ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

インサイドからアンダー軌道のあおりうちの防御方法

 グリップと体の距離はこぶし1つとか良く言われるます。

どういう意味があるのか?

私達がやりがちな最悪のスイングのひとつはインサイドからの

あおりうちです。

ダウンでテンポが早くなったりすると、体がスウェイして先行し

振り遅れになりがちです。

そうなるとこの写真の用にダウンでもシャフトが寝て、
(背中側に倒れて)

プレーンより下を通る(アンダー)軌道になります。

インサイドアウト軌道でフェースが開きます。

シャフト寝るsyou


 これを防ぐ方法ですが、右足との距離を縮める事です。

要するに右足をすこし前に出し、腕の通り道との間隔を

狭める事です。

 一見、懐を狭くする様に思えるでしょうが、

必要以上に間隔が空く事は逆効果です。

良く言う、飛ばしたいときは右足を引けと言うのは

かなり無責任な意見で、練習としては良いのですが

腕と右足の間隔は正しいプレーンの軌道のイメージにとって

非常に重要なのです。

間隔が空き過ぎると、クラブがインサイド下から入り過ぎるのです。

するとシャフトが寝ます。

これは、起こりうるミスの中で最も嫌なミスの1つです。

これを防ぐためにはむしろ逆に右足を前に出します。

右足とボールの距離感、腕をダランと垂らしたときの

腕と右足の間隔を覚えておくと良いです。

右足が前に出ていると、クラブをインサイドから下ろせません。

すると必然的に仮にインから下ろす意識が強すぎても

正しい軌道からしか下ろせません。

佐藤清一プロのインサイドの軌道に空き缶を置く練習と同じです。

空き缶の役目を右足が果たすのです。

 どちらにしても殆どのアマは右を向いて、意図せずとも

クローズ気味のスタンスになります。

上級者でもコースでは右を向きがちです。

中級者ほどアウトサイドインのスライスに対する恐怖症で

腕で操作するインサイドアウト軌道が多いです。

右足をちょっと前に出してプレーンとの距離を縮めると

スイングが変わりますよ!!

 この写真はテークバックの写真で参考ですが、

プレーンの上を通ってアップライトに上げています。

シャフト立ってるsyou

ダウンでもこのような感じでシャフトを必ず立てて下ろします。

正確にはダウンではヘッドはもう少し下の軌道になりますが。

この軌道だとインサイドアウトにならず、イントゥーインになり

ダウンブローになりフェースが開きません。

ドライバーでシャフトが寝て、インサイドアウトにアッパー過ぎる人

もこのダウンブロー位の意識でやっとレベル軌道で

重心を低く維持したまま振れるようになります。

 この写真はグリップエンドを下げ切って右ももに刺し、

その時タメが残っているのでヘッドがまだ上にある、

シャフトが立っている状態に非常に近いです。

練習法syou

 プッシュスライスかそれを嫌って手首を返しヒッカケ、チーピン

になる人は、この練習方が良いです。

テークバック、ダウン共に後ろの壁に当たらない様に

シャフトを立てて使います。

手でクラブを上げず、体幹で上げる、

必要以上にインサイドアウトに拘らない事です。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

度々すみません


HWD辺りからインパクトまでグリップの動きや向きがで悩んでいましたが、上記アドバイスが参考になりそうです。

〉試しに実際にインパクト前に左足付け根にグリップエンドを固定したまま体を回してみると分かります。グリップエンドは体の回転とともに勝手に真横に高速に移動します。イメージとしては縦から真横へ直角に移動するようなものです。

ということは、“肩の縦回転によって”グリップエンドをツルハシ振り如く左股関節辺りにまで持っていくイメージですかね。その時のシャフトの向きは“飛球線にほぼ平行”イメージですね。…で、その後背筋後方で反転ですね。

ハンドファースト等悩んでたら、訳分からなくなってしまって…
でも、だんだんパズルが合ってきた気がします。 w

本出しませんかベストセラーですよ!

ゴルきちさんこんばんは。
パンチパーマです。

返信ありがとうございます。
こんなにお話できて嬉しいです。

すいません、自分はパンチパーマではありません。
パンチパーマに憧れています。
そしてXは強そうに見せたいと思いつけました実は。

さて本題に入りますが、へそ前向きパワーやばいです。
捻転がMAXです。

今までへそより下に捻転を作るために、ヘソを右に向けてました!
それを前に向けてテークバックすると、右股関節に嬉しい捻転を感じます。
少し痛いですが、捻転が出来ていると考えると嬉しさが勝ち、肉体に鞭を打つ事が出来ます。

それよりも捻転が出来ると、何も意識せずに切り返す事が出来ました。
我慢出来ずに切り返してしまいます。

本当にちょっとしたきっかけで切り返しができるんですね。

そして捻転が出来ると、自分はマキロイより飛ばせるんじゃないかという錯覚に陥ります。
ここは注意します。

ですが本当にこの理論凄すぎて何故本を出さないのか疑問に思うくらいです。

レンジで実践しましたが、周りの人がずっと自分を見てる気がしました。
ぶっ飛び➕安定でした。

そしてテークバックで思ったのですが、もしかして体の回転優先ですか?
私は腕を動かし過ぎなのか、腕とクラブが体の右にずれます。
テークバックで鏡の前でシャドースイングをすると、トップで左腕と胸がくっ付いています。
普通にテークバックしたらみんなこうなると思うのですが、意識としては腕置き去りで体の回転優先でしょうか?

腕が右にずれない様なドリルがあれば、毎日1時間練習します!
ゴルきちさんの言う事を聞いていれば間違いないので、信じて練習します。

何かいいドリルないでしょうか…
80台で回る後輩を見返したいのです。
なんでもします。

お忙しいとは思いますが、私にはもうゴルきちさんしか信じられないので、お時間ある時に返信頂けると嬉しいです。

よろしくお願いします。


Re: 極端すぎるインサイドアウトなんです

パンチパーマX さん、毎度です!!

本当は全員に返信しないと申し訳ないと心底思っています。頑張って何とか気分が乗った時に一生懸命返信しております。返信相手は全く分け隔てはしておらず、ただ、たまたま気分が乗った時がパンチパーマX さんだったのです(笑

> パンチパーマです。こんな庶民に返信して頂き感謝です。

私もド庶民のオヤジです。どうしてペンネームが「パンチパーマX」なのかいつも考えて想像してしまいます(笑 これだけ空想させられるペンネームは初めてです。パンチパーマなのかな? 懐かしいな今時。まだ現存しているのかな? Xって何の意味だろう??? なんでか見たらわかるのかな、見てみたい!! てな感じですマジで。

それに、文章がメチャメチャ面白い、楽しい!!抜群のセンスですね。

> ゴルきちさんの言う通り、コックは維持できておらず、クラブが寝て入っていました。
> ローテーションはできている様に感じます。
> 自分のスイングは特殊なのかと思い始めました(笑)

全然特殊じゃないです。アマが1回は皆通る道ですよ。私も。

> 軌道はインサイドアウトですが、トゥーにボール痕が付きます。
> 以前はシャンク等をしていました。

フォローで腕を突き出しちゃダメなんです。引き付けておかないと。フォローで藍ちゃんの様に腕を伸ばしたらダメです。結果的に遠心力で引っ張られ、伸ばされるんです。腕を伸ばすと手首も伸びるからシャンクします。コックも解けます。

> 現在は、スイングする際に手が右腰に当たる時もあるくらい近くを通ります。

インから降りて近くを通り過ぎですね。腕は肩からだらんと下げた位置より近すぎたら腕で操作しています。それだと安定しないです。肩から自然に下げた位置を通ります。近すぎてもダメです。

> 動画を撮って確認しましたが、珍しいパターンで、ジムヒューリックの様に切り返しで腕がループします。
> ループして後側から回り込み超インサイドから叩く感じです。

一生懸命なアマほど一度は極端なインから振るようになってしまいます。それも一度は通る道です。何でもかんでもインサイドアウトというレッスンがおかしいのです。我々は長い事騙されてきました。
インという事はプレーンの下側のアンダーですから、シャローに振れる気がするかもしれませんが全く違います。下側を通るので当然ダフリ易くなります。インパクトで腕が伸びるのでローテーションし易くなり、実際にドローで良い球とか出たりして球が捕まる様な気がするのですが、右に押し出したり引っかけたりして左右にばらけて出してしまいには収集が付かなくなります。

要するに、極端なインサイドアウトによってグリップを押し出し、肘を伸ばして軸回転を誘発するのは確実に間違っています。プッシュアウトの可能性も高く、ローテーションがあまりに急激過ぎ左右両サイドOBのリスクが避けられません。狙いは右側OBゾーンではなく、少なくともフェアウエイ右側狙いです。右端もダメですね。グリップは引き付けながら、ストレートに振りステイビハインドで肘が伸ばされローテーションするのです。

ヘッドの通過点にしてもインサイドアウトはプレーンの下側を通ってしまう、アウトサイドはスライスで捕まらない。結局ベストはアウトサイドインではないストレートインのイメージです。確実にステイビハインドが出来ればローテーションで捕まります。アイアンなんかフェードの方が絶対に良いです。上げて止まるし即死の引っかけが無いからから。もちろんドローが打てないゆえのフェードではなく、万が一引っかけたくないから、FWから抜けが良いからフェードです。ドライバーはドローの方が良いと思います、アマは球を捕まえる事がまず先決ですからね。真ん中やや右狙いで軽いドローがベストです。出来なくてもそこを狙うべきだと思います。それが出来る様になってから、フェードに変えても良いし。

> インパクト寸前は超インサイドから急激にローテーションしていました。
> これ真右に行くだろってくらいインサイドです(笑)
> このジムヒューリック風腕ループを直したいです。

手で操作すると無限に軌道は変えられます。V字ですから右肩上にしかクラブは上がらない筈です。何はともあれ殆どのアマはこの単純なことが出来ない。やろうとしない。ダウンはV字に下げ切った後、左(金)玉辺りに引き付ける、そこに引き付けたまま急速な体の回転に同調して回転とともに外見上真横に動く。そこから左肩上ににフィニッシュ。だから左脇が空かない、空きようがない、ヘッドを待つとか、減速とか全く関係ない。だって腕は横ではなく縦に振っているんだから。手を横に振るから早すぎたり、速すぎたり、振り遅れたり、行き過ぎたりバラバラになる。引き付けて縦にV字に振れば勝手に下げ切れるし、勝手にヘッドに追い越される。

> テークバックはかなり早めにコックしアウトから上がり、腕がループして超インサイドから叩く感じになっています。アマチュアでもこんな軌道は見たことないです。

もしアウトから上がり過ぎるなら肩の回転と同調していないという事。体の回転が少し遅いだけのことなのです。ヘッドは体正面、右肩より右にはみ出さないようにします。
右肘はずーーーーーーっと真下向き。右肘をあちこちに向けない、回さない!!
それで止まります。

> 一度動画を見て頂きたいくらいです。
> ※三年間程レッスン受講中ですが、考え方に納得できず、現在全く通わずお金だけ払っています。無駄金です。
3年はちょっと長いですね。それでそのフォームを修正してくれないのはプロとしてまずいと思います。

> やはりコックの維持の様な気がしますね。
> 死んでもコックを解かない様に練習すべきでしょうか?

ここまで皆さんがコック維持で悩むのはいろいろ複合的要素があるからなのです。コック解放の見えない力は山ほどあるのです。それを一つずつ取り除くことが先決です。
まず、トゥーダウンを最低限にする、そのためにはどうするか。過激なトップしなりもマズいがその為には。アーリーリリースもだめ、下向きのリリースもまずいから我慢。その為にはグリップV字に、シャフトを縦に振れば逆にリリースしたくてもできないし、インパクトでグリップはヘッドより先行しない、縦に振るからグリップの減速もヘッドを待つとかも全く関係ない。

> あ、ゴルきちさんの言われた通り計測等しましたが、インサイドアウトでした(笑)
> HSは全然無く、30から38でした。

当然インサイドアウトが最もH/Sスピードが出ないです。下からあおり打ちになるから体重移動もスムーズじゃないし、フォローでアウトに出っぱなしで振りきれないし、フィニッシュできない。

ストレートインです。なぜ最後にインかと言うと、良くレッスンで言われるインに引き込め、みたいなのでは全くなく、縦にV字の降りた最下点の左脚付け根にグリップエンドをほぼ固定したまま、そこからは体の水平回転に移行するという事です。縦から横に移行します。試しに実際にインパクト前に左足付け根にグリップエンドを固定したまま体を回してみると分かります。グリップエンドは体の回転とともに勝手に真横に高速に移動します。イメージとしては縦から真横へ直角に移動するようなものです。

極端すぎるインサイドアウトなんです

ゴルきちさんこんばんは。
パンチパーマです。

こんな庶民に返信して頂き感謝です。

ゴルきちさんの言う通り、コックは維持できておらず、クラブが寝て入っていました。
ローテーションはできている様に感じます。
自分のスイングは特殊なのかと思い始めました(笑)

軌道はインサイドアウトですが、トゥーにボール痕が付きます。
以前はシャンク等をしていました。

現在は、スイングする際に手が右腰に当たる時もあるくらい近くを通ります。

動画を撮って確認しましたが、珍しいパターンで、ジムヒューリックの様に切り返しで腕がループします。
ループして後側から回り込み超インサイドから叩く感じです。

インパクト寸前は超インサイドから急激にローテーションしていました。

これ真右に行くだろってくらいインサイドです(笑)

このジムヒューリック風腕ループを直したいです。

テークバックはかなり早めにコックしアウトから上がり、腕がループして超インサイドから叩く感じになっています。
アマチュアでもこんな軌道は見たことないです。

一度動画を見て頂きたいくらいです。

※三年間程レッスン受講中ですが、考え方に納得できず、現在全く通わずお金だけ払っています。無駄金です。

やはりコックの維持の様な気がしますね。
死んでもコックを解かない様に練習すべきでしょうか?

あ、ゴルきちさんの言われた通り計測等しましたが、インサイドアウトでした(笑)

HSは全然無く、30から38でした。

お時間ある時にまたコメント頂けると喜びます。









Re: ゴルきちさんすげえ

パンチパーマX さん、 こんにちは。

> 現在ゴルフのしすぎで、実は肋骨を疲労骨折していますが、今日レンジでゴルきちさんの言う通りにしてみました。

あらまでも下半身主体にする丁度良い機会かもしれませんよ!
私も怪我によって結構スイングが好転する時が多かったです。
私も疲労骨折する位ゴルフがしたいな。羨ましいです(笑

> 肩の回転角度ですが、3点を止めておけば、一方向にしか動きません。
> やはり以前はスウェイしていた様です。さすがです。

反動が使えなくなって最初はきついですが、直ぐに慣れます。
慣れればへそから下に捻転がたまりやすくなるので上体の力みは消えます。
へその向きでトップの深さを調整できます。

> スウェイせずに下半身から左下に切り返すと、ぶっ飛びます。
> 自分の飛距離じゃないみたいです。
> ぶっ飛びです。

それは良かったですね!!でももっと飛ばそうと言うのは止めて下さいね。
また折れちゃいますからね(笑

> ただやはりインサイドアウトが治っておらず、アイアン等はフェースのトゥー側にボールの跡がついていました。
> ボールの内側半分しか当たってないくらいです(笑)ある意味神業です(笑)

トゥーに打痕は通常グリップが浮いてトゥーダウン、アウトサイドイン軌道、ローテーション不完全のケースが多いです。ゴルフ5とかビクトリアでスイングを見てもらうと良いですよ。どうなっているのか。意外と自分では勘違いしているケースが多いので修正方法が180度変わる可能性もあります。

たぶん球の位置が前後左右悪いのでしょう。試しに目をつぶって打ってみて最も当たる場所が正解です。結構皆さんずれてます。

それと実はトゥーダウンだけではなく、ヘッドはローテーションするとトゥー側が下がってきます。その分もあるのでトゥーを浮かせるためライ角維持をもっと意識します。意識ではヒール側ソールだけが接地するイメージです。かなり強く意識しないとトゥー側も接地します。

インパクト時位の右肩の位置も気を付けて調整してみて下さいね。

ゴルきちさんすげえ

こんにちは。
パンチパーマです。

現在ゴルフのしすぎで、実は肋骨を疲労骨折していますが、今日レンジでゴルきちさんの言う通りにしてみました。

肩の回転角度ですが、3点を止めておけば、一方向にしか動きません。
やはり以前はスウェイしていた様です。さすがです。

スウェイせずに下半身から左下に切り返すと、ぶっ飛びます。
自分の飛距離じゃないみたいです。
ぶっ飛びです。

ただやはりインサイドアウトが治っておらず、アイアン等はフェースのトゥー側にボールの跡がついていました。
ボールの内側半分しか当たってないくらいです(笑)ある意味神業です(笑)

右足を出してまた練習していきたいと思います。
ありがとうございました。

Re: 勘違いしていましたすいませんでした。

パンチパーマXさん、 こんばんは!

> ゴルきちさん、今日ゴルきちさんが言う肩縦回転の意味がようやくわかりました。
> 自分は肩を縦回転すると、捻転に耐えきれずスウェイしていた様です。
> 球を打つ時、球に集中して捻転等がおろそかになり、スウェイするんです。
> 完全に無意識です。

右膝と、尾てい骨と、脳天の3点の固定を意識して下さい。
そうすると左肩の通り道はおのずと決まります。

昔から日本では「肩は水平回転」と教わりアマは皆おかしくなりました。
肩を水平に回すために頭も右サイドもスウェイして、異常にインに上げ、オーバースイング、クロスシャフトになります。殆どのアマはそうなっています。肩の回転に意識が行き過ぎなのです。プロもそう言い過ぎ。
それに対して私は肩はむしろ縦回転のイメージだと言ってきました。
左肩をあごの下に入れておしまいです。上半身はその程度の方がむしろ良いのです。
不動の頭、回転軸の方が主役なのですから、肩を回すために頭を動かすのではなく、頭=回転軸を固定してその周りを肩が回るだけなのです。だから、不動の頭の下に左肩を入れるのです。

しかし、心配しなくてもそもそも前傾が決まれば、肩は自由に角度など変えられません。
右膝、尾てい骨、脳天の3点を止めれば、肩の角度を考える余地はないのです。

もうひとつ重要な事は右肩を上げない意識です。右肩を上げると右サイドが伸びあがります。下半身の壁が弱いと上半身で捻転を作りたくなります。スウェイ、オーバースイングを止める有効な方法は「へその方向」の意識です。へそを前に向けておくとへそから下に捻転が出来ます。それ以上状上体は回らず、スウェイしません。
「右脚の外旋」と「へそは前向き」です。

> 今日新しいドリルを試していて、古賀公治プロの動画を見ていましたが、その中にクラブのグリップエンドを左手で持ち、ヘッドを右手で持ってグリップエンドがトップまで球を指す様に動かすというドリルがありました。
> その時に気付いたのが、肩はかなり縦回転という事です。
> 横に回すとまず間違いなくボールは指しません。

それでプレーンに乗っています。
インパクト前にはプレーン上でシャフトが縦回転します。ヘッドとグリップは同一プレーン上常に反対向きだという意識があるとプレーンを外しません。
 
> このドリルで肩の回転角度を把握出来たのですが、いかがでしょうか?
> これが正しければ毎日30分プレーンの確認を行うつもりです。
> ゴルきちさんの太鼓判が欲しいと思い、コメント致しました。
> 間違いがあれば修正していきたいと思いますので、時間がある時にコメントお待ちしています。
> よろしくお願いします。

非常に良いと思います。
頑張って下さいね。
またコメントお待ちしています!!

勘違いしていましたすいませんでした。

こんばんは。
ゴルきちさん、今日ゴルきちさんが言う肩縦回転の意味がようやくわかりました。
自分は肩を縦回転すると、捻転に耐えきれずスウェイしていた様です。
球を打つ時、球に集中して捻転等がおろそかになり、スウェイするんです。
完全に無意識です。
今日新しいドリルを試していて、古賀公治プロの動画を見ていましたが、その中にクラブのグリップエンドを左手で持ち、ヘッドを右手で持ってグリップエンドがトップまで球を指す様に動かすというドリルがありました。
その時に気付いたのが、肩はかなり縦回転という事です。
横に回すとまず間違いなくボールは指しません。
このドリルで肩の回転角度を把握出来たのですが、いかがでしょうか?
これが正しければ毎日30分プレーンの確認を行うつもりです。
ゴルきちさんの太鼓判が欲しいと思い、コメント致しました。
間違いがあれば修正していきたいと思いますので、時間がある時にコメントお待ちしています。
よろしくお願いします。

ぎったんばっこん

こんにちは。
お忙しいところコメントありがとうございます。
肩を水平というより、テークバックで左肩が下がっていて、スウェイしていた様です。
ぎったんばっこんになっていました。
最近気付いたのですがダウンで体が起き上がるのは、アドレスで背筋を伸ばすと防げそうです。
最初から起き上がった状態で構えるみたいな感じですが、どうでしょうか?
また頭の軸をしっかり維持すると、スウェイがなくなりました。
よければまたコメント頂きたいです。
上手くなりたいです。
よろしくお願いしたいです。

Re: インサイドアウト恐ろしすぎます

パンチパーマXさんはじめまして!!

> 長年インサイドアウトに悩んでいましたが、
> この記事のおかげで治りそうです。
> 動画を撮って確認しましたが、ストレートの軌道を実感出来ました。
> 想像以上に遥かにクラブはアウトから降ろすのですね・・・

そうなんです。最初は驚く位想像以上です。インから下ろすとインパクト前からヘッド軌道が下がりダフり易くなるのでグリップが浮く弊害が出ます。

> ですが、右足を極端に前に出して振った時はストレートに触れるのですが、右足を元に戻すとまたインサイドアウトになります。
> トップ・ダフリが止まらなくなり、最悪の打ち方ですね。
> そこで他に何か有効な方法・ドリル等ありましたら、是非教えて頂きたいと思い、コメントさせて頂きました

おそらく肩を水平に回す意識で軸が一緒にインに動いているからです。それだとどうやってもインに入りってしまいます。頭を不動の軸にしてその周りを肩が回ります。体重移動は結果です!!スムーズに回った結果嫌でも起こるもので目的ではないです。スムーズに回るためには力みは禁物です。

試してみてくださいね!またコメントお待ちしています!!

インサイドアウト恐ろしすぎます

こんにちは。
パンチパーマXと申します。

長年インサイドアウトに悩んでいましたが、
この記事のおかげで治りそうです。
動画を撮って確認しましたが、ストレートの軌道を実感出来ました。
想像以上に遥かにクラブはアウトから降ろすのですね・・・

ですが、右足を極端に前に出して振った時はストレートに触れるのですが、右足を元に戻すとまたインサイドアウトになります。

トップ・ダフリが止まらなくなり、最悪の打ち方ですね。

そこで他に何か有効な方法・ドリル等ありましたら、是非教えて頂きたいと思い、コメントさせて頂きました。

一生懸命練習して上手くなりたいので、
是非お願いしたいです。
お忙しいところすいません。

よろしくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR