ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右足がに股の理由 右膝の向きはインパクトまで正面

 右足のがに股についての質問の回答です。

右足のがに股の意味ですが、

要は右膝の方向なのです。スイングは直線運動です。

インパクトまではむしろできるだけ回転しないように

下半身をバタつかせないで、安定した土台として使いたいのです。

その為には、右膝の方向は非常に重要です。


 トップから体は自然に回転方向に力が加わります。

回転に任せて振れば腕はアウトに出てアウトサイドイン

の軌道になります。

下半身も自然に上体につられて回ってしまいます。

腕の振りも、下半身も我慢しないと直線的には振れません。


 上体はインパクトまで右を向いたまま我慢して

腕をインサイドから真下に下ろします。

下半身もインパクトまで右膝が前を向いたまま耐えます。

右膝が左を向い瞬間に、右膝が折れ、右踵が上がり、

右肩が落ちるか、被ります。

土台である下半身が回転を始めてしまうからです。

回転を始める瞬間が左膝の左への方向転換なのです。

右膝が正面を向いてさえいれば、下半身は回転しません。

その為にインパクトまで右足をがに股で踏ん張るのです。


 
 インパクトまでに腰は45度自然に回りますが、

上は右肩と頭で、下は右足がに股で回転を防ぎます。

これは要するにインパクトまでエネルギーを温存する事なのです。

そして、インパクトと同時にこのエネルギーを放出します。

飛球方向にエネルギーを最大限に伝える蹴り方は、

右足拇指球一点による右足の回転を伴う蹴りでは有りません。

右足裏全体を使った真横への蹴りです。



 がに股、試してみてください。

インパクトで右下半身が非常に安定するので、

右サイドがしっかり残り、インパクトからフォローで

パワーをフルに伝えられることが分かります。

右肩が落ちたり、腰砕けになるミスが激減しますよ。


 もう一度この写真を見て下さい。

どちらの足がフォローで押せると思いますか?

ツイスト打法 かかと上げない がに股

一目瞭然ですよね?

上はインパクト前に全エネルギーを開放しており叩いて終わりですよね?

叩いて終るインパクトではスピン量が増えるだけで飛びません。

下はインパクト以降タメを開放し、インパクトゾーンで球を押せます。

タメはインパクトからフォローで開放するのです。

リリースのターゲットは球ではなくフォローです。

インパクトゾーンで球に体重を乗せて押さないと低スピン弾道は

絶対に打てません!!


 上は一見躍動感があるフットワークに見えます。

ところが、現実はパワーも正確性も大きくロスしているのです。

正確性のショートアイアンも飛距離のドライバーも

がに股です。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

おっさん さんどうもです。Re: 何時もありがとうございます

>ドラコンの仕上げでお忙しい時期、申し訳ありません。

いいえ。でも体結構痛いです。年ですね(笑)

> 自分では土踏まずあたりと思っていたのですが、あるとき気付きまして。
>
> 柔軟性と稼動域は一般的なおっさんより遥かに軟らかく広いのですが、上手くゴルフの運動に使えていないようです。

そんなものです。私もそうですよ(笑)
でも私の場合肩甲骨の稼動域が広くないと言われました。
年齢的なものが大きいと思いますが、肩甲骨はちょっと特殊なストレッチが要りますね。素振りやぶら下がりだけじゃダメみたいです(笑)

> それではドラコン頑張って下さい。
> 遠くから応援しています。

ありがとうございます。
必ず優勝してきますね!!(冗談)
万が一優勝したら賞金もらっていいのかな?
ドラコンはストロークと別かな?

何時もありがとうございます

ゴルキチ様。

ドラコンの仕上げでお忙しい時期、申し訳ありません。

自分では土踏まずあたりと思っていたのですが、あるとき気付きまして。

柔軟性と稼動域は一般的なおっさんより遥かに軟らかく広いのですが、上手くゴルフの運動に使えていないようです。

それではドラコン頑張って下さい。
遠くから応援しています。

おっさん さんいつも有難うございます!!Re: トップ時の右足荷重の位置

> 最近気付いたのですが、ゴルキチ様のインパクト付近の写真がトップページよりなくなっていますね。
> 気に入っていたのですが。。

あれはタイガーですよ(笑)
よく良いフォームだと言われました(笑)
ブログを始めた当初取り合えず適当に張り付けておいたのです。
私は今179cm90kg位ですからもっとずっと太いです。
ドラコンには丁度良い体型かも。
はったりかましたみたいでごめんなさいね!

> >トップから体は自然に回転方向に力が加わります。
> 回転に任せて振れば腕はアウトに出てアウトサイドインの軌道になります。
>
> この記事も含め、最近の記事はまるで自分のことが書かれているようです。
>
> >右膝が左を向い瞬間に、右膝が折れ、右踵が上がり、右肩が落ちるか、被ります。
>
> まるで私のスイングを解説しているようです。
> 被ったフェイスを肘を抜きながらターンさせている打ち方みたいです。
>
> その為アイアンでは抜けが悪く、DRでは良くてフェード、最悪は右から更にプッシュです。
> なぜ、ミート率が上がったのかはよく分かりませんがお陰様で今でも1.45以上をキープできています。
>
> そこで気付いたのですが、トップにおける右足裏の荷重は土踏まずより後ろ。
> そこに荷重が掛かるとトップでもシャフトがクロスする量が少なくなりました。
>
> 前傾量など複雑に絡み合っているとは思いますが、今まではトップでの荷重はボシキュウに掛かっていました。
> ゴルキチ様は如何でしょyか

私は足裏全体を意識しています。体が球方向に行かないようにすると拇指球にかかりませんね。
また、右足が絶対に拇指球で回転したくないので両足裏全体に乗ってます。
と言う事は真ん中の土踏まずでしょうね

表現の違い、感覚の微妙な違いが有りますので難しいですが、完全な踵加重は「逃がす」動きになります。右股関節を上から抑えられなくなり、体が起きてしまうとまずいですね。そうならなければ、土踏まず若干後ろ加重に一時的に変更でスイング修正も良いかもしれません。

> またトップの右足裏の荷重の位置で右膝の使い方に大きく影響するのではないかと感じているのですが。
>
> これが正しいものかご意見を伺いたく投稿いたしました。

前傾が起き上がって、頭が上がり、ルックアップ、左スウェイが最もまずいです。
それを防ぐには、右足ベタ足でインパクトで頭を右足前を見て下げます。
これで全て解決されます。
しかし、股関節、肩甲骨、腰、首の柔軟性と稼動域の広さが要求されます。
ポーラクリーマーが良い例です。

うさぎ さんおひさしぶりです!!Re: タイトルなし

> こんにちは。
> 今週から、右足を蹴らないスイングを練習しようと思います。
> 途中で挫折しないように コメにしました。
>
> いつのまにか、右足を蹴って左足に体重を移動するというイメージが頭の中にできていました。
> まさしく、普通の打ち方といっしょです。はいっ、叩いて終わりです。
> 持っているイメージから先ず変更しなきゃ…ですね。
>
> このツイスト打法の黄色線のように両足で地面をつかんでいる間に
> 右側にある腕を左側に持っていくんですよね。
> 両足で地面に圧力をかけるような 重心は足の裏みたいなイメージでいいのでしょうか?

そうです。左への体重移動は要らないですね。腕を振れば勝手に移動して行きます。
もともと明治の大砲の人は問題ですが、普通の左に流れやすい人はそれで良いです。
両足に根が生えているように、踏ん張ります、体が開かないし、右肩が安定するので良いですよ。頭も簡単に残ります。

問題もいくつか有ります。
1、ウサギさんの場合は、右足を蹴っても正しいプレーンが出来ていた。だから、むしろ逆にプレーンが一時的に崩れる可能性がある。
2、女性の場合、体が非常に柔らかく男性とはパワーが違うのでどうなるのか不明。
3、全身の力みが抜けない人は、右に残しすぎると腕の不利につられて左にスムーズにタイミング良く乗っていけない。
4、今までより体が球から遠くなるので、少し右に置いた方がいいかもしれない。
5、打ち方にもよりますが、ティーアップしているドライバーは、球が遠くなるので左手首もきちんと縦にリリースして飛球方向に腕を結構伸ばさないと球の先に届かなくなる。届いてもきちんとローテーションしないとアッパー軌道になる。
6、インから下り過ぎる可能性がある。あおり打ちのアッパースイングにならないようにダウンの軌道に注意。

等、気をつける点は有りますよ。
インパクト時点でも右サイドががっしりしているので安心して叩けますね。

トップ時の右足荷重の位置

ゴルキチ様

何時もお世話になります。
最近気付いたのですが、ゴルキチ様のインパクト付近の写真がトップページよりなくなっていますね。
気に入っていたのですが。。


>トップから体は自然に回転方向に力が加わります。
回転に任せて振れば腕はアウトに出てアウトサイドインの軌道になります。

この記事も含め、最近の記事はまるで自分のことが書かれているようです。


>右膝が左を向い瞬間に、右膝が折れ、右踵が上がり、右肩が落ちるか、被ります。

まるで私のスイングを解説しているようです。
被ったフェイスを肘を抜きながらターンさせている打ち方みたいです。

その為アイアンでは抜けが悪く、DRでは良くてフェード、最悪は右から更にプッシュです。
なぜ、ミート率が上がったのかはよく分かりませんがお陰様で今でも1.45以上をキープできています。

そこで気付いたのですが、トップにおける右足裏の荷重は土踏まずより後ろ。
そこに荷重が掛かるとトップでもシャフトがクロスする量が少なくなりました。

前傾量など複雑に絡み合っているとは思いますが、今まではトップでの荷重はボシキュウに掛かっていました。
ゴルキチ様は如何でしょyか

またトップの右足裏の荷重の位置で右膝の使い方に大きく影響するのではないかと感じているのですが。

これが正しいものかご意見を伺いたく投稿いたしました。


この様な内容についてすでに書かれていましたら失礼いたします。

こんにちは。
今週から、右足を蹴らないスイングを練習しようと思います。
途中で挫折しないように コメにしました。

いつのまにか、右足を蹴って左足に体重を移動するというイメージが頭の中にできていました。
まさしく、普通の打ち方といっしょです。はいっ、叩いて終わりです。
持っているイメージから先ず変更しなきゃ…ですね。

このツイスト打法の黄色線のように両足で地面をつかんでいる間に
右側にある腕を左側に持っていくんですよね。
両足で地面に圧力をかけるような 重心は足の裏みたいなイメージでいいのでしょうか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR