ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ラウンド結果 右踵、コックのリリースで球を捕まえる

 ラウンド結果はOBひとつで85でした。

ほぼテスト状態でしたからまーこんなもんでしょうか。

 今回のテーマは

1、ドライバーは全球あえてプレッシャーをかけて

右林、OBからドローで確実に捕まえること。

ミスればOB、ロスト、大叩きのトラブルです。

数ホールそれでやられましたがOBでもトリプルがゼロだったので

今回のテストはまあOKでしょう。


2、アプローチ、パターは全て必ずオーバーすること。

要するに真っ直ぐ気迫で狙って入れに行くということです。

2mオーバーでも全く同じラインを続けて打つのだから

仮に下りであっても返しの方が遥かに楽です!!

気分的にもアグレッシブなミスは心理的な切替が楽です。

また、同じラインの往復なので練習にもなります。


3、アイアンは球筋と狙いを明言してから打つこと。


以上の結果、

1、は捕まらず真っ直ぐ右が13球中2発で、うち1球がOB、

もう一つは右林奥で両方ともダブルボギーでした。

必要以上のフックが2回ありました。

この両方のミスは4回中3回が後半でしたが、原因は、

一言で全て上体の力みです。

 捕まらなかった原因は、明らかで

ダウンでの早期の力みによる左への突っ込みです。

現象として明らかにスウェイにより体に引っ張られて

右踵が早期に上がってしまいました。

しっかり右に落とし切る前に左に必要以上に乗ってしまうので、

早期に強く左加重になり過ぎ左に突っ込むのです。

そうなるとグリップが想定以上に左に先行するため

ヘッドが振り遅れ状態になり捕まりきれません。

こうなると必ず右踵が抑えきれなくなって浮き、

それに連動して手元も浮いてしまいます。

 そして右踵ばかりでなく、頭もスウェイした体により

左に引っ張られ、ルックアップ状態にヘッドアップします。

この状態で無理に頭を残そうとすれば、確実に首を痛めます。

また、このスウェイ状態で球を捕まえるには強引にフェースを

腕でコネるしかありません。


 引っ掛けの原因は、左スウェイに加え

更に右肩が前に出た為です。

うっかりするとこれがでますね。

特にロングホールで力んだ時です。

これも、右踵さえしっかり抑えておけば、

不用意に右肩が前に出て、左に引き込む事もないのですが。



 一般的な良くあるヒッカケのパターンでは、

球を捕まえようとすればするほど

早期に腕でフェースをスクエアに戻そうとして、

右肩が上がり、かつ、前に出て、上体が被ります!!

そうすると、アウトサイドイン軌道になります。

こうなると最悪で、出球が左でなおかつフックになります。

その上更に、右踵が上がって、スピンアウト状態になり、

かつ、手首でこねてリストターンするとチーピンになります。

下半身リードが弱く、力んで上半身が勝ちすぎると起こります。

この状態を回避する為には、

右肩が上げらない様に注意すれば良いのですが、

理屈を知らないとはなかなか分からないものです。

第三者が見れば右腕でフェースを返すと右肩が上がるので

直ぐに分かるのですが。

 

 その他の問題点は、

パッティングですがこれは明らかに練習不足。

サンドウェッジによるアプローチが何度か致命的にショート、

ロブで勇気を持って振り切れなかった。

ラウンド不足と夏ラフに負けました。


 良かった点は、

宮里優プロの右手首のスナップによるリリースが効果絶大!!

これによって深くタメられるし、より確実に捕まえられ

スナップが良いと言うより、

「これが本当のリリースの動きか!」と感じました。

ただ、右肩、右ひざが出るとドフックになるので

制御出来ない人は危険ですね。

実際私の2度のドフックももう少しで致命傷になるところでした。

スナップというか右手首のリリースの方向が適正になったのかも。

通常使われる右手スナップとは違います。



 スイング作りはアプローチ練習だけでも結構いける

と思います。

アプローチ練習でしっかり球を捕まえれば

十分ドライバーでも応用できます。


むしろ低いグリップのスイング作りに適しています。

右肩を前に出さない練習もまさにアプローチが最適ですね。


 同様にピン型パターの打ち方はアプローチと似ています。 

強い、重い転がりも、球を捕まえなければ打てませんね。
 
ストロークは寄せワンの数が勝負ですね。

まさに派手さはドラコンとは真逆ですが。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

初心者 さん始めまして!!Re: タイトルなし

「捕まえる」の反対は「逃す」や「擦る」です。

「最後までフェース面で押し切る」のが捕まえるスイングで
「最初から、もしくは途中で擦る」のが逃がすスイングです。
アプローチなどは意図的に逃して飛距離やスピンを調整したりもします。
丸山茂樹選手がよくやりますね。

肘を引いたり、腰を引いたり、フェースを開いたりするのが逃す動きです。
だんだん分かりますよ。

ボディーターンは腕が主役ではないという事だけで、あまり考えない方が良いです。
アプローチパターはボディーは完全に固定ですからね。
正反対です。

「捕まえるスイングの本質」は球を包み込むフェースローテーションです。
クラブヘッドの構造上ヘッドはインパクトで当たり負けして開きやすくなっています。
逆にしっかりローテーション出来れば捕まり易くなっているのです。
だから重心がシャフトからずれた耳かきの様な振りにくい形をしています。

ローテーションの手っ取り早い体感方法は水平素振りです。
人間の構造上水平素振りの様にフェースローテーションしなければ振リ切れません。
今のクラブはフェースローテーションしないと言うのは大嘘です。

ドローを打つのかフェードを打つのかは別として、
パターからドライバーまでまずはフェースで球を擦らない様に
しっかり捕まえる練習が必要ですよ。

はじめまして
いつも楽しく読ませていただいています。

ところで 初心者なので 良くわからないのですが。。 すみません。

振るのと 捕まえるのって どういうことですか?
振る体制と 捕まえる体制と 相関関係は
あるのでしょうか?

捕まえるための 振り方ってあるのですか?

ボディーターンってことですかね?

良くわかりません。教えてください!

おっさん さんどうもです!!Re: タイトルなし

> >私はドライバーからパターまで全部捕まえて同じ感覚で打ちたいですね。
>
> なんとなく分かります。
> 確かに、逃がすと距離感が難しいですね。
>
> でも、アプローチの猛練習の成果でロブショットの精度が上がってきました。
> フェイスローテイションの管理、何とか物にできるよ暫くアプローチ練習続けてみます。

結局、ドラコンでさえインパクトゾーン=ビジネスゾーン=9~3時の練習がベストですね。
ここだけですから振って良いのは。それ以外は振ったらダメなんですよ。
だから9番までの重いクラブでハーフショットでインパクトゾーンを完璧にすれば、全クラブ同じなんです。

最近パターもかなりウェッジ感覚です。
全クラブウェッジ感覚で振れたら良いと思います。
ドライバーが最もそうですね。
良い教訓でした。
実感しました。

ゴルキチ様、こんばんは。

早速ありがとうございます。

>いえ、ただヘッドを低く出すという事だけですよ。ローテーションは同じです。

普通に分かる説明のはずですが、私の読解力のなさからお手数お掛けしました。


>私はドライバーからパターまで全部捕まえて同じ感覚で打ちたいですね。

なんとなく分かります。
確かに、逃がすと距離感が難しいですね。

でも、アプローチの猛練習の成果でロブショットの精度が上がってきました。
フェイスローテイションの管理、何とか物にできるよ暫くアプローチ練習続けてみます。

おっさん さんどうもです!!Re: 右手のスナップ

> こんばんは。
おはようございます。
昨日も4時間、今日も4時間練習です。
今週末のGDのドラコン大会にコーチから誘われていますがどうしようか考えています。
ストロークがあまりにも酷くなったので、今はストロークに集中したい気分です。

> ゴルフ大好きなおっさんでございます。
> 情熱はゴルキチ様の足元にも及びませんが。」

取組み方はみなさんそれぞれですよ(笑)

> アプローチでの右手のスナップ。
> できるだけ多くの時間をアプローチに割いていますが一つ質問させて下さい。
>
> 左脇を閉めてフォローを高くしたり、脇を開けて低く出したりは理解できます。
> ただ脇を開いてスナップを使うことがどうしても理解できずにいます。
> これはヘッドのローテイションを少なくするという意味でしょうか。
> それともエッジを打ち出す方向に低く押し出す感覚でしょうか。
> でもこれですとフェイスが返りませんよね。

いえ、ただヘッドを低く出すという事だけですよ。ローテーションは同じです。
確かに説明不足ですね。足が長くなります。
フツーのアプローチは全部捕まえます。
バンカーも捕まえます。
前回失敗しましたが、ラフでもしっかり捕まえないで逃す動きがあると距離感が合いません。

> 脇を閉めるとロブショットになりますが。
> 間違っているでしょうか。

そうです。
ロブもフェース面は上を向いていますが脇を閉めてローテーションします。
ローテーションしないで逃す動きはライが悪いとき仕方ない時だけですね。
左下がりの短いアプローチとか。
逃すと距離感が著しく落ちますね。
もちろん多少フェース、スタンスを開いてひっかかりにくくしますが。
ただ、アプローチも様々でどう見ても変わった打ち方でシングルもいますが。
私はドライバーからパターまで全部捕まえて同じ感覚で打ちたいですね。

右手のスナップ

こんばんは。

ゴルフ大好きなおっさんでございます。
情熱はゴルキチ様の足元にも及びませんが。

アプローチでの右手のスナップ。
できるだけ多くの時間をアプローチに割いていますが一つ質問させて下さい。

左脇を閉めてフォローを高くしたり、脇を開けて低く出したりは理解できます。
ただ脇を開いてスナップを使うことがどうしても理解できずにいます。
これはヘッドのローテイションを少なくするという意味でしょうか。
それともエッジを打ち出す方向に低く押し出す感覚でしょうか。
でもこれですとフェイスが返りませんよね。

脇を閉めるとロブショットになりますが。
間違っているでしょうか。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR