後ろに引く」と「左腰が引ける」の違いについて、もう少し詳しく教えてくれないでしょうか。
> 私の中では、これが区別できていないのですが・・・。
> (左腰を引く=スイングラインに対して直角に引くイメージ?

そうですね。前に出る腕と重心のバランスをとるために後ろに引きますので、そのイメージです。この場合重要なことは、足裏の重心の位置が拇指球から土踏まずです。引けたときはかかと体重になり修正不能になります。

左腰が引ける=飛球線後方に左腰が移動すること?)
腰を切りすぎて、かかと体重になることや、右足に軸が残ったまま左に体重が移動していかないと明治の大砲状態で左腰が引けます。

3つの軸をイメージして、体重は多く移らなくても軸はしっかり左に移り、かかと加重にならないように重心位置に注意して、前後のバランスのために尻を引くと考えれば良いと重います。

タイガーカムバック さんこんばんは!!Re: 回答

> 下の写真がいいですね。
>
> 上は左肘が引けた結果のフィニッシュです。
> 上は左肘が引けずに、よって右肩が方向を指し示すフィニッシュです。
>
> 今回のお話は、前傾維持のお話でもありますね。

その通りです。右肩がどこまで回るかですね。
もちろん骨盤、肩甲骨の柔軟性、可動域もありますが、
上体の脱力とバランス能力が重要です。

シャローなプレーンだと低く長いインパクトゾーンが出来ます。
すると自然に右腕が引っ張られて右肩が出ていきます。
一方左サイドは飛球後方に引き付けられます。
するとヘッドリードで大きな円弧をを描きます。
水平振りのようにうまくローテーションしていくと左肘が逃げないでヘッドリードで右腕がかなり伸びていきます。

実は単に歩く腕振りに極めて近いのです。左手は後ろに、右手は前に振られると胸は後ろ向きになり右肩は前に出ます。自然にバランスが取れます。

46oyaji さんこんばんは!!Re: なるほど

> 今回のお尻の件、すばらしいです。
> 論理的に整合性とれています。
> この前の鈍い上体のお話といい、非常に勉強になります。

> どちらが正しいかは、下の写真が正しいフィニッシュですね。胸の前にグリップがあるのが鈍い上体を使わない結果という事ですね

ありがとうございます!!
コメントどうもありがとうございます。
同年代ですね。
良くお分かりのようですね!!
上体の脱力とバランス維持、右肩の回転がきーですね。

またコメントお待ちしています。

おっさん さんどうもです!!Re: タイトルなし

> A:どっちが正しいと思いますか?
>  Q:下と思います。
> A:何が違うのでしょうか?
>  Q:上の写真が 右足荷重のフィニッシュ
>  Q:下の写真が 左股関節に乗ったI字フィニッシュ

そうですね。結局右腕が伸びないと下のフィニッシュにはなりません。

> A:何が原因でしょうか?
>
>  Q:今日のテーマでしょうか
> 十分にクラブが振れていないことが大きな原因と思いますが、
> その要因として今日のテーマがあるのかな??

そのとおりです

> A:分かりますか?
>
> こんな程度の解答しかできませんが。
> 「程度の低いやつだな」と呆れないで下さい。

全然そんなことありませんよ!
ひたすら向上心を持つことが重要だと思います!!

> 前回のお話ですが、ゴルキチ様はアスリートだったのですね。
> スキーもこなしていらっしゃるみたいで。

年齢的にもう過激なスキーはやばいですね。友人は皆結構怪我でやられてます。
私も危険なのでもレースには出ていません。相当減量するまで無理そうです(汗)

> やはり、目標があれば練習の甲斐もありますよね。
> 私も20年前にやめましたがスキーはやっていました。
> ポールをくぐったりバッジテストを受けたり目標もそうでしたが、あの緊張感が何より好きでした。
> スタート前は膝が笑っています。
> いざスタートすると目の前の出来事に対処することだけに集中できる、あのひと時は癖になりました。

スキーやられていたのならバランス感覚はありますよね。
芹沢プロもスキーで国体に出てますよね。

> その点ゴルフの集中力は難しいですね。
> 全身をリラックスしてスイングできるノウハウがあれば上達するのかなと思うのですが。

ゴルフは一発勝負とは違うんですよね。私もその点は正反対のスポーツばかりやってきましたので、やはり精神面が一番難しいですね。

> ストレッチですが「フロント、サイドランジ」って言うんですね、全く知りませんでした。
>
> 長年ギックリ腰で年に数回は動けなくなるり、その都度医師の診断では体と相談しながら腹筋・背筋を鍛えてくださいと言われ続けていました。
>
> 調子が良くなると無理をしないよう筋力アップを目指したのですが、今から見ればそれが更なるスパイラルとなったようです。
>
> ここ2年ほどはストレッチ中心に取り組むようにしたところ、昨年は痛むことはあっても寝込むところまでは行きませんでした。

かなり悪そうですね。しかしゴルフはストレッチの方が重要だと思います。

> フロント、サイドランジは股関節周りの張りを解消する為に自然に身に付けたのもです。
>
> 手と足を上げる動作も、その場足踏みを大げさにしたら行き着きました。
> 静的バランス能力向上を目的としたのですが。
>
> 私の場合、肩甲骨と股関節の柔軟性を維持するだけでも腰痛は緩和される事を発見し上記ストレッチに至りました。

ありがとうございます。参考にさせていただきます。
いやー、まさにゴルフに重要なのは股関節と肩甲骨の可動域拡大のためのストレッチとバランス能力のUPだと思います。

腰痛対策はゴルフ仲間にぶら下がり健康器を強く薦められ、懸垂マシーンを購入してよくぶら下がってますよ。娘の方が喜んで使ってますが、背骨が伸びるのでなんとなく効いている気がします。医者も腰痛対策に薦めていますよね。肩甲骨の柔軟性維持にも良さそうですし、筋力UPにも良いですよ。

> >おっさんさんにシャフトが合うかクラフトマン分かりますか?
>
> 確かにおっしゃる通りですね。
> スペックだけ揃っていても意味がないですね。
>
> シャフトはK'SツアーSを使っています。
> DGS200では重く、NS Proでは手元が軟らかすぎてタイミングが合いませんでした。
>
> K'Sツアーは重量はありますが、手元がシッカリしていてその重さは感じませんでした。
> 100g台のシャフトと比べてもその重量差を感じることなく振り切れたので、半年の試打を経て自分で判断し今年になって入れ替えました。
>
> 言い換えれば、今年からゴルフを始めたビギナーのつもりでスイングを作り直すつもりです。
> 多分シャフトはオーバースペックですが。

スイングも技術も体力もどんどん変化していますので、難しいですよね。
自分のスイングスタイルと傾向を常に客観的に知ることが必要だと思います。

コメントどうもありがとうございました!!

左お尻引いてみます。
昨日のレッスン中がこんな感じだったんで。。

「左のお尻を後ろに引く」と「左腰が引ける」の違いについて

ゴルキチさん、久しぶりにメールします。
ようやく右足首の捻挫も治りつつあり、本格的に練習を再開しようと思っています。
ところで、質問ですが、「左のお尻を後ろに引く」と「左腰が引ける」の違いについて、もう少し詳しく教えてくれないでしょうか。
私の中では、これが区別できていないのですが・・・。
(左腰を引く=スイングラインに対して直角に引くイメージ?、左腰が引ける=飛球線後方に左腰が移動すること?)

道具屋 さんどうもです!! Re: タイトルなし

> 写真お借りします。
> ブログで使わせていただきます。

どうぞ、どうぞ!!
私のブログの写真なら何でも使って頂いて結構ですよ!!

と言っても、実は
私も勝手にプロのを使わせて頂いてますが・・・(汗)
でも、今のところ苦情が来たことは一度もありませんが・・・。

写真お借りします。
ブログで使わせていただきます。

回答

下の写真がいいですね。

上は左肘が引けた結果のフィニッシュです。
上は左肘が引けずに、よって右肩が方向を指し示すフィニッシュです。

今回のお話は、前傾維持のお話でもありますね。

なるほど

今回のお尻の件、すばらしいです。
論理的に整合性とれています。
この前の鈍い上体のお話といい、非常に勉強になります。

どちらが正しいかは、下の写真が正しいフィニッシュですね。胸の前にグリップがあるのが鈍い上体を使わない結果という事ですね

ゴルキチ様

おはようございます。
本日は思考を凝らした楽しいブログですね。

さっそく問題を考えました。

A:どっちが正しいと思いますか?
 
 Q:下と思います。

A:何が違うのでしょうか?

 Q:上の写真が 右足荷重のフィニッシュ
 Q:下の写真が 左股関節に乗ったI字フィニッシュ

A:何が原因でしょうか?

 Q:今日のテーマでしょうか

十分にクラブが振れていないことが大きな原因と思いますが、
その要因として今日のテーマがあるのかな??

A:分かりますか?

こんな程度の解答しかできませんが。
「程度の低いやつだな」と呆れないで下さい。


前回のお話ですが、ゴルキチ様はアスリートだったのですね。
スキーもこなしていらっしゃるみたいで。

やはり、目標があれば練習の甲斐もありますよね。

私も20年前にやめましたがスキーはやっていました。
ポールをくぐったりバッジテストを受けたり目標もそうでしたが、あの緊張感が何より好きでした。
スタート前は膝が笑っています。
いざスタートすると目の前の出来事に対処することだけに集中できる、あのひと時は癖になりました。

その点ゴルフの集中力は難しいですね。
全身をリラックスしてスイングできるノウハウがあれば上達するのかなと思うのですが。

ストレッチですが「フロント、サイドランジ」って言うんですね、全く知りませんでした。

長年ギックリ腰で年に数回は動けなくなるり、その都度医師の診断では体と相談しながら腹筋・背筋を鍛えてくださいと言われ続けていました。

調子が良くなると無理をしないよう筋力アップを目指したのですが、今から見ればそれが更なるスパイラルとなったようです。

ここ2年ほどはストレッチ中心に取り組むようにしたところ、昨年は痛むことはあっても寝込むところまでは行きませんでした。

フロント、サイドランジは股関節周りの張りを解消する為に自然に身に付けたのもです。

手と足を上げる動作も、その場足踏みを大げさにしたら行き着きました。
静的バランス能力向上を目的としたのですが。

私の場合、肩甲骨と股関節の柔軟性を維持するだけでも腰痛は緩和される事を発見し上記ストレッチに至りました。


>おっさんさんにシャフトが合うかクラフトマン分かりますか?

確かにおっしゃる通りですね。
スペックだけ揃っていても意味がないですね。

シャフトはK'SツアーSを使っています。
DGS200では重く、NS Proでは手元が軟らかすぎてタイミングが合いませんでした。

K'Sツアーは重量はありますが、手元がシッカリしていてその重さは感じませんでした。
100g台のシャフトと比べてもその重量差を感じることなく振り切れたので、半年の試打を経て自分で判断し今年になって入れ替えました。

言い換えれば、今年からゴルフを始めたビギナーのつもりでスイングを作り直すつもりです。
多分シャフトはオーバースペックですが。

大変、長々とすみませんでした。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR