ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

昨日のレッスン 左手首のリリース 大きなスイング タメ 右手主役に変わる

 今日、久々にヤフオクで妙に安いクラブが有ったので

終了7分前に入札したのですが、あっと言う間に

大幅にぶっ飛んであっさり負けました(泣)

やはり終了7分前くらいが勝負ですね。

でも、あおって高値で掴ませてやったのでざまあ見ろ!
(負け惜しみ)

まあ、相当安くないとヤフオクでは買う気にはなれませんが。


 今日はレッスンでした。

ドラコン大会までもう日が有りません。

しかし、全然打ち込めてません。

金曜日が用事があるので、あと火、水、木、土しかない・・・。

前日は少しなので、実質3日しかない!!ヤバ!!

ティーの高さも決まってません。

55か60か・・・・65はちょっと慣れてないので高過ぎるし。

コーチは80!!で打ってます。

しかし、高いティーは結構難しいです。

まーいーか。


 今日のレッスンのテーマは、


1、大きなスイングを心がけゆったり振る

速く振っても絶対にヘッドスピードもボール初速も出ない。

とは言っても飛ばすことが目的なので加減が本当に微妙です。


2、ダウンでグリップを少し緩めることで、トップからのタメを増やす

テークバックも切り返しもゆったり振らないと緩められません。

これはひたすら練習しか有りません。

ドラコンでもひたすらパワーでぶっ叩いて飛ばせる選手と

ゴルファーの2種類の選手に分けられます。

人間業じゃない有名選手ドラコン選手は例外です。


3、スイングは左右対称。インパクト直前まで左腕が主役で、

右腕は全く使う意識はないが、左腕は畳まれるので

右腕が主役に変わり、右腕を積極的に伸ばしていく。

しかし、右腕の使い方はかなり要注意!!



4、両手首を縦に積極的にリリースする。

これまでは左手首は積極的にリリースしなかったが、

飛ばすには左手首もリリースして伸ばし切る!

そうしないと、右サイドをかなり残してインパクトすると

球の先まで届かない!!


また、暫くリコックの意識を捨て、左腕は脇を開けて放り出す。

ドラコン選手の小達選手等は結構リコックします。

しかし、リコックはタイミング的に早くなりすぎると、

フォローでのスイングアークが小さくなります。

完全にリリースし切れない可能性があり、

腕が完全に伸びきらない可能性があるからです。

そして、速いフォローでの振り抜きをイメージしてしまうため

ゆったり大きくと反対のイメージになりがちです。


5、左サイド腹直筋あたりをもっと押し込む。


6、腕ではなく左サイド体で上げる


7、股関節に加重し続ける



 そして、コーチのスイングとビデオを何度も何度も見てみました。

私との違いは、


1、テークバックが非常にゆったりしている!!

トップの間が私と全く違う。



2、コーチでもテークバックが速いとトップで時間が余る!!

要するに僅かにオーバースイングになってしまう!!

オーバースイングを防ぐにはゆっくり上げて、ヘッドの移動距離を

少なくする必要がある。


だからゆっくりテークバックすることが重要。

分かるかな?


3、速いスイングは決して、H/Sもボール初速も出ない!!

むしろゆったり大きなスイングを心がけた方が明らかに出る!!



4、インパクトでの腕の伸びが違う!!

リリース方法が違うので右腕が球の先まできれいに伸びている。



5、なぜか分からんが、兎に角ヘッドスピードがまるで

話にならん位違う・・・。軸の安定性も。

その理由はコーチも「うーん、昔からやってるからな~。」

まあ、小学校から始めて研修生もプロテストも経験してますからね。


 で、今日の成果は、

1、右に残せるようになったので45インチクラスのドライバーだと

球の先まで届かない。だから、もっと球を中に入れる。

(しかし、これは普通のドライバーで、48インチの振り過ぎ
かもしれませんが。うーん、問題だな)


2、48インチで慣れると45インチだと球に届かないので、

左手首も縦にしっかりリリースする。(遠心力で飛球方向に伸びます)


3、グリップ圧を少し緩める事だけで、何も意識しないで

タメが更に増え、ゆったり振ってもヘッドスピードが上がる。

48インチはスゲー長くて重いので、力が抜き難い)


4、大きなスイングをイメージすると、テークバックもダウンも

ゆったり振れる。するとシャフトの撓り、撓り戻りを上手く使え、

ゆったりスイングでバランが良くなるので、

ボール初速が上がる事が良く分かる。



5、右足がに股は割と簡単にできるようになったので、

右サイドが頑強になり、右肩の高さが一定になり球が散らなく、

フォローからフィニッシュまでかなりしっかり押し切って

振り切れるようになった。


顔が残る。


6、左サイドから、右サイドに主役が変わることにより、

インパクト以降、右サイドが伸び、飛球方向に体重移動し易く

なり、フィニッシュまできれいに振り切れる。

また、加速しやすくなる。



7、手首のリリース方向が目先最も大きなテーマですね。

ローテーションしながら飛球方向に手首が伸びていくのです。

それで右サイドが残っても腕が延び低く長いインパクトになります。

少しでも上にリリースするとアッパーになってかち上げてしまいます。

かといって被りすぎると引っ掛けです。


兎に角、長いので難しいですね。


8、(おまけ)48インチから45インチに変えるとインから

下ろしすぎる事に気が付いた。

他にもかなりスイングの感覚が変わります。

気をつけないといけないですね。


 ドラコン用ショットですが、

ストローク用ドライバーでも全く同じですよ。

確かにスイング改造の思わぬ弊害もありますが

かなりいい方向に言っていると思います。



ところでヤマハのインプレスX V201 ドライバーは良いですね。

さすが遠藤製作です。

打感は703より完全に良いですね。

欲しいな・・・。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR