ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右踵がどうしても上がる理由

右踵がどうしても上がる理由は


1、そもそも左にかなりスウェイしている

 または左腰がバンプし過ぎ

2、右膝が前に出る、右膝は真横に左足に寄るべき

3、スタンス広すぎ

4、ボール位置が左過ぎでボールに届かない

5、右足爪先加重過ぎて拇指球でクルッと回ってしまう

6、右サイドが力んで打ち過ぎで、右肩、右サイドが前に出過ぎ


等がありますが、

一番手っ取り早い修正方法は上記注意点の修正ですが、

兎に角、踵を強制的に上げないで打ってみることでしょうか。

そうする事により自分の上記の欠点が見えてきます。

その為には切り返しは右踵加重で打つことです。

テークバックは右足拇指球加重でアップライトに上げる、

徐々に右踵に移り、

ダウンでは右踵から左拇指球に移って行きます。

これを繰り返すと、左に突っ込んでいたことが分かりますし、

突っ込まなくなります。

突っ込むと右足が浮くので右足のタメ、右足による蹴り、

押し込みができません。

インパクト前に右足が確実に死ぬのです。

また、突っ込むと左グリップが最期まで先行して、右グリップが

インパクトで左グリップを追い抜く事が出来ません。

一度、これらの点に注意して右踵加重で打つことも

良い練習になります。

少なくとも私には絶大な効果でした。

実は先日ご紹介した、4スタンス理論という単行本がありますが

この中で、個人により適する打ち方は全く異なるという

理論が展開されています。

内容は非常に複雑ですが、要は個人によって体の前の筋肉を使うべきか、

後ろの筋肉を使うべきか大きく異なるというのです。

重心位置も万人に共通する適正な位置はないのです。

ここがゴルフで難しいところですね。

スイングは万人にオーダーメイドでなければならない。

これは、余程優れた良心的なコーチに付くか、

自分で試行錯誤して研究するしかありませんね。

兎に角、既成概念にとらわれていてはそんなに進歩は無いと思います。

今日のラウンドは、右踵重心を死守できるように

左スウェイを徹底的に注意してテストしてみたいと思います。

もうひとつは、グリップを徹底的に近く、低くですね。

今5時ですが、これから出かけて開門前に裏から入って

素振り、アプローチパター練習を先にしたいと思います。

パター練習が全く間に合わなかったので

何とかパター練習の時間を取りたいです。

行ってきます。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ski_golfさんこんにちは!!Re: タイトルなし

> ski_golfです。お久しぶりです。

お久しぶりです!
返事が遅くなりましてごめんなさい。

> スキーの話が出ていたので投稿させて頂きました。
> 最近ゴルフにはまりすぎてしまい、人生が楽しすぎます(笑)

良いですね!完全にハマリましたね(笑)

> ほぼ毎日練習場に通っておりますが、こんな練習量じゃ未来はないなあとしみじみ。
> という事で今の目標は、「平日早朝ハーフ毎日+庭にグリーン作り」を目指してます!

私も毎日ラウンドしたいです。研修生にしてとプロと研修生と話してますよ(笑)
しかし、プロテストの費用が異常に高すぎますね。研修生たちが気の毒です。

> ゴルフと都心の会社通勤を考えると家の位置は難しいですね…

そうなんですよね。
全国レベルのジュニアは皆地方です。都会はジュニアにサービスしなくても金が取れるので全くジュニア養成に意欲なしですね。来場者は凄い勢いで高齢化していますから近いうちにしっぺ返し食らいますよ。

> 競技スキーをやっていた時代は、毎年数回海外合宿してたりと年に5カ月程度はスキー場にいましたし、あれくらいやっても上は遥か彼方。

凄いですね!!本格的ですね。そこまでの人は私の回りにはいなかったですね。
恐ろしく金がかかりますからね。
子供はゴルフの方がはるかに安いですよ。ジュニアは道具代、洋服代が殆どかからないですから。
練習代、レッスン、ラウンドもシュニアは安いです。
ただ、東京だと近くにレンジは有っても芝がないのが大問題ですね。

> 若い頃は当たり前に感じてしまい、親に感謝すらしてませんでした(涙)、今更ですがホント後悔です。
> 若い頃からゴルフが出来る子供達は親に超感謝しないとダメですね!
>
> >テークバックで上体と反対に下半身を捻ります。右膝、右拇指球に力が入ります。右足加重など考えなくても反対に捻ろうとすれば自然に右足加重に、かつ右壁が出来ます。
> >フォローでも下半身はその反動で反対に捻ります。すると左足拇指球にも力が入ります。この時自然に左壁が出来、下半身の捻りが下半身リードとなり上半身を引っ張ります。
> >この動きは体重移動がなくても出来ます。そして第三者には見えません。
> >左右に何度もこれで連続素振りを繰り返すと分かりますよ。

> この動きは確かにとてもスキーに近いと思います。
> 逆に僕の場合は、HWD以降足に頼り過ぎてしまい、腕(特に右腕)は何すればいいの?って状態が長く続きました。

それは凄い事ですね!珍しいです。私はゴルフを始めた時スキーの足を使う感覚は全然なかったですね。子供の頃ソフトボールのピッチャーやテニスをしていたので右手で振る感覚の方が強く出ました。だから右手首が強くてヒッカケが多かったですね。
スキーの深雪の感覚だと気がついたのはやっと最近ですよ(笑)それまで何でスキーが役に立つの?と不思議でした。ゴルフ仲間でスキーの指導員がいるんですが彼も同じでしたね。

> ダウンスイングは最初から最後まで常にメインが足(特に足裏)になってました。やり過ぎて足裏でこねくって打つような感じに…
> 結果振り遅れが酷く、擦り玉が多発な状況に。
> 先日「玉はどこへ行った?」というサイトに出会いやっと理解出来た気がしてます。
> ダウンスイングで右肘がお腹につくあたりで、脇締めしながら肘先を下に降ろすと肩が勝手に回るという事実に気付きました(←間違っていたら指摘お願い致します!)。

どの時点から肩が勝手に回るのかが問題ですが、少なくともインパクトまでは、肩の回転は必死で我慢します。インパクト後に抑えた分一気に回りますが。

> 合わせて、ごるきちさん推奨の剣道の面ですね。この二つで腕のやる事がわかった気になってます。剣道もかじってたのでイメージしやすいです。

剣道は良いみたいですね。私は柔道と空手をやっていたので無性に力でねじ伏たい衝動が強いですね(笑)
なまじ馬力があるので始末が悪いですわ。

> 右肘を押し出すとか左腕で肩を回すとか、ゴルキチさんが仰っていた内容がやっと少しわかった気がしてます。

> >レース、コブ、ゲレンデスキーは前傾一本やりです。
> >深雪では後傾とよくいいますが、実は真ん中で非常に微妙に瞬時に前後させています。
> >私はゲレンデよりむしろリフトの下や山の中を滑っているほうが多いです。
> >その感覚が初めて生きました。馬鹿ですねー。
> >これで足裏は完全に深雪スキー感覚になりました。
> >右拇指球、右踵、左拇指球と体重が移動して、その間に板を左、右に振っている感覚です。

> コブは深雪に近いはずです。基本後傾。
> また、深雪に限らずスキーは体重(重心?)を前中後と移動させます。深雪でベースを後傾にする理由は、単純に雪に刺さらんようにかな?
> ゴルフはクラブで体が前に引っ張られますが、スキーはスピードで体が後に引っ張られます。
> なので、スキー全般に言えるのは手を前に出してスピードと戦う事。これは大事だと思います。僕は最後までダメでしたが…

重心の位置と、前傾の議論は結構個人差がありますよね。言葉と感覚の違いでしょうね。
ゴルフもそうだと思います。
スキーの場合後ろに引っ張られますが、ゴルフでは上に浮きます。体もグリップも上に浮くことが最も忌み嫌われる動きです。

今までのゴルフレッスンは殆ど拇指球に近い、前寄りの重心が良いとされてきました。
私もそう信じて来ました。しかし、実はそれでは前過ぎると分かりました。
前傾して頭の重量が前に出て、なおかつ腕を強烈に前に振るから前に重心がかかりすぎるのです。
この状態でスタンスもアドレスから前重心では前につんのめるようになります。

重心を今までよりずっと踵寄りに変えたら良くなりました。
やってみるとこれは決して踵加重ではなく真ん中なのです。足裏全体ですね。
まさにスキーの瞬時に前後左右に移せるポジションなのです!!
これで初めて、アドレスで、あ、スキーだと思いました。
今頃ですよ、馬鹿ですね。
でもスキーでゴルフを説明する人には実際、未だかつて会った事がないですからねー。
足首に角度をつけること、すねでブーツを押す感覚で下向きに圧力を掛ける感覚もアドレスで取り入れたら、体が浮き難くなりました。背筋も伸びます。スキーの様に足首の角度を微妙に動かして前後の重心をきちんと真ん中に置く作業が心地よいですね。
スキーをやっていた方には分かりますよね。

> また、コブ深雪は板を意図的にずらす行為が発生すると思いますが、レースやゲレンデスキーでは一切ずらさない為、かなり別種目になる気がします。
> ですので、レース(僕の感覚ですが)では板を左、右と振る感覚は無く、抜重もせず右踵から左拇指球に瞬時というかじわじわというか切り替える感覚です。

このブログでここまでスキーの話になったことは初めてですが(笑)
確かにゴルフではずらさないですね。
「抜重もせず右踵から左拇指球に」そう、これですよ!!
まさにこの感覚です。アキレス腱を伸ばすようにして右踵が浮かないように右足裏全体を接地させておきます。そして最期に右踵で蹴ります。踵を浮かせないためには股関節の柔軟性が必要です。
早期に右踵が上がると右膝が前に出て、右肩も前に出ます。そうなると肩が早く開きアウトサイドインの軌道になります。
ですから右拇指球蹴りは良くないですね。

ただ、ゴルフは程度の差はあれ両足で真上(厳密には足裏から股関節に方向に斜め上に)に蹴ります。しかし、そのとき体とグリップが浮かないように上体で吸収し、腰を前に出さないで頭で押さえつけるような感じになります。下半身が蹴りで伸びても、上体が縮み頭はむしろ下るくらいで、まさにポーラ・クリーマーが良い例ですね。
また、ミケルソンの様にしなやかな体の使い方だと蹴っていない様にも見えます。
逆にタイガーや遼くんのように体を激しく、強く使うスイングだと意図が分かりやすいですね。

スキーの場合はコブの段差は膝で吸収しますが、ゴルフは蹴りによる下半身の伸びを上体で吸収してグリップが浮かないようにします。グリップが浮いたらアウトです。

> ごるきちらんのサイトに出会い、色々学び、現時点でスキーやってて得したかな?と思えるのは
> 足裏感覚と、膝股関節の捻転というか逆向きに耐えるやり方というか、そこらへんだなあと思っております。弊害は特に無かったです。

弊害はないですよ。特にスキーシーズンの為に下半身の筋トレをやっているときはスイングがすごく楽ですね。ワンハーフ歩いても最期まで楽勝です。しかしゴルフをやらないシーズンは良くないですね。

> これからもがんばって下さい。

はい、ありがとうございます。
またコメントお待ちしています。

スキーレースはもう怖くて無理ですね。靭帯やったらゴルフも終わりですから。
コブもやばいので深雪で遊びたいですね。
80kg前半まで減量できたらまた子供と北海道に行きたいですね。

ski_golfです。お久しぶりです。
スキーの話が出ていたので投稿させて頂きました。
最近ゴルフにはまりすぎてしまい、人生が楽しすぎます(笑)
ほぼ毎日練習場に通っておりますが、こんな練習量じゃ未来はないなあとしみじみ。
という事で今の目標は、「平日早朝ハーフ毎日+庭にグリーン作り」を目指してます!
ゴルフと都心の会社通勤を考えると家の位置は難しいですね…
競技スキーをやっていた時代は、毎年数回海外合宿してたりと年に5カ月程度はスキー場にいましたし、あれくらいやっても上は遥か彼方。
若い頃は当たり前に感じてしまい、親に感謝すらしてませんでした(涙)、今更ですがホント後悔です。
若い頃からゴルフが出来る子供達は親に超感謝しないとダメですね!

>テークバックで上体と反対に下半身を捻ります。右膝、右拇指球に力が入ります。右足加重など考えなくても反対に捻ろうとすれば自然に右足加重に、かつ右壁が出来ます。
>フォローでも下半身はその反動で反対に捻ります。すると左足拇指球にも力が入ります。この時自然に左壁が出来、下半身の捻りが下半身リードとなり上半身を引っ張ります。
>この動きは体重移動がなくても出来ます。そして第三者には見えません。
>左右に何度もこれで連続素振りを繰り返すと分かりますよ。
この動きは確かにとてもスキーに近いと思います。
逆に僕の場合は、HWD以降足に頼り過ぎてしまい、腕(特に右腕)は何すればいいの?って状態が長く続きました。
ダウンスイングは最初から最後まで常にメインが足(特に足裏)になってました。やり過ぎて足裏でこねくって打つような感じに…
結果振り遅れが酷く、擦り玉が多発な状況に。
先日「玉はどこへ行った?」というサイトに出会いやっと理解出来た気がしてます。
ダウンスイングで右肘がお腹につくあたりで、脇締めしながら肘先を下に降ろすと肩が勝手に回るという事実に気付きました(←間違っていたら指摘お願い致します!)。
合わせて、ごるきちさん推奨の剣道の面ですね。この二つで腕のやる事がわかった気になってます。剣道もかじってたのでイメージしやすいです。
右肘を押し出すとか左腕で肩を回すとか、ゴルキチさんが仰っていた内容がやっと少しわかった気がしてます。

>レース、コブ、ゲレンデスキーは前傾一本やりです。
>深雪では後傾とよくいいますが、実は真ん中で非常に微妙に瞬時に前後させています。
>私はゲレンデよりむしろリフトの下や山の中を滑っているほうが多いです。
>その感覚が初めて生きました。馬鹿ですねー。
>これで足裏は完全に深雪スキー感覚になりました。
>右拇指球、右踵、左拇指球と体重が移動して、その間に板を左、右に振っている感覚です。
コブは深雪に近いはずです。基本後傾。
また、深雪に限らずスキーは体重(重心?)を前中後と移動させます。深雪でベースを後傾にする理由は、単純に雪に刺さらんようにかな?
ゴルフはクラブで体が前に引っ張られますが、スキーはスピードで体が後に引っ張られます。
なので、スキー全般に言えるのは手を前に出してスピードと戦う事。これは大事だと思います。僕は最後までダメでしたが…
また、コブ深雪は板を意図的にずらす行為が発生すると思いますが、レースやゲレンデスキーでは一切ずらさない為、かなり別種目になる気がします。
ですので、レース(僕の感覚ですが)では板を左、右と振る感覚は無く、抜重もせず右踵から左拇指球に瞬時というかじわじわというか切り替える感覚です。
ごるきちらんのサイトに出会い、色々学び、現時点でスキーやってて得したかな?と思えるのは
足裏感覚と、膝股関節の捻転というか逆向きに耐えるやり方というか、そこらへんだなあと思っております。弊害は特に無かったです。
これからもがんばって下さい。

うさぎさんこんばんは!!Re: タイトルなし

> さっすが、ゴルキチさんすごいとこつかれました。
> ここ最近の練習で、拇指球~土踏まず加重のつもりが、実は指~拇指球になっていたんではないかと思っています。これじゃぁ余計、踵があがりやすいですよね。

そうなんですよ。実は私もそうだったんです。
今までずっと、拇指球~土踏まずだと信じきっていました。
ところが体全体でやってみると足裏感覚としては明らかに踵に近いです。
そう感じるのかもしれませんが。
スキーヤーがゴルフに有利といわれる理由が今まで全然分かりませんでしたが、
やっと分かりました。
レース、コブ、ゲレンデスキーは前傾一本やりです。
深雪では後傾とよくいいますが、実は真ん中で非常に微妙に瞬時に前後させています。
私はゲレンデよりむしろリフトの下や山の中を滑っているほうが多いです。
その感覚が初めて生きました。馬鹿ですねー。
これで足裏は完全に深雪スキー感覚になりました。
右拇指球、右踵、左拇指球と体重が移動して、その間に板を左、右に振っている感覚です。
インパクトまで肩がダランとして上がらないと右踵は殆ど上がりません。
インパクト前に振りに言って力むと右肩が上がって体が浮きます。
こうなると間違っても飛びません。

> そして、フォローで右肩が顔を押し上げないように。これは、ホントに要注意です。自覚症状ありありです。

いえ、うさぎさんはちゃんとできてるんですよ。
フォローは右肩で押されて上がるものです。普通はその前に上がるのでファンデーションは付きません。よく右肩でアッパーカットを食らうイメージと言います。

> 肩が通り過ぎるのを見るくらいの感じですよね。プロの人のインパクトのときの顔写真のような首の角度を保ちたいと思っています。
>
> プロのかた…
> ジャカルタの日本人プロって たったお一人なんですよ~。す~んごい人気で予約1カ月待ちなんです。しかも、家から遠い…。早く帰国したほうがいいかもデスネ。

え、そんなに!!
じゃあ、格安飛行機なら出張レッスンも可能ですね!!
コーチに行かせましょうか?

さっすが、ゴルキチさんすごいとこつかれました。
ここ最近の練習で、拇指球~土踏まず加重のつもりが、実は指~拇指球になっていたんではないかと思っています。これじゃぁ余計、踵があがりやすいですよね。

そして、フォローで右肩が顔を押し上げないように。これは、ホントに要注意です。自覚症状ありありです。
肩が通り過ぎるのを見るくらいの感じですよね。プロの人のインパクトのときの顔写真のような首の角度を保ちたいと思っています。

プロのかた…
ジャカルタの日本人プロって たったお一人なんですよ~。す~んごい人気で予約1カ月待ちなんです。しかも、家から遠い…。早く帰国したほうがいいかもデスネ。

うさぎ さんおはようございます!!Re: 理由その1デス

> うさぎは『右足踵が上がる理由その1』です。
> 左にスウェイなんて考えたことありませんでした。
> 頭の位置さえ気をつければそんなハズがないと思っていたんです。
> けれど、軸が斜めになっていたら一緒でしたv-12

右足踵不動で打って比べてみるとかなり体の動きが違う事が分かります。
すると頭もヘッドアップしません。
全く腰がスライドしないのもまずいですが、ミスショット時には
結構意識以上に動いてしまっているものです。
人によって多少の斜めは仕方ないですが、球に圧力を掛けにくくなります。
ただ、体が柔らかいプロはかなり体重移動を使って打っていますが、
リスクをしょっていることは確かです。アマがまねすると一見同じでも
インパクトまでの我慢が違いますね。
また、踵が上がっていてもスウェイしたり体、方が開かないプロも大勢います。
ただ分解写真での判断は非常に危険ですが。
女性の場合体が柔らかく、力がない分男性より体重移動を利用する事になると思いますので、
女性の場合どこまで押さえれば良いものか私には判断が難しいです。

> これで、フォローで左に引いているのも いっぺんになおるかしら?

長いクラブで左に引き込むのは怖いですね。
かなり治りますよ。
これは4スタンス理論で書かれている様に、人にもよりますが、拇指球、土踏まず、踵と言うか足裏全体の3つの重心で試すと良く分かりますが、前に加重するほど右踵が上がりやすくなり、右膝・右肩が前に出やすくなると思います。こうなると左足軸でスピンアウトし易くなりクラブをインサイドに引き込みやすくなります。
ドローヒッターでこれはやられますね。
インパクトまで右肩が前に出るのを抑えれば結構治ります。
右肩が顎を押して頭が上がっていますか?
プロの女性だとファンデーションが右肩に付きます。
岡本綾子プロは口紅が右肩に付きましたね。
男の場合髭剃りあとの血が右肩に付く事があります。
方が前に出ると顎に当たりません。

> もっと、コンパクトにクルッっと身体が回るかしら?

ウサギさんなら明治の大砲になることはないので、体重移動を抑えてもクルッと回ると思います。
良い練習法としては9番アイアンで小さなテークバックでフォローで普通の距離より捕まえて飛ばす練習。また、インパクトまでコックをタメて右腕完全脱力でフェースが開いたまま2,3度上げ下げしてからハーフかスリークオーターで打つ練習です。これもフォローで球を捕まえて打つ練習です。
要するにインパクトまでは自然落下、自重落下でインパクト寸前からスイング開始です。
ここで重要なのが下半身リードなのですが、実は多くのアマは下半身の使い方が分かっていないと思います。目には見えません。目に見えるフットワークによる下半身リードは勘違いです。
テークバックで上体と反対に下半身を捻ります。右膝、右拇指球に力が入ります。右足加重など考えなくても反対に捻ろうとすれば自然に右足加重に、かつ右壁が出来ます。
フォローでも下半身はその反動で反対に捻ります。すると左足拇指球にも力が入ります。この時自然に左壁が出来、下半身の捻りが下半身リードとなり上半身を引っ張ります。
この動きは体重移動がなくても出来ます。そして第三者には見えません。
左右に何度もこれで連続素振りを繰り返すと分かりますよ。
アプローチでこれらの練習をするとスイングも距離も短いので変化が良く分かります。
長いクラブは連続して打たないほうが良いですね。
長いクラブの練習はスイングを崩します。
ドラコンの練習でも9番で5,6球打ってからドライバー2,3発。また9番で5,6球捕まえてから、ドライバーと繰り返すと良くなります。

> あいにく、今日はうちっぱにはいけないのですが、
> 左にスウェイしないように意識しながら
> 右足踵つけたままの素振り…しておきますv-237

ただ、女性は体が柔らかいのでどこまでが正しいのか判断できません。
うさぎさんレベルなら信頼できるプロに見てもらうのがベストです。

私も週に2、3回見てもらっています。でもだめですが(笑)

理由その1デス

おはようございます。

うさぎは『右足踵が上がる理由その1』です。
左にスウェイなんて考えたことありませんでした。
頭の位置さえ気をつければそんなハズがないと思っていたんです。
けれど、軸が斜めになっていたら一緒でしたv-12

これで、フォローで左に引いているのも いっぺんになおるかしら?
もっと、コンパクトにクルッっと身体が回るかしら?
あいにく、今日はうちっぱにはいけないのですが、
左にスウェイしないように意識しながら
右足踵つけたままの素振り…しておきますv-237

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR