ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左スウェイを徹底的に阻止する

 左スウェイはヘッドスピードを確実に落とします。

軸の傾きも回転スピードを確実に落とします。

 ビデオで自分のスイングを見ているとダウンで左腰が

意識以上に左に流れる事が気になります。

どんなに右踵と右肩を我慢して軸を維持しても腰だけ少しスウェイ

する傾向があります。

制御し切れていないのです。

フォローを大きくする為に開き気味にした左爪先を少し閉じ、

左足を以前より強目にく踏ん張るようにして、

抑えても気に入った動きになりません。


 よーく原因を考えてみました。

右骨盤によって左骨盤が押し出されているのではないかと。

ゴルフで重要な骨盤の部分は大腿骨が繋がっている左右の腸骨なのです。

真ん中の仙骨は脊椎の土台です。

骨盤2小

 重要な事は左右の腸骨と仙骨の3つの部分は独立して動きます。

繋がっていないのです。

そして下の図の様に左右の腸骨は独立して動くのです。

その稼動域は個人差が大きく、また加齢によっても狭くなるます。

骨盤はゴルフでは間違いなく最も大事な部分です。

左右の腸骨が上下左右に独立して動くことをイメージすると

スイングがより論理的に考えられます。


骨盤小

 きっと左の腸骨が左に押し出されるのは位置が悪いからでしょう。

例えば、ダウンで左腰を真後ろに引くと右腸骨がスムーズに動きます。

ただ、スイング中に左腰を引く動きは左腰の引け、

逃げに繋がる可能性が高いのです。複雑になります。

左つま先を閉じ過ぎても左膝を痛めます。

左足を踏ん張っても力みは良くなく、逆に踏ん張りすぎても

左に乗っていけません。


 そこで、考えてみれば最初のアドレスから左腸骨を後ろに

引いておけば良いのではないでしょうか?

要するにオープンスタンスです。

これなら右腸骨に押し出されて、左に出難くなります。

実際、シャドースイングでは予想通りになります。

膝から肩までをスクエアにして、インパクトゾーンで左肩を後ろに

引かないようにしっかり残せば全く問題ありません。


オープンスタンスなら懐も広くなり、腕の通り道がしっかりできるので

自然なローテーションも確実になります。

また、フォローでの振りぬきも確実に良くなります!!


今までアイアンはオープン気味でしたが、ドライバーはスクエアでした。

持ち球がドローで、通常右サイドからドローのイメージですが、

さらにスタンスは普通に右を向く傾向の方が強いので、

むしろクローズの傾向が強いです。

 明日からドライバーも左腸骨を後ろに引いてオープンで

構えてみよう!!

ひょっとして理論的には大発見かも!!

と言う事で夜中に打ってきました。

ナイスでした!!捕まりも全く問題ありません。

もしかして超良いかも!!

イチローの肩関節の稼動域の広さと同様、骨盤には

左右の腸骨の独立した動きの稼動域の広さの問題も

あるのですね。奥が深い!!
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

シーダー さんこんばんは!!Re: 素晴らしい

> 大リーガーのスタンスなんて超個性的ですよね。
> それに較べて、ゴルフは真っ直ぐに飛ばすという固定観念に縛られて、スクエアばかり強調されてますよね。
>
> これからも柔軟な発想で理論を発表していって下さい。
> どっかのゴルフ雑誌にパクられないか心配ですね。
> 自分もそのスタンス是非試して見たいと思います。

あはは、有難うございます。
レッスンやプロ、研修生との非常に際どい技は結構書けない事が多いですよ。
でも、遠まわしに言い方を変えて伝えられるように、努力しています。

素晴らしい

大リーガーのスタンスなんて超個性的ですよね。
それに較べて、ゴルフは真っ直ぐに飛ばすという固定観念に縛られて、スクエアばかり強調されてますよね。

これからも柔軟な発想で理論を発表していって下さい。
どっかのゴルフ雑誌にパクられないか心配ですね。
自分もそのスタンス是非試して見たいと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR