ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

インパクトゾーンを長くするには  イントゥーインの程度

 インパクトゾーンを長くする為にボールとヘッドの

縦の軌道を一致させて出来るだけ長くボールを押し込む事は

以前説明しましたが、今回は横の軌道です。

入射角

 横の軌道は、大方のアマは手先でテークバックするため

インサイドに引いてしまいます。

ここで左脇が開き、グリップが浮くと完全にアウト。

多くのアマはこの状態である事の自覚症状がないです。

あらゆる悪影響を引き起こします。

 インサイドX

 かなりアウト過ぎる位飛球後方真っ直ぐで丁度良いです。

左脇を閉めるというか、左腕上腕を常に体に擦って振るため

結果的に左脇が締まる。

両肘間隔を狭く維持します。

この形が超、超大事。殆どの方はこれが出来ていない!!

アウトO

 フォローも同じです。

イントゥーイン軌道の意識の違いの程度が大きすぎる。

腕が力むとこうなります。

 この写真は頭を残す意識ビハインドザボール、

黄金ラインの維持、右踵維持、ヘッドと引き合う意識が

全く有りません。

右膝構えに出て、左肘が引け、リリース仕切っていません。

骨盤の前傾が起きて、前傾が維持できず、

股関節から外れています。

インサイドX2

 頭と右足踵、黄金ラインを残して、ヘッドと引っ張り合う

瞬間を確実に感じる事。

腕脱力で腕とクラブを放って、完全リリースする事で

腕が飛球方向に伸びてインパクトゾーンが長くなり

球を押せる。

両肘間隔を維持して左右の腕の三角を1つのユニットとして

両腕のバランスを良く両腕一緒に振るというか放る感覚。

アウトO2

 頭を右前に下げて、前傾を維持して

左股関節にしっかり圧力をかけ続けることが

球に体重を乗せる為に重要です。

 このフォローの形が非常に良いお手本ですね!!
 
 イントゥーインの程度をもう一度考え直しましょう。

スイングは想像以上に直線ですよ!!

 インから下ろす意識が強すぎ、イン過ぎてプレーンの下を通る

アンダーになり、シャフトが立たずに寝て下りて、

グリップ先行で振り遅れて、下からあおってアッパーになり過ぎ、

フェースが開いていプッシュアウトスライスか、

手先でコネてチーピンで悩んでいるケースが多いです。

 インサイドに上げ過ぎの自覚症状がないので怖いですよ。


 後方から見ると歴然としていますね。

アマのスイングは腕脱力でインパクトゾーンを長く、

飛球と同軌道で、ヘッドを飛球線上にリリースし切る事が出来ない。

右腕とグリップ、腕力の脱力が出来ないために

ヘッドをインサイドに引き込んでしまう。

スライスを引っ掛けによって治そうとする習慣もある。

引き込み小

 下は藤田寛之プロのフォロー。

後方から見るとアマと全く軌道が違う。

どう見てもインパクトゾーンが長くなる事が分かる。

藤田小jpg

こうするためには、

1、前傾を維持する事、左股関節加重

2、重心を低く、グリップ低く

3、左肩を後方に引かない、上げない事

4、意識的に左腰を切らない

5、スイングは回転運動ではなく直線運動

6、上半身、腕全身脱力で腕を放る

7、完全にリリース仕切る

8、左肘引かないで、しっかりアームローテーションする

等が上げられます。

 
 このスイング理論の理解と、イメージ変化で

スイングは大きく変わり、飛距離は大幅に伸びますよ!!
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

den さんおはようございます!!Re: こんばんは

> ドラコン大会の後、更に高いレベルのレッスンに取り組まれてますね。さすがです。

そうしないと赤っ恥かくんで(笑)
結構いろいろな方と話しちゃったんで、
「何?このへなちょこスイング」と思われるのも嫌だし、ついつい練習も気合入っちゃいますね。ストトークとはまた全然違います。
コーチもかなり気合が入ってますね。
私が何もしなくても道具もかなり研究してくれます。
本当に感謝しています。
それに面白いです。飛ばしの理論は遥かに高度ですね。ストロークにも十分に役立ちますし、良いスイングなら全く弊害は無いと思います。
ドラコン選手も大概ストロークも伸びてますね。

> アマの後方からの写真…程度の違いはあれど自分のスイングも近いものがあります。腕の脱力とアームローテーションがキチンとできていない証拠ですねー。

正しい軌道は予想より遥かに直線です。左脇を閉めて、かなり飛球後方に真っ直ぐ上げ、フォローも飛球方向に放ります。ローテーションがきちんと出来ていないと捕まらないです。左右の手のバランスですね。右手が上で外側を通ります。

捕まえ様とするとインに引きがちです。インサイドアウトもまずいですが、出球は右にしたいです。右サイドの運動量を増やせば捕まりますので、インに引かなくても大丈夫ですよ。

> テイクバック~HWDまでははだいぶよくなってきたのですが、インパクト~フォローにかけてどうしても引き込み気味になってしまいます。そのため打ち出しがやや左、弾道もややフック気味になります。
> この部分は意識しても非常に難しいですね。ずっと課題として認識していますが、なかなかよくなりません。

これは、インに入ると言う事は上体が先行しています。下半身リードです。
僅かでも下半身が先に動きさえすれば大丈夫です。
インに入ると言う事は結局上体が先行して上体が被っているのです。
下半身から動かして、右肩、頭を残します。
頭とクラブが一瞬でも引き合わないとH/Sが出ません。
右向いて打つ、背面打ちの感覚です。

> 前傾維持、左股関節過重、重心低く、腕脱力、アームローテーション意識、課題がてんこ盛りですが…頑張って練習に励みます!

課題は山ほど有りますが、毎回テーマを持って練習し1つずつ習得して、無意識の動きにしていくしかないでしょうね。前傾維持、左股関節過重、重心低くは同じですね。
アームローテーションは、腕脱力で水平振りの要領で右踵と頭が残れば自然に起きます。
出来る限り優先順位をつけてシンプル化していくと良いです。
しかし、まだパターからアプローチとやることが死ぬほど有りますよね。
まあ、だからやりがいもあるんでしょうがあまりやりすぎると、仕事も手に付かないし、嫁さんに愛想尽かされますしね。

参ったもんですね。

こんばんは

ドラコン大会の後、更に高いレベルのレッスンに取り組まれてますね。さすがです。

アマの後方からの写真…程度の違いはあれど自分のスイングも近いものがあります。腕の脱力とアームローテーションがキチンとできていない証拠ですねー。
テイクバック~HWDまでははだいぶよくなってきたのですが、インパクト~フォローにかけてどうしても引き込み気味になってしまいます。そのため打ち出しがやや左、弾道もややフック気味になります。
この部分は意識しても非常に難しいですね。ずっと課題として認識していますが、なかなかよくなりません。
前傾維持、左股関節過重、重心低く、腕脱力、アームローテーション意識、課題がてんこ盛りですが…頑張って練習に励みます!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR