ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

タメを作ることが飛ばしの前提

 タメがあるスイングと、ないスイングの違いは、

グリップエンドから下りてくるスイングと、

ヘッドから下りて来るスイングです。


振り遅れない様に意識するとヘッドを早く下ろして、

ボールにぶつけようとします。

タメにあるスイングは、ヘッドを下ろさず、

ヘッドをトップに残したまま、右ひじリードで下ろします。

ヘッドは出来る限り下ろさない様に、我慢して慣れることです。

その為に、非常に重要なことは右手首の脱力です。

右グリップは、中指と、薬指でフィンガーで引っ掛けるように

多少余裕を持ってグリップします。

しかし、勘違いが多いのは左グリップは緩めません。

グリップに締まりがなくなり、腕とシャフトが鋭角になっても

シャフトにしなりが出来ないのです。


 タメとは左腕とシャフトがトップからHWD手前まで

鋭角で下りてくることですが、

これが出来ないと飛距離は出ません。

また、シャローな軌道ができないため精度も上がりません。

 タメで飛距離が出る理由はグリップがより回転軸である体に

近づくために、クラブの慣性モーメントが小さくなるからなのです。


 タメを作るための絶対条件は、

1、ステイ・ビハインド・ザボール

2、体が開いたら横降りになり即アウトです

3、縦ぶりで体の右サイドで早く右腰にグリップを

下ろせることなのです。

右ももにグリップエンドを突き刺すような強烈なイメージです。

4、右手の角度をフォローまで維持すること。

これが秘訣で、これが出来ればコックは解けませんし、

フォローで強烈に右肩が引っ張られことが分かるはずです。

右肩は能動的に押し出したらダメです。

あくまで受動的に引っ張られるのです。

そのコツが右手首甲側の角度をフォローまでひたすら

維持する意識です。

それにより、右手は低く、シャローに長く、出て行きます。

やってみるとまず目からうろこですよ。

右手の角度というものはインパクト後半で勝手に解ける物です。

そうなると右肩はグーーーンと出て行き、

左に十分体重移動して、球に体重が乗ります。

明治の大砲にはなりません。
 

 体が飛球方向に突っ込み、肩が開くと必ず横振りになります。、

するとコックは必ず早期に解けます。

その意味でも、体は開かず、右肩背中部分を球にぶつけ

ていく様な動きになります。

そして、インパクトで一気に反転です。

手首の角度が維持されていれば、グリップを低く維持すれば

ヘッドが垂れてダフる事はなく、調整出来るはずです。

 今、ひたすらこれに取り組んでシャローな軌道の完成に

取り組んでいます。

 
 また、ヘッドアップを防ぐには、目線を飛球線と平行に維持すること、

フィニッシュをバランスよく、大きくすることが秘訣です。

左足裏全体で支えます。


 また、更に飛距離を伸ばすためには右腕の上手い振り方が

欠かせません、上方向にスナップを使ったらアウトですね。

水平に右甲側の手首を終始維持することに注意します。

縦振りの最大の条件は両手首の維持でしょうね。

こらが前傾の起き上がりも抑える最大の秘訣かもしれません。 
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

右手首を返さない・・・
自分のスイングビデオをみると、返しまくっていました;;
this is アーリーリリースっていうやつですね・・・

バックスイングでターゲットに背中にむけ、そこからグリップを真下に落とし、その落とした勢いをそのままにしておくとグリップエンドが真下から徐々にターゲット方向を向いたままお腹の前をトップから一直線に通り過ぎていく感じになるのですが、これであっているのでしょうか?

私はハンドファーストに打てていないので、このまま左腰までグリップエンドがいくのを放置して、そこでフェイスターンをしようと考えています。
そのときに右手首を固定したままにすれば・・・アーリーリリースなんてできっこない!というのが私の作戦ですが間違いがあればご指摘ください^^;

ただその後も右手首を固定し続けると、左脇が開いてしまうのですが、右手首を返さないでいながらもフェイスターンはしっかりさせるということでしょうか?

どうしても右手首を固定するとスライス回転の球がでやすくなり、それをいやがると右手首で返してしまうというところでつまずいています。

宜しく御願いします。

トントン さんこんにちは!!Re: ひっかけ・・・

> 早速、ドライバーでリリースせずにマン振りしてみましたが、ご指摘のとおり、引っ掛けとなりました。まだまだ、腕に力が入り、右肩と前傾が我慢できていないことを実感しました・・・ また、低く長いインパクトとするように意識すると、リコックのタイミングが遅れ左脇が開いてしまいます。これも、右手が力み、伸ばす意識が強すぎるのでしょうか?

手で操作するとバラけます。右肩が被ると引っ掛けます。かといってフェースを飛球方向にむけたまま押し出すとプッシュします。
引っ掛けの方がプッシュよりましですよ。捕まってるので。
右肩が出ない様にするには右腕を伸ばしていくことです。
右肩を止めてインパクト、その直後にクラブと腕に引っ張られて右肩は出て行きます。
このタイミングが難しいですね。早いと肩が被り、遅いと体重が右に残る。

引っかかる人は、リコックはイメージだけ分かれば意識しない方がいいかもしれません。
意識すると逆にインパクトゾーンが短くなります。
この辺は一見様々矛盾しているようで、難しいところですよね。

やはり、上体が力むとこのような動きは困難ですね。
下半身が主役になります。ただ、左下半身だけで回転するように使うとまずいですね。
ここが難しいところで、やはり、右肩同様、右踵は絶対に死守しないといけません。
この意識はビデオでは分かりません。
右踵と右肘とシャフトが寝るのは連動しています。
右足をがに股に使うと右踵が上がり難いです。

言葉では難しいですね。
低く長いと言うと意識しすぎて突っ込みますから、早く上げすぎないが良いかも知れません。また、スタンスが広すぎても突っ込みやすくなりますね。

ひっかけ・・・

こんばんわ お忙しいところ、返信ありがとうございます。
早速、ドライバーでリリースせずにマン振りしてみましたが、ご指摘のとおり、引っ掛けとなりました。まだまだ、腕に力が入り、右肩と前傾が我慢できていないことを実感しました・・・ また、低く長いインパクトとするように意識すると、リコックのタイミングが遅れ左脇が開いてしまいます。これも、右手が力み、伸ばす意識が強すぎるのでしょうか?
このあたりを当面の課題としてスイング作りに取り組んで行きたいと思います。 
これからも、ブログを参考に、いろいろと勉強さていただきます。

トントンさん今晩は!!Re: リリースのタイミング

> こんばんは わたしも10キロのランニング始めてます。ほとんど歩くようなペースですが………

それで良いんですよ。散歩気分で。ワンハーフ回って足腰へっちゃらなら違いますよね。
また、粘り強い蹴りにも、ストレッチにも、膝にも早歩きの方が良いらしいですね。
ランニングは苦しすぎて私は続かなです。
トレーニングは暇なときにフロント、サイドランジが良いです。きついですが。

> ちょうど私もリリースのタイミングに悩んでおりますので質問させてください。 はるぼー様への回答のなかに だんだん飛ばすにつれリリースしていきます とあります。私は方向性を良くするため、アイアンはすべて(5I~)リリースしないように打つようにしていますが、正しくないでしょうか?

その通りです。リリースなんか要らないです。右腕はいつまでもコック維持で飛球方向に振れば良いのです。右かかと、右肩で壁がしっかりしていれば、遠心力で勝手にアンコックされます。

>確かにクラブが長くなるほどリリースしないように右手の力が強くなってしまい右手の脱
力が難しくなってしまいますが…

腕は脱力しますが、手首は脱力しないです。
腕は歩くように振るので脱力できるはずです。
確かに右腕はHWDまで自然落下の後、飛球方向に延ばすように振っていきます。
しかし、これは腕で振るのではなく、下半身で振るので右腕には力が入りません。
歩くとき、走るとき腕を力まないですよね。そう振ります。
ヒップターンするといいかも知れませんよ。
テークバックで尻は飛球方向に動かす。クラブと逆です。
ダウンは逆に尻を飛球後方に振ります。
しかし、これで体を回転させてはダメです。
回転させると肩が開いて、腰が前に出て、ぼろぼろになります。
あくまで腕も尻も飛球線に対して平行移動、直線運動です。
もちろんその結果軸を中心に回転します。
しかしそれは結果です。
回転させようと体を使うと回転を確実に遅くさせます。
直線運動だから早く回り正確で、再現性があるのです。


> アプローチ以外は慣性を殺さずしっかりタメた後リリースすべきなのか…アイアンは距離を出すクラブでは無いと考え慣性を殺すべきなのか…一概には言えないと思いますが、ゴルキチ様のご意見が伺えればと思います。
> お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。

ハンドファースト、低スピンで打つと言う事は、要するに「インパクトでフェースを立てる」と言う事です。
クラブ投げで分かりますが、普通の方は殆ど90%以上クラブが上に飛びます。と言う事は右手のリリースを飛球方向ではなく、上にリリースしているのです。
ソフトボール投げなら全部キャチャーの遥か上に暴投ですよね。

これではフェースは絶対に立ちません。フェースを立てるにはインパクトゾーン後半で右手首のリリースを飛球方向に地面と水平にリリースするイメージです。クラブ投げなら地面と平行に飛ぶ。ソフトボール投げなら毎回低めにストライクです。凄く難しいですよ。特にフルショットなら。

その一番簡単なコツは右手をリリースしない事です。明治の大砲の様に軸が大きく後傾しなければ、フェースの角度は右手首の角度の維持によるのです。
分かるでしょうか。

例えばインパクト前に右手首をリリースするとフェースは上を向いてしまいます。これではダフルか、トップです。
アッパー軌道とはフェースが立ったままボール手前が最下点で上昇する事です。
フェースが上を向いていくことではありません。
ここの勘違いが凄く多いですよね。

例えばドライバーで右手首をリリースしないとどうなるか。右肩がドーンと出て行くはずです。出て行かなければ上体が力んでいます。早くリリースすると右肩は出ていきません。

テストしてみてください。右手首をリリースすると右腕のスイングはその時点で終了してしまいます。しかし、フェースを立てるようにコックを維持したままリリースしないと、いつまでも低く長く右腕は飛球方向に出て行きます。それによって体は大きく回り、大きなフィニッシュが出来るのです。
また、右肩の蹴りと、この右肩が出て行くことにより球に体重を乗せて強い中段道になります。

林からロングアイアンで超低弾道で飛距離を稼ぐ時は、
絶対にリリースしないで右肩を低いまま出していきます。
この動きに近いですね。

飛ばすショットではインパクトゾーン最後の球離れの瞬間に遠心力で完全にリリースすれば良いのです。
そのくらいの意識でないと、大概リリースが早くなりすぎます。

そういう私もその練習を毎日していますよ。
コーチの様に超低スピン、低弾道で飛ばせれば凄く強くなりますよ。
プロも、研修生もひたすらそれを目指していますね。
フォローで高弾道なんて誰でも出来る事です。

試しにドライバーも全くリリースなしでマン振りしてみてください。
右腕はコック維持のままフェースを立てて水平に出していきます。
壁がしっかりしていれば、右肩がドーンとでます。
ここで、問題なのが右肩が被ってアウトサイドインの軌道だと全部ドヒッカケになります。
右肩は前に出さない。死んでも出さない。右踵と右肩はインパクトぎりぎりまで残す。
インパクトゾーンでドーンと出て行きます。右足を伸ばしていきます。タイミングが合わなくても、最期まで右足で押して行き、明治の大砲にならないようにしていると、
徐々にタイミングが分かってきます。

この辺は本当に難しく、かなり上級レベルの技術です。

それとダウンでの右腕振りの軌道の安定性は、左肘の向きと、左腕の脱力にかかっています。左肘がトップから脱力で真下に向いたまま、下りてきて前傾した懐の肩の真下を通っていけば良いのです。
トップから飛球線に殆ど平行に振られる感覚です。
本物のボールより2個位体近くに球を打つつもりだと、左右の肘はトップから真下に下りてきます。前には出ません。

私は常にトップから左肘下向き、右肩は死んでも前に出さない。
右股関節角度を終始維持を気をつけています。

リリースのタイミング

こんばんは わたしも10キロのランニング始めてます。ほとんど歩くようなペースですが………
ちょうど私もリリースのタイミングに悩んでおりますので質問させてください。 はるぼー様への回答のなかに だんだん飛ばすにつれリリースしていきます とあります。私は方向性を良くするため、アイアンはすべて(5I~)リリースしないように打つようにしていますが、正しくないでしょうか? 確かにクラブが長くなるほどリリースしないように右手の力が強くなってしまい右手の脱力が難しくなってしまいますが…
アプローチ以外は慣性を殺さずしっかりタメた後リリースすべきなのか…アイアンは距離を出すクラブでは無いと考え慣性を殺すべきなのか…一概には言えないと思いますが、ゴルキチ様のご意見が伺えればと思います。
お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。

タイガーカムバックさんどうもです!!Re: ありがとうございました

> 大方こんな感じでいいんですね。
> ゴルキチさんにそう言ってもらえると自信つきます(笑
> つくづくゴルフってメンタルですね。
>
> ただ右手の脱力も実際には難しく、2本の指で引っ掛けるようにすると脱力できるのですが、うっかりするとフェィスがオープンになりやすいのかも???
> だから、2本の指で引っ掛けて、特にテイクバック前半でシャットになるように注意してます。
> しかし、後半を右肘支点で上げる時、右肘に痛みがあるときがあります。
> 右肘が楽なのはフェィスオープンです(苦笑
> 逆にダウンでシャットにするべきかな~?
> はやり初期に管理した方がいいですよね!?
> このへん、何かお奨めなイメージがないでしょうかね?


水平素振りで振ると分かりますが、シャットはHWBまでです。
そこから先は自然にフェースローテーションしてトップでは上を向きます。
トップからHWDの間に今度はまたローテーションしてシャットに戻ります。
殆どの方はダウンでHWDでシャットに戻せないのです。
そのままインパクトまで開いたままで、かつインパクトでも左肘が引けるのでローテーションできません。
その原因がテークバック時にHWBで既にオープンに開いてあげるからなのです。

しかし、HWBを過ぎてからもいつまでもフェースを下向きにシャットに上げ続けると
右肘が引けて浮きます。
この動きでは水平素振りは出来ないはずです。

右肘が痛いのおかしいですよ。どこか不自然な動きで無理があるのだと思います。

フェースの向きを決めるのは殆ど左肘の向きです!!
左肘が少しでも横を向けば(左脇が開けば)シャフトが寝てフェースはオープンになります。
そしてインパクトでも左肘が引けて、左肩が上り、ローテーション出来ません。

左肘は常に下向き!!
簡単そうで難しいのです。
ちなみにテークバックで右腕を一切使わないで、右肩で引かないと右肘は真下を向いたままですよね。
オーバースイングなんか当然できません。
そうすると左脇が閉まり易くなります。
すると左肘が真下を向きます。
するとあら不思議、左スウェイしません。
左肘が引けません。
左肩が上がりません。
自然にローテーションします。
フェースはオープンになりません。

また、右グリップは厳密には右人差し指もリリース時には使いますが、
使いすぎると引っ掛けます。
ソフトボール投げの様な感じですね。

このあたりは言葉ではかなり難しい部分ですね。

ありがとうございました

大方こんな感じでいいんですね。
ゴルキチさんにそう言ってもらえると自信つきます(笑
つくづくゴルフってメンタルですね。

ただ右手の脱力も実際には難しく、2本の指で引っ掛けるようにすると脱力できるのですが、うっかりするとフェィスがオープンになりやすいのかも???
だから、2本の指で引っ掛けて、特にテイクバック前半でシャットになるように注意してます。
しかし、後半を右肘支点で上げる時、右肘に痛みがあるときがあります。
右肘が楽なのはフェィスオープンです(苦笑
逆にダウンでシャットにするべきかな~?
はやり初期に管理した方がいいですよね!?
このへん、何かお奨めなイメージがないでしょうかね?

タイガーカムバック さんこんにちは!!Re: 右手指の感覚

> 僕もここの部分でちょっとした不安があるので。。。
> 右中指と薬指にグリップを引っ掛けて、うまく下まで下ろせた時に、インパクトゾーンで2本の指はバケツを真下にぶらさげる感覚になるのですが、これでいいですかね?

懐広く、左手はブランとして右手は横からグリップですが2本引っ掛ける感じです。
左手はインパクトまで終始ブランとしていますので、右手でヘッドの高さが変わる感覚です。
ですから合ってますよ。インパクトで左腕が硬くならないようにする必要があります。
もちろん右手もですが、わしづかみより2本指で引っ掛ければトップ以外は大丈夫です。

> いい球が打てているのですが、何かこんなに縦でいいのか、という違和感があります。真下にぶら下がったバケツはそのまま真上に向かって上昇する感じです。まるでソフトボールの下手投げみたいなのですが。。。

私は小学校でソフトボールのピッチャーでした。ソフトボールで低めのストレートをインサイドに投げる感覚です。掌を下向きに使います。間違っても高めに浮かないように。普通の人がソフトボール投げで高速で投げると皆とんでもなく高くなります。低めの速球は非常に難しく垂直に低く振り出します。少しでもサイドや手が被るとダメですね。
また、腕で腕を振るのではなく、あくまで体で右腕を振ります。手首は維持して右肘を自然に早めに伸ばす感覚があります。そうしないとシャローに振れません。

テークバックは左サイドで押します。右で引くと右サイドが伸びたり、右手でいくらでも操作してしまいますよ。左サイドを伸ばすように上げます。それをダウンで縮めます。右サイドは絶対に伸ばしません。

> 下まで下ろしきれなかった時には、バケツが斜めを向いた感覚で斜めに上昇。。。今までの感覚ではこちらの方が普通なのかと(汗
> 一番下まで落としきるというゴルキチさんの薦めから、こんな感じになってきています。

下ろし切るとは、体・頭が突っ込まず、HWDでグリップが最下点までおり、右肘が早めに伸びて(インパクトで多少は余裕があります。しかし、ここが伸ばせない!!殆どの方は伸ばせていない!!)ここでダフらないのは、両手首の角度が維持されているからです。
インパクトまで右肩を出さないのですが、これは体の正面でインパクトと同じ事です。

狙った方向と三角形の面が平行をイメージして振ればいいのです。そうすれば嫌でも右肩が前に出たり、左肩を引き込んだりしません。
後は軸を意識してその回りを振っていけばいいのです。軸が前後左右に傾かなければ視線は常に飛球線と平行です。
インパクトと同時に右足に蹴られて左サイドに乗って行きます。
このタイミングが難しいですね。インパクトまでビハインドザボールで、インパクトからは逆に左にグーンと体重移動していかなければ行けない。
左に乗る為に重要なのが、ソフトボール投げです。もしくはクラブ投げです。投げると右肩がグーンと出ます。すると体重がズドーンと左に乗っていきます。
低く投げないと絶対に乗っていきません。
私がいつもクラブ投げといっているのはこの事なのです。
ソフトボールが上に飛んだら明治の大砲になります。

はるぼーさんこんにちは!!Re: もう少しで開眼しそうなのですが(?_?)

> ゴルキチさん、こんにちは!久しぶりに質問させて下さい!
> 今回のテーマは正に今取り組んでる動きにピッタリなのですが、一つしっくり来ない所があります。それは、
> 右手首の角度を終始維持する。
> ここは分かりますが、自分の中では角度を維持する事を意識すると右手首にチカラが入っているような気がしてならないのです。
> ゴルキチさんは手首は脱力とおっしゃいましたが、何か上手く出来る方法(イメージ)があれば是非教えて下さいませ。
> m(_ _)m

ここは結構難しいところですよ!!
逆に右手首の角度、コックをスナップを使って直ぐに開放すると、右肩が全く出て行けません。アーリーリリースの弊害は沢山あるのです。
右手首の角度=コックを維持したまま、右掌を下に向けたまま振り切ると右肩がどんどん引っ張られて出て行くのが分かると思います。
これが分かればしめたもので、後は適当なところでリリースすれば良いのです。

アプローチは慣性を100%殺すのでフォローまでリリースしません。
段々飛ばすに連れてリリースしていきます。
ドライバーでは完全にリリースしますが、要はするタイミングが問題なのです!!

早いとインパクトゾーンが長く出来ません。また、アーリーリリースでトップからリリースする人は、タメもゼロですし、右手首を維持する感覚はゼロです。

明日ラウンドなので続きは明日書きますね。
ごめんなさいね。

右手指の感覚

僕もここの部分でちょっとした不安があるので。。。
右中指と薬指にグリップを引っ掛けて、うまく下まで下ろせた時に、インパクトゾーンで2本の指はバケツを真下にぶらさげる感覚になるのですが、これでいいですかね?
いい球が打てているのですが、何かこんなに縦でいいのか、という違和感があります。真下にぶら下がったバケツはそのまま真上に向かって上昇する感じです。まるでソフトボールの下手投げみたいなのですが。。。
下まで下ろしきれなかった時には、バケツが斜めを向いた感覚で斜めに上昇。。。今までの感覚ではこちらの方が普通なのかと(汗
一番下まで落としきるというゴルキチさんの薦めから、こんな感じになってきています。

もう少しで開眼しそうなのですが(?_?)

ゴルキチさん、こんにちは!久しぶりに質問させて下さい!
今回のテーマは正に今取り組んでる動きにピッタリなのですが、一つしっくり来ない所があります。それは、
右手首の角度を終始維持する。
ここは分かりますが、自分の中では角度を維持する事を意識すると右手首にチカラが入っているような気がしてならないのです。
ゴルキチさんは手首は脱力とおっしゃいましたが、何か上手く出来る方法(イメージ)があれば是非教えて下さいませ。
m(_ _)m

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR