ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ダフリ解消秘伝 なぜグリップを低くするとヘッドは逆に上がるのか

 アプローチでミリ単位でリーディングエッジを入れる

技術がないと5下は無理です。

ショットでも兎に角ダフりは最低、最悪、惨めで、ショックでかいです。

そうならないための秘訣です。


 グリップは左手はフィンガーで指の付け根で握ります。

そうすると左腕とシャフトが直角に近くなるように握れます。

パターは逆に腕とシャフトが一直線になる様にグリップしますが。

こういう要領でグリップします。

正しいグリップ

必ず地面にソールしないで、体の前でまず左手からフィンガーで

黄色の様にライ角を維持するようにグリップします。


見えないですが左親指はグリップ真上でショートサムになります。

 右手は中指、薬指を引っ掛け水色の様にグリップを

上に引きつける様に引っ張ります。

ですから、この後右手甲はグリップしたら反ります。


逆に、左手は上から赤矢印の掌丘部分でグリップを下に押し下げます。

必然的に小指から順番にグリップが強くなり指3本でグリップします。

ですから、グリップエンドは多少余さないと良くないですね。


 すると黄色のライ角を自在に維持出来るようになります。

これが、グリップを押し下げてヘッドを上げるからくりです。

ライ角維持は左片手だけではなく両手でやるのです。


スイング中、常に右手が上とはこのことです。

また、シャフトを立てる、縦に使う、縦振り、脱力もこれが基本です。

これで嫌でもグリップは肩の真下、体近くに低く決まります。

適正な前傾も決まる筈です。




 
 前回に記事の様に、水平振りや、膝立ちショットの様に

逆にヘッドを上げようとグリップを上げてしまい、

体から離してしまう人が殆どだと思います。

そうなるとこの写真と全く逆になり、確実にヘッドは意図した軌道より

遥かに下を通ることが分かると思います。

いかがでしょうか?分かるでしょうか?

グリップが浮くという事は左手を上げて、右手を下げてしまうのです。

また、手首が伸び、グリップが体から離れたら確実にパワーの

伝達力は大幅に落ちます。

さらに、手首を伸ばすとローテーションし易くなるように錯覚

されると思いますが、体から離れるので逆にし難くなります。

グリップが肩の真下が最も自然にローテーションし易いのです。




 しっくりと隙間なくグリップします。

一度強くぎゅっと握ってから緩めると隙間がないグリップが出来ます。

レッスン書のユルユルグリップでは一生上達しません。

ユルユルグリップだと特にパット、アプローチが絶対に上手くなりません。


 直立姿勢から股関節から前傾します。

股関節での前傾を確認する為には腰をグーッと落として股割をすると、

確実に股関節から前傾できます。


そしてクラブをソールして、トゥー側コイン2枚位浮く様に

ライ角度を緩めて調節します。

完全に地面に置かないで地面に触れる感じでソールします。

地面に完全に置くとスイングに締りがなくなり、ダフり易くなります。


ここで超重要なことは重心を落とすことです。

パターもそうですが。

絶対に重心を落とす作業を忘れない事です。

上体、腕の力を抜き、なで肩にして、軽く2,3度ジャンプするか、

上下に揺さぶって重心を下ろします。


アドレスではグリップに意識が集中するため、

どうしても無意識に上体、腕に力が入ります。

そうなると重心が上に行ってしまうのです。

試しに上体、腕に力を入れてみてください。

力をいれる程上体が固くなり、無意識にどんどん

重心が高くなっていく事が分かります。

そうならないように上記の作業によって重心が下げる事が

必須なのです。

そして、体が物凄く重いと感じてください。

足から根が生えているとイメージします。

すると暗示にかかってアドレスがどっしり安定します。

はたから見ても明らかに変わります。

実際にパターは球質が重くなります。


 
 前傾角度は個人差で、要するにグリップが肩から真下に

ダランと自然に下りる角度にします。

スイングしてもそこを通るように懐を空ける為に

インパクトまで前傾を維持します。

前傾が深すぎるとグリップが真下より中に入るリスクが出ますので

そうならないように前傾を個人差で調整します。


 
 3軸をイメージします。

回転軸は前傾、左右のブレを死守するイメージを持ちます。

頭はスイング中前後、左右、上下固定するようにイメージします。

頭が前後、上下、左右に動いたら何をどうしても再現性など

有り得ませんよね。

インパクトまで目と球の距離を縮めないように意識します。


 それで、地面を擦るように距離、出球のスピードを

イメージして何度か素振りをします。

ヘッドの前後の距離も確認します。グリップは体に近いですが

(真下より中に入れないが)ヘッドの距離は適正に注意します。

素振りでヘッドが体に近すぎると当然ダフります。

イメージどおり芝を擦った素振りが出来たら、

全く同じ振りで球を打ちます。


 スコアは明らかに素振りと実際のスイングの差です。

特にアプローチは、素振りの再現に尽きます。

上手く打つ練習より、

1、距離感=飛球の高さとスピード、落下地点、転がりを正しくイメージ

出来る事

2、そのイメージどおりの素振りが出来る事

3、出来る限りゆっくり、常に同じゆったりテンポで左右対称に振れる事

4、両手首でライ角を確実に維持できること

5、その素振りの振り幅、スピード、テンポを完璧に再現する事


が、勝負です。

そして、スコアは殆どこれにかかっています。

アプローチがうまくいく日はパターも殆どうまくいきます。

私は距離感を同じイメージで打つからだからです。

75で回れる人と80が切れない人の差は、

出球と球の転がるイメージと、素振りが完璧に再現できる

かどうかの差と言っても過言ではないと思います。

ショットはそれを大きくしただけですから。

練習で球の転がるスピードを目に焼き付けます。


 ただ、例えばなぜがショートゲームが変に悪かった日は

グリップが僅かにルーズすぎて、アプローチもパターも

全部ショートだったという時があります。

安易にゆるゆるグリップを真に受けると大変ですよ。

 ただ、そんな時は大体ラウンド前のグリーン練習が足りなくて

距離感が合わなくて自信が欠けている時とかですね。

ですから、ラウンド前の10,15,20Yの距離感の練習は

時間をかけないと良いスコアは望めません。


届かなければ絶対入らないし、ラインも分かりません。

直線なら、カップ手前のふちをターゲットにしがちですが、

カップ反対側の一点をターゲットにするとショートは減ります。

球が重く、反対側のふちに軽く当たってゴトンと入るイメージをします。

私はカップからまた戻って反動でテークバックします。

カップから後ろに行き過ぎてから、またカップに向かって転がっていく

球を押すように打つイメージもありますね。

スタート前の練習ではグリップ圧に要注意ですね。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

はじめまして

ゴルキチ様。
このブログにお目にかかるまで、色んなレッスン書やビデオで試行錯誤の毎日でした。まだ初心者で自分が体現できることから練習に取り入れてますが最近ショットが安定してきて、ブログに書いてあることはこういうことかと理解できることが増えてきました。ゴルフ始めて三ヶ月、もうすぐ100切りができそうです。これからも毎日読ませていただきます。

レオン さんまいどです!!Re: 角度について

> ゴルキチさん、こんんちは。いつも更新されるの楽しみにしています。
> グリップした角度は、ほぼ直角だと思いますが、アドレス時(ソールした時)もその角度を保ちスイングを開始していくのでしょうか?
> グリップは指で握るのは意識していましたが、角度は意識してませんでした。

骨盤から前傾して自分に合う前傾角度でグリップの位置はブランと垂らして肩の真下です。それでシャフトと腕の角度は決まります。

前傾角度は各人によりますが、普通、腕と上体に力が入っていると間違いなく猫背になります。揺さぶって力を抜いて重心を落とすと猫背が直ります。

両膝に両手をついて休憩する時の姿勢は背中が真っ直ぐで骨盤から曲がっています。そのまま前傾を起こせば正しいアドレスに近いです。

トップの正しい位置はトップで止めた状態から打つと分かります。打ちやすいところが自分に合ったトップの位置です。無闇に高くして右サイドを伸ばすと最悪なので自分の柔軟性に合ったトップ、アドレスを見つけることが必要ですね。





キョウ さんこんばんは!!Re: こんにちは!

> いつも耳が痛いレッスンをありがとうございます。
> 昨日の自分のラウンドを見られているかのような・・・・・。
> 80台を切るのは本当に寄せとパッティングだと痛感した1日でした・・・・。
> PAR4でピンまで50Yくらいまで寄せた後のアプローチで寄りきらず・・・・。
> パターもショートして無駄な2パット・・・T_T
>
> ショットがとても切れていたにも関わらず70台が出ないのはまさに寄せ&パターができていから。。。。
> 芝で練習したい・・・・

ラウンド後が一番良いですよ。
私はたまに練習だけでホームコースに行きます。
研修生やプロと一緒に練習するのが最高です。

山ほど超貴重なレッスンが受けられます!!
彼らは命がけですが、アマは全くライバルにはならないので。

> 今回のブログも画面に穴があくほど読み返して80の壁を破りたいです!

先日のラウンドは80切れませんでした。ショートしまくりました。
ラウンド後仲の良い研修生と練習していたら、パッティング時に重心が高く、グリップが緩んでいることを指摘されました。

これは貴重でした。自分では気が付きませんから。これでショートする傾向の日の自分の欠点が分かったと思います。

80切りは、ひたすらアプローチ、パター練習を考えながら数打つしかないと思います。ショットは大してやらなくてもアプローチで勝手に良くなります。

ドライバーはあまり練習しない方が良くなるかも(笑)

ドラコンでもそうですよ。
7Wでの練習の指令が出てますから。

角度について

ゴルキチさん、こんんちは。いつも更新されるの楽しみにしています。
グリップした角度は、ほぼ直角だと思いますが、アドレス時(ソールした時)もその角度を保ちスイングを開始していくのでしょうか?
グリップは指で握るのは意識していましたが、角度は意識してませんでした。

こんにちは!

いつも耳が痛いレッスンをありがとうございます。
昨日の自分のラウンドを見られているかのような・・・・・。
80台を切るのは本当に寄せとパッティングだと痛感した1日でした・・・・。
PAR4でピンまで50Yくらいまで寄せた後のアプローチで寄りきらず・・・・。
パターもショートして無駄な2パット・・・T_T

ショットがとても切れていたにも関わらず70台が出ないのはまさに寄せ&パターができていから。。。。
芝で練習したい・・・・

今回のブログも画面に穴があくほど読み返して80の壁を破りたいです!

いりさんはじめまして!!Re: m(__)m

> トラコミュに参加させていただいてますm(__)m
> ダフリが多く、ハンドファーストなインパクトができずにいます。大変参考になりました。
> ありがとうございます。
> ガンガン書いてください。また来ますv-238

速いコメですね!!
ブログ村のトラコミュですか?
あれで来る方いるんですね!!
多分はじめて言われました。一応毎回登録してますが。

これがきちんとできればダフリは大幅に減ります。
そして、頭と右かかとで決まりですね。
やってみれば一目瞭然ですが、インパクト前に右かかとを上げるのを一瞬我慢できれば、頭、右肩は残ります。
右かかとを意識しないとあっさり左に流れ、被ります。
比べれば直ぐに分かりますよ。
実際問題、右かかとを意識しない限り、ビハインドザボールは不可能です。

アプローチで5打は楽に変わりますからね。

m(__)m

トラコミュに参加させていただいてますm(__)m
ダフリが多く、ハンドファーストなインパクトができずにいます。大変参考になりました。
ありがとうございます。
ガンガン書いてください。また来ますv-238

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR