ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

体よりクラブの動きを第一に考える

 UP5も要領を覚えてきました。

少し振れば軽めでも70を超えるようになりましたが、

ドライバーのH/Sが相変わらず全然変わらない。

どうして?加齢???

明日ヤードスティックに電話して相談してみようかな。

2010 07 01 HS UP5syou2

 昨日は屋外レンジで7Iを300発くらい打ちましたので、

今日は屋内で素振りでした。

3時間ひたすら素振り。

結局、球は1球たりとも打ちませんでした。

ひたすらUP5を1回、2回振ってから、

ドライバーでH/Sを計測。

力むと腰を痛めるので「力まない、力まない」と注意して。

他のなじみのコーチがやって来て「調子はどうですか」と聞かれ、

私:「H/Sが全然上がりませんわ」

「UP5だと70超えるんです、ビュン、ほらね」

「でもドライバーだと、ビュン(55位)これしか出ない」

「ヤードスティックは体をごまかして同じ様に速く振れる様に

なるって言ってるんですが、全然話が違いますね。」

「怪物達は65m/sとか平気で超えるんですよ。

どうなっているんですかね?彼らは。」

「UP5の解説ではしつこく“下半身リード”って言ってるんですが、

そんなにH/Sを上げるヤードスティックの言う下半身リードって

一体何だと思いますか?」

なじみのコーチ:「私は下半身リードと言う言葉は使わないですね。

誤解が多すぎるから。」

私:「そうですよね。コーチの理論はフットワークではなく

下半身安定ですよね。」


 その後、30分近く下半身リードについて、いろいろ会話。

結局、まず下半身を安定させることが、取り合えず

俗に言う「下半身リード」を効率良く使えると言う結論です。


 そのあと、非常にありがたいご意見を頂きました。


なじみのコーチ:「余計なことをしない方が良いんですよ

「今のスイングを見ていてもUP5を振っている時は

ただひたすら棒を早く振ろうとしている。(UP5を振りながら)

しかし、ドライバーになるとゴルフスイングになっている。

結局、ゴルフスイングになると余計な動きをするので

逆に速く振れなくなるんですよ。

皆さん、長い間余計なスイング理論に惑わされ続け、

本来最も考えるべき“クラブの動き”を無視して

体の動きばかりに注目している。

もっとクラブの動きを中心に考えれば、

下手に体を使い過ぎるより、体を安定させたまま

ただ棒を速く振る意識ならもっとH/Sは上がるはずですよ。



「そうか!!!」

今使っているUP5は50インチ総重量182g。

ドラコンドライバーは316g。

ヘッドが重くバランスが全然違うが、総重量は134g重い。

そして重心位置がシャフトからずれているだけ。

じゃあ、50インチ(127cm)、600gのバットをブンブン振ろうか。

p1.jpg



これならゴルフではなく長い棒を振る意識で振り回せます。

クラブとほぼ同じバランスで、しなりもあります。

バットとはだいぶ違い、ドラコンクラブに近いそうです。

ドラコン大会でもかなりたくさんのドラコン選手が持っていて、

非常に気になっていました。

派手できれいだし。

早速、アマゾンの翌日配達で買っちゃいました。

明日来ます。明日は昼と夜練習です。

なんとしても都留CCでは350Y超えて決勝に行きたい!!

おNEWのバット楽しみです。

ドラコン用の足裏が傾斜した靴もお欲しいな・・・。

Newクラブも欲しいし・・・全くきりがないですね。

完全に馬鹿ですよ。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ひめこ さん今日は!!Re: タイトルなし

> あれ?ひめこの先生の画像。。。

え!記事のあのバット持った人ですか?
会社は埼玉県春日部市小渕656wですね。
アザ~スってアッタスと同じでいかにもって言う社名ですね。

> みなさんアザス凄いですよねぇー!!!
> アントニオのメンバーといいビックリです。
> そんなにいいのかぁ???
> って・・・教え子なのに・・・(-_-;)
> 試作段階でモニターもしましたが

今年3月の発売ですね。
昨年の試作段階でモニターしたんですか!
かなりプロにもばらまいていますね。

> 振る場所がないので使ってませんが
> アセアセ

これ良いですよ!!90cmのバットよりずっと良いですね。
5月の富士ではあまり見かけなかったのですが、水戸では山ほど見かけましたよ。
「何これ!、欲しいー」と驚きました。

これ体幹強化には良いですよ!!
下半身踏ん張りますから。

色も良いですね。
100%竹製ですね。

おっさん さんこんにちは!!Re: 何時も有難うございます

> 最近の記事も大変参考になります。

そうですか!最近少し飛ばしに偏っていますが良かったです。

> テコの応用などもボヤーとおぼろげにイメージしていましたがイメージと動作が重なるようになてきました。
> 腰のリードもおっしゃる通りと思います。たまにスイングを見てもらうインストラクターによく注意される点が腰の動きです。「下半身の踏ん張りが足りない」「腰を回してしまうからクラブが寝てくる」などなど。
> なかなか身につきませんが。。

ここは皆が苦労している点ですよ。私もそうです。多くのプロでもそうです。

> 最近、大変なことに気付きました。
> 左手の小指が緩んでいました。脱力した左腕の過剰意識のようです。
> 気のせいかもしれませんが、前傾の維持にも一役かっているように思えるのですが。

緩めると事と隙間ができてグラグラとは違うので注意が必要ですね。
手のひらを緩めても腕の下側の伸筋でフィンガーでしっかり握ります。
指も全ての指ではないですよね。

> また、ダウンスイングでの右肘。以前もご指導頂きましたが、早めに開放できるようになってきました。手首さえ我慢すれば結構タメが作れるものですね。

そうです。脱力で練習すれば出来ます。タメはある意味振り遅れなのでローテーションのタイミングが難しくなり。少しでも横降りになったり、腰がスウェーするとタイミングがずれてしまいます。大型ヘッドではタメはモロ刃の剣でもありますね。
日によってタイミングがずれるのは、そこに原因があると思います。殆ど腰、上体のスウェイですね。しかしそれも多くの人が同じです。
自然に徐々に、スウェイを減らす方向に修正していく事になります。
しかし飛距離を伸ばすには乗り越えなければならない壁ですよね。

> それが体感できたのが50吋のバットです。
> 右肘を緩やかな伸ばす素振りのあとにDRを打ちますとトテモ当たりが厚くなりました。

そうですか!50インチバット持ってらっしゃるんですか?
良いですよね。短いバットより全然良いですね。驚きです。
ただ、やはり600gは重いので振りすぎも腰を痛める原因になるそうです。
ドラコン選手は皆やりすぎで体を壊します。
本当なら400~600gで調節できたら更に良いでしょうね。
50インチ600gはストレッチと考えた方が良いとの事です。

> ローテーションがゆっくりになるのでインパクトした気がしないのですが、この方がフォローが大きくなりますね。右肩が一気に回転を始めます。
> 今現在は過剰なほど意識しないとビジネスゾーンで(特にインパクト後)横に振りに行ってしまいます。
> これが無意識で縦に振れるようにしたいのですが。
>
> 「下半身の安定性・緩やかなタメ・左手小指の使い方・テコの原理」
> これらはすべは単独では行なえる運動ではなく、バランス良く動かすために全てをシンクロさせる必要があるのではないかと生意気なことを思っています。

いやその通りですね。ですから1つ直す事も一時的に出来ても直ぐに戻って今います。無意識の動きにするには直ぐに達しく修正する基準、ビデオ、コーチが必要ですね。

> これからも沢山のヒントをお願いします。

こちらこそいつも貴重なご意見有難うございます!!

腰は能動的には回さないけれども結果的にはその場で回らないといけません。
能動的に回す、切る動きがあると軸が逆にぶれ、パワーを逃がす動きになります。

能動的に回さないで、結果的にも腰が回らないと手打ちになります。下半身リードにもなりません。

腰を回さない、がに股理論とドリルをアップしますね。

あれ?ひめこの先生の画像。。。

みなさんアザス凄いですよねぇー!!!
アントニオのメンバーといいビックリです。
そんなにいいのかぁ???
って・・・教え子なのに・・・(-_-;)
試作段階でモニターもしましたが
振る場所がないので使ってませんが
アセアセ

何時も有難うございます

こんにちは。

最近の記事も大変参考になります。
テコの応用などもボヤーとおぼろげにイメージしていましたがイメージと動作が重なるようになてきました。

腰のリードもおっしゃる通りと思います。たまにスイングを見てもらうインストラクターによく注意される点が腰の動きです。「下半身の踏ん張りが足りない」「腰を回してしまうからクラブが寝てくる」などなど。
なかなか身につきませんが。。

最近、大変なことに気付きました。
左手の小指が緩んでいました。脱力した左腕の過剰意識のようです。
気のせいかもしれませんが、前傾の維持にも一役かっているように思えるのですが。

また、ダウンスイングでの右肘。以前もご指導頂きましたが、早めに開放できるようになってきました。手首さえ我慢すれば結構タメが作れるものですね。

それが体感できたのが50吋のバットです。
右肘を緩やかな伸ばす素振りのあとにDRを打ちますとトテモ当たりが厚くなりました。

ローテーションがゆっくりになるのでインパクトした気がしないのですが、この方がフォローが大きくなりますね。右肩が一気に回転を始めます。
今現在は過剰なほど意識しないとビジネスゾーンで(特にインパクト後)横に振りに行ってしまいます。
これが無意識で縦に振れるようにしたいのですが。

「下半身の安定性・緩やかなタメ・左手小指の使い方・テコの原理」
これらはすべは単独では行なえる運動ではなく、バランス良く動かすために全てをシンクロさせる必要があるのではないかと生意気なことを思っています。

これからも沢山のヒントをお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR