ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ミート率を上げる方法3 テークバックの方法

 この写真はオーバースイングの途中経過ですが、

問題は右肘が既にフライングエルボーになっている事です。

右肘が指す方向は右腰椎が理想で、

この写真では背中の遥か後方を指しています。

この写真の後どこまでもオーバースイングになっていきます。

右肘が浮く原因は、右腕で必要以上に上げようとする動きです。

右腕で持ち上げる動き 小



 下の写真は左片腕でテークバックしたものです。

左脇が締まっていれば左片腕ではここまでしか上がりません。

これ以上、上げるためには上の写真の様に、

右腕を使って上げなければいけません。

この写真は左腕が水平でスリークォーターショットの高さです。

しかし、この状態でコックが入れば、右腕で上げなくても

自然にベストな高さに勝手に上がっていきます。

左サイドでテークバックのドリル HWBまでしか上がらない 小

更に、左肘、右肘が曲がると直ぐにオーバースイングになります。

これは自分のスイングをビデオ撮影しないと自分では分かりません。

両肘、手首が緩むと直ぐに無意識にオーバースイングにないます。

さらに、オーバースイングになると右サイドが伸びます。

伸びたものは直ちに縮もうと、曲がったものは伸びようとします。

緩んで曲がりすぎた右肘も、両手首も、

切り返し共に直ぐに縮もうとします。

伸びた右サイドは、縮もうとします。

だから、トップから直ちに右肘がアウトサイドに伸び、

コックが解けアーリーリリースされ、

伸びた右サイドはクラブを地面へ叩きつけるように、

縮みます。

当然、このスイングでは鋭角な軌道になりダフりかトップ頻発して、

この様にあちこち緩んだスイングでは、

再現性があ全くなくなります。



 シャフトが水平で飛球方向を指すのがスクエアですが、

アマはその意識だとあちこちスイングが緩んでいる為、

通常行き過ぎて、オーバー気味になることが殆どです。

対策としては、

1、右腕で上げない

2、右肘は直角以上に曲げないで、維持する意識が必要

3、左親指を飛球方向ではなく、上に向ける。

要するに垂れ下がろうとするクラブを落ちない様に

左親指で強く支える。

 が、あります。3はグリップに力が入るので適度にして下さい。

ただ、オーバースイングを注意しすぎて、

かつスイングリズムが早い人は

今度は回転不足、捻転不足になり今度はダウンで

直ぐに肩が開いてしまいます。

このタイプも非常に多いですね。

プロでも力んでスイングリズムが速くなりすぎると、

ダウンで体が早く開いてしまいます。





 インパクトは重いものをクラブで押すような体制で、

グリップ低く、体に近く、腰を開かず、前傾維持します。

テークックも同様です。

下写真の様に重いものを押していくようにします。

すると、腕ではなく左サイド全体で押し上げていけます。

左手で物を押すようにテークバック 小

 重い物を押すので下の写真の様に左脇が開く訳が有りません。

テークバックで左脇が僅かでも開くと

左肘が横を向き、フェースがガバッと開きます。

その瞬間確実にスイングは破綻します。

再現性ゼロ。

想像以上に注意しないと出来ません。

テークバックで脇が開くとダメ 小2


テークバックもダウンも兎に角、左上腕は体を擦りながら

動きます。これはスイングの絶対条件です。



 また、右腰のスウェイ、右サイド伸び上がりも最悪です。

スウェイの注意点は、まずテークバックで右股関節が

切れ上がる事です。

これを「股関節を入れる」と言います。

股関節に入れる 股関節が切れ上がる 小2


 右膝は正面を向いたまま、曲げ角度も不動。

写真の黄色線右にスウェイしないよう細心の注意を払います。

要するに右足全体がつっかい棒の様に不動になり、

右股関節を軸に結果的に回転します。 

そうすると必ず右股関節部分が切れ上がる動きになります。

下半身に捻転をためるイメージ 小3

 股関節で回転しないで、右スウェイして行くと

いつまでたってもねじれは出来ません。

どんどん右腰も頭も動いて行きます。

右に動きすぎると左に戻れない小5

 
 下写真の様に頭と右足全体を同時に止めます。

すると右股関節を軸に回転せざるを得ません。

頭の上下移動も制限されますから、

右サイドの伸び上がりもなくなります。

実際には意識と違って多少頭が右に動くことは

許容範囲ですが、右腰は全く動きません。

頭と右膝 テークバックの注意 小

 下図の赤丸の様に丸い形状の大腿骨頭は寛骨と呼ばれ、

股関節を形成しています。

この丸い形状が直線運動を回転運動に変換するのです!!

直線的なスイングが結果的にこの股関節の丸い形状の大腿骨頭=

寛骨によって、自然に回転運動に変わります。

むしろ、回転運動を意識して体幹を回転させると

回転半径が大きくなり回転が遅くなります。

しかし、直線運動の意識だと最小半径で股関節が回転運動に

変換してくれるので、回転運動意識より高速回転になります。


体中でこのような形状の間接は股関節だけです。

この理解なしにでは、スイング理論はありえません。

骨盤 小4

 私が以前3本の軸を意識すると言ったのは、

テークバックの右股関節、フォローの左股関節、

重心の回転軸である脊椎の3本を常に意識すると

ゴルフが易しくなるからです。

合理的でしょ?

一般論の1軸、2軸は全てを説明するためには無理があるます。

3本なら頭の動きに無理がありません
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ゴルフ狂 さんどうもです!!Re: ご返答有難うございます

> 複雑すぎて難しいです。
> しかしこの体の使い方が一番大事なのでしょうね
> もう一つ質問なのですが、テークバックで左膝が少し前に出ます
> 出さないように右腰をもっと後ろに引いた方がいいのでしょうか?

出来ればベタ足です。と言うかその意識です。
そうしないとかなり前に出て、膝が曲がってしまうからです。
特にオーバースイング気味の方は左膝と右腕が原因のひとつになっているケースが多いです。

私も最近全くのべた足から、ほんの少しだけ左かかとを上げています。
しかしがに股で膝は曲げない意識です。ビデオで見ると少し曲がっていますが、曲げる意識はないです。
左足が全くのべた足だと捻転が強くなりすぎて、間が短くなり、また回転運動になり易くなってしまうからです。それであえて捻転を弱めました。
ですから、線が細くて体が柔らかくて、飛ばしだけを考えたら確実に左もベタ足の方が良いですね。

しかし、左足は結果的に上がるものであって意識的に上げるのは良くないですね。
曲げすぎ手内側に入りすぎると、反動で左にスウェイします。
シャドースイングで鏡で見てみると分かりますよ。

また、前には出さない方が良いです。右スウェイもし易いし、前に出すと体が回転しますのでどんどんオーバースイングになります。

なんでもそうですが、動かしすぎると戻すのが大変な事と、戻したときに必ず反動で反対の動きが大きくなります。左スウェイします。また、反動で今度は右膝が前に出ます。

また、左右の腰を引く動作は微妙で、気をつけないといけません。
基本的に腰を引くと言う動作は、少しでも行き過ぎると「逃がす」動きになります。
「腰が引ける」のです。引くと引けるは微妙に違います。重心位置の問題ですね。
踵加重になるとまずいです。基本は常に土踏まずが良いですね。

 また、いい練習は股関節の絵を見て自分の股関節の位置をイメージしてみてください。
かなり左右近く、狭いですよ。そこに大たい骨先端の丸いボールがあって、そこで直線運動が回転運動に自然に変わるのです。自らの意思で回転するのではなく、股関節がやってくれるのです。
それをイメージするとスウェイがなくなります。
右足付け根の股関節のボールをイメージしてテークバックしてください。
右足の上ではなく、右足付け根です。結構内側ですね。
そうすると右にスウェイしないはずです。右腰、右尻は引くと言うより、股関節のボールによってによって自然に右ではなく後ろに動くものなのです。
そうなる様に股関節を使うのです。

ご返答有難うございます

複雑すぎて難しいです。
しかしこの体の使い方が一番大事なのでしょうね
もう一つ質問なのですが、テークバックで左膝が少し前に出ます
出さないように右腰をもっと後ろに引いた方がいいのでしょうか?

よろしくお願い致します

ゴルフ狂 さんおはようございます!!Re: おはようございます

>  いつも楽しみに拝見してます。

そうですか!!御訪問。コメント大変ありがとございます!!

> 質問なのですが、スイング中常に膝から股関節までの角度を維持するように意識しているのですが、いいのでしょうか?

右足はインパクトまではそうですね。完全に不動です。
左足はテークバック、切り返しで左右に多少動きますが高さはインパクトまで変えないイメージです。

> 自分のスイングをビデオで見たとき、想像以上に左スウェイが激しいのがわかりました。
> 太ももの角度を終始維持することによって、股関節をロックしてます。
> 自然と腰の上下・前後運動を制御し 頭不動になりやすいと理解しているのですが、
> 我流なもので、確信を持っていません。
> 何か注意すべき点があれば、教えていただきたいのですが よろしくお願いします。

左スウェイですよね。
まず右スウェイしていないか確認してください。ビデオか誰かに見てもらってテークバックで右足、右腰が右に動いていないか確認します。
なぜなら、右にスウェイすると左にもスウェイしやすくなります。

また、左腰は少しはスライドするもので、どれ位スウェイするかですね。
もちろん意識では左腰を左スウェイさせる意識より、させない意識の方が強いのですが、
右スウェイより多少動きます。

左スウェイとは上半身の突っ込みです。下半身だけで上半身重心軸が突っ込まなければスウェイでは有りません。
殆どのアマが球に向かって上半身から突っ込んでいきますので、なんとしても下半身リードで止めたいですね。
それは私も同様ですよ。

しかし、一般的に左スウェイは左サイドで食い止める事をどうしても意識してしまいますが、
左スウェイを止める方法は、むしろ右サイドの役割です。左足では絶対に止められません。
むしろ左足、左股関節の力みを生むため自然な回転を阻害してしまう恐れが有ります。

左スウェイを止める方法は、右かかと右肩です。
アドレスから頭の軸を意識します。それは重心軸です。それを左に突っ込まないようにスイング中終始意識します。
インパクトまで止めれば良いのです。
その後は逆に左サイドは回転して、右サイドはどんどん出て行きます。
頭も動いていきます。
このタイミングが結構難しいですね。遅いと右に残るし、早いとスウェイ。
全身脱力して、インパクト後のクラブと、腕に、それまで我慢していた右サイドが一転して引っ張られるようにします。

また、両足については例えば四股踏むように両足がに股にすればスウェイはしません。
この時、自然に時股関節がしっかり入って、左右に不動になります。
股関節が切れ上がり切れ目が入ります。
実験してみると良いです。それで体幹できます。

この股関節が入る感覚が分かれば、筋肉より骨でスウェイを止められます。
すると力みがなくなります。
野球と違ってクラブも球も全然、非常に軽いです。
ピンポン球を打つときに、どの筋肉も力む人はいないですよね。
手首の動きだけでスマッシュが打てます。
それと同じです。手先だけで打ちませんが、とんでもなく軽い球を、たった300gのドライバーで打つのです。
腹筋に力を入れるとか、足で打つとか言いますが、それは極めて弱い力です。
全身脱力が基本です。

お返事待っていますね!!

おはようございます

 いつも楽しみに拝見してます。

質問なのですが、スイング中常に膝から股関節までの角度を維持するように意識しているのですが、いいのでしょうか?

自分のスイングをビデオで見たとき、想像以上に左スウェイが激しいのがわかりました。

太ももの角度を終始維持することによって、股関節をロックしてます。

自然と腰の上下・前後運動を制御し 頭不動になりやすいと理解しているのですが、

我流なもので、確信を持っていません。

何か注意すべき点があれば、教えていただきたいのですが よろしくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR