ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

球に体重を乗せる

 球に体重を乗せる方法は、

左への体重移動だと思われる方が多いと思います。

確かに結果的にはそれも必要なのですが、

最も意識して注意すべき点は、重心をひたすら下げる事です。

重心を下げて体の浮き上がりを防ぎます。

重心が少しでも浮くと球に体重を乗せることは出来ません。

 重心を浮かせないためには、

1、骨盤を前傾させて骨盤で大腿骨頭に圧力をかけ続ける。

両股関節に上から圧力をかけることで重心を下げ、

下半身を安定させます。同時に状態の力が抜けます。

その意識により前傾がより維持される体勢ができ上がります。

骨盤を前傾させるためには腰椎を前傾する必要があるからです。

特にインパクトゾーンで左股関節へ骨盤で圧力をかける事が重要です。

グリップ、体が浮き上がると絶対に重い球が打てません。

よく言われる重いインパクトは不可能です。


2、左腕を体を擦って振り、グリップを低く通す

グリップが浮くと必ず体が浮き上り重心も浮きます。

そうなると球へのエネルギー伝達効率が著しく落ちます。

また、腕を回転軸の近くに維持する事により、

腕の重さの分の慣性モーメントが下りH/Sが上がります。


3、インパクトゾーンで頭を右足前の下げる。

体が浮かず、前傾とビハインドザボールが維持できます。

骨盤で股関節に圧力をかけ続けると腰椎は必ず前傾します。

その状態で、頭を下げると前傾は自然に維持できます。

しかし、上体の力みが抜けないと無理です。


4、右足を蹴っても右踵が上がらない

股関節に加重して重心を低く維持することで、

結果的に右踵を上げない様にする。

受信が低ければ右足を粘り強く蹴っても踵はめくれない。

重心が上がって行ったら右踵を上がらないようにする事は

不可能。


5、球に近付かない。

体重移動は左へ真横。

アマは球に体重を乗せようとして、

球に向かって斜めに体重移動している。


だから右腰が前に出て、前傾が崩れる。


6、左肩を上げない、引かない

左腰がスムーズに回っていかないと左腰の行き場がなくなり

上へ伸び上がります。

また、左腕のローテーションが上手く行かないと

左肘が詰まって後ろに引けて左肩を上げます。

左肩が上がるとグリップも体も重心も上がってしまいます。

せっかくのスイングが台無しになります。


7、パターでもアドレスでは必ず重心をズドーンと落とすイメージ

パットは球が跳ねないで転がりゴトンと重くカップインする。

四股を踏んで、数回ジャンプして重心を落とす習慣を付ける。



 ドラコン選手はやはりヘビー級が多いです。

土台と軸が簡単に安定しますから軽量級は不利です。

重く安定した土台が慣性モーメントを大きくし、

ゆったり動いてもエネルギーが増大するのです。

下半身が軽く、激しく動いても効率的に安定的して

球にエネルギーを伝達する事は困難です。



 しかし、ツアープロには野球選手の様な巨漢はいませんね。

全くもって不思議ですねー。

ゲーム性というより、

古い体質の業界のジュニア養成の努力不足に尽きますね。

裾野が狭すぎるんです。

今の業界を引っ張っている若手選手は全て親個人の努力の

賜物であり、業界が育てたものでは全く有りません。

特に都会では業界のジュニア育成への意欲は微塵も見られませんね。

それでただ不景気を嘆いていても、何の進歩もある筈が有りません。

この少子化で、このままでは業界の衰退は確実に目に見えているのに、

目先の人気取りだけで、将来性の点では全くの無策ですね。

このクソ古い利己的な体質の業界を何とかしたいものですね。

対人口では広い国土のアメリカに次いで山ほどゴルフ場があるのに

全く有効利用できていないですね。

もったいない。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR