ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

グリップ軌道のイメージ

 質問があまりに多いので緊急回答です。

ちなみに腕・グリップはどのイメージで振りますか?

腕の振りの軌道のイメージ2


 殆どの人は緑線の様なイメージを持ち、

実際は青線でグリップを振っています。

ボールに上手くヘッド当てようとしすぎる為にグリップが

球に近付いていくのです。

当然、腕と一緒に体の右サイドが球に被さって行きます。

もしくは腰が前に出て腰砕けであおり打ちです。

右足も青線に沿って蹴られます。それが突っ込みです。


腕が伸びず、左肘が引けて、ヘッドが走らず、

自然なローテーションは絶対に起こりません。

手でこねるので再現性はゼロです。

腰も球に近付くので前傾も維持できません。


 正しいグリップの軌道のイメージは赤線です。

トップからグリップを真下に下ろし切り、右側真横から右もも

に突き刺します。そして型の真下をまっすぐ直線軌道で振ります。


なぜか?

腕は腕で振るのではなく、下半身で振るからです。
(実際には上体の捻転開放も有りますが意識しない)

腕はアドレスから肩の下にダランとぶら下がっているからです。


ですから、右足は赤線に沿って蹴られます。

従って、右膝は前に出る訳がなく、

右踵も上がる必要性はないのです。

体を回転させるから右踵がインパクトよりずっと先に上がります。


インパクトまで右足はがに股で踏ん張り、

インパクト以降、右踵で赤線の方向に蹴る!!

もしくは、右足蹴りを我慢できない人はもう右足は蹴らない!!

それでも必ず右足はインパクト前に

自然に勝手に蹴られてしまいます!


体が伸び上がる人は、手首角度を維持しないで

手首が伸びるからです。


手首角度はかなり意識して必死に維持しています。

じゃないとプロでも伸び上がらないとダフりますから。


 では、ヘッド軌道の意識はどれか?

ピンクか?青か?

答えはヘッド軌道の意識はないです。

足で赤線にグリップを振れば、勝手にピンク線に沿って

ヘッドが走ると分かっているからです。

ヘッドを球に当てる意識などないです。

ピンク線を意識したらグリップが青線に出て行くからです。





 他に意識するのは以下ですね。

グリップを右ももに突き刺して(ぶつからないから大丈夫)

インサイドから下ろすこと。

右踵を残してしっかりローテーションさせて球を捕まえること。

これだけフェースの向きが違います。


「今のクラブはローテーションしない」と言うのは大ウソ。

要するに慣性モーメントがデカ過ぎるクラブは

きちんとローテーションできない人の為に、

最初から擦りフェードでも真っ直ぐ飛ばせるように出来ているのです。

しかし、そういうクラブは逆にローテーションし難いので

ドローは手でこねないと打てません。そういう意味です。

だから、上級者はヘッド後方がドデカイ慣性モーメントがやたら

大きなクラブはパワーのないフェードヒッターしか使いません。

アイアンもそれにそろえなければいけません。

また、プロのプロトタイプのクラブは見てくれが、

市販プロパー品とは全く違います。

酷い大手メーカーは塗装だけ一緒で、OEMのメーカーまで違います。


 プロのフェースの被り方が球を捕まえる打ち方。

このアマチュアの軌道ではドスライス。

アウトサイドイン軌道3


 上のプロの様なフェースローテーションは、
 
右踵が「しんちゃん」みたいじゃないとできません。

突っ込んだり、開いたら即アウトです。

TVで杉本プロが良い事言ってました。

「フェースは顔で返しちゃだめだ!!」

多くのアマは顔でフェースを返してますが、

顔は首を痛めない程度にフェースの動きとは逆です(笑)


 このベタ足、がに股足でも肩は少し開いていますからね。

それから、ゴルフでは野球の様にツイストで腰は戻しませんよ!!

野球は泳がされるのでツイストしますが、

ゴルフは球が止まっているので肩を開かないだけで、腰は戻しません。

ツイスト打法 かかと上げない がに股



 そして、早めにグリップを下ろし切り、球の10cm手前の芝を擦る位

低い最下点から自然なアッパーブローで、

球をこすらないで低スピン、高ミート率でボール初速を上げる事です。

入射角
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ダフリの王様さんどうもです!! Re: 突き刺す位置わかりました

>ゴルキチさんのおっしゃるダラーンはどの程度ダラーンなのか、また腕ダラーンとグリップ圧との関係は・・・など感覚的なものを表現されるのは大変難しいとは思うのですが、腕ダラーンについて今一度詳しくご教示いただけたら幸いです。

これは皆さん同様に考えていると思います。
記事で次回書きますね。

腕の脱力、グリップ圧、手首の維持この3つは本来別々に語られるものですよね。
でも、大体腕は脱力、グリップ緩々で片付けられます。
レッスン書もプロのコメントも全てグリップ緩々です。
でも、本当でしょうか?
本当じゃないです。

プロも腕も、グリップも力みます。特にドライバーは力みます。
しかし、プロはパットイズマネーなんです。
ドライバーで飛ばそうと力んで、多少余計に飛んだところでリスクが高くなることは避けたいのです。飛ばして快感を得たいアマとは違います。
また、ドライバーで力むとその感覚が消えず、肝心のアプローチ、パットの手の感覚が鈍るのです。
だから、プロはラウンド前に力みの出るドライバーショットは殆どやらないのです。
要するにプロの言っていることは、普段の自分の注意点であり願望なのです。
普段から自分が注意しないと出来ないから、口から出るのです。
実際は彼らはグリップはかなり神経質に何度も確かめてしっかり握ってますよ。
そもそもアマとは握り方が全然違うのです。
しっかり隙間なく握りますが、数本の指しか圧力はかけません。
アマは全部の指でべたっと、特に利き腕の右手を強く握ります。
これが問題なのです。
プロは左手小指から3本、右手中指、薬指はしっかり握ります。
他の指も隙間なく握ります。
その後、腕の力を抜くように脱力しますが、
アマは何も考えず、確かめもせずあっさり全部ルーズにグラグラに握ります。

私はグリップゆるゆると言った事は一度もないです。
力みませんが、しっかりグリップするべきだと思います。
しかし、それでもコーチにグリップがルーズだと今でも指摘されます。
クラブと唯一の結合部分ですから、かなり慎重にグリップするべきです。
なんで皆が皆口をそろえて、グリップゆるゆると言うんでしょうかね?
それしか言わないですよね。
それだけ一般アマがグリップが強いと思われているんでしょうか?
私は逆にルーズすぎる人が多いと思いますが、この辺は私も不思議です。

すみません間違えました!

ゴルキチ様
腕ダラーンではないですね、腕ブランブランでした。すみませんが読み替えてください。

突き刺す位置わかりました

いつも勉強になります。ありがとうございます。太ももに突き刺す(イメージ)位置は掴めたのですが、ゴルキチさんのおっしゃる腕ダラーンがどうも私の感覚のダラーンと異なるのではないかと思ってしまうのです。手首の角度(腕とシャフトの角度)を維持しようとすると多少握りが強くなりダラーンではないと思うのですが、この程度はダラーンの範疇なのでしょうか? ダラーンのままだととんでもなく早くリコックしてしまって地面を叩いてしまいそうです(特にドライバー)。というのも私の中では腕ダラーンはグリップゆーるゆると同義語なんです。ゴルキチさんのおっしゃるダラーンはどの程度ダラーンなのか、また腕ダラーンとグリップ圧との関係は・・・など感覚的なものを表現されるのは大変難しいとは思うのですが、腕ダラーンについて今一度詳しくご教示いただけたら幸いです。

kazusan さんはじめまして!!Re: タイトルなし

> いつも勉強させてもらって感謝しています。
> 特に今日の赤線のグリップ軌道は圧巻でした。

有難うございます。シングルの大先輩にお褒め頂いて大変光栄です。

> 当方は61歳でHDは8ですが、ドラの平均飛距離は210Yほど。そんなこともあって、ドラはFWにあって次打が打てればいい・・・
> と思うようにしてましたが、熱のこもったレッスンに触発され、もう一度ドラの飛距離を伸ばすことに挑戦しようと思いました。
> これからも期待しています。

そうですよ!!やらないとどんどん飛距離が落ちてしまいますよ。
私の年齢でも周りは皆飛距離が落ちてます。
競技では飛ばせば致命傷のリスクが必ず伴いますが、
飛ばしを追い求める事で初めて気が付く事は予想以上に多いです!!
ドラコンの世界でそれが良く分かります。
ストロークでの常識がドラコン界では非常識が山ほど有ります。
しかし、ドラコン界の秘伝は一般には漏れません!!!
非常に限られた狭い世界です。

昨年12月の沖縄でのDLJ大会では石川遼くんはマン振りでも
40Y置いていかれました。
遼くんのあのスイングでさえ、H/Sが10m/Sも違います。
遼くんは18歳で体がまだ全然出来ていないので無理ですが、
H/S10m/sの差は強烈ですよ。
50才代でH/S60台もいますからね、恐れ入ります。

ですから、61歳ならまだ全然若いですよ!!
ハンデ8の技術なら十分飛距離アップは可能です。
道具とちょっとしたストレッチで20y位楽に伸びますよ。

ご存知だと思いますが、有名な古市忠夫プロは30歳でゴルフを始めてから10回クラチャンになって、
60歳でプロテスト合格ですよ!!
それで、グランドシニアで優勝してますからね。

同伴メンバーさんは大体65以上です。
3人70台は日常茶飯事です。
でも、グロスで負けることも良く有りますからね(笑)
小技は良く教わります。
ドラコン大会でも有名な60台の方がいるそうですよ。

また、コメントお待ちしています。
秘伝の技を是非ご指導お願い致します!!

いつも勉強させてもらって感謝しています。
特に今日の赤線のグリップ軌道は圧巻でした。
当方は61歳でHDは8ですが、ドラの平均飛距離は210Yほど。そんなこともあって、ドラはFWにあって次打が打てればいい・・・
と思うようにしてましたが、熱のこもったレッスンに触発され、もう一度ドラの飛距離を伸ばすことに挑戦しようと思いました。
これからも期待しています。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR